途中出場アラーのドッペルパックなどでフランクフルトがリーグ3連勝! 宇佐美vs長谷部の日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》2019.03.12 06:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第25節のデュッセルドルフvsフランクフルトが11日に行われ、0-3でフランクフルトが勝利した。フランクフルトの元日本代表MF長谷部はフル出場、デュッセルドルフのMF宇佐美貴史はベンチ外となった。

リーグ戦連勝中の6位フランクフルトが、11位デュッセルドルフの本拠地エスプリ・アレーナに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのインテル戦を行われたフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。同試合で鼻骨を骨折した長谷部は、フェイスガード着用し3バックの中央でスタメンに名を連ねた。一方、デュッセルドルフの宇佐美はベンチ外となっている。

試合は開始早々の2分、デュッセルドルフはデ・グズマンのバックパスで抜け出す形となったコフナツキがゴールネットを揺らしたが、ルケバキオからのパスと勘違いした主審はコフナツキのオフサイドと判定しノーゴールとなった。すると5分、長谷部はプレーがしづらいのかフェイスガードを外してプレーを再開する。

膠着状態が続く中、デュッセルドルフは16分にアクシデント。左モモ裏を痛めたコフナツキがプレー続行不可能となりヘニングスを緊急投入した。

なかなか決定機に恵まれなかったフランクフルトだが37分、左CKのセカンドボールをボックス中央のレビッチがジャンピングボレーで狙ったが、これは枠の右上に外れた。さらに43分、長谷部のパスからボックス内に侵入したヨビッチがゴールエリア左横からシュート。しかし、これは飛び出したGKの好セーブに防がれた。

ゴールレスで迎えた後半、先に試合を動かしたのはフランクフルト。48分ダ・コスタのパスをボックス右横で受けたデ・グズマンが縦への突破からクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだパシエンシアが頭で流し込んだ。

先制を許したデュッセルドルフだが、53分にチャンス。長谷部のパスミスをボックス左で奪ったラマンがシュートを狙ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれる。さらに61分、ジーセルマンの左クロスをボックス右に走り込んだラマンが折り返すと、ヒンテレッガーのハンドを誘発し、PKを獲得。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ノーハンドの判定でPKは取り消された。

一進一退が続く中、デュッセルドルフは73分にバルコクを下げてカラマンを投入。すると76分、ジーセルマンの縦パスに抜け出したカラマンがボックス左から折り返すと、ゴール前フリーのヘニングスがダイレクトで合わせたが、これはGKトラップのファインセーブに阻まれた。

ピンチを凌いだフランクフルトは、後半アディショナルタイムに追加点を奪う。91分、パシエンシアのパスから上手く相手DFの裏に抜け出した途中出場のアラーがボックス右から侵入すると、飛び出したGKをかわしてゴール左隅にシュートを流し込んだ。

さらにフランクフルトは、94分にも左サイドを持ち上がったコスティッチの絶妙なクロスからアラーがゴールネットを揺らし、勝負あり。終盤までは辛勝ムードのフランクフルトだったが、終わってみれば3発完勝でリーグ3連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンが7連覇達成! 退団のリベリ&ロッベンも惜別ゴール! 長谷部フル出場のフランクフルトは7位転落もEL出場権獲得《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトをホームに迎え、5-1で圧勝し、7連覇を達成した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節ライプツィヒ戦をゴールレスドローで終えた首位バイエルン(勝ち点75)は、勝ち点2差の2位ドルトムントとの得失点差が17あることから、引き分けても7連覇が決まる状況の中、リーグ戦5試合勝利なくチャンピンズリーグ(CL)出場圏外の6位に転落したフランクフルト(勝ち点54)と対戦した。 長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトに対し、バイエルンは開始4分にあっさり先制する。レヴァンドフスキのポストプレーからミュラーのスルーパスでボックス中央のスペースに侵入したコマンがダイレクトでゴール右にシュートを流し込んだ。 その後も圧倒するバイエルンは9分にアラバがミドルシュートで追加点に迫るも、GKトラップの好守に阻止される。さらに13分、ボックス内にドリブルで侵入したレヴァンドフスキが決定的なシュートを放ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。 そして26分にはニャブリがペナルティアーク中央から左足ミドルを叩き込んで追加点が入ったかに思われたが、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてゴールが取り消しとなった。 引き続き圧倒するバイエルンは32分、スルーパスに抜け出たミュラーボックス内からスライディングシュートを浴びせるも、GKトラップに三度好守で阻止され、1点のリードで前半を終えた。 しかし、後半からデ・グズマンに代えてアラーを投入したフランクフルトが50分、同点に追いつく。コスティッチの左CKからファーサイドのヒンテレッガーのシュートはバーを叩くも、ルーズボールをアラーが押し込んだ。 それでも、バイエルンが3分後に突き放す。ミュラーのミドルシュートをGKトラップが弾くと、ルーズボールをアラバが詰めた。 そして58分、ボックス左で仕掛けたレナト・サンチェスがDFをかわしてゴールに蹴り込み、決定的な3点目を奪って勝利を確信したバイエルンは、今季をもってクラブを退団するリベリを投入。 さらにロッベンも投入して祝勝ムードのバイエルンが余裕をもって試合を進めていくと、72分にリベリがゴールを決めた。左サイドでドリブルを仕掛けたリベリがボックス内に侵入してDF2人の間を抜き、飛び出してきたGKをあざ笑うチップキックシュートを流し込んだ。 そして78分にはロッベンも惜別ゴールを決める。レヴァンドフスキの浮き球パスをボックス左に抜け出したアラバが丁寧に落とすとゴール前でフリーのロッベンが押し込んだ。 このまま5-1で圧勝したバイエルンが7連覇を達成。一方、敗れたフランクフルトは7位に転落したが、辛くもヨーロッパリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、コスティッチの買取OP行使! 今季途中から左WBで躍動!

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからレンタル加入中のセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(26)の買い取りオプションの行使を発表。同選手とは2023年6月30日までの4年契約を締結した。 コスティッチの買い取りオプション行使に際してクラブ執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏は、「フィリップは我々にとってまさに大ヒットとなった。ダイナミズムや決意、フレキシブルさを持って我々のポジティブなシーズンに大きく貢献してくれた」と、同選手のパフォーマンスを高く評価しての買い取りだったことを強調している。 母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。 今季は加入当初、2シャドーの一角など前線での起用となっていたが、シーズン途中からは左ウイングバックのポジションで貴重な攻め手として活躍。今シーズンここまではブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録する見事な活躍ぶりだった。 2019.05.17 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ヨビッチ、移籍金6000万ユーロ+年俸1000万ユーロの5年契約でレアル・マドリー入りへ

レアル・マドリーがフランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)を移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)、年俸1000万ユーロ(約12億2000万円)の5年契約で獲得が合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 なお6000万ユーロのうち、1200万ユーロ(約14億7000万円)が前所属先のベンフィカに支払われるとのことだ。 ヨビッチは今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマーク。ビッグクラブ注目の的となり、長らくレアル・マドリーのターゲットと目されていた。正式発表は18日に行われるブンデスリーガ最終節終了後と見られている。 2019.05.17 04:35 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、7戦未勝利で最終節バイエルン戦を前にCL圏外の6位に後退《ブンデスリーガ》

フランクフルトは12日、ブンデスリーガ第33節でマインツをホームに迎え、0-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを1-6と惨敗した4位フランクフルト(勝ち点54)は、8位ホッフェンハイムまで3ポイント差に迫られた中、ヨーロッパリーグ準決勝ではチェルシーの前にPK戦の末、敗退となった。そのフランクフルトは敗れればCL圏外転落となる一戦に向けて、長谷部がダブルボランチの一角で先発となった。 チェルシー戦の疲労が色濃いフランクフルトは序盤、マインツのカウンターに苦しむ展開を強いられる中、18分に決定機。コスティッチがブロシンスキとの球際で競り勝ち、左サイドを突破。クロスを上げ、レビッチがボレーで合わせるも枠を捉えきれなかった。 チャンスを逸したフランクフルトは21分、カンディのミドルシュートでゴールに迫られた中、前半半ば以降も押し込む流れとするもシュートチャンスを生み出すには至らない。結局、低調に終わった前半はゴールレスで終了した。 そして迎えた後半開始8分、アバウトなロングボールをマテタに収められると、最後はウジャーにゴールを決められ、先制されてしまう。 さらに57分、スローインの流れからグバミンのクロスを受けたウジャーにゴールを決められ、リードを広げられてしまった。 2点を追う展開となったフランクフルトはアラーを投入。長谷部を3バックの中央に下げたが、チャンスを生み出せない状況が続いた。 84分にようやくデ・グズマンのミドルシュートでGKを強襲したものの、ゴールは奪えずに敗戦。リーグ戦7試合勝利から見放されたフランクフルトは、最終節のバイエルン戦を前にCL圏外の6位に後退。CL初出場が厳しい状況となった。 2019.05.13 03:01 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝まであと一歩に迫ったフランクフルトMF長谷部誠「チームを誇りに思う」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が、チェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグを振り返った。 フランクフルトは、ホームでの1stレグを1-1のドローで終え、アウェイでの2ndレグに臨んだ。試合は28分にルベン・ロフタス=チークのゴールで先制を許してしまう。 それでも49分、長谷部が前線にボールを送ると、最後はルカ・ヨビッチが落ち着いて決め、1-1の同点に。試合はPK戦にまでもつれ込むと、チェルシーGKケパ・アリサバラガが2本をストップし、チェルシーが決勝へと駒を進めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=14dzmrprnar8z19ou9h6nixhti" async></script> </div> 昨シーズン決勝に進んだマルセイユの日本代表DF酒井宏樹に続いての決勝進出とはならなかった長谷部は試合を振り返った。 「もちろん結果が出なかったことは残念に思います。ただ、ここまでチームが見せてきたものとか、今日の試合もそうですが、フランクフルトというクラブが、ここまで決勝に近づいたということは非常に誇りに思います」 また、PK戦での決着となったことについては「PK戦というのは勝負の運というのもあると思います。今の気持ちはチームを誇りに思います」とコメントし、最後まで決勝進出を争ったチームについて語った。 2019.05.10 11:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース