マドリーが公式戦連敗を「3」でストップ! 乏しい内容もベンゼマの3ゴールに絡む活躍でバジャドリー撃破《リーガエスパニョーラ》2019.03.11 06:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第27節、バジャドリーvsレアル・マドリーが10日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのマドリーが4-1で勝利した。バルセロナ相手のクラシコ連敗に加え、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦ではサンティアゴ・ベルナベウでの1-4という屈辱的な大敗でCL4連覇の夢が絶たれたマドリー。ソラーリ監督の更迭が濃厚となった中、リーガ3位以内キープを新たな目標とする傷だらけのエル・ブランコは、16位のバジャドリーとのアウェイゲームで公式戦連敗ストップを目指した。

ヴィニシウス、ルーカス・バスケス、カルバハルと3人の主力が長期離脱を強いられた中、ソラーリ監督はその代役にオドリオソラ、アセンシオ、ダニ・セバージョスを起用した。

ここ最近の不振を引きずるような覇気のないプレーぶりが目立つマドリーは、12分にいきなりピンチを招く。裏へ抜け出したオスカル・プラノをDFオドリオソラがボックス内で後方から倒してしまい、痛恨のPKを献上。だが、ここはキッカーのアルカラスがクロスバーの大きく上に外す信じ難いミスに助けられる。

この幸運を反撃に繋げられないアウェイチームは、15分にも左サイドを崩されてケコの鋭いクロスをファーサイドのグアルディオラにワンタッチで流し込まれるが、ここはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、オフサイドの判定に。直後の18分には相手セットプレーからグアルディオラにヘディングでネットを揺らされるが、これもオフサイドの判定に救われる。

相手のミスとVARに救われて何とか均衡を保つマドリーだったが、さすがに4度目のピンチは逃れられない。29分、右サイドからのアーリークロスをファーサイドのグアルディオラがスライディングで中に折り返すと、これをゴール前のアヌアルがワンタッチで流し込んだ。

立ち上がりからの出来を考えれば、当然のような失点でビハインドを負ったマドリーだったが、相手のミスを生かしてすぐさま追いつく。34分、クロースの右CKの流れからルーズボールをナチョと競ったGKマシプがクリアし損ねると、これをヴァランが冷静に押し込んだ。これで振り出しに戻った試合は一進一退の攻防を見せるが、アヌアル、カゼミロの際どい枠内シュートはいずれも両守護神のセーブに遭い、前半は1-1で終了した。

迎えた後半もホームのバジャドリーが押し込む入りを見せた中、試合を通して守備の穴となっていたオドリオソラが意地を見せる。51分、ボックス内に抜け出すとオスカル・プラノに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのベンゼマが冷静に決め切って逆転に成功した。

この逆転ゴールでようやく落ち着きを取り戻したマドリーは直後の57分にもセバージョスのボレーシュートでゴールに迫ると、59分にはクロースの滞空時間の長い左CKをベンゼマが頭で合わせ、ドブレーテを記録した。

その後、クロースに代えてバルベルデを投入するなど逃げ切り態勢に入ったアウェイチームだったが、80分に2枚目の警告を受けたカゼミロが退場処分となるアクシデントが発生。後半もバタバタした印象を拭えないが、85分には左サイドでのベンゼマとの連係からボックス内に侵入したモドリッチが冷静なフィニッシュで4点目を奪取。そして、ベンゼマ、レギロンに代えてバジェホ、マルセロの2枚替えで今度こそ試合をクローズ。

乏しい内容ながらもベンゼマの3ゴールに絡む活躍などによって4-1で勝ち切ったマドリーが公式戦の連敗を「3」でストップ。ひとまず仕切り直しに成功した。
コメント
関連ニュース
thumb

苦悩吐露のベイル…「僕らはロボット」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が現フットボール界でプロであり続けることの難しさを語った。スペイン『アス』が報じた。 当時16歳の2005年7月にサウサンプトンでプロデビューして以来、フットボール界の第一線に身を置くベイル。レアル・マドリーでプレーする現在、不振が続いたチームの戦犯として批判され続け、今夏の放出候補筆頭として大きな注目を集めている。 そうしたなか、ベイルはイギリス『BT Sport』のドキュメンタリーに出演。「フットボールキャリアはすごく短く、ときに犠牲も必要だと思う」と話しつつ、あらゆる言動が監視対象となる現フットボール界で生き続ける苦悩を吐露した。 「僕も間違いなく(引退後に人生を取り戻しに行く)ね」 「プロアスリートとして、特にチームの環境に身を置くのであれば、ゴルフやテニスの選手のように、自らのスケジュールを選ぶことができないからだ」 「だから、僕らはロボットさ。『いつどこにいろ』、『いつ食事しろ』、『いつコーチのところに行け』と命令される。自分の生活を失ったようなものだよ」 「僕らは自分でやりたいときにやれない。だから、理解できるよ」 「でも、フットボールキャリアはすごく短く、ときに犠牲も必要だと思う。その価値があると考える人もいれば、ないと考える人もいる」 「プロになると、あらゆる類のプレッシャーがある。人々から常に否定的なことを言われて、子供の頃の感情を失ってしまうのさ」 2019.05.23 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメスが退団決意 DFBポカール決勝後にも決定か

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)は今夏移籍の様相だ。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンだが、いまだ決断を下していない状況だ。 ドイツ『スカイ』によれば、そのバイエルンは25日に行われるDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦後に決断に行使しない決断を下す可能性が高く、ハメス自身も既に退団を希望。この一戦がバイエルンでのラストゲームとなるという。 そのハメスは今夏、レアル・マドリーに戻ることになるが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会に恵まれなかった過去が…。したがって、一旦レアル・マドリーに戻ってから再び新天地を探すことなるとみられる。 なお、去就注目のハメスを巡っては現在、ユベントスのほか、レアル・マドリー時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が率いるナポリが関心。だが、現時点で具体的なオファーは届いていない模様だ。 2019.05.23 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、昨夏レアル・マドリー加入寸前だったブラジル代表FWペドロ獲得に動く

マンチェスター・ユナイテッドがフルミネンセに所属するブラジル代表FWペドロ・ギリェルメ(21)の獲得に乗り出しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 フルミネンセの下部組織出身のペドロは185cmの恵まれた体躯を武器とするパワフルなセンターフォワードだ。強靭なフィジカルを生かしたドリブル、ポストワークに加え、両足、ヘディングと多彩なフィニッシュワークを誇る逸材は、2018シーズンのブラジル全国選手権の前半戦で19試合10ゴールを挙げる大活躍を披露。 この活躍によってチッチ監督率いるブラジル代表から招集を受け、昨夏にはレアル・マドリーが3000万ユーロ(約37億円)の移籍金で獲得合意まで取り付けたものの、同選手が昨年8月末にヒザの前十字じん帯を断裂する重傷を負ったことで最終的に破談に終わっていた。 その後、7カ月に渡るリハビリ期間を経て今年4月末に戦列復帰を果たしたペドロは、ここまでのブラジル全国選手権4試合で2ゴールを挙げるなど復調を見せている。 『Globoesporte』が伝えるところによれば、そのペドロに関してユナイテッドが強い関心を示しているという。そして、同クラブは2500万~3000万ユーロ(約30億~37億円)のオファーを準備しているようだ。 2019.05.22 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出ならセバージョスを指名か

トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の契約延長が難航しているトッテナム。同選手はレアル・マドリー移籍が盛んに取り沙汰されており、一部メディアでは個人合意したとも報じられていた。 そして『アス』によれば、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、エリクセンが流出した場合の後釜としてセバージョスに関心を寄せているという。アルゼンチン人指揮官は以前からスペイン代表MFに興味を示しており、チームの中心に据えたいと考えているようだ。 そのセバージョスは今年3月に復任したジネディーヌ・ジダン監督のもとで構想外になっている。事実ジダン体制では3試合しか出場しておらず、出場機会を求める同選手の今夏の退団は有力視されている。 2019.05.22 14:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、イスコに関心か…マドリーは金額次第で放出の可能性

マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 今シーズンのイスコは、昨年10月末からマドリーで指揮を執ったサンティアゴ・ソラーリ氏の下で出場機会が激減。だが、今年3月にジネディーヌ・ジダン監督が復任以降は全11試合に出場し、健在ぶりをアピールした。 とはいえ、絶対的な主力ではないこの状況にユナイテッドが目を光らせている模様。同クラブは創造性溢れる攻撃的MFの獲得を熱望しており、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティも狙っていると言われるイスコに照準を合わせているようだ。 ジダン監督はイスコの残留を希望しているが、1億500万ポンド(約147億5000万円)の以上のオファーが届いた場合は放出に踏み切る可能性があるという。ユナイテッドはイスコ争奪戦で優位な立場に立っていると伝えられているが、果たして白い巨人を満足させる大金を用意することができるのだろうか。 2019.05.22 14:42 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース