ティーレマンス移籍後初弾とヴァーディの2Gでレスターがフルアムに勝利! ロジャーズ体制初白星《プレミアリーグ》2019.03.10 02:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティは9日、プレミアリーグ第30節でフルアムと対戦し、3-1で勝利した。岡崎は72分から出場した。リーグ戦ここ8試合でわずか1勝の11位レスター(勝ち点35)と、降格圏の19位に沈む19位のフルアムの対戦。岡崎は2試合ぶりにベンチに戻ってきた。

先月末にピュエル監督を解任し、元リバプールのロジャーズ監督を招へいしたレスターは、その初陣となった前節のワトフォード戦は、後半アディショナルタイムに失点し1-2で敗戦。その試合からスタメンを一人変更して臨んだ今回は、開始6分にティーレマンスがボックス左からファーストシュートに持ち込んだ。

その後、やや停滞した試合は、20分にCKの流れからこの日2本目のシュートを放ったティーレマンスが先制点を奪う。21分、センターサークル付近でボールを奪ったエンディディから、オフサイドラインギリギリで裏に抜け出したヴァーディにスルーパスが通る。そのままドリブルでボックス左に侵入したヴァーディは、GKを引き付けて右のティーレマンスにラストパス。ティーレマンスはトラップから冷静にシュートを流し込んで、レスターに先制点をもたらした。

このゴールで主導権を握ったレスターは次々とゴールに迫っていく。冬の移籍後初ゴールを決めたティーレマンスもさらに2本のシュートを放つなど、前半だけでレスターは11本のシュートを打った。

後半に入り、R・セセニョンを下げてアイテを投入したフルアム。するとこの交代がすぐに功を奏す。51分、最終ラインからのロングボールが右サイドのアイテに繋がり、アイテはドリブルでボックス右に侵攻。相手に身体を寄せられながらも放ったシュートは、マグワイアの足に当たってゴールイン。同点に追いついた。

嫌な後半立ち上がりとなったレスター。その後はあまりチャンスもなく試合は進む。63分のバーンズのゴール右下を狙ったシュートはGKリコのファインセーブに遭う。

やや劣勢で進む中、レスターは72分に岡崎とゲザルを同時投入。先制点のティーレマンスはここでお役御免となった。するとこのあたりから試合は好転。1-1で迎えた78分、マディソンが相手陣内でボールを奪って素早く前線のヴァーディへスルーパス。ボックス右に侵入したヴァーディは楽々とシュートを流し込み、再びリードをもたらした。

さらにその8分後の86分、GKシュマイケルのロングフィードが目測を誤った相手の頭を跳ねて左サイドのバーンズの下へ。バーンズはドリブルでマークをはがしてボックス左へ侵攻。最後はヴァーディがボックス中央から決めて3点目を追加した。

これで試合終了。レスターの2試合ぶりの勝利はロジャーズ体勢初白星となった。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、コンパニ&オタメンディ後釜にマグワイア注目か

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マンチェスター・シティでは、19日にキャプテンのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが今シーズン限りでの退団及び古巣のアンデルレヒトに選手兼監督として復帰することを発表。また、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)がコンスタントな出場機会を望んでおり、退団を考慮していることから新たなセンターバックの獲得を検討してるようだ。 そこで2人の後釜としてシティが注目しているのが、マグワイアだ。同選手にはライバルクラブであるマンチェスター・ユナイテッドが昨年から強く関心を示しているが、レスター側は主力選手たちが望まない限りは、売却する必要がないと考えているとのこと。なお、マグワイアは昨年9月に同クラブと2023年6月まで契約延長。そのため、獲得には高額な移籍金が必要となりそうだ。 マグワイアは2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍。以降、チームの守備の要として君臨し、今シーズンもここまで公式戦32試合3ゴールを記録している。 2019.05.21 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター、ミランの10番への関心強める? フロジノーネ戦視察へ

レスター・シティが、ミランに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノール(25)を注視し続けているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 昨シーズンにレバークーゼンから移籍金2200万ユーロ(約27億円)でミランに加入したチャルハノール。加入初年度こそ公式戦45試合8ゴールを記録したものの、今シーズンはここまで公式戦44試合3ゴールとロッソ・ネロの10番としては物足りない数字に。とりわけ、レバークーゼン時代に“FKの名手”と評された姿は見受けられない状況だ。 チャルハノールは以前からミランの放出候補として挙げられている。そんな同選手に対して、先日にも興味を抱いていることが伝えられたレスターが、19日に行われるセリエA第37節、ミランvsフロジノーネの一戦にスカウトを送り込むようだ。 先日にはウェストハムと競合する可能性が伝えられ、3000万ユーロ(約36億8000万円)を準備していることも伝えられているレスターだが、果たして獲得に動くのだろうか。 2019.05.19 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスにユナイテッド&トッテナムが関心? レスターが完全移籍での獲得に動く可能性も

レスター・シティに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)が、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムから関心を抱かれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年に5月にアンデルレヒトからモナコに移籍したティーレマンスは、今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍。すると、すぐさま主力に定着し、プレミアリーグでは13試合3ゴール5アシストを記録した。 そんなティーレマンスに対して、ユナイテッドとトッテナムが獲得に興味を示しているが、これを嗅ぎつけたレスターも完全移籍での獲得に動く可能性があるようだ。同クラブを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は先月、ティーレマンスの確保に向けて、「可能な限り全力を尽くすだろう」とコメント。ティーレマンス自身も同監督を好んでおり、最近では「うまくいくならば、今の状態を維持したい」と口にするなど、レスター残留を希望している。 一方で、モナコはレスターから借用中のアドリエン・シウバの完全移籍を希望しているとも。現時点ではまだ動きはないものの、今夏にティーレマンスを巡る争奪戦が起きる可能性は大いにありそうだ。 2019.05.15 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター去りし岡崎慎司にリネカーから感謝のメッセージ! 「アリガトウ、オカザキサン」

今シーズン限りでレスター・シティを退団する元日本代表FW岡崎慎司(33)に対して、クラブのレジェンドであるギャリー・リネカー氏が自身のツイッター(@GaryLineker)で感謝の言葉を寄せた。 2015年夏にマインツから加入した岡崎。在籍4シーズンの公式戦得点数(137試合)こそ19得点にとどまったが、その初年度にクラウディオ・ラニエリ氏の下でレスター史上初のプレミアリーグ制覇に貢献するなど、泥臭いプレーでファンの心を掴んだ。だが、ラストイヤーの今シーズンは出場機会が激減。公式戦1得点にとどまり、出場した21試合のうち途中出場数が20試合を占めたプレミアリーグにおいては無得点に終わった。 その岡崎は9日、レスターの発表により、今シーズン限りでの退団が決定。そして、12日にホームで行われたプレミアリーグ最終節のチェルシー戦で66分からピッチに立つと、ゴールこそなかったが、持ち前の献身性を生かしたプレーを随所で披露した。イギリス『BBC』で解説者を務めるギャリー・リネカー氏はその試合後、次のようなツイートで岡崎を賛辞した。 「シンジ・オカザキがレスターに別れを告げる。クラブの偉大なる働き者であり、タイトル獲得時は不可欠な存在だった。アリガトウ、オカザキサン」 なお、行く先に注目が集まる岡崎は、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指して、よりストライカーとしてプレーできる欧州クラブへの移籍を希望しているとみられる。今後も目が離せない。 2019.05.13 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎レスターラストゲームはチェルシーとゴールレスドロー、チェルシーは3位フィニッシュ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節が12日に行われ、チェルシーはレスター・シティと対戦し0-0で引き分けた。 すでに4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しているチェルシー。ヨーロッパリーグではフランクフルトをPK戦の末に下し、アーセナルの待つ決勝に駒を進めた。今節のレスター戦はいわば消化試合。ケパやアザールはベンチスタートとなり、下部組織のマーク・ゲヒがベンチ入りした。 一方、これがレスターで最後の試合となる岡崎はベンチスタートとなった。 アウェイのチェルシーは4分にビッグチャンスを迎える。ボックス手前のジョルジーニョから2列目から飛び出したバークリーに絶妙な浮き球パスが送られる。完全にフリーになったバークリーは胸トラップからシュートに繋げたが、GKシュマイケルの胸に直撃した。 主導権を握るチェルシーは14分にカウンターからウィリアンがシュート。ボックス手前左からコースを狙ったシュートだったがGKシュマイケルに止められる。対するレスターは17分にチルウェルがシュート。ここはケパの代わりにゴールマウスを守るカバジェロの正面に。26分にはCKのチャンスでショートコーナーを選択し、ティーレマンスがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、これもカバジェロの正面に飛んだ。 その後はレスターのインテンシティの高さに苦しむチェルシーはなかなか相手のゴールまで運べなかったが、前半アディショナルタイムにイグアインに絶好のチャンス。ボックス左からグラウンダーのクロスが入り、イグアインは押しこむだけという場面だったが、上手くボールを足に当てることができずに、シュートは枠の外へ外れた。 ゴールレスで迎えた後半も、チェルシーはなかなかチャンスを作ることができない。そんな中でもマルコス・アロンソやバークリーが果敢に狙っていくが、どちらも枠を捉えることができない。60分のロフタス=チークのシュートは相手にブロックされた。 65分を過ぎた頃に、両チームが動きを見せる。66分に、レスターはエンディディを下げて岡崎を投入。チェルシーも69分にウィリアンを下げてアザールをピッチへ。 するとチェルシーは75分にそのアザールのアシストからバークリーにチャンス。ボックス外からのシュートだったが、GKシュマイケルに止められた。 その後、レスターもチェルシーも残り2つの交代カードを立て続けに切り状況打破を試みるも、効果的な策とは言えず試合はこう着。 最後までネットが揺れることなく試合終了。岡崎のプレミアラストゲームはチェルシーとのゴールレスドローに終わった。 2019.05.13 01:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース