主審乱心で大荒れの頂上対決はユーベがナポリ撃破で無敗キープ! 16ポイント差に拡大《セリエA》2019.03.04 06:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第26節、ナポリvsユベントスが3日に行われ、1-2でユベントスが勝利した。前節パルマ戦を4-0と快勝し3試合ぶりに勝利した2位ナポリ(勝ち点56)は首位ユベントスに13ポイント差を付けられている中、メルテンスをベンチスタートとして出場停止明けのインシーニェがスタメンとなった。

一方、前節ボローニャ戦を大苦戦を強いられながらも1-0と辛勝した首位ユベントス(勝ち点69)は、無敗優勝へ最大の関門となりそうなナポリ戦に向けて、ディバラをベンチスタートとし、ベルナルデスキを起用した。

一進一退の攻防で立ち上がった中、まずはナポリに11分、決定機。ルーズボールをボックス左のジエリンスキがコントロールシュートで狙うと、わずかに枠の右へ外れた。

その後も主導権争いが続く中25分、ナポリに大きなアクシデント。マルキュイのバックパスミスをカットしたC・ロナウドがGKと一対一に。ボックス外に飛び出したメレトにC・ロナウドが倒されると、メレトには一発レッドカードが提示された。

10人となったナポリはミリクに代えてGKオスピナを投入。しかし、ペナルティアーク左で得たFKをピャニッチがゴール左に沈めてユベントスが先制した。

失点直後の29分、ナポリはファビアン・ルイスのフィードに抜け出したジエリンスキがボックス左に侵入して右ポスト直撃のシュートを浴びせ、諦めない姿勢を示す。

前半終盤にかけて攻勢に出たユベントスは38分にピャニッチのミドルシュートでゴールに迫ると、直後に加点する。右CKの流れからベルナルデスキの左足インスウィングのクロスをジャンがヘッドで流し込んだ。

後半からマルキュイに代えてメルテンスを投入し、3バックとしたナポリに対して、ユベントスは開始2分に厳しい判定で退場者を出してしまう。センターサークル付近でハンドを犯したピャニッチに、ロッキ主審が2枚目のイエローカードを提示した。

前半に受けていたイエローカードも不可解だった中、ピャニッチを失ったユベントスはマンジュキッチを中盤の左に下げて対応する。

10人同士の戦いとなった中、ナポリがボールを持つ展開で推移すると、61分に1点差に詰め寄る。インシーニェの左サイドからのインスウィングのクロスをカジェホンがダイレクトで流し込んだ。

ここからナポリの攻勢が続き、ハーフコートゲームを展開していく。すると82分、CKの流れからVARの末にアレックス・サンドロのハンドを取ってナポリがPKを獲得。しかし、キッカーのインシーニェはシュートを左ポストに当ててしまい、同点のチャンスを逸してしまった。

終盤にかけてもナポリが攻勢に出たが、ユベントスが水際で守り切って逃げ切り。無敗を維持し、16ポイント差に拡大して8連覇に大きく前進した。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリがホーム最終戦でインテルを4発粉砕! 来季CL出場争いは最終節まで持ち越し《セリエA》

セリエA第37節のナポリvsインテルが19日に行われ、4-1でナポリが勝利した。 引き分け以上でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内が確定する3位インテル(勝ち点66)が、すでに2位フィニッシュを決めているナポリの本拠地サン・パオロに乗り込んだ一戦。 前節のキエーボ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルは、その試合から先発4人を変更。イカルディやボルハ・バレロ、ヴェシーノらに代えてラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、ガリアルディーニらを先発で起用した。 一方のナポリは、メルテンスとミリクを2トップに配置した[4-4-2]を採用。カジェホンやアラン、クリバリら主力が順当に先発に名を連ねた。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリが先手を取る。16分、アサモアのクリアボールを敵陣でカットしたファビアン・ルイスがワンタッチで落とすと、これを受けたジエリンスキがバイタルエリア中央からの強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 先制を許したインテルは、37分に決定機。敵陣でガリアルディーニがパスカットすると、この繋ぎを受けたペリシッチのラストパスからゴール前に抜け出したL・マルティネスがシュートを放ったが、これはGKカルネジスの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、1点を追うインテルはポリターノを下げてイカルディを投入。さらに58分には、ガリアルディーニを下げてヴェシーノをピッチに送り出す。しかし、再びスコアを動かしたのはナポリ。 61分、右サイドでボールを受けたカジェホンがアーリークロスを供給すると、ゴール前に走り込んだメルテンスがヘディングシュートを叩き込み、追加点を奪った。 リードを広げられたインテルは68分、右CKのこぼれ球をボックス左で拾ったL・マルティネスがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これはクリバリがゴールライン手前でクリア。 ピンチを凌いだナポリは71分、メルテンスの左クロスをゴールエリア右で受けたミリクがシュート。これはGKハンダノビッチに弾かれるも、こぼれ球をボックス右深くで拾ったマルキュイが折り返すと、ファビアン・ルイスが無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにナポリは、78分にもメルテンスのパスを受けたファビアン・ルイスがボックス左まで持ち上がると、ニアサイドに強烈なシュートを突き刺し、試合を決定付ける4点目。 インテルは、81分にイカルディのPKで1点を返したが反撃はここまで。ナポリが今季のホーム最終戦を4発快勝で締め括った。 一方、完敗のインテルは4位に後退し今節でのCL出場権獲得はならなかった。なお、インテルは最終節でセリエA残留を目指す17位エンポリと対戦する。 2019.05.20 05:32 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、アッレグリ後任にマドリー時代の恩師を希望か

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、同クラブの後任監督にかつての恩師を望んでいるようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 ユベントスは17日、2014年夏から指揮を執り、セリエAを8連覇するなど、11個のタイトルを獲得してきたマッシミリアーノ・アッレグリ監督(51)の今シーズン限りでの退任を発表。そのため、同クラブは後任の招へいに動いており、最近では ラツィオのシモーネ・インザーギ監督(43)、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督(48)、アントニオ・コンテ氏(49)の名前が挙がっている。 このように後任人事に関する憶測が熱を帯びている中、チームのエースであるC・ロナウドは、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督(59)の就任を望んでいるという。C・ロナウドはレアル・マドリー時代、2013-14シーズンから2年間、同監督から指導を受けていた。過去には将来的な再共演を希望する発言を残しており、今回、首脳陣にアプローチを進言したようだ。 アンチェロッティ監督は1999年2月から2001年5月までユベントスを指揮した経験があり、実現すれば18年ぶりの帰還となるが、同監督とナポリの契約は2021年まで。それもあり、同メディアは招へいが難しいと見解を示しているが、C・ロナウドの希望を叶うのだろうか。 2019.05.19 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

複数クラブ興味のボカの新星・アルメンドラ、移籍先決定か

ヨーロッパの複数クラブが獲得に興味を示しているボカ・ジュニアーズのU-20アルゼンチン代表MFアグスティン・アルメンドラ(19)だが、どうやら行き先が決まる可能性があるようだ。 アルメンドラには、バルセロナ、インテル、バレンシアが1月に興味を示していたものの移籍は決まらず。引き続き興味を持っている状況だ。 そんな中、ボカ・ジュニアーズのダニエル・アンジェリチ会長がアルゼンチン『Radio La Red』で興味深いコメントを残し、移籍先の最右翼がナポリであることを明かした。 「いくつかのクラブがアルメンドラに興味を示しているが、ナポリがこれまでに受け取った中で最も具体的なオファーを出してきた」 「我々はオファーについて分析しているが、彼はがクラブを去る可能性は非常に高いだろう」 アルメンドラの市場価値は2500万ユーロ(約30億7700万円)と見られており、ナポリのオファーがどの程度のものかは明かされていないものの、考慮するほどの提示額だったことが予想されている。ナポリは1年以上アルメンドラを追い続けており、交渉も順調と見られている。 アルメンドラは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2018年1月にトップチームへ昇格。今シーズンはプレミア・ディビジョンで15試合に出場し1ゴール1アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは4試合に出場していた。 また、世代別のアルゼンチン代表を経験し、U-20アルゼンチン代表としても5試合に出場。3月に行われたU-20日本代表との試合にも出場しており、今月開幕するU-20ワールドカップメンバーにも選出されている。 2019.05.14 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、テオ・エルナンデスの獲得を熱望!

ナポリが、レアル・マドリーからレアル・ソシエダにレンタル移籍しているU-21フランス代表DFテオ・エルナンデス(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は、ポルトガル代表DFマリオ・ルイのパフォーマンスに満足していない模様。さらに、長期離脱明けのアルジェリア代表DFファウジ・グラムの状態がなかなか上がってこないこともあって左サイドバックの獲得を望んでいるようだ。 そこで、アンチェロッティ監督はテオに白羽の矢を立てているようだ。獲得に向けてイタリア人指揮官は同選手と会談を行い、ファーストチョイスになることを約束したという。だが、ナポリの他にプレミアリーグの複数クラブが、テオの獲得に興味を示しているとのことだ。 アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったテオは、両クラブ間で設定されている、互いの選手を直接引き抜かないという“紳士協定”を破る形で2017年夏にマドリー入り。今シーズンは、経験を積ませるべくソシエダにローン移籍に出されると、ここまで公式戦28試合に出場している。 ただ、マドリーではブラジル代表DFマルセロの残留が決定的でバックアッパーには今季台頭したスペイン人DFセルヒオ・レギロンがいることもあり、仮にテオが復帰したとしても出場機会を得ることは難しい状況だ。 2019.05.09 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、攻撃強化にジエゴ・コスタをリストアップ?

ナポリがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(30)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 攻撃の強化を目論むナポリはポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの相棒としてジエゴ・コスタの獲得に名乗りを挙げているようだ。クラブの指揮官であるカルロ・アンチェロッティ監督もゴーサインを出しており、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は買取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を検討しているという。 2018年1月にチェルシーからアトレティコに復帰したジエゴ・コスタ。しかし、今季はケガの影響もあり公式戦21試合で5ゴール3アシストと物足りない成績になっている。 また、ラ・リーガ第31節のバルセロナ戦では主審に暴言を吐いたとしてリーグ戦8試合の出場停止処分が下されたうえ、その数日後には脱税疑惑が浮上。ジエゴ・コスタ自身、スペインでの生活に辟易しているのではないかとの憶測が飛び交っている。 2019.05.08 14:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース