セインツが逆転でトッテナムを下す! トッテナムは4試合勝利無し《プレミアリーグ》2019.03.10 01:57 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日にプレミアリーグ第30節のサウサンプトンvsトッテナムが行われ、2-1でサウサンプトンが勝利した。サウサンプトンの吉田はフル出場を果たしている。リーグ戦ここ3試合未勝利が続く3位トッテナム(勝ち点61)は、いつのまにか安全圏からチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに巻き込まれてしまっている。前節のアーセナルとのノースロンドン・ダービーを後半のケインのPKで辛うじて引き分けに持ち込み最悪の事態は回避。ミッドウィークのCLでドルトムントを下してベスト8進出を決めたが、この試合は先月のバーンリー戦で主審を批判したポチェッティーノ監督がベンチ入り禁止処分となっている。

一方、降格圏と勝ち点差「2」で17位のサウサンプトン(勝ち点27)はリーグ戦ここ6試合でわずか1勝。今節の結果次第では18位に転落してしまう可能性がある。残り9試合となる中で絶対に落とせないホーム戦。吉田は3試合連続の先発出場となった。

ファーストシュートはトッテナム。3分に、およそ1ヵ月半ぶりの出場となったデレ・アリのバックヘッドからケインにチャンス。ボックス手前左から思い切りよく右足を振り抜いたがシュートは左に逸れた。4分にもエリクセンのパスからケインがシュートに持ち込んだ。

21分、防戦一方のセインツは自陣左サイドでボールを奪われピンチに。3バックの一角を担った吉田はすぐさまゴール前に戻り、グラウンダーのクロスに対しスライディングで止めにかかる。するとこれが右ポストを弾いてあわやオウンゴールという場面に。ひとまずクリアを試みたが、ボックス手前でダイアーに奪われてしまい、たまらずヴァレリがファウルでストップ。このFKでのエリクセンのシュートはバー直撃した。

紙一重で守るセインツだったが26分、ついに試合が動く。カウンターで3対3のチャンスを迎えたトッテナム。ボックス手前左のデレ・アリから、ボックス右のケインに浮き球のパスが通ると、ケインはトラップから冷静にシュートを流し込んで先制点を奪った。

前半に10本のシュートを放ったトッテナムが後半も先にチャンスを作る。51分、ボックス左から侵攻したケインがファーサイドを狙ってシュート。しかし、ここはGKガンが弾き出す。

だが、後半から2人代えてきたセインツも55分にレドモンドがボックス左からシュート。62分には鋭い縦パスから好機を演出。一度相手に奪われるものの、ホイビュルクが奪い返してシュートに運ぶが、こちらはバーの上に。

ギアが上がってきたセインツは、途中出場のシムズの前線の身体を張った守備からロングがボールを拾って右サイドから中に折り返す。そこにレドモンドが飛び込んだが、惜しくも枠を捉えることは出来ず。最大の決定機だった。

72分に、トッテナムはルーカス・モウラを下げてソン・フンミンを投入。スタンド観戦のポチェッティーノ監督が一枚目の交代カードを切った。セインツも負傷したロングをベンチに戻してアームストロングがピッチへ。こちらは全ての交代枠を使い切った。

互いに手を打った後半戦。徐々に攻勢を強めてきたセインツがついに同点に追いつく。76分、左サイドのバートランドから斜めのパスをボックス左で受けたアームストロングがグラウンダーのクロスを送ると、これがトッテナムの守備陣を抜けてファーサイドへ。ここで待っていたヴァレリが押し込んで、試合は振出しに戻った。

同点ゴールに沸くセント・メリーズ・スタジアム。サポーターの声援を背にさらなる攻勢に出る。81分、セインツの攻撃の場面でボックスに走り込むアームストロングをウォーカー=ピータースが倒してしまいセインツにFKが与えられる。ゴール正面の絶好の位置、ワード=プラウズがこれをゴール左に直接沈めて、ホームチームが逆転に成功した。

そして、試合はこのまま終了。ケインの今季17得点目で先制したトッテナムだったが、逆転を許してリーグ4試合未勝利に。サウサンプトンは降格圏転落を免れた。
コメント
関連ニュース
thumb

ララナにセインツ復帰の可能性! 友人に意思表示とも

リバプールに所属するイングランド代表MFアダム・ララナ(31)にサウサンプトン復帰の可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 サウサンプトン下部組織出身のララナはトップチーム昇格を経て、2014年夏からリバプールに加わり、公式戦通算156試合21得点20アシストを記録。だが、ケガによる離脱もあって出番が減っており、13試合に出場した今シーズンのプレミアリーグでわずか5試合の先発にとどまった。 そのララナは、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督下での将来に不安こそ抱いていないが、今後のキャリアを考えて移籍も視野に。友人に対しても、サウサンプトン復帰を歓迎する旨を伝えているという。 また、サウサンプトンも2020年までリバプールとの契約が残るララナを追っているが、同時に負傷歴を懸念。移籍となれば、クロップ監督は容認姿勢であり、移籍金1300万ポンド(約18億1000万円)程度で成立する模様だ。 2019.05.18 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安が吉田と同僚に? サウサンプトンが獲得を検討か

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)を巡って争奪戦が繰り広げられているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 2017年6月にガンバ大阪からフローニンヘンに期限付き移籍した堂安。加入初年度からエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、昨年4月に完全移籍を勝ち取った。 今シーズンもここまでリーグ戦28試合4ゴール3アシストを記録しているほか、昨年11月にはフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”のコパ・トロフィー最終候補10名にも選ばれるなどヨーロッパでもその才能を高く評価されている。 そんな堂安には、これまでマンチェスター・シティやユベントスなどのメガクラブが興味を示していると盛んに報じられたが現在では下火となっている。そうした中、アヤックスとPSVの国内クラブに加え、日本代表DF吉田麻也が在籍するサウサンプトンが獲得に興味を示しているようだ。 同クラブは先日にプレミアリーグ残留を決め、来季で2012年の昇格から8シーズン目を迎えることになった。最も人気のある最高峰のリーグに移籍することはバロンドール獲得を強く望む堂安にとって最初のステップになるかもしれない。 2019.05.01 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

驚異の7秒弾シェーン・ロング、気になる試合後のコメントは?

23日に行われた延期分のプレミアリーグ第31節のワトフォード戦で、サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロングが開始わずか7.69秒で先制点を奪った。 ワトフォードのキックオフで始まった一戦。最終ラインのDFクレイグ・キャスカートにボールが渡ったところをロングが猛然とダッシュしてボールを奪取。そのままGKベン・フォスターの頭上を抜くループシュートを決めて、プレミア史上最速記録が生まれた。 試合後、32歳のストライカーは歴史に残る自身のゴールを振り返った。サウサンプトンの公式サイトで紹介されている。 「素晴らしいね。でも試合が終わるまでわからなかったんだ。今までの記録も知らなかったしね」 「毎試合、最初のキックから相手にプレッシャーをかけたいものだ。主にそれはロングボールだね。彼らは準備できていなかった。ラッキーだったよ。ブロックしたボールが良いところに落ちて、僕はクレイグを躱すことが出来たんだ」 「ベンが素晴らしいキーパーなのは知っているよ。彼は横に強い。何度も彼のプレーを見てループシュートが最良の選択だと思いついたんだ。上手くいってよかったよ」 「このような記録は嬉しいけど、このゴールが勝ち点3に繋がらなかったのは残念だよ。僕らは勝利に値したからね」 「でもワトフォードは良いチームだ。彼らの順位がそれを証明している」 2019.04.24 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア最速ゴール記録が更新!トップ10にまさかのGKの名が!!

サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロング(32)がプレミアリーグの歴史ある記録を更新した。 サウサンプトンは23日、延期されていたプレミアリーグ第31節のワトフォード戦で1-1のドローに終わっていた。しかし、この試合でロングが決めた先制ゴールが、プレミアリーグ新記録となる最速弾だった。 ワトフォードのキックオフで始まったこの試合。デウロフェウがボールを戻すと、最終ラインのキャスカートにボールが渡る。キャスカートは、トラップから慎重に右サイドを狙ってロングボールを送ろうとすると、猛然とダッシュしたロングがブロック。こぼれ球に先に反応したロングが、前に出てきたGKフォスターの頭上を越すループシュートを決めた。 プレミアリーグによると、このゴールはキックオフから7.69秒で決まったとのこと。これまでの記録を2秒も上回る史上最速ゴールの記録を樹立した。 なお、これまでの最速記録は、かつてトッテナムでプレーした元イングランド代表DFレドリー・キングが2000-01シーズンのブラッドフォード・シティ戦で決めたもの。当時はFWでプレーしていたキングは、キックオフから9.82秒でゴールを決めていた。 ちなみに、3番手は2002-03シーズンのマンチェスター・シティ戦でアラン・シアラー(ニューカッスル)が決めた10.52秒、4番手は2017-18シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦でクリスティアン・エリクセン(トッテナム)が決めた10.54秒、5番手は2000-01シーズンにチャールトン戦でマーク・ビドゥカ(リーズ・ユナイテッド)が決めた11.9秒となっている。 なお、今回の記録更新で10位となったゴールは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKで現在はボーンマスの正守護神を務めるアスミル・ベゴビッチがストーク・シティ時代に記録したもの。味方のバックパスをダイレクトで蹴り出すと、風に乗ったボールがワンバウンドで相手GKを越えゴールに入っていったものだった。 <span style="font-weight:800;font-size:1.1em;">◆プレミアリーグ最速ゴール記録</span> 1位:<span style="font-weight:700;color:#ea124c;font-size:1.1em;">シェーン・ロング</span>(サウサンプトン) 2018-19/vsワトフォード <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">7.69秒</span> 2位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">レドリー・キング</span>(トッテナム) 2000-01/vsブラッドフォード・シティ <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">9.82秒</span> 3位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">アラン・シアラー</span>(ニューカッスル) 2002-03/vsマンチェスター・シティ <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">10.52秒</span> 4位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">クリスティアン・エリクセン</span>(トッテナム) 2017-18/vsマンチェスター・ユナイテッド <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">10.54秒</span> 5位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">マーク・ビドゥカ</span>(リーズ・ユナイテッド) 2000-01/vsチャールトン <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">11.9秒</span> 6位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">ドワイト・ヨーク</span>(アストン・ビラ) 1995-96/vsコヴェントリー <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">12.16秒</span> 7位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">クリス・サットン</span>(ブラックバーン) 1994-95/vsエバートン <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">12.94秒</span> 8位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">ケビン・ノーラン</span>(ボルトン) 2003-04/vsブラックバーン <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">13.48秒</span> 9位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">ジェームズ・ビーティー</span>(サウサンプトン) 2004-05/vsチェルシー <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">13.52秒</span> 10位:<span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">アスミル・ベゴビッチ</span>(ストーク・シティ) 2013-14/vsサウサンプトン <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">13.64秒</span> 2019.04.24 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、プレミア最速7秒弾で先制も終盤の失点で勝ち点3を逃す…《プレミアリーグ》

吉田麻也の所属するサウサンプトンは23日、プレミアリーグ第31節延期分でワトフォードと対戦し、1-1の引き分けに終わった。吉田はフル出場している。 FAカップ準々決勝の開催により延期されていた一戦。直近に行われたニューカッスル戦で完敗を喫した16位サウサンプトン(勝ち点36)は、その試合からスタメンを2人変更。イングスとシムズに代えてロングとアームストロングを先発で起用した。 吉田は3バックの中央に配置した[3-4-2-1]で試合に臨んだサウサンプトンは、開始7秒で先制する。キックオフボールを最終ラインで受けたキャスカートに対してロングがハイプレスをかけると、フィードボールをカット。そのままボックス内に持ち上がったロングは飛び出したGKの上を越すシュートでゴールネットを揺らした。 2000年12月9日にトッテナムのDFレドリー・キングが記録した9.82秒弾を上回るロングのプレミアリーグ最速ゴールでいきなり動いた試合は、ここから一気にヒートアップ。すると2分、ワトフォードはデウロフェウのロングパスで右サイドを抜け出したヒューズのクロスをA・グレイが左足で合わせたが、このシュートはGKガンがセーブ。 ワトフォードは12分にも、デウロフェウが左45度からファーポストへ絶妙なコントロールシュートを狙ったが、これはわずかに枠の右に逸れた。 リードするサウサンプトンは24分、ドリブルでボックス右から仕掛けたレドモンドが強引な突破でゴールエリア右まで侵入しシュート。さらに39分にもロングのパスからレドモンドに決定機が訪れたが、共にシュートはGKフォスターに阻まれた。 1点を追うワトフォードは、前半終了間際の44分にロングボールでボックス右内に抜け出したデウロフェウが反転から右足を振り抜いたが、これは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点を追うワトフォードが主導権を握るものの、A・グレイやデウロフェウを中心とした攻撃はなかなかうまくいかない。 すると78分、ここまで控えめだったサウサンプトンはセットプレーからチャンス。ボックス左横で獲得したFKをウォード=プラウズが直接狙ったが、これはGKフォスターにセーブされた。 試合も終盤に突入しこのまま終了かと思われたが、90分にスコアが動く。R・ペレイラのパスで右サイドを抜け出したフェメニアがクロスを供給。これをボックス中央のヤンマートが落とすと、最後はA・グレイがゴール右にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま1-1で終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したサウサンプトンだが、降格圏の18位カーディフと勝ち点差を「6」に広げ、残留へ一歩近づいた。 2019.04.24 06:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース