乾の移籍後初ゴールが決勝点に! ビジャレアル撃破のアラベスが3戦ぶり白星!《リーガエスパニョーラ》2019.03.03 02:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第26節、ビジャレアルvsアラベスが2日に行われ、アウェイのアラベスが2-1で勝利した。なお、アラベスのMF乾貴士は85分までプレーし、77分に移籍後初となる今季初ゴールを記録した。18位で降格圏に沈むビジャレアル(勝ち点23)と、6位のアラベス(勝ち点37)による一戦。ヨーロッパリーグ(EL)でラウンド16に進出した一方、リーガでは直近の試合でアトレティコ・マドリーに完敗したビジャレアルは公式戦6戦ぶりの敗戦からのバウンスバックを期す。対するアラベスは直近2試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いており、前節のセルタ戦で良い攻撃への絡みを見せていた乾の初ゴール&アシストが期待された。

立ち上がりから行ったり来たりのやや落ち着かない展開が続く。その中で先に流れを掴んだホームのビジャレアルはカソルラを起点にカウンターを仕掛けながらバッカが要所でフィニッシュに絡んでいく。23分にはバッカが強烈なミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに36分にはボックス右でカットインしたカソルラが左足でシュートを放つが、これはGK正面を突いた。

一方、ウイングの乾が低い位置まで下りて守備をこなすなど押し込まれる状況が続くアラベスもサイドを起点にクロスから攻め手を窺う。ジョニーや乾が良い形で仕掛ける場面もあったが、中の枚数が少なく攻め切れない。

ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続くが、互いにセットプレーでゴールをこじ開ける。まずは54分、アラベスの右CKの場面でキッカーのジョニーが速いクロスを入れると、DFを振り切ったマリパンが頭で叩き込んだ。

一方、先制点を奪われたビジャレアルは61分、右クロスの流れからボックス内で相手MFマヌ・ガルシアがクリアを試みた際に腕を使ってボールをブロック。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、PKが与えられてこれをキッカーのカソルラが冷静に決め切った。

1-1のイーブンに戻ったことで試合は再びこう着状態に陥り、互いに交代カードを切っていくが、決定機を作るまでには至らず。しかし、この均衡をアラベス加入4戦目の乾が破る。77分、カウンターから左サイドを個人技で突破したジョニーがボックス左からマイナスに折り返すと、相手DFの股間を抜けてもう1人のDFにディフレクトしたボールが乾の足元へ。後ろ重心も乾が何とか左足で合わせると、これがふわりとした軌道でニアポストに吸い込まれた。

乾の待望のアラベス初ゴールでリードを奪ったアラベスはホームチームの攻勢を受けて、85分には殊勲の乾を下げてワカソを投入。ここから逃げ切り態勢に入ると、何とか相手の攻撃を凌ぎ切って敵地で2-1の勝利。乾の値千金の決勝ゴールによって3戦ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベス、アベラルド後任に前ソシエダ指揮官ガリターノ氏を招へい!

アラベスは21日、アシエル・ガリターノ氏(49)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年となる。 今シーズンを11位で終えたアラベスは20日、2017年12月から就任し2年連続でプリメーラ残留に導いたアベラルド・フェルナンデス(49)の退任を発表。 その後任を託されたのは、直近のシーズンでレガネス、レアル・ソシエダの指揮官を歴任していたガリターノ氏。 レガネスをプリメーラに昇格させ、2年連続残留に導いた実績を持つガリターノ監督は昨季、レアル・マドリーを破ってコパ・デル・レイで準決勝まで進出するなど実績を残していた。そして、今季より2021年までの契約でソシエダの監督に就任。しかし、17試合を消化したリーガエスパニョーラで5勝4分け8敗の15位に沈み、昨年12月末に解任されていた。 2019.05.21 20:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベス、アベラルド監督の退任発表…乾の所属元ベティス就任の可能性も

アラベスは20日、アベラルド・フェルナンデス(49)の退任を発表した。 現役時代にバルセロナやアラベスでプレーしたアベラルド監督は、2017年12月に古巣のアラベス指揮官に就任した。昨シーズンはリーガエスパニョーラで1部残留に導くと、今シーズンも11位でフィニッシュ。一時はチャンピオンズリーグ出場権を争う健闘も見せた。 なお、スペインメディアでは現在、アベラルド監督のスペイン代表もしくはキケ・セティエン監督が退任するベティスの指揮官就任の可能性が伝えられている。もしベティスに就任した場合、今冬の移籍市場でベティスからアラベスにレンタルで加入し、アベラルド監督と共闘してきた日本代表MF乾貴士にとって、プラスに働く可能性がありそうだ。 2019.05.21 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベスに敗戦のジローナ、ウエスカとラージョに続いて降格決定《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ最終節、アラベスvsジローナが18日に行われ、2-1でアラベスが勝利した。 降格圏の18位に沈むジローナ(勝ち点37)が11位のアラベスのホームの乗り込んだ一戦。17位のセルタとは勝ち点差が「3」離れており、得失点差も「6」あるため、勝っても降格がほぼ決定的となっているジローナ。7分にボックス左からポルトゥが狙いにいくが枠を大きく越える。 一方、乾をベンチ外としたアラベスは9分、ジョニーが左足でGK強襲のシュートを放つ。その後も互いに順調にシュートを重ねていくが、試合は動かない。 34分、ジローナはカウンターから右サイドを侵攻。ポルトゥのクロスにポンスが頭で合わせたが、枠を捉えることはできなかった。その3分後にジローナはロサーノがケガをするアクシデント。ドゥンビアとの交代を余儀なくされた。 その直後からアラベスが攻勢を強める。まずはカジェリが左サイドを抉ってボックス左に侵入。そのまま角度のないところからシュートを打つも、GKイライソスに防がれる。そのCKでは、ファーサイドで味方が頭で落としたボールをロランがバイシクル気味のシュートを枠に飛ばす。だが、ここもイライソスが立ちはだかった。 それでも40分、右サイドからのクロスが跳ね返されると、ボールの落ち際をワカソがボックス手前左からハーフボレー。インサイドステップで丁寧に合わせたシュートはイライソスの手をはじいてネットに突き刺さった。 後半立ち上がちに決定機を迎える両チーム。48分にアラベスはカジェリがクロスに飛び込んでヘディングシュートを見舞う。対するジローナは51分にポルトゥがボックス左からシュートを流し込みにかかる。どちらのシュートも両守護神のファインセーブに阻まれた。 しかし、その後はこう着状態に。大量得点での勝利が必要なジローナに残された時間は刻一刻と過ぎていく。そんな中78分に、グラネルのクロスをドゥンビアがヘディングシュート。フリーで完璧なタイミングでの一発だったが、左ポストに嫌われてしまった。 1点が遠いジローナ。83分にアラベスに2点目を奪われ万事休す。それでも86分、ポンスの浮き球スルーパスに抜け出したポルトゥが意地の一発を決めて1点を返した。 しかし、逆転には及ばず1-2で敗戦。この結果、ジローナはウエスカとラージョに続いて2部降格が決定した。 2019.05.19 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦でアラベスに逆転勝利のバレンシアが4位に浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第37節のバレンシアvsアラベスが12日に行われ、3-1でバレンシアが勝利した。アラベスのMF乾貴士はベンチ外となった。 ヘタフェ、セビージャと三つ巴のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを繰り広げる5位バレンシア(勝ち点55)が、10位アラベスをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルに敗戦したバレンシアは、その一戦から先発を3人変更。ガメイロ、コクラン、GKネトに代えてサンティ・ミナ、ソレール、GKジャウメを先発で起用した。 足首の負傷でMF乾がベンチ外となった試合は、早い時間に動く。12分、ジョニーの左CKをニアに走り込んだチモ・ナバーロがヘディングで流し込み、アラベスが先制に成功した。 ホームで追う展開となったバレンシアは、29分に反撃。最終ラインのガブリエウがボックス右へロングパスを供給すると、ボックス右に駆け上がったソレールが目測を誤ったドゥアルテのクリアミスをそのままゴールに流し込んだ。 同点弾で勢いづくバレンシアは、34分にもパレホの右CKをサンティ・ミナがヘディングシュートをゴール左に叩き込み、勝ち越しに成功した。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、バレンシアは65分にロドリゴ・モレノを下げてガメイロを投入。すると68分、ゴンサロ・ゲデスのパスで左サイド深くまで駆け上がったガヤがダイレクトクロスを供給。これをファーサイドのガメイロがヘディングで流し込み、待望の3点目を奪った。 リードを広げたバレンシアは、82分にヴァスを下げてディアカビ、83分にサンティ・ミナを下げてフェラン・トーレスを投入し試合を締めにかかる。結局、試合はそのまま3-1で終了。 今季ホーム最終戦を逆転勝利で飾ったバレンシアが、当該成績でヘタフェをかわし4位に浮上した。 2019.05.13 03:43 Mon
twitterfacebook
thumb

乾欠場のアラベス、後半猛攻もソシエダに敗戦で8戦未勝利《リーガエスパニョーラ》

アラベスは4日、リーガエスパニョーラ第36節でソシエダと対戦し、0-1で敗れた。 かろうじて来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残す8位アラベス(勝ち点47)。同じくチャンピオンズリーグ出場を目指すビルバオとの前節の一戦は1-1の痛み分けに。乾は途中出場から2度のチャンスに絡んだ。今節のスタメンは前節と全く同じ11人。乾はベンチスタートとなった。 試合はどちらも一歩も引かない拮抗した展開に。支配率はソシエダだが、アラベスも効率よく攻撃を仕掛け、15分までのシュート数では上回る。そんな中、15分ごろにベンチに座っていた乾が急遽ドレッシングルームに戻る姿が映され、片足を引きずっている様子だった。 乾の出場が心配される中、アラベスは失点を許してしまう。24分、中盤でボールを奪われると、ボールはソシエダの右サイドに張っていたウィリアン・ジョゼへ。ウィリアン・ジョゼはサイドから中にスライドし、ボックス手前から右足でシュートを選択。するとこれがチモ・ナバーロに当たってゴールイン。不運な形で先制点を奪われてしまった。 30分過ぎにアラベスは3回いい形でゴール前に攻め込んだがシュートを打つことができない。結局、前半は枠内シュート1本に留まった。 両チームは後半頭に一人ずつ選手交代。すると少しずつ攻勢を強めるアラベスは59分、右サイドへの大きな展開からジョニーのクロスをカジェリがヘディングシュート。枠内に飛んだシュートだったが、GKルジに阻まれた。 その後は一進一退の攻防に。互いにシュート数を重ねていく中で、77分にソシエダのルベン・パルドがボックスの外からミドルシュートでGKを強襲。GKパチェコは何とか外に弾きだした。 後半に攻勢を強めたアラベスだったが、結局17本のシュートはどれもネットを揺らすことができず試合終了。これでリーグ戦8試合勝ち未勝利、負傷疑惑の乾にも出番はなかった。 2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース