【ACL2019展望】常勝軍団・鹿島、Jリーグ勢初の連覇へ〜グループE〜2019.03.04 22:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3月5日(火)、2019シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕する。日本からは、Jリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、そしてプレーオフを勝ち上がった、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズの4チームが出場する。

東地区のグループEに入ったのは、2018シーズンのJリーグで3位となったものの、悲願のアジア王者に輝いた鹿島だ。クラブとして20冠目をACLのタイトルで埋めた鹿島。Jリーグ勢初のACL連覇へ挑戦する。

今回は、鹿島が入ったグループEの各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループE
慶南FC(韓国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
鹿島アントラーズ(日本)
山東魯能(中国)
★Jリーグ勢史上初の連覇へ!
鹿島アントラーズ(日本/9回目)

【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2018 3位
【前回出場】
2018年
【前回大会】
優勝
【最高成績】
優勝(2018)
2018シーズンはJ1リーグでは苦戦が続き3位でフィニッシュ。一方で、ACLではクラブ史上初の優勝を達成。常勝軍団にまた1つ新たなタイトルが加わった。

しかし、ACLは優勝チームに出場権は与えられないため、プレーオフラウンドからの出場に。ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)との一発勝負を制し、見事に出場が決定。連覇への一歩を踏み出した。

今シーズンは主力選手が退団し、大きな補強も少なかった鹿島。FW伊藤翔(横浜F・マリノス)、MF白崎凌兵(清水エスパルス)が新戦力として加わり、伊藤はプレーオフでもゴール。ディフェンスラインの戦力と、開幕前の負傷者の多さが気になるところだが、成長を促しながらも、史上初の連覇を目指して戦う。

【注目選手】
Getty Images
MFセルジーニョ(ブラジル)
1995年3月15日(23歳)
2018シーズン途中に加入したセルジーニョは、初の参戦となったACLでその能力をまざまざと見せつけた。

決勝トーナメントから出場すると、5戦連発の大活躍。セルジーニョに牽引されたチームは、そのままの勢いでペルセポリス(イラン)を下し、悲願のアジアタイトルを獲得し、クラブ20冠を達成した。

左足から繰り出される強烈なシュートはもちろんのこと、絶妙な位置どり、そして周囲との連携も向上。プレーオフのニューカッスル・ジェッツ戦でも2ゴールの活躍を見せた。史上初のアジア連覇の原動力となることは間違いないだろう。

★5度目の正直!初の本大会出場で結果を残せるか
慶南FC(韓国/初出場)

【出場資格】
Kリーグ1 2018 2位
【前回出場】
-
【前回大会】
-
【最高成績】
-
2018シーズンのKリーグ1で2位となった慶南FCは、初のACL出場となる。2006年からKリーグに参加している慶南FCだったが、2014年にKリーグチャレンジ(現在のKリーグ2)に降格。すると2015年には審判買収が発覚し、翌シーズンの勝ち点没収と制裁金の処分が下された。

しかし、2017シーズンはKリーグチャレンジで優勝。2018シーズンからKリーグ1へ復帰すると、クラブ史上最高の2位を記録し、ACLの出場権を獲得した。

かつては、現在はサッカー解説者として活躍している元日本代表MF戸田和幸氏や、FC東京でもプレー経験があるFWカボレ、柏レイソルやヴィッセル神戸、浦和レッズでもプレーしたFWポポなども所属。現在は、浦和レッズユース出身で、アビスパ福岡でもプレーしたFW邦本宜裕が所属している。

【注目選手】
Getty Images
FWルク・カスタイニョス(オランダ)
1992年9月27日(26歳)
日本人FW邦本宜裕にも注目したいところだが、ここは“アンリ2世”とも呼ばれていたことがあるカスタイニョスをピックアップ。

オランダの名門・フェイエノールトのアカデミー出身で、16歳でトップチームデビューを果たすと、翌年にはレギュラーに定着。翌シーズンにインテルへと移籍した。

しかし、その後はクラブを転々。オランダ人によく見られる国外移籍で失敗する典型であるものの、その才能は多くのOBに評価されている。26歳で初のアジア挑戦。爆発的な得点力を秘めているカスタイニョスが花開く可能性はある。

★マレーシアの強豪クラブが初のACLに挑む!
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア/初出場)

【出場資格】
マレーシア・スーパーリーグ2018 優勝
【前回出場】
-
【前回大会】
予選2回戦敗退
【最高成績】
-
1972年に創設されたクラブは、東南アジア屈指の資金を持つクラブ。2014年からマレーシア・スーパーリーグを5連覇中の強豪クラブだ。ACLには過去4度予選から出場したものの、全て敗退。本大会に出場するのは今大会が初のこととなる。

2013年から2014年にかけては、元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールや元スペイン代表FWダニエル・グイサらも所属したことがあり、昨年まではマレーシア代表のキャプテンでもあったMFモハマド・サフィク・ラヒムも在籍していた。

マレーシア勢としては、アジアクラブ選手権時代の1967年にセランゴールが準優勝したのが最高成績。ACLに切り替わってからは結果を出せていないため、期待が懸かる。

【注目選手】
Getty Images
DFマウリシオ(ブラジル)
1988年9月20日(30歳)
未知数でもあるジョホール・ダルル・タクジムの注目選手は、ブラジル人DFマウリシオだ。

マウリシオはパルメイラスの下部組織出身で、グレミオやヴィトーリアなどブラジル国内でプレー。2013年に海を渡りスポルティング・リスボンに加入すると、レンタル移籍を経て2015年にラツィオへと完全移籍した。その後はスパルタク・モスクワ、レギア・ワルシャワへのレンタルを経験している。セリエAでは40試合に出場した。

チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの経験もあり、欧州での経験豊富なセンターバックがゴールを固める。

★“爆買い”の力は健在か!?
山東魯能(中国/9回目)

【出場資格】
中国スーパーリーグ2018 3位
【前回出場】
2016年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2005、2016)
2018シーズンの中国スーパーリーグを3位で終えた山東魯能は、プレーオフでベトナムのハノイFCを4-1で下し、9回目の本大会出場を決めた。

“爆買い”で注目を集めたクラブの1つでもある山東魯能は、かつてマノ・メネーゼス監督やフェリックス・マガト監督など名将が指揮。また、元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリや元セネガル代表FWパピス・シセなども所属していた。

現在は、元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが在籍。さらに、今冬にはマンチェスター・ユナイテッドからベルギー代表MFマルアン・フェライニを獲得。アジア制覇に向けて補強に余念がない。

【注目選手】
Getty Images
MFマルアン・フェライニ(ベルギー)
1987年11月22日(31歳)
ベルギー代表としても活躍し、ロシア・ワールドカップのラウンド16では日本代表戦で勝利に貢献したフェライニ。

スタンダール・リエージュ、エバートン、そしてマンチェスター・ユナイテッドと欧州で活躍したフェライニは、この2月1日に山東魯能へと加入した。

高さはもちろんのこと、中盤での攻撃力も持ち合わせるフェライニがアジアでどの程度のパフォーマンスを見せるのか。欧州トップレベルの選手のプレーに注目だ。

★王者・鹿島と山東魯能が抜け出るか

前回大会王者として連覇に挑む鹿島アントラーズが入ったグループE。その対抗馬となるのは、中国の山東魯能だろう。

いわゆる“爆買い”を敢行してきたチームだが、今冬はマンチェスター・ユナイテッドからベルギー代表MFマルアン・フェライニを獲得した。

今シーズンもプレミアリーグやチャンピオンズリーグでも主力としてプレーしていたフェライニが電撃的に加入。現役ベルギー代表選手の能力の高さは、ロシア・ワールドカップでもまざまざと見せつけられ、記憶に新しいところだろう。

また、ブラジル・ワールドカップを経験している元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレも所属。近年エースとして活躍していた元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリはチームを去ったものの、チーム力が落ちたとは言えない。

対する鹿島は、優勝を果たしたチームからMF小笠原満男が現役引退。さらに、DF昌子源がトゥールーズに、DF西大伍がヴィッセル神戸に移籍し、経験豊富な選手が相次いで退団した。

前線は選手層が整っているものの、守備陣は柱が抜けた状態に。さらにケガ人も多く、リーグ戦との二足の草鞋を履くことは、鹿島といえども簡単なことではないはず。それでも頂点を目指してしっかりと結果を残していくだろう。

慶南FCとジョホール・ダルル・タクジムに関しては、未知数な部分が多い。慶南FCは初のACLとなり、戦力補強も積極的に行ったがアジアの舞台でどのようなゲームを見せるのか。また、ジョホールも5度目の挑戦で初めて予選を突破しただけに、本大会で結果を残せるかは不透明。鹿島と山東魯能がしっかり勝ち点を積む可能性が高い。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎F1点遠く…土壇場失点で敗戦 守備の要谷口が負傷交代《ACL2019》

川崎フロンターレは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループH第3節で蔚山現代(韓国)とアウェイで対戦し、0-1で敗れた。 グループステージではここまで1勝1敗で3位に付けている川崎F(勝ち点3)。直近の1-1で引き分けたセレッソ大阪戦から7名を変更。登里、奈良、鈴木、守田、阿部、中村、知念に代えて車屋、舞行龍、マギーニョ、長谷川、カイオ・セザール、レアンドロ・ダミアン、小林が先発に起用された。 試合は川崎Fが先にチャンスを作る。9分、レアンドロ・ダミアンのパスを敵陣中央右サイドで受けたマギーニョがボックス右まで持ち運びシュートを放ったがGKに阻止された。直後には長谷川がボックス左から狙ったがここもGKに阻まれた。 徐々に川崎Fがイニシアチブを握り試合を進めていく。27分、ボックス中央でルーズボールを拾ったレアンドロ・ダミアンがヒールでボールを落とす。最後は走り込んできた家長が狙ったがゴールの上へ。 直後の28分に蔚山のカウンターでピンチに。川崎F陣内中央でキム・テファンが前線へスルーパス。反応したネガオにワントラップでボックス左に侵攻されシュートを許すが、ここはチョン・ソンリョンがセーブした。 だが、このプレーでシュートブロックに入った谷口が足を痛めてしまう。ピッチ外で治療を受けるも、試合に戻ることはなく担架で運ばれ、奈良との交代を余儀なくされた。 川崎Fは嫌な雰囲気が漂う中で試合を折り返したが、ボールを保持する展開は変わらない。ゴール前まで迫るが精度を欠きシュートを打つことができない。 こう着状態のまま試合は推移。川崎Fは最終ラインと中盤でボールを回していくが前線に縦パスを入れることができない。 それでも川崎Fは86分、田中が敵陣中央から縦パスを受けた小林がワンタッチで落とすと、走り込んできた長谷川がボックス中央手前からカーブをかけて狙ったが、GKオ・スンフンのビックセーブに遭う。 決定機を逃した川崎Fは後半アディショナルタイム、自陣陣内深くの右サイドでキム・テファンのクロスを許すと、ニアサイドに走り込んだ途中出場のキム・スアンにダイビングヘッドを決められ失点してしまった。 そして、虚しくも試合はこのまま終了。勝っていれば首位浮上だっただけに痛恨の黒星となってしまった。次節は再び蔚山と23日にホームで対戦する。 2019.04.10 22:18 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】ターンオーバーで勝利を!勝って首位浮上となるか《蔚山現代vs川崎フロンターレ》

10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第3節が開催。Jリーグ王者である川崎フロンターレは、アウェイで蔚山現代(韓国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆首位に立てるか</span> 連覇中の王者ながら、リーグ戦では1勝4分け1敗で10位と出遅れている川崎F。ACLでは、1勝1敗と五分で2位につけている。 昨シーズンは未勝利で敗退しただけに、今シーズンのACLに懸ける思いは強い。ここで蔚山現代との連戦を迎えるとあって、しっかりと連勝し、グループステージ突破を手繰り寄せたいところだ。 リーグ戦とACLの両面を考えれば、ここでターンオーバーを考える必要もある。中村憲剛や守田英正らはアウェイ遠征に帯同しておらず、日頃出場機会のない選手たちが遠征メンバーに入った。しっかりとターンオーバーをしながら結果を残せるかは、リーグ王者に求められる資質とも言えるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#d50918;font-size:1.1em;">◆安定した戦いを見せる蔚山</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 対する蔚山現代は、初戦でシドニーFC相手にゴールレスドロー。2戦目は上海上港に1-0で勝利を収め、グループ首位に立っている。 攻守に突出しているわけではないものの、安定した戦いを見せており、攻守ともに規律を持っているプレーが特徴的。Kリーグ1でも、ここまで4勝2分けで首位に立っており、直近の尚州尚武FC戦でも0-1で勝利している。 また、元Jリーガーが多く、柏レイソルからレンタル移籍中のMFキム・ボギョンや横浜F・マリノスなどでプレーしたMFジョン・ドンホ、ジュビロ磐田や鹿島アントラーズでプレーしたDFパク・チュホなどが主力としてプレー。特にキム・ボギョンは攻撃の中心となっている状況だ。 オスカルやフッキといった大物を擁する上海上港相手にもしっかりと勝利しており、キム・ドフン監督が作り上げたチーム力が持ち味と言えるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:チョン・ソンリョン DF:マギーニョ、谷口彰悟、車屋紳太郎、登里享平 MF:田中碧、下田北斗 MF:小林悠、家長昭博、長谷川竜也 FW:レアンドロ・ダミアン 監督:鬼木達 前述の通り、大事な試合ながらターンオーバーをすると予想する。右サイドバックにはDFマギーニョ、そしてセンターバックの一角にはDF車屋紳太郎が入ると予想する。また、ボランチの一角には下田北斗が入るとみる。また、2列目も家長昭博を中央に、右に小林悠を配置すると予想。左には長谷川竜也が入るとみる。1トップはレアンドロ・ダミアンになるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#04b2e4;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF家長昭博(32) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 川崎Fの注目選手はMF家長昭博だ。かつて蔚山現代でプレーした経験のある家長にとっては、古巣対決となり、スタジアムには懐かしい思い出もあるだろう。 それだけでなく、攻撃の中心を担う点でも重要な役割となるだろう。ターンオーバーを敷くチームにおいて、何よりも結果を残すことが重要となる。リーグ戦で思うように結果を残せていないだけに、ACLでの勝利を弾みにできるか。今シーズンはまだゴールがないだけに、家長の得点力にも期待が懸かる。 2019.04.10 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】大事な折り返しの一戦、勝って首位争いに名乗り上げるか《サンフレッチェ広島vs大邱FC》

10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第3節が開催。サンフレッチェ広島は大邱FC(韓国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆グループ首位との連戦へ</span> ここまで1勝1敗の広島が迎えるのは、2連勝でグループ首位に立つ大邱FCだ。 広島は、初戦の広州恒大戦で2-0と敗戦。2戦目はホームに本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリーを迎え、2-1で勝利を収めている。 Jリーグでは4勝2分けとここまで無敗を継続、さらに5試合連続無失点と抜群のパフォーマンスを見せ、首位に立っている。しかし、リーグ戦とACLではターンオーバーを敷いているため、そのゲーム内容は大きく異なっているのが現状だ。 しかし、この一戦はACLの今後を左右する大きな一戦となる。大邱との勝ち点差は3となっており、残り3試合あると考えればここで勝利することは非常に大きな意味を持つ。対して、敗れた場合は大邱FCが3連勝となり、勝ち点差は6に。グループステージ突破を考えると、非常に厳しい立場となる。 城福浩監督もこの一戦の重要性は十分に理解しており、11人の入れ替えは行わず、リーグ戦の勢いをACLに持ち込むメンバー選考となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#1dc9f4;font-size:1.1em;">◆躍進中の大邱FC</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対する大邱FCは、ACL初出場ながらここまで躍進を見せている。初戦のメルボルン・ビクトリー戦は1-3で勝利すると、ホームでの広州恒大戦も3-1で勝利。攻守にわたって高いパフォーマンスを見せている。 守備面では、韓国代表GKでもあるチョ・ヒョヌの存在が大きい。2戦を通じて、チームのピンチを救うセーブを見せており、能力が高いことをプレーでも実証済み。広島にとっては、大きな壁となるだろう。 また、それ以上に警戒しなければいけないのが攻撃陣だ。2試合で3ゴールを記録しているFWエドガル、攻撃の起点として躍動するFWセシーニャのブラジル人コンビは脅威。特にカウンターの精度が高く、一発でゴールを仕留める能力を備えているだけに、堅守の広島がいかに抑え込むかが重要となるだろう。 大邱FCは今シーズンのKリーグ1で2勝3分け1敗との勝ち点9で5位に位置。直近のリーグ戦では城南FC相手に1-1のドローと、勝ち切れていないだけに、広島戦でのバウンスバックを狙うはずだ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:大迫敬介 DF:荒木隼人、吉野恭平、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、松本大弥、柏好文 MF:渡大生、東俊希 FW:パトリック 監督:城福浩 直近のガンバ大阪戦のメンバーと、ACL組の融合になると予想する。守護神は5戦連続無失点の大迫敬介と予想。最終ラインは、ACL組の荒木隼人に加え、リーグ戦組の吉野恭平、佐々木翔が入ると予想する。中盤はボランチに川辺駿とACL組の松本大弥、左に柏好文、右にはACL組の清水航平と予想する。 シャドーには渡大生、東俊希が入り、トップにはパトリックが起用されると予想する。後方にはリーグ戦組を、前線はACL組と予想。チーム力を上げていくためにも、そして勝たなければいけない一戦に向けて、融合を図ると予想する。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FW渡大生(25) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190410_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 広島の注目選手は、FW渡大生だ。ここまでJ1では4試合に出場、ACLでは2試合に出場し1ゴールを記録している。ACLでは先発を任されることが多く、リーグ戦では3試合が途中出場となっているが、その推進力とポジショニングの上手さを発揮。あとは、数字として結果を残せるかだ。 周囲との関係性も昨シーズンに比べて大きく改善。チームとしても生かし方は見えているはずだ。大邱はカウンターに脆いシーンもここまで見せており、一瞬の抜け出しを得意とする渡の良さが出れば、勝機は見えてくるだろう。 2019.04.10 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和、再三の決定機決め切れず韓国王者・全北に惜敗…2位に転落《ACL2019》

浦和レッズは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループG第3節で全北現代(韓国)をホームに迎え、0-1で敗れた。 ここまでグループステージ1勝1分の浦和(勝ち点4)は、0-3で敗れた直近の横浜F・マリノス戦からスタメンを1人変更。山中に代えて宇賀神が先発に名を連ねた。 2017年王者・浦和と2016年王者・全北の試合はアウェイチームペースで進んでいく。6分、バイタルエリア左の位置でFKを献上。全北はサインプレーでリカルド・ロペスがボックス中央から強烈なシュートでゴールを強襲するが、GK西川が防いだ。 ここまで守勢だった浦和も反撃。32分、岩波からのフィードをボックス左で受けた宇賀神が縦に仕掛けてクロスを供給。ファーサイドの武藤がヘディング合わせたがGKソン・ボムクンにキャッチされた。さらに、33分にはバイタルエリア左の位置から槙野が左足で強烈なシュートをお見舞いするが、ここもGKソン・ボムクンに阻まれた。 さらに38分にも、敵陣右サイドの深い位置で受けた柏木がインスイングのクロスから、GKソン・ボムクンがパンチングでクリアしたボールが興梠に当たってこぼれると、エヴェルトンが押し込みにかかったがブロックされた。 ゴールレスで試合を折り返した後半は一転して浦和がイニシアチブを握る。53分、バイタルエリア右の位置ボールをキープした武藤がドリブルでボックス内に侵攻。スイッチで入れ替わった森脇が左足で狙ったが左ポストに嫌われた。72分には、ボックス左手前から宇賀神がクロス。ファーサイドの森脇が折り返し、最後はゴール前の武藤がヘディングで合わせたがゴール右にわずかに外れる。 浦和が決定機を決めきれないでいると77分、全北はリカルド・ロペスとのワンツーからフリーでボール受けたアドリアーノがボックス中央からシュート。これがGK西川の逆を突き先制を許してしまう。 終盤に1点を追いかける展開となった浦和は84分、柏木のパスを受けた宇賀神がバイタルエリア左の位置からカーブをかけて狙ったがクロスバーに直撃した。 その後は、汰木、杉本を投入し攻撃の活性化を試みたが機能せず試合終了。この結果、グループ2位に転落。次節は再び全北と24日にアウェイで対戦する。 2019.04.09 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

王者の貫禄! 犬飼退場の鹿島、ATだけで2点差を跳ね返し慶南FCに見事な逆転勝利!!《ACL2019》

鹿島アントラーズは9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループE第3節で慶南FC(韓国)とアウェイで対戦し、3-2で逆転勝利した。 グループステージではここまで1勝1分けで首位に立つ鹿島。その2試合を含め、現在公式戦7試合で負けなしで、直近では国内リーグで名古屋グランパスを下している。今回のスタメンは名古屋戦から守備陣とセルジーニョ以外の5人が変更となった。安部や三竿、遠藤、名古、金森が先発に名を連ねた。 まずは中盤を丸々入れ替えた鹿島が主導権を取りにいく。最終ラインから丁寧に繋いでいくスタイルでゆっくり侵攻。9分に、安西がボックス手前左から右足で放ったシュートがこの試合の初シュートとなった。 一方、徐々に試合に慣れてきた慶南FCも攻勢に出ると、18分にボックス手前中央でFKを獲得。ここでトリックプレーを見せ、チェ・ジェスがボックス手前から左足でシュートを狙ったが、ここは壁に当たって枠の外へ。 その後は互いに決定機を迎えられず膠着状態に。鹿島は31分にボックス右からの三竿のシュートは惜しくも枠に飛ばず。37分には右からのクロスに遠藤が飛び込んだが、相手のブロックもあり上手くミート出来なかった。 互角の戦いが続く中、前半アディショナルタイムにイ・ガンジンのボックス右からのシュートを許す。GKクォン・スンテが見事にストップしたのだが、このときにイ・ガンジンの足がクォン・スンテの足首に全体重がかかるように乗ってしまい、クォン・スンテは続行不可能に。担架で運ばれ、曽ヶ端と交代した。 ゴールレスで迎えた後半、56分に試合は動いた。慶南FCの右サイドからの攻撃。邦本が左足で上げたインスイングのクロスをクリアしようと犬飼が頭から飛び込んだが、不運にもこれがゴールに流れてしまいオウンゴールを献上してしまった。 これで余裕が出来た慶南FCに鹿島は押し込まれる展開に。66分にはセットプレーからコ・ギョンミンに左ポスト直撃のシュートを見舞われると、70分にはキム・ソンジュンにゴールに迫られる。すると71分、慶南FCの右CKの場面。邦本が上げたクロスをジョーダン・マッチに合わせられ失点。2点リードされる展開となる。 だがその4分後、鹿島は左サイドから上げたクロスがウー・ジサングのオウンゴールを誘って点差を縮める。 しかし、追いつきたい鹿島に更なるアクシデント。84分に相手へのファウルで犬飼が2枚目のイエローカードを貰い退場に。80分には町田が大会2枚目のカードを受けており、これで折り返しとなる次節第4節の慶南FCは、町田と犬飼を欠いて戦うことになってしまった。 ところがドラマはここから始まった。後半アディショナルタイムの91分、左サイドから入ったクロスをファーサイドで安部が頭で折り返すと、金森がこれを押し込んで同点に。 さらにその2分後には、再び左サイドから上がったクロスを途中出場の小田が折り返しセルジーニョへ。セルジ―ニョは相手を背にしながらも上手く反転し、その勢いのまま右足一閃。豪快なシュートがゴール右隅に決まり、鹿島が土壇場で逆転に成功した。 そして、試合はこのまま終了。最後の最後まで劣勢を強いられた鹿島だったが、王者の貫禄を見せつけ見事な逆転勝利を収めた。これで3試合で勝ち点7を積み重ね、折り返しとなる次節は再び慶南FCと対戦する。 2019.04.09 20:47 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース