ローマに痛手! ギリシャ代表DFマノラスが筋肉の損傷で3週間離脱へ2019.03.09 01:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスが、負傷離脱を強いられることになるようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じた。6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのポルト戦(2-3で敗戦)にフル出場したマノラスは、試合後の検査で筋肉の損傷が発覚。『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、3週間の離脱が予想されている。

今回のケガによりマノラスは11日に行われるエンポリ戦、SPAL戦という2つのリーグ戦を欠場。今月に行われるユーロ2020予選に向けたギリシャ代表の招集も辞退し、31日に行われるセリエA第29節のナポリ戦での復帰を目指すようだ。

なお、ディ・フランチェスコ体制が終焉を迎えたローマは、マノラスの他にMFハビエル・パストーレとFWジェンギズ・ウンデルが負傷離脱しており、次節のエンポリ戦ではFWエディン・ジェコやDFアレクサンダル・コラロフ、DFフェデリコ・ファシオが出場停止となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマのCL出場権獲得絶望的に…相手GKコンシーリの牙城崩せず痛恨ドロー…《セリエA》

セリエA第37節、サッスオーロvsローマが18日にマペイ・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 前節、ユベントス相手に2-0の勝利を収めた6位のローマは逆転のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みを繋いだ。しかし、良い精神状態で残り2試合に臨めると思った矢先の14日にバンディエラ、デ・ロッシの今季限りでの退団が電撃発表。クラブが来季契約更新をオファーしなかったこともあり、怒り狂うロマニスタが抗議の姿勢を強めるなど、騒然とした状態で10位サッスオーロとのアウェイゲームを迎えることになった。 この一戦に向けてラニエリ監督はユベントス戦から先発3人を変更。負傷のマノラスに代えてファン・ジェズス、クライファート、ペッレグリーニに代えてジェンギズ・ウンデル、クリスタンテを起用。渦中のデ・ロッシはベンチスタートとなった。 強い雨が降りしきる中でスタートしたサッスオーロの今季ホーム最終戦。試合は後方からショートパスを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく展開に。開始7分には右に流れてボールを引き出したジェコがボックス右でキープして丁寧なマイナスの落とし。これを受けたジェンギズが縦に仕掛けてから右足のシュートを枠に飛ばすが、相手GKコンシーリのビッグセーブに遭う。 時間の経過と共にショートカウンターやサイドからの攻撃を起点に相手ゴールへ迫っていくローマ。29分にはコラロフの左クロスにニアのエル・シャーラウィが頭で合わすが、これは枠の左。続く38分にはボックス手前左でコラロフがニアポストを狙った低い弾道のシュートを放つが、今度は相手GKの好守に遭う。 前半終盤にかけては行ったり来たりの展開の中で互いにカウンターから決定機を作り合う。前半終了間際にはベラルディからのスルーパスに抜け出したジュリチッチがゴール右から決定的なシュートを放つが、ここはGKミランテが右足を使った圧巻のセーブではじき出し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ビルドアップ時の立ち位置やボールの動かし方を微調整してきたサッスオーロに対して、なかなかプレスがハマらず、ズルズルと後退する守備を強いられるローマ。それでも、ボガら相手のシュートミスにも救われて失点は許さない。 すると57分、ローマに後半最初のビッグチャンスが訪れる。ボックス右でジェンギズとパス交換したフロレンツィが短く折り返す。これをゴール前でワントラップしたエル・シャーラウィがハーフボレーの形でシュートも、ややアウトにかかった左足のシュートは枠の左に外れる。 畳み掛けるローマは60分付近にはエル・シャーラウィの頭での落としからジェコが右ポストを掠めるシュート、直後にはコラロフからのパーフェクトな左クロスに反応したゴール前のクリスタンテが決定的なダイビングヘッドシュートも、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれた。 ようやくゴールの匂いをさせ始めたローマは65分、ザニオーロ、ジェンギズを下げてパストーレ、クライファートを同時投入。パストーレをトップ下に配した[4-2-3-1]に布陣を変更する。75分にはカウンターから左サイドを突破したエル・シャーラウィからのアーリークロスにクライファートが飛び込む。GKとDFと好sカウしながら脛に当たったボールがゴールに向かうが、これは左ポストに阻まれる。 その後、エル・シャーラウィに代えてペロッティを最後の交代カードとして投入したローマ。逆転でのCL出場権獲得には勝つしかない中、リスクを冒して攻勢を仕掛けていく。しかし、高い集中力を見せる相手の守備を崩し切れない。後半アディショナルタイムには攻撃参加したファシオに2度の決定機も味方のオフサイドとシュートミスによって劇的決勝点とはならず、試合はゴールレスのままタイムアップ。 暫定ながら4位のアタランタとの勝ち点差を「2」に縮めたローマだが、2試合を残すアタランタの連敗、前節終了時点で同勝ち点のミランが2試合のいずれかを落とさない限り、逆転できない痛恨の勝ち点逸に。 最悪の場合、来週行われるデ・ロッシのラストゲームとなる最終節パルマ戦を前にCL出場権獲得の可能性が潰えることになる。 2019.05.19 05:43 Sun
twitterfacebook
thumb

日本への移籍も噂されるローマ退団のデ・ロッシに南米からも興味?

今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)だが、南米クラブも獲得に興味を示しているようだ。 ローマで生まれ、ローマで育ち、下部組織時代からローマ一筋でプレーを続けてきたデ・ロッシ。2000年からトップチームでプレーしてきたものの、そのユニフォームを纏うのは今シーズンが最後となる。 現役を続行する意思のあるデ・ロッシの行き先には、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)が濃厚と見られているが、日本でプレーする可能性もあるとイタリアでは報じられていた。 そんな中、南米からもデ・ロッシ獲得に興味の声が上がっている。それが、ボカ・ジュニアーズだ。 アルゼンチンの名門クラブとして名高いボカ・ジュニアーズ。そのボカで現在スポーツ・ディレクターを務めているのが、元アルゼンチン代表DFのニコラ・ブルディッソ氏だ。 ブルディッソ氏はかつてローマにも在籍し、デ・ロッシともチームメイトとして多くの試合でプレー。そのブルディッソ氏が、『FOX Sports』でデ・ロッシへの興味を語った。 「彼の将来は我々と共にすることができる」 「現時点では、単に希望ではあるけれど、ダニエレ(・デ・ロッシ)は友人だ。私は彼と定期的に連絡を取る。そして、彼のような選手のために、我々のドアはいつも開いている」 「今、彼には明らかなプレッシャーをかけたくはない。彼がローマに別れを告げることは、とても難しいことだとわかっているからだ」 ローマで公式戦通算615試合に出場し63ゴール54アシストを記録してきたデ・ロッシ。今シーズンはケガの影響もありセリエAで17試合の出場に留まっているが、新シーズンはどこでプレーするのか注目だ。 2019.05.18 11:18 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタ躍進の立役者ガスペリーニがローマの指揮官就任か

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(61)が新シーズン、ローマの指揮官に就任する可能性が高いようだ。イタリア『Radio Radio』が伝えている。 同メディアによればガスペリーニ監督はローマに3年契約、年俸250万ユーロ(約3億円)+ボーナスの条件を要求しているとのことだ。 残り2試合となったセリエAで6位に付けるローマは、シーズン途中に就任したクラウディオ・ラニエリ監督の今季限りでの退任が決まっており、新監督探しに奔走している。 一方、アタランタでの3シーズンで好結果を残しているガスペリーニ監督は今季、チームをコッパ・イタリア準優勝、セリエAではチャンピオンズリーグ出場権争いに導き、現在4位と大健闘のシーズンを戦っている。 2019.05.17 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のデ・ロッシに10人の仲間がエモーショナルなメッセージ!

14日に今シーズン限りでのローマ退団が発表された元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)に対して、現チームメートや元同僚からエモーショナルなメッセージが贈られた。クラブ公式サイトがSNSでのリアクションを伝えている。 ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦615試合に出場し63ゴールを記録。“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンドだ。 そのレジェンドの退団発表を受けて、現チームメートやかつての同僚がSNS上でデ・ロッシに対する感謝の思いを伝えた。そして、ローマ公式サイトがそのうちの10人の反応を伝えている。 ◆DFコスタス・マノラス 「ピッチ内外のカピターノ! ダニエレのこれまでのすべてに感謝しているよ。5年間に渡ってロッカールームで君と過ごせたことを光栄に思っている。誰もが君の不在を寂しく思う。ローマのシャツを着て過ごした最高の夜の写真(昨季CLバルセロナ戦)を使うよ。大好きだ、カピターノ!」 ◆DFフェデリコ・ファシオ 「君はピッチの中でも外でも最高な男だ。誰にとっても最高のお手本であり、真のリーダーだった。君と離れることが寂しいよ」 ◆MFニコロ・ザニオーロ 「まだ、僕がトリゴリア(練習場)を訪れる前にも関わらず、あなたは『ローマファミリーへようこそ』というメッセージを送ってきてくれた。それは僕にとって何より感動させられることだった。ありがとうカピターノ、あなたと共にプレーできることは何よりの特権でした」 ◆GKアントニオ・ミランテ 「すべての世代、すべてのクラブ、ファンのお手本のような存在だったよ。素晴らしい対戦相手でもあったけど、チームメート、カピターノとしてはより最高な存在だったよ。君は僕のようなベテランたちにとっても良き手本だった。君は本当に最高以外の何ものでもなかった」 ◆MFハビエル・パストーレ 「僕たちは一緒にプレーした時間は短かったけど、君はいつでもそばに居てくれた。ダニエレには感謝の言葉しかないよ。君がこの18年間でこのクラブのために行ってきたことは説明はいらないよ。チームメートとしてこの1年間、君と過ごせたことは本当に幸運だったと思う。君はプレーヤー、人間、真のレジェンドとして本当に並外れた存在だ。プレーヤーとしてもロッカールーム中の存在としてもまだまだ多くのものをもたらせると思っている。君がどんな決断を下すとしても最高の幸運を祈っている。ありがとう、ダニ!」 ◆MFアルベルト・アクイラーニ(元同僚) 「僕たちが子供だったころ、アゴスティーノ(・ディ・バルトロメイ)になることを夢見ていた。そして、それが痛む恐れを蹴っていた。(ローマチャントの一節) 非常に多くの戦いを共有した偉大なチームメート。君の今後の幸運を祈る」 ◆DFヴァンサン・カンデラ(元同僚) 「朝、それは人生だ。それは浮き沈みを伴うものだが、君の人生が今後常に上がり続けることを心から願っている」 ◆MFミラレム・ピャニッチ(元同僚) 「君のことを考えると、とても感情的になってしまうよ。僕は君とキャリアの一部を共有する特権を持っていた。そして、これまでのすべてに感謝しているよ。ダニエレに幸運を! 愛する兄弟よ」 ◆MFケビン・ストロートマン(元同僚) 「カピターノのすべてに感謝したい。君は常にチーム、僕にとって最高の見本だった。そして、真のリーダーだった。ただ、最も重要だったのは君が本当に素晴らしい人間だということさ。君は大事な友人であり、ローマそのものだよ」 ◆MFシモーネ・ペロッタ(元同僚) 「何年も前のことだけど、確か移籍市場の半ばだったと思う。ロッカールームの秘密の会話だったけど、君は僕にこう言ったね。『僕とクラブの絆は強すぎるんだ。このユニフォームを手放すなんてできないよ。僕はそれを愛しすぎているんだ』ってね」 「今日、君はそれを手放す必要があるんだね。だけど、君はいつも通りのカリスマ性をもってそれを行うはずさ。君がこの時期を乗り越えることが簡単ではないことをよくわかっているよ。だけど、君の次の章がそれほど悪いものではないと信じているよ。君の鼓動はこれから成し遂げる偉大なことを見守り続けるはずだ。幸運を、わが友よ」 2019.05.15 20:47 Wed
twitterfacebook
thumb

クラブから契約見送りもデ・ロッシがローマ愛を語る 「僕らの愛はこれからも別な形で続いていく」

14日に今シーズン限りでの退団が発表された元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が、ローマへの溢れる愛を語った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦615試合に出場し63ゴールを記録。“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンドだ。 しかし、13日にクラブ側から今季終了までとなっていた契約を更新する意思がないことを伝えられ、18年間を過ごしたクラブに別れを告げることになった。 そして、退団の経緯を話した際には、「もし自分が監督だったなら、自分のようなプレーヤーと契約を延長しただろう」と恨み節とも取れるコメントを残していたが、その後ローマへの溢れる愛を語った。 「このチームに対して忠実であり続けるという自分の考えに全く変更はないよ」 「もし、僕が魔法の杖を持っていたならば、きっともう少しだけ多くのトロフィーをキャビネットに飾ることができたかもしれない。しかし、誰もそんな魔法は使えないよ。長年に渡るここでのキャリアの中で幾つか間違いを犯したと思う。だけど、それはどうにもならないものでもあったんだ」 「僕とローマの間にはとてつもなく大きな愛があり、それはこれからも別な形で続いていくと思う。もしかしたら、こっそりとスタジアムに侵入したり、サンドウィッチとビールを片手にピッチの中の友人たちを応援することもあると思うよ」 また、“ローマの象徴”に次ぐクラブ歴代最多出場記録者となった事実を心から誇りに思っているという。 「これまでの自分のキャリアに関して神さまに感謝を捧げたい。14、15歳の頃に自分がこのようなレベルに達することができるとは思っていなかったよ」 「僕は父のキャリアを心から誇りに思っていたんだ。彼は15年間、セリエCでプレーを続けていた。そして、父は紛れもなく僕のアイドルであったし、彼を誇りに思っているんだ。僕自身、愛するチームで素晴らしい仲間と、素晴らしい対戦相手たちと愛する仕事を続けることができた」 「今は多くの美しい感情に溢れているよ。デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた」 「個人的な意見だけど、フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」 また、2年前に現役を引退したトッティに続きロマニスタは愛するバンディエラを失うことになるが、デ・ロッシは自身と同じ生え抜きのローマっ子である、新キャプテンのMFアレッサンドロ・フロレンツィ、MFロレンツォ・ペッレグリーニらが新たな“ローマの象徴”となることを期待している。 「ロマニスモは僕たちにとって重要なものであるけど、アレッサンドロとロレンツォの安全な手の中にあるよ」 「彼らは僕やフランチェスコをコピーする必要なんてないんだ。だけど、彼ら自身のパーソナリティやクラブとの絆を示すべきだと思っているよ」 「それに彼らだけじゃない。ブライアン・クリスタンテはベルガモ、あるいはイタリア北部の出身だ。彼はローマ出身ではないけど、トレーニングや試合を通じてすべてを捧げてくれる。僕は彼のようなプレーヤーが他に100人ほしいと思っている。ローマが必要としているのは必ずしもローマ人ではないんだ。ローマが必要としているのは真のプロフェッショナルだよ。もちろん、それがアレッサンドロやロレンツォのようなローマっ子であれば、さらにいいことだけどね」 「成功を掴むためには強い側面を構築する必要があるんだ。他の成功しているクラブはそれを豊富な資金力で作り上げている。それが市場の原理ともいえるけど、僕はこのクラブがその状況を変えることに集中していると思っている。そして、彼らの成功を心から願っている」 2019.05.15 19:34 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース