バイエルンがブレイクのニャブリと新契約締結!2019.03.05 19:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは5日、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(23)との新契約締結を正式発表した。新たな契約期間は2023年6月30日までとなる。

ニャブリは2012年にアーセナルでプロデビュー後、WBAやブレーメンを経て、2017年夏に3年契約でバイエルン移籍。同シーズンはレンタルでホッフェンハイムに加わり、昨夏にバイエルン復帰を果たした。その今シーズンはニコ・コバチ監督に重宝され、ここまで公式戦29試合に出場して8得点5アシストをマーク。ブンデスリーガだけでも21試合6得点4アシストの成績を収めている。

新たに3年間の契約延長に至ったニャブリはクラブ公式サイトで「ここですごく、すごくうまくいっていて、とても楽しい。多くのタイトルと素晴らしい瞬間が来ることを願う。バイエルンとの良い未来が楽しみだ」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン、降格ハダースフィールドからデンマーク代表GKレッスルを獲得!

エバートンは24日、ハダースフィールドからデンマーク代表GKヨナス・レッスル(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日からの加入となるレッスルは2022年6月30日までの3年契約にサインしている。 レッスルは、母国のミッティランでキャリアをスタートさせた後、フランスのギャンガンを経て、2016年にマインツに完全移籍。その後、2017年には45年ぶりの1部昇格を果たしたハダースフィールドに1年間のレンタル移籍で加入。 同シーズンに正GKとしてプレミアリーグ全試合に出場し、同クラブの1部残留に大きく貢献。完全移籍に切り替わった今季もリーグ戦31試合に出場も、チームはダントツの最下位で2部降格となっていた。 なお、エバートンではイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが守護神を務めており、レッスルは元オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフと第2GKの座を争うことになるようだ。 2019.05.24 20:17 Fri
twitterfacebook
thumb

リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰

中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。 1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。 その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。 そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。 2019.05.24 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、堂安同僚の21歳ドイツ人DFシャボットを獲得

サンプドリアは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからドイツ人DFユリアン・シャボット(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 フランクフルトやライプツィヒの下部組織に在籍していた195cmの大型センターバックであるシャボットは、2017年夏にオランダのスパルタへ移籍。そこでシーズン後半にレギュラーポジションを掴み、2018年夏にフローニンヘンへ移籍していた。そして今季、エールディビジで28試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍していた。 また、各世代のドイツ代表ではU-17から選出され、U-20まで選出されていた経歴を持っている。 2019.05.24 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、堂安同僚のU-19オランダ代表MFライスを獲得!

バルセロナは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからU-19オランダ代表MFルドビド・ライス(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は325万ユーロ(約4億円)で、契約期間は2022年6月30日までの3年間。2年延長のオプションが付いている。なお、契約解除金は1億ユーロ(約122億円)に設定された。 スロバキア出身の両親の下、オランダで生まれたセントラルMFのライスは、2015年からフローニンヘンでプレー。2017年9月にトップチームデビューを飾り、今季から主力に定着。2018-19シーズンはエールディビジで29試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 また、U-19オランダ代表としては8試合の出場歴を持っている。 2019.05.24 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタが残留に導いたエスクリバ監督と2021年まで契約延長

セルタは22日、フラン・エスクリバ監督(54)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 エルチェやヘタフェ、ビジャレアルなどで実績を残していたエスクリバ監督は、成績不振を理由に解任されたミゲル・カルドソ前監督の後を受けて、3月にセルタの指揮官に就任。 残留ラインぎりぎりの17位と低迷していたチームを率い、4勝4分け4敗の成績を残し、17位で残留に漕ぎ着けていた。 2019.05.23 04:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース