フィオレンティーナとのコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタが6位浮上《セリエA》2019.03.04 03:54 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第26節、アタランタvsフィオレンティーナが3日に行われ、3-1でアタランタが快勝した。4日前に行われ、3-3と打ち合ったコッパ・イタリア準決勝1stレグと同カードとなった8位アタランタ(勝ち点38)と9位フィオレンティーナ(勝ち点36)の一戦。

試合は3分に動く。デ・ルーンのミスパスをカットしたムリエルがボックス左に侵入して左足でゴール右隅にシュートを蹴り込み、フィオレンティーナが先制した。

13分には昨年急逝した元イタリア代表DFアストーリを悼む拍手が1分間行われた中、アタランタが押し込む時間が続くと、20分にA・ゴメスがGKラフォンを強襲するシュートを浴びせた。

そして28分、アタランタが同点に追いつく。クイックリスタートからボックス右にドリブルで侵入したイリチッチが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。

追い付かれたフィオレンティーナは31分に決定機。ボックス左深くまで侵入したシメオネのクロスをファーサイドのローリーニがシュート。だが、GKにセーブされた。

すると34分、アタランタが逆転に成功する。自陣ハーフラインでパスを受けたA・ゴメスがターンしてドリブルを開始。ペナルティアーク中央まで持ち運んでミドルシュートを叩き込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが攻勢に出た中、コッパ・イタリア同様に打ち合いの様相となった前半は2-1で終えた。

迎えた後半、フィオレンティーナが前がかる展開となった中、アタランタは58分にイリチッチが直接FKで牽制。すると59分、3点目が生まれる。イリチッチのヒールパスをボックス右深くで受けたカスターニュのクロスをファーサイドのゴセンズがヘッドで押し込んだ。

2点を追う展開となったフィオレンティーナは66分、キエーザのミドルシュートがバーを直撃。運にも見放されると、終盤にかけては自陣に引いたアタランタが余裕を持って時間を消化。

3-1でコッパ・イタリアの再戦を制したアタランタがラツィオに勝ち点で並び、6位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタが王者ユーベにドローで3位浮上! クラブ史上初のCL出場に王手!《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsアタランタが19日に行われ、1-1で引き分けた。 A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けた4位アタランタは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を死守。しかし、4日前に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。そのラツィオ戦のスタメンからパロミーノに代えてゴセンズのみを変更した。 個人セリエA5連覇を果たしたアッレグリ監督の退任が決まったホーム最終戦の王者ユベントスに対し、開始1分にC・ロナウドに決定機を許したアタランタは、圧力を受ける入りとなる。 そんな中7分、フロイラーが枠内シュートを浴びせたアタランタは直後に決定機。左CKからクアドラードのクリアボールが自陣ゴールに向かったが、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後もショートカウンターを狙うアタランタが流れを引き寄せる中、28分にも先制のチャンス。D・サパタが単騎突破でボックス中央に侵入。枠の右を狙ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも33分、アタランタが先制する。右CKからニアサイドのマジエッロが頭で逸らすと、ファーサイドのイリチッチが押し込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 後半からアレックス・サンドロに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、クアドラードを右サイドバックに、カンセロを左サイドバックに回した。 そのユベントスが押し込む展開とするも、シュートには持ち込めない。そんな中61分に今季をもって引退するバルザーリに代えてマンジュキッチを投入した。 自陣に引いて逃げ切りを図るアタランタは71分、イリチッチのFKで追加点に迫るも、80分に同点とされる。 右サイドからのクアドラードのクロスをファーサイドのマンジュキッチが右足アウトに当ててのボレーシュートでゴールに流し込んだ。 その後、ケアンを投入して逆転を目指してきたユベントスを、アタランタが凌いで1-1で試合終了。勝ち点1を積み上げたアタランタが、同時刻の試合でナポリに敗れたインテルに勝ち点で並び、当該対決で上回っているため3位に浮上した。 最終節、アタランタはクラブ史上初のCL出場権獲得を懸けてサッスオーロとホームで対戦する。 2019.05.20 05:27 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第37節プレビュー】残り2試合! 4位アタランタはユーベと、3位インテルはナポリと対戦!

前節は3位インテル(勝ち点66)、4位アタランタ(勝ち点65)、5位ミラン(勝ち点62)、6位ローマ(勝ち点62)のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う4チームが揃って勝利した。残り2試合となって迎える第37節、勝利すればCL出場権獲得が決まるインテルは2位ナポリ(勝ち点76)と、クラブ史上初のCL出場へあと一歩のアタランタは王者ユベントスと、それぞれ日曜の27:30同時開催で行われる。 前節、降格の決まっている最下位キエーボを2-0と退け、4試合ぶりの勝利を飾って3位を死守したインテル。苦しみながらもナポリに勝利すればCL出場が決まる状況に持ち込んだ中、ホーム最終戦以外にモチベーションのないナポリを下して、最終節エンポリ戦を前にCL出場を決められるか。降格圏に位置するエンポリは最終節、残留の望みを懸けて死に物狂いでぶつかってくることが予想されるだけに、インテルとしてはナポリ戦でCL出場を決めたいところだ。 そして、A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けたアタランタは、ユベントスとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。気持ちを切り替え、ホーム最終戦のユベントスを下し、4位の座を死守できるか。 後半の攻勢を凌ぎ、フィオレンティーナに逃げ切り勝利を飾って2連勝としたミランは、降格の決まっている19位フロジノーネとホームで対戦する。ピョンテクの当たりが止まり、停滞感のあるミランだが何とか勝利をもぎ取り、CL出場へ望みを繋いでいる。今節はアタランタがユベントスとの対戦となるだけに勝ち点を落とす可能性がある。ミランとしてはフロジノーネを確実に下し、アタランタにプレッシャーをかけたい。 そしてユベントスを終盤の主将フロレンツィ弾で撃破したローマは、土曜に10位サッスオーロ(勝ち点42)とのアウェイ戦に臨む。アタランタを3ポイント差で追走する中、何のモチベーションもない相手を確実に下し、上位勢にプレッシャーを与えたいところだ。 ◆セリエA第37節 ▽5/18(土) 《22:00》 ウディネーゼ vs SPAL 《25:00》 ジェノア vs カリアリ 《27:30》 サッスオーロ vs ローマ ▽5/19(日) 《19:30》 キエーボ vs サンプドリア 《22:00》 パルマ vs フィオレンティーナ エンポリ vs トリノ 《25:00》 ミラン vs フロジノーネ 《27:30》 ナポリ vs インテル ユベントス vs アタランタ ▽5/20(月) 《27:30》 ラツィオ vs ボローニャ 2019.05.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタ躍進の立役者ガスペリーニがローマの指揮官就任か

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(61)が新シーズン、ローマの指揮官に就任する可能性が高いようだ。イタリア『Radio Radio』が伝えている。 同メディアによればガスペリーニ監督はローマに3年契約、年俸250万ユーロ(約3億円)+ボーナスの条件を要求しているとのことだ。 残り2試合となったセリエAで6位に付けるローマは、シーズン途中に就任したクラウディオ・ラニエリ監督の今季限りでの退任が決まっており、新監督探しに奔走している。 一方、アタランタでの3シーズンで好結果を残しているガスペリーニ監督は今季、チームをコッパ・イタリア準優勝、セリエAではチャンピオンズリーグ出場権争いに導き、現在4位と大健闘のシーズンを戦っている。 2019.05.17 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

56年ぶりの悲願逃したアタランタ指揮官が疑惑の判定に激怒 「スキャンダルだ」

コッパ・イタリア決勝、アタランタvsラツィオが15日にローマのスタディオ・オリンピコで行われ、0-2でラツィオが勝利し6シーズンぶり7度目の優勝を飾った。同試合で1962-63シーズン以来2度目の優勝を逃したアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が疑惑の判定に激怒した。イタリア『Rai Sport』が伝えている。 10日前にセリエAで対戦した両者による一戦は互いに攻め合う展開も後半終盤まで0-0の状態で推移。しかし、79分にシモーネ・インザーギ監督が最後の交代カードとして投入したMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチの82分のセットプレーからのゴールで均衡を破ったラツィオが、90分にもMFホアキン・コレアのゴールで突き放し、最終的に2-0のスコアで勝利した。 ガスペリーニ監督は試合後、「バランスの取れた試合」と評するなど試合自体が拮抗したものだと認めたが、どうにもこうにも納得がいかなかったのが、前半のラツィオDFバストスの“ハンド疑惑”だ。 この試合の前半半ばにはアタランタのMFマルテン・デ・ルーンがボックス付近でシュートを放った際、ブロックを試みた相手DFバストスの上げていた腕付近にボールが接触。当然、目の前でこれを見ていたデ・ルーンを含めアタランタの選手たちはハンドをアピールしたが、ルカ・バンティ主審やビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)担当からVARによる検証が行われることはなく、ノーファウルの判定に。 判定に救われたラツィオ陣営はこのプレー直前に1枚カードをもらっていたバストスをすぐさまベンチに下げてDFシュテファン・ラドゥを投入する強かな采配も見せていた。 一連の判定に関してガスペリーニ監督は、ライブの状態でハンドを確認していなかったものの、自分たちの選手の反応を受けて、ベンチでリプレー映像を確認し、ハンドを確信していたようだ。 「あんな酷い判定は見たことがない。これは非常に深刻な問題だ。ボールは間違いなくゴール方向に向かい、相手に当たったことでコースが逸れている。私は試合を通じてルカ・バンティのジャッジが好きではなかったが、あの場面は間違いなくVARレビューの案件だ」 「VARが元々なければ、あの判定も理解できる。ただ、VARが存在するうえでの判定だと考えれば不当な出来事だ。そして、この判定はこれまでセリエAで行われてきたすべてのことを完全に変えてしまうものだ。我々にとって受け入れ難い出来事だ」 「我々は敗戦を受け入れるし、ラツィオは非常に良いチームだった。それに試合自体は非常にバランスが取れていた。だが、それだけにあの一件は絶対に容認できない」 「私自身、リプレイを見るまでは判定に怒っていなかった。我々のプレーヤーのアピールに関してもシーズン中によくある光景だと思っていたが、あれは明確なハンドだった」 また、試合後会見でも怒りが収まらないガスペリーニ監督は、今回の出来事がイタリアサッカー界においてVARへの信頼を失わせるものであるとも主張している。 「これはアタランタにとって衝撃的な恥ずべき事件だ。この一件はVARに対する信頼を失わせる類のものだ。同様にイタリアサッカー界にとっても悪い兆候だ」 「都合の良いときだけVARを使うつもりか? あれは間違いなくペナルティでレッドカードに値するものだった。これはスキャンダルだ! なぜあのような事件が起きたのか教えてほしい。正当な説明がほしいよ!」 「主審が確認できなかったことは理解できるが、VAR担当がなぜあの場面を見ていなかったんだ? 考えられることはあの時間帯に停電となり、彼らはモニターを見られなかったのだろう。もしくは、目を閉じて別の方向を眺めていたのだろうね」 「あれはゲームを変えてしまった。試合開始25分で11人と10人になり、ペナルティまで与えられるはずだった。今日スタジアムにはベルガモから2万1000人もの我々のサポーターが来ていた。彼らはその人たちをきっとバカにしているのだろう」 2019.05.16 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ采配ピタリのラツィオが終盤の2発でアタランタを撃破し6季ぶり7度目の優勝!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア決勝、アタランタvsラツィオが15日にローマのスタディオ・オリンピコで行われ、0-2でラツィオが勝利し6シーズンぶり7度目の優勝を飾った。 準決勝でフィオレンティーナを下し1962-63シーズン以来2度目の優勝を目指すアタランタと、ミランを下し2012-13シーズン以来7度目の優勝を目指すラツィオによる決勝。 10日前にセリエAで対戦した際にはアタランタが勝利しクラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場に前進した、タイトルを懸けた一戦は共にベストメンバーで臨んだ中、2分にA・ゴメスが枠内シュートを浴びせたアタランタが仕掛ける展開で立ち上がっていく。 それでも、立ち上がりのアタランタの攻勢を凌いだラツィオが徐々にポゼッションを高め、敵陣でのプレーを増やしていった。 しかし26分、アタランタに先制のチャンス。FKの流れからデ・ルーンがボレーで合わせたシュートが左ポストに直撃。ルーズボールを拾った流れから再びデ・ルーンがシュートに持ち込むも、ゴールライン前に戻ったルイス・フェリペにブロックされ、さらにD・サパタがヘッドで押し込みにかかったが、わずかに枠を捉えきれなかった。 その後もラツィオが押し込む流れで推移する中、35分にイエローカードを貰っていたバストスに代えてラドゥを投入。ハーフタイムにかけてはアタランタも攻撃の形を作った中、互いに譲らずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始4分、カスターニュが枠内シュートを浴びせたアタランタだったが、中盤での潰し合いが続き膠着状態に陥る。 主導権争いが続く中、ラツィオが66分に動く。消えていたインモービレに代えてカイセドを投入した。それでも流れが変わらずS・インザーギ監督は79分に3枚目のカードとして負傷明けのミリンコビッチ=サビッチを投入した。 するとそのミリンコビッチ=サビッチが大仕事を果たす。82分、ルーカス・レイバの左CKからミリンコビッチ=サビッチが長身を生かしてヘディングシュートをゴール右に流し込んだ。 失点を受けてバロウやパシャリッチら3選手を一気に投入したアタランタが最終盤にかけては前がかる展開となったが、90分にコレアが勝負を決めた。相手CKを跳ね返したロングカウンターからコレアがフロイラーをかわしてボックス内に侵入。GKもかわしてゴールに蹴り込み、ラツィオに決定的な2点目が生まれた。 このまま2-0で試合を締めたラツィオが勝利。6シーズンぶり7度目のコッパ・イタリア優勝を飾っている。 2019.05.16 05:44 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース