京都、帝京長岡のMF谷内田哲平の加入内定を発表! 2019.03.07 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
京都サンガF.C.は7日、帝京長岡高校に在籍するMF谷内田哲平(17)の2020シーズンの加入内定を発表した。新潟県出身の谷内田は、2017年にU-16日本代表に選出された経験を持つサイドアタッカー。クラブは「空間認知能力に長け、ゴールに直結するパスが武器のMF」がプレーの特徴と説明している。

京都でプロキャリアをスタートさせることになった谷内田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この度、京都サンガF.C.に加入する事になりました谷内田哲平です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことをとても嬉しく思います。そして、プロとしてのキャリアを京都サンガF.C.で始められる事を光栄に思います」

「今まで自分に関わっていただいた方々に感謝し、結果で恩返しできるように頑張ります。京都サンガF.C.の勝利に少しでも貢献できるように努力して、京都の皆さまに愛される選手になりたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント
関連ニュース
thumb

水戸に痛手…MF木村祐志が右ヒザ内側側副じん帯を損傷

水戸ホーリーホックは23日、MF木村祐志が右ヒザ内側側副じん帯を損傷したことを発表した。全治は約3週間。 クラブの発表によると、木村は11日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のFC琉球戦で負傷した。 木村は2018年に徳島ヴォルティスから水戸に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに13試合出場している。 2019.05.23 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛MF田中裕人に第一子誕生「より一層頑張っていきたい」

愛媛FCは23日、MF田中裕人に第一子となる長男が22日に誕生したことを発表した。 田中はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「田中裕人です。この度元気な赤ちゃんが産まれました。頑張ってくれた妻と子どもに本当に感謝しています。これからより一層、妻と子どものためにサッカー選手として頑張っていきたいと思います!」 田中は2017年にジュビロ磐田から期限付き移籍で加入し、翌年に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに14試合出場している。 2019.05.23 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

高木大輔古巣弾も東京Vがシーソーゲーム制し3連勝! 千葉は大量5発で岐阜を粉砕《J2》

明治安田生命J2リーグ第14節の7試合が19日に各地で行われた。 維新みらいふスタジアムで行われたレノファ山口FCvs東京ヴェルディは、3-2で東京Vが勝利した。 前節に連敗を止めた20位・山口(勝ち点12)と、5戦負けなしの12位・東京V(勝ち点17)の一戦。試合は山口が先に試合を動かす。13分、右CKの流れからボックス左外の佐藤がクロスを送り、ドストンの浮き球の落としをボックス手前から古巣対決の高木が右足ダイレクトでシュート。これがボックス内の相手DFに当たってコースが代わり、ゴール右に吸い込まれた。 先制点を奪われた東京V。しかし、49分、ボックス左外でパスを受けた小池が相手DFが相手DFをかわし、ボックス左に侵攻して中央へラストパスを送る。最後は、ネマニャ・コイッチが押し込んで試合を振り出しに戻した。 その後、東京Vは71分に左CKから平がヘディングで合わせて逆転。しかし、山口もその4分後にボックス左からのクロスを岸田がダイビングヘッドで合わせ、スコアは2-2となる。 このまま試合終了かと思われたが、東京Vは83分、勝ち越しに成功する。カウンターからロングボールを小池が受け、左サイドから仕掛けると、ボックス内でドストンに倒されてPKを獲得する。これをキッカーのレアンドロがゴール左隅に決めて、勝負あり。3-2でシーソーゲームを制した東京Vがリーグ3連勝を飾った。 フクダ電子アリーナで行われたジェフユナイテッド千葉vsFC岐阜は、千葉が5-1で大勝した。 不振にあえぐ19位・千葉(勝ち点14)と、最下位に沈む岐阜(勝ち点12)の一戦。試合は立ち上がりから攻勢に出る千葉が先制点を奪う。10分、左サイドからのCKからボックス浅い位置に跳ねたクリアボールを矢田が頭でゴール前に送る。これを船山がヘディングシュートで合わせ、ゴールネットを揺らした。 12分にも新井が右CKを頭で叩き込んでリードを広げた千葉は22分、熊谷の縦パスをボックス左手前で受けたクレーベがヒールパス。これをボックス左に抜け出した船山が右足で流し込んだ。さらに36分にも、相手最終ラインからの縦パスを矢田がブロックし、セカンドボールを拾ったクレーベがボックス手前から右足を振り抜いてゴール左に突き刺した。千葉が前半だけでスコアを4-0にする。 大量得点を奪った千葉は63分にもクレーベが追加点を奪い、5点目。一矢報いたい岐阜は90分、最終ラインの甲斐がロングフィードを送り、抜け出したライアン・デ・フリースがGKとの一対一を決めたが、反撃はそこまで。 船山とクレーベの2ゴールなど大量5ゴールを奪った千葉が、今シーズン4勝目を挙げた。一方の岐阜は連敗を喫し、最下位から抜け出すことはできなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第14節 ▽5/19(日) 水戸ホーリーホック 0-0 柏レイソル ツエーゲン金沢 0-1 V・ファーレン長崎 レノファ山口FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 東京ヴェルディ</span> 徳島ヴォルティス 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 5</span>-1 FC岐阜 FC町田ゼルビア 2-2 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 FC琉球 ▽5/18(土) 大宮アルディージャ 0-0 栃木SC アルビレックス新潟 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 愛媛FC</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 2019.05.19 19:31 Sun
twitterfacebook
thumb

タヴァレス解任の横浜FC、イバ2発で下平体制初陣勝利! 甲府、古巣戦ドゥドゥ躍動で4戦ぶり白星! 福岡はJ3降格圏に転落《J2》

明治安田生命J2リーグ第14節の4試合が18日に各地で行われた。 東平尾公園博多の森陸上競技場で行われたアビスパ福岡vsヴァンフォーレ甲府は、3-0で甲府が勝利した。 3試合未勝利の20位・福岡(勝ち点12)と、前節の敗戦で今シーズン初の連敗を喫した7位・甲府(勝ち点20)の一戦。試合は13分、アウェイの甲府が先制する。敵陣中央右でピーター・ウタカがロングボールを収めて味方に預けると、曽根田がボックス右にスルーパス。これに抜け出した横谷がそのまま右足を振り抜いて、ニアサイドに流し込んだ。 先制に成功した甲府は62分、ボックス手前からピーター・ウタカがミドルシュート。ここは相手DFにブロックされたが、ボックス中央にこぼれたボールを古巣対決のドゥドゥがプッシュした。さらに69分、ピーター・ウタカがフィジカルを生かしたドリブルでハーフウェイライン付近からボックス手前まで持ち込み、ボックス右手前にパス。これを受けたドゥドゥがワンタッチでボックス内に侵攻し、右足でゴール左へと流し込んだ。 ピーター・ウタカの活躍と、古巣戦となったドゥドゥの2ゴールなど3発で勝利した甲府が4試合ぶり白星を飾った。一方の福岡は4試合未勝利でJ3降格圏内の21位に順位を落とした。 白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFCvs横浜FCは、2-1で横浜FCが勝利した。 4戦負けなしの16位・鹿児島(勝ち点14)と、3試合勝利がない14位・横浜FC(勝ち点13)の一戦。14日にタヴァレス監督を解任した横浜FCにとって、下平隆宏体制初勝利が欲しいところ。その思いとは裏腹に、鹿児島は34分、ボックス右外で仕掛けた酒本のクロスがGKアン・ジュンスのファンブルを誘い、こぼれ球をニウドが押し込んだ。 先制点を許した横浜FCは59分、ボックス左外でロングパスを受けた中山がワントラップから中央に絶妙クロス。これをイバが頭で合わせ、ゴールに叩き込んだ。 1-1の振り出しに戻った試合は両者、攻勢を続けるが、スコアが動かないまま終盤に。それでも90分、横浜FCに待望の時。味方が放ったシュートのこぼれ球を拾った瀬沼がボックス内で倒されてPKを獲得する。逆転の絶好機。これをキッカーのイバが落ち着いてゴール右に突き刺して、2-1と逆転した。 このまま横浜FCが勝利。下平監督体制初陣を勝利で飾った。一方の鹿児島はこれで5試合負けなしとなっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第14節 ▽5/18(土) 大宮アルディージャ 0-0 栃木SC アルビレックス新潟 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 愛媛FC</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンフォーレ甲府</span> 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> ▽5/19(日) 《14:00》 水戸ホーリーホック vs 柏レイソル ツエーゲン金沢 vs V・ファーレン長崎 レノファ山口FC vs 東京ヴェルディ 徳島ヴォルティス vs モンテディオ山形 《16:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs FC岐阜 FC町田ゼルビア vs 京都サンガF.C. 《17:00》 ファジアーノ岡山 vs FC琉球 2019.05.18 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木、浦項から長身FWイ・レジュンを完全移籍で獲得

栃木SCは17日、浦項スティーラースから韓国人FWイ・レジュン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「42」に決定している。 イ・レジュンは、2016年1月に韓国の東莱高校から浦項に入団。昨シーズンは公式戦4試合に出場し、1アシストを記録している。身長192㎝、体重72㎏のセンターフォワードだ。 栃木への加入が決定したイ・レジュンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度栃木SCに加入する事になりましたイ・レジュンです。1日でも早く試合に出て、チームの勝利を皆さんに届けられるよう、そしてチームの目標を達成できるよう、一生懸命頑張ります。サポーターの皆さん、応援よろしくお願い致します!」 2019.05.17 15:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース