ザンクト・パウリ、3度の長期離脱から復帰したFW宮市亮と2021年まで契約延長2019.03.06 06:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザンクト・パウリは5日、元日本代表FW宮市亮(26)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへ加入した宮市は、これまで両ヒザ合わせて3度の前十字じん帯を断裂を経験。それでも、ケガから復帰した今シーズンはここまでブンデスリーガ2部で16試合に出場し3ゴールを記録していた。

宮市は今回の契約延長について、クラブの公式サイトで喜びを語っている。

「僕にとって、ここで契約を延長することは最初から決めていた。クラブは非常に辛い時期に僕をサポートしてくれた。そして、このようなサポートしてくれたクラブやサポーター、(クラブの)責任者には感謝しかありません」

「ハンブルクもザンクト・パウリも僕の第二の故郷になりました。僕も家族もこの街やこのクラブを愛しています。これからはピッチでクラブからの信頼に応えられるように頑張るよ。道が僕たちをどこに導こうと、僕はいつもザンクト・パウリのためにすべてを尽くすよ」
コメント
関連ニュース
thumb

宮市ザンクトパウリ、カウチンスキ監督を解任、後任は細貝らを指導したルフカイ監督

FW宮市亮の所属するブンデスリーガ2部のザンクトパウリは10日、マルクス・カウチンスキ監督(49)を解任し、ヨス・ルフカイ監督(55)の就任を発表した。 ザンクトパウリはリーグ戦ここ4試合で1分け3敗と躓き、昇格プレーオフに回れる3位ウニオン・ベルリンに4ポイント差を付けられての4位に後退していた。 2017年12月にザンクトパウリの指揮官に就任したカウチンスキ監督は、2部で14位に沈んでいたチームを残留に導き、迎えた今季ここまでは昇格争いを演じた。 一方、新指揮官となるルフカイ監督はアウグスブルク、ヘルタ・ベルリン、シュツットガルトで元日本代表MF細貝萌を指導。細貝以外にもFW原口元気をヘルタで、FW浅野拓磨をシュツットガルトで指導していた経歴を持つ。 2019.04.11 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

宮市先発もザンクトパウリがホームで痛恨のゴールレスドロー《ブンデス2部》

宮市亮の所属するザンクトパウリは29日、ブンデスリーガ2部第27節でデュイスブルクと対戦し、0-0に引き分けに終わったた。宮市は61分までプレー。 リーグ戦2連敗中の4位ザンクトパウリが、17位に沈むデュイスブルクをホームに迎えた一戦。2試合ぶりの先発出場となった宮市は、[4-2-3-1]の2列目右で起用された。 試合は開始早々の1分、ザンクトパウリは右サイドから仕掛けた宮市がボックス右まで切り込みクロスを供給。これをファーサイドのアレクサンダー・マイヤーが左足で合わせたが、これはゴール左に外れた。 その後は一進一退が続く中、ザンクトパウリは38分にスルーパスから右サイド深くまでをオーバーラップしたフロリアン・カーステンスのクロスをニアでマイヤーが合わせたが、このシュートは相手GKにキャッチされた。 後半に入っても先制点が遠いザンクトパウリは、61分に宮市を下げてバルデマル・ソボタを投入。さらに76分にマイアーを下げてジャン=マルク・シュナイダーをピッチに送り出す。すると86分、ボックス中央でロストボールを拾ったシュナイダーがチャンスを迎えるも、シュートは相手GKの正面を突いた。 結局、試合はそのままゴールレスで終了。ホームで痛恨のドローとなったザンクトパウリは、プレーオフ出場圏の3位ウニオン・ベルリンとの勝ち点差を縮めることができなかった。 2019.03.30 04:33 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトを退団していた元ブンデス得点王のマイヤー、宮市所属のザンクト・パウリに復帰

FW宮市亮が所属するブンデス2部のザンクト・パウリは6日、ドイツ人MFアレクサンダー・マイヤー(35)の獲得を発表した。 ザンクト・パウリでプロデビューを飾ったマイヤーは、196cmの長身とゴールへの嗅覚を武器とするアタッカー。2004年に加入したフランクフルトで14シーズンに渡って主力として活躍し、公式戦379試合に出場し137ゴールの数字を残した。2011-12シーズンにはブンデスリーガ2部得点王、2014-15シーズンには19ゴールでブンデスリーガ得点王に輝いていた。 しかし、近年は度重なる負傷の影響で試合に絡めず、昨季をもってフランクフルトを退団していた。14年半ぶりの古巣復帰となるマイヤーは次のように語っている。 「今季は良い成長を見せている。この流れを後半戦でも続けていけると思う。クラブの助けになりたいし、その準備ができている」 ザンクト・パウリは18試合を消化したブンデス2部で首位ハンブルガーSV、2位ケルンに次ぐ3位に付けている。 2019.01.06 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

完全復活の兆しを見せる宮市亮、競り合いでも迷わず「怖さをまったく感じなくなった」

ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、幸せに溢れた日々を過ごしているようだ。地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』で心境を明かしている。<br><br>2015年夏にドイツに渡ってから度重なる重傷に苦しめられた宮市だが、今シーズンに入ってからはリーグ戦9試合に出場し、15日の第17節グロイター・フュルト戦では今季2ゴール目をマーク。その一戦では88分までプレーし、復帰後最長の出場時間を記録。順調な復調ぶりを見せた。<br><br>そして、本人も手応えをつかんでいる模様。「彼の笑顔はいつもよりかも明るいかもしれない」と伝える『ハンブルガー・アーベントブラット』の取材に対して、このように明かしている。<br><br>「デュエルに入るにあたって、怖さをまったく感じなくなりました。『ケガするかもしれない』といった考えが頭をよぎることはなくなりましたね。正直、夏には現時点でここまで調子を戻せるとは思っていませんでした」<br><br>「朝起きて、何も痛みを感じないのは素晴らしい気持ちです。ケガしていたときは寝る前にそうなることをどれほど願っていたのか&hellip;」<br><br>宮市がザンクト・パウリの選手としてベストパフォーマンスを見せたのは2ゴール1アシストと活躍した2016年5月のカイザースラウテルン戦と言われる。<br><br>「あのときのレベルに戻るまでどれほど時間が必要かは分かりません。でもこのままケガすることなくやっていけたら絶対にもっと良くなると思いますよ。今は本当に幸せです」<br><br>前半戦を3位ウニオン・ベルリンと同じ勝ち点31の4位で折り返したザンクト・パウリは22日にマグデブルクをホームに迎えて2018年を締めくくる。ここ3試合先発出場が続く宮市は、この試合の後にもサポーターたちに笑顔を見せたいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.20 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

宮市亮は“アニマル”!?ザンクト・パウリ指揮官はウィングのフィジカルに唖然

ザンクト・パウリFW宮市亮は15日に行われたブンデスリーガ2部第17節で今季2ゴール目をマーク。マルクス・カウチンスキ監督は「彼はどんどん良くなっている」と同選手の好調を喜んだ。<br><br>2015年夏にアーセナルから加わった宮市だが、ドイツの地では両ひざの前十字じん帯断裂に見舞われるなど試練が続くことに。今シーズンに入ってから昨年12月にザンクト・パウリ指揮官に就任したカウチンスキ監督の下で初めてプレー。復帰戦となった第6節インゴルシュタット戦ではいきなり決勝ゴールを決め、3試合連続でスタメン出場を果たしたフュルト戦で今季2ゴール目を挙げている。<br><br>クラブの公式ウェブサイトによれば、カウチンスキ監督はその試合での宮市のパフォーマンスに「彼は本当に良い試合を見せたし、どんどん良くなっている。試合やリズムが彼に好影響を及ぼしているようだね」と言及。また数試合でベンチスタートとしたことについては「我々は彼に、この数週間、数カ月間にわたって慎重に調整させてきたが、それが今につながっているんだ」と満足気に説明した。<br><br>地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』によると、宮市はフュルト戦で終了間際に交代となるまで、33と最多のスプリント回数、そして34.5km/hと両チームトップの最高スピードを記録。カウチンスキ監督は「リョウは筋肉の塊。彼はアニマルだ」と宮市のフィジカルを絶賛したという。一方、宮市本人は「僕にとって完璧な1日」と喜ぶも、「でも長い間離脱していたので、まだ100%じゃないですよ」と話している。<br><br>なお同紙はその自信に満ちた発言を受け、「ザンクト・パウリにとっては朗報。対戦相手のサイドバックにとって(宮市のコメントは)脅しにさえ聞こえるかもしれない」とも伝えている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 22:34 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース