長友元マネージャーのDF近藤慎吾が水戸に加入! 「感謝を伝えたいです」2019.03.06 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
水戸ホーリーホックは6日、エリース東京(関東1部)に所属していたDF近藤慎吾(32)が加入することを発表した。なお、アマチュア登録での所属となる。神奈川県出身の近藤は、明治大学サッカー部卒業後にエリース東京に加入。今回が初のJクラブ加入となる。近藤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆DF近藤慎吾
「多くの方の支えで今回チームに加入する事が出来ました。支えてくださった方々への感謝を伝えたいです。今日から少しでもチームに貢献できる様に邁進します。よろしくお願いします」

なお、近藤は以前、株式会社オフィス長友で日本代表DF長友佑都のマネージャーを担当していた。
コメント
関連ニュース
thumb

“平成最後”のJ2はドローばかり!水戸はドローも「令和」を首位で迎える!大宮はバーに嫌われ連勝ストップ《J2》

28日、明治安田生命J2リーグ第11節の7試合が各地で行われた。 首位に立つ水戸ホーリーホック(勝ち点22)は、ホームに11位のアルビレックス新潟(勝ち点13)を迎え、0-0のゴールレスドローに終わった。 「令和」を首位で迎えたい水戸は20分、右サイドから木村がクロス。これがそのままゴールへと向かうが、GK大谷がしっかりキャッチ。新潟は28分、ボックス手前からシルビーニョがシュートを放つも、GK松井がセーブする。 ゴールレスで迎えた後半は新潟がペースを握る。58分、渡邊凌がボックス内右から左足でシュートを狙うも、これはわずかに左に外れる。 72分、再び新潟はチャンスを迎える。右サイドから渡邊凌がクロス。ニアサイドに飛び込んだ矢野がヘディングで合わせるが、シュートは枠を捉えられない。さらに新潟は82分、途中出場のフランシスがボックス手前左からシュート。鋭いシュートが枠を捉えるが、GK松井が立ちはだかりなんとかセーブする。 防戦が続いていた水戸だったが86分、サイドチェンジを右サイドで受けた黒川がテクニックを見せて突破。ボックス内に侵入すると、最後はこぼれ球を白井がシュートも枠を外れる。さらにアディショナルタイム、黒川が右サイドでスルーパス。これに反応したジョーがドリブルで持ち込み、最後は横パスを送るも、村田には届かない。 結局、互いに決定力を欠いた試合は0-0のゴールレスドローで終了。水戸は今季7試合目のクリーンシート、開幕から11戦無敗とし、首位をキープしたまま平成を終えることに成功した。 <hr> 5連勝で自動昇格圏内の2位に浮上した大宮アルディージャは、フクダ電子アリーナでジェフユナイテッド千葉と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。 ここ3試合勝利がない19位の千葉(勝ち点10)と6連勝を目指す2位の大宮(勝ち点20)の対戦。最初に決定期を迎えたのはホームの千葉だった。 4分、左CKから堀米がクロスを送ると、ニアでエベルトンが合わせてコースを変えると、最後は工藤がファーサイドでボレー。しかし、このシュートはポストに阻まれ、ゴールとはならない。 大宮は23分、右サイドでパスを受けた奥井が茨田とのワンツーで抜けると、中央のフアンマ・デルガドへパス。フアンマ・デルガドはボックス手前中央からシュート。GK佐藤はファンブルするも、しっかりとボールを抑える。 攻撃の時間が続く大宮は29分、右サイドからクロスを送ると新井がクリア。しかし、これが小さくなるとボックス内で酒井がダイレクトボレー。しかし、シュートはわずかに右に外れる。 44分には再び大宮にチャンス。大前がボックス手前左からグラウンダーのシュート。ニアサイドを狙ったものの、わずかに左に外れる。 迎えた後半、大宮は左ウイングバックに代えて菊地を投入。3バックの中央に菊地を配置し、河本を左に、河面が酒井のポジションに入った。 大宮は52分にビッグチャンス。左サイドを上がった河面がボックス左からグラウンダーのクロス。これをニアサイドで待ち構えた大前がダイレクトシュートも、わずかに枠の左に外れる。 千葉は54分、左サイドからのクロスを大外から入ってきたゲリアがボックス内でヘッド。しかし、これはGK笠原の正面に飛びゴールとはならない。 大宮は60分、河本からのロングフィードをフアンマ・デルガドが受けると、横パスを受けた大前がボックス手間中央から右足一閃。鋭いシュートがボールに飛ぶが、クロスバーを叩きゴールとはならない。さらに62分、大宮はCKから大前がクロスを送ると、飛び込んだ菊地がフリーでヘッド。しかし、わずかにシュートは右に外れる。 70分、大宮にアクシデント。後半開始でCBの菊地を入れていたものの、CB河本がセットプレーの流れで負傷し、中村を投入。中村が左ウイングバックに入り、河面が3バックの左に戻る形となる。中村は古巣対決となった。 得点が欲しい千葉は75分、右ウイングバックのゲリアに代えて船山を投入。途中出場していた茶島がゲリアの位置に入り、船山をシャドーの位置に入れ攻撃の活性化を図る。 76分に大宮は決定機。左サイドで石川が相手からボールを奪うと、グラウンダーのクロスをニアサイドに走り込んだ茨田がシュート。しかし、これもクロスバーを叩いてしまい、ゴールとはならない。 防戦が続いていた千葉は90分、ボックス手間中央から矢田が左足でシュート。久々のシュートとなったが、GK笠原の正面に飛んでしまう。アディショナルタイム6分にはGK佐藤からのロングフィードから繋ぐと、裏に抜けたアラン・ピニェイロがボックス外からシュート。ニアを狙ったシュートだったが、GK笠原が横っ飛びでセーブする。 大宮はアディショナルタイム9分、相手陣内でFKを獲得すると、中村のクロスが流れ、ボックス内の畑尾の足元へ。フリーで畑尾がシュートを放つも、左足のシュートは枠の右に外れゴールならず。そのまま0-0で試合は終了した。引き分けた大宮は前日に勝利していたモンテディオ山形に抜かれて3位に転落している。 その他、5位の柏レイソル(勝ち点18)は12位の横浜FC(勝ち点13)と対戦し、0-0のゴールレスドロー。15位のレノファ山口FC(勝ち点11)と7位のツエーゲン金沢(勝ち点15)の一戦は、0-2でアウェイの金沢が勝利。これで金沢が勝ち点を18とし、参入プレーオフ圏内の6位に浮上。開幕4連勝と快進撃を見せていた昇格組のFC琉球が7戦未勝利となり7位に転落している。 ◆明治安田生命J2リーグ第11節 ▽4/28(日) 水戸ホーリーホック 0-0 アルビレックス新潟 栃木SC 1-1 FC岐阜 京都サンガF.C. 0-0 徳島ヴォルティス ファジアーノ岡山 1-1 東京ヴェルディ ジェフユナイテッド千葉 0-0 大宮アルディージャ 柏レイソル 0-0 横浜FC レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ツエーゲン金沢</span> ▽4/27(土) アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> V・ファーレン長崎 0-0 鹿児島ユナイテッドFC 愛媛FC 1-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 1-1 FC町田ゼルビア 2019.04.28 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

志知の劇的FK弾で甲府との無敗対決制した水戸が首位浮上! 4連勝大宮が3位浮上!《J2》

明治安田生命J2リーグ第9節の8試合が14日に各地で行われた。 山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vs水戸ホーリーホックは、アウェイの水戸が2-1で勝利した。 共に開幕から無敗を継続する2位と3位の上位対決は開始早々に動く。2分、甲府が右CKの流れからクリアボールをエリア外の小椋がボレーシュート。これはGK松井の好守に遭うが、こぼれ球をゴール左のピーター・ウタカが折り返すと、ゴール前に詰めた横谷が泥臭く押し込んだ。 敵地で早々に先制を許す苦しい入りを強いられた水戸は失点直後こそややバタついたものの、時間の経過と共に守備組織を立て直して反撃に転じる。すると26分、ボックス中央で後ろ向きにフィードを収めた村田がうまく潰れると、ルーズボールを引き取った黒川が巧みなステップワークでDF2枚をかわしてゴール前に持ち込むと、冷静にGKの頭上を抜く左足シュートを突き刺した。 1-1のイーブンに戻った試合はここからややホームチームがペースを握っていくが、水戸の堅守をなかなか攻略できない。後半半ばにはジュニオール・バホスの鋭い折り返しから水戸のオウンゴールを誘いかけるが、これがポストを叩くなど決め手を欠く。 試合終盤にかけても拮抗した状況が続き1-1のまま試合終了と思われた後半アディショナルタイムに試合が動く。94分、水戸がボックス手前左の好位置でFKを獲得すると、じっくりと時間をかけて駆け引きを行いキッカーの志知が左足で壁の外側を巻く低い弾道のシュートを放つ。これが見事にゴール左隅へ決まって水戸が劇的な2-1の勝利を手にした。この結果、甲府に今季初黒星を与えた水戸が3戦ぶりの白星で首位に浮上した。 また、NACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャvs横浜FCは、ホームの大宮が2-1で勝利した。 高木琢也監督の古巣対決にも注目が集まった昨季、J1昇格プレーオフに進出したチーム同士の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。それでも、フアンマ・デルガドを起点によりフィニッシュの形を作り出した大宮が先制に成功する。 29分、フアンマのボールキープを起点に右サイドの奥井が味方とのパス交換でボックス右に抜け出してクロスを入れると、DFにディフレクトしたボールがラッキーな形でゴール前のフアンマに繋がる。これをスペイン人ストライカーが冷静に蹴り込んだ。 この先制点で流れを掴んだ大宮は後半立ち上がりの54分にも見事なロングカウンターで相手守備を完全に崩し切り、右サイド深くで石川が折り返したボールをファーサイドでドフリーのフアンマが難なく流し込み、貴重な追加点を奪取。その後、試合終盤には横浜FCの猛攻に晒されて86分には戸島のヘディングシュートで1点を返されるが、チーム全体が身体を張ってリードを守り切り2-1の勝利。リーグ4連勝の大宮が3位に浮上した。 その他の試合では直近4勝1分けと好調を維持していたツエーゲン金沢が、京都サンガF.C.相手のアウェイゲームで1-2と競り負けて6試合ぶりの黒星を喫した。また、直近2敗1分けと勝利から遠ざかっていたV・ファーレン長崎がイ・ジョンホ、香川、呉屋の今季初ゴールで10人のFC岐阜相手に今季最多の4ゴールを奪い、4-0の大勝で4戦ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽4/14(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 V・ファーレン長崎</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 0-0 ファジアーノ岡山 柏レイソル 0-0 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 1</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC 徳島ヴォルティス 1-1 愛媛FC ▽4/13(土) 東京ヴェルディ 1-1 FC琉球 アルビレックス新潟 2-2 モンテディオ山形 アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> 2019.04.14 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

町田MFロメロ・フランクに第一子となる長男が誕生「今シーズンも全身全霊で戦う」

FC町田ゼルビアは25日、MFロメロ・フランクに第一子となる長男が22日に誕生したことを発表した。 ロメロ・フランクは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2月22日(金)に第一子が誕生しました。母子共に健康で元気な男の子です。いつも支えてくれる奥さんと誕生した息子の為により一層、気を引き締め責任感と自覚を持って今シーズンも全身全霊で戦うので、応援よろしくお願いします!」 ロメロ・フランクは、2018年にアルビレックス新潟から町田に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合4ゴールを記録した。 2019.02.25 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸MF中川洋介が交通事故 双方にケガなし

水戸ホーリーホックは25日、MF中川洋介が交通事故を起こしたことを発表した。 中川は23日の午前8時30分ごろ、茨城県水戸市飯富町のコンビニエンスストアの駐車場から乗用車で出ようとした所、入ってきたトラックと接触。事故発生後、双方のケガの確認と警察への届け出、事故処理をおこなったとのこと。なお、双方にケガはないようだ。 水戸は、今回の件を受けて「中川選手に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者に向けて交通安全の取り組みを徹底してまいります」とコメントしている。 水戸下部組織出身の中川は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは天皇杯に1試合出場した。 2019.02.25 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

中村が決勝弾! 大岩体制3年目の鹿島が水戸に勝利《いばらきサッカーフェスティバル》

Jリーグプレシーズンマッチ・いばらきサッカーフェスティバル2019の鹿島アントラーズvs水戸ホーリーホックが9日に行われ、1-0で鹿島が勝利した。 Jリーグ開幕を2週間後に控える中、行われた一戦。大岩剛監督体制3年目を迎える鹿島は、[4-4-2]の布陣を採用。GKには曽ヶ端、バックラインには右から安西、チョン・スンヒョン、町田、山本を配置。中盤は右から遠藤、レオ・シルバ、名古、中村が入り、2トップはセルジーニョと土居が務めた。 一方、長谷部茂利監督体制2年目を迎える水戸は、[4-5-1]のフォーメーションを敷いた。GKは松井、最終ラインは右から岸田、伊藤、ンドカ・ボニフェイス、志知。ダブルボランチは前と平野がコンビを組んだ。2列目は右から茂木、黒川、木村、最前線には村田が入った。 試合は水戸が攻守に連動する中、鹿島はややぎこちない低調な入りを見せる。それでも鹿島が徐々にペースが上がると17分、土居のパスを受けた遠藤がボックス右外から左足でGKとDFの間に絶妙なクロス。これがファーサイドに抜けたが、走り込んだセルジーニョにはわずかに合わなかった。 対する水戸は19分、茂木の右CKが中央で混戦に。ゴール前のこぼれ球を黒川が反転してシュートを放つも、ボールはわずかにゴール左外へと逸れた。 ヒヤリとする場面を迎えた鹿島だったが、24分に先制点。安西の右サイドからのクロスは相手に阻まれるも、ボックス手前の土居が詰める。このセカンドボールをボックス手前やや左で拾った中村がワンフェイントでボックス内に侵攻し、冷静にゴール右に流し込んだ。 先制に成功した鹿島は直後にも遠藤の右CKから町田がバー直撃のヘディングシュートを見舞うなど、試合のペースを引き寄せる。しかし、水戸も応戦し、1-0で鹿島がリードして試合を折り返した。 後半に入ってもサイドから攻撃を仕掛ける鹿島は、幾度も決定機になりそうな場面を迎えるが、最後のところでパスが合わず追加点を奪うことができない。 62分から両チーム共に続々と交代カードを切りながら試合は1-0のまま終盤へ。追いつきたい水戸は84分と85分に途中出場の森がミドルシュートを放ち、ゴールを脅かす。すると88分には左CKにンドカ・ボニフェイスが頭で合わせたが、クロスバーに嫌われてしまい、同点とはならない。 このピンチを凌いだ鹿島が結局、前半の中村のゴールを守り切り、1-0で勝利した。 鹿島アントラーズ 1-0 水戸ホーリーホック 【鹿島】 中村充孝(前24) [選手交代] 【鹿島】 (後17分) GK曽ヶ端→GK沖 名古→永木 中村→レアンドロ (後26分) 町田→関川 (後35分) 山本→内田 【水戸】 (後21分) 茂木→浅野 (後23分) 平野→白井 (後33分) 志知→森 木村→外山 (後38分) 村田→齋藤 2019.02.09 14:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース