神戸、バルサのサンペールを“近く”獲得か 現地報道2019.03.02 20:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
“バルセロナ化”を推し進めるヴィッセル神戸に新たなスペイン人到着の可能性が浮上した。

スペイン『ムンド・デポルティボ』は2日、今年6月にバルセロナとの契約が失効するスペイン人MFセルジ・サンペール(24)が「近く神戸へ」と報道。楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める神戸会長の三木谷浩史氏が出席する『モバイルワールドコングレス』でスペインに滞在中、その機会を利用してサンペールの獲得許可を求め、今週にバルセロナと交渉を行ったという。

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として注目を集めたバルセロナ下部組織出身のサンペールは2014年にトップチームデビュー後、グラナダやラス・パルマスにそれぞれ武者修行。だが、ケガに泣くことが多く、2018年1月のバルセロナ復帰後も出番が限られ、今シーズンもここまでコパ・デル・レイ1試合、しかも33分間のプレータイムにとどまっている。

なお、Jリーグは今シーズンから5名の助っ人同時起用を容認。その流れもあり、神戸は現在、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元同代表FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ブラジル人FWウェリントン、同DFダンクレー、韓国代表GKキム・スンギュを保有している。

そこに、サンペールもここに加わることになるのか。今後の動向から目が離せない。
コメント
関連ニュース
thumb

イニエスタやビジャがいるのに…スペインメディアも7連敗神戸の惨劇を注視

ヴィッセル神戸の惨劇にスペインメディアも注目している。 「バルセロナ化」を掲げ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元同代表FWダビド・ビジャ、スペイン人MFセルジ・サンペールら世界的名手を揃えて今シーズンをスタートさせた神戸。だが、うまくいっていないのが実情だ。 18日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノス戦ではルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタの「IP」を欠いて、1-4の大敗。クラブワーストのリーグ7連敗で順位を15位まで落して、いよいよ降格圏がちらつき始めている。 元バルセロナ勢が在籍していることもあり、神戸の現状を取り上げたスペイン『マルカ』は次のように報じている。 「ヴィッセル神戸のスペイン人、アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは、横浜F・マリノスとのアウェイゲームでチームの7連敗に加担した」 「スペイン人選手のなかで先発したのはビジャだけ。12試合で4得点を挙げているが、元バルセロナのストライカーは不発に終わった」 「アンドレス・イニエスタはケガの影響でスタンド観戦。セルジ・サンペールは71分からピッチに立った」 「これにより、ヴィッセル神戸は勝ち点10で降格ゾーンのフェルナンド・トーレスを擁するサガン鳥栖や、ベガルタ仙台と同勝ち点に」 数多き負傷離脱者のエクスキューズがあるにせよ、Jリーグ屈指のスター集団であるチームとして、いただけない体たらくぶりを露呈する神戸。イニエスタやビジャらの実力を知るスペインメディアからすれば、そうした彼らを擁するチームの現状は驚きの事態なのかもしれない。 2019.05.19 09:35 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMが4発快勝! 「IP」不在の神戸、クラブワースト7連敗《J1》

18日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第12節の横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸は、ホームの横浜FMが4-1で勝利した。 セレッソ大阪との前節で0-3の黒星を喫した7位の横浜FMは、2試合ぶりの白星を目指す戦いに。その一戦に向けてはエジガル・ジュニオが先発復帰となり、三好と天野がベンチに座った。一方、6連敗中で13位の神戸は、7試合ぶりの勝利を狙う戦いとなるが、ルーカス・ポドルスキとアンドレス・イニエスタが欠場。ダビド・ビジャとウェリントンの2トップを選択した。 試合は互いに立ち上がりから攻め合う展開に。そのなかで、横浜FM守備陣のバタつきを突いた神戸がよりシュートチャンスを作りだしていく。16分から17分にかけて、立て続けに決定機が巡ってきたが、ダビド・ビジャと西がGK朴一圭の牙城を打ち破れず、先制機を逸してしまう。 後方からの丁寧なビルドアップで攻撃の糸口を探る横浜FMは相手を押し込むなかで、27分に左サイドから遠藤がボックス中央に左足でクロスボールを供給。これが対面の相手にディフレクトしてニアサイドのゴールマウスに飛ぶが、GKキム・スンギュに弾かれ、ゴールとはならない。 だが、ハーフウェイライン付近からカウンターアタックに転じた31分、左サイドからボールを縦に持ち上がった遠藤が逆サイドで並走するマルコス・ジュニオールにパスを供給。ボックス右から右足ダイレクトで合わせられたシュートがゴール左に決まり、横浜FMが先制に成功する。 リードを許した神戸は1点ビハインドの64分、橋本を下げて小川を投入。勝負に出るが、ほぼ同じタイミングでエジガル・ジュニオに代わってピッチに入った李忠成が67分にボックス左で相手GKに注目を集めた遠藤のパスを左足で押し込み、横浜FMが追加点を手にする。 あとがない神戸は71分に田中を諦めてセルジ・サンペール、80分に大崎に代えて渡部をピッチに送り出すが、遠藤のパスを受けたティーラトンがボックス左からクロスを上げると、ファーサイドでフリーの三好がチーム3得点目。横浜FMが勝負の行方を決定づけた。 さらに、90分に再び三好がゴールを決めた横浜FMは終了間際にウェリントンの一発を浴びたが、これ以上の反撃を許さず、2試合ぶりの白星。神戸はクラブワーストのリーグ7連敗となっている。 2019.05.18 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のデ・ロッシに神戸入りの可能性? アメリカ行き濃厚も日本に興味あり

生粋のローマっ子であり、クラブの生え抜き選手である元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が今シーズン限りで退団する。現役続行が見込まれるデ・ロッシの移籍先について、イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 デ・ロッシの行き先として最も濃厚なのが、アメリカのメジャーリーグ・サッカーとのことだ。NBAのファンでもあるデ・ロッシにとって、アメリカは好きな国の1つ。過去にもヨーロッパで活躍した多くの選手が移籍しており、現在も元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)や元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(シカゴ・ファイアー)などがプレーしている。 中でも、イブラヒモビッチの存在が大きいとのこと。加えて、妻で女優のセイラ・フェルバーバウムさんの父親がアメリカ出身であることにも触れ、アメリカ行きが濃厚と報じた。 ただ、アメリカが第一候補とされながら、次に上がったのが東アジアだ。特に日本には大きな関心があり、デ・ロッシ夫妻は親日家でもある。現在のJリーグでは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元同代表FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸で、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがサガン鳥栖でプレー。ヨーロッパで実績のある選手がプレーしていることも後押しになり、イニエスタが所属する神戸は1つのアイデアとのことだ。 また、中東への移籍には興味がなく、近年は中国の“爆買い”に押されていた日本ではあるが、過去にはサルバトーレ・スキラッチ(ジュビロ磐田)、ダニエレ・マッサーロ(清水エスパルス)とイタリア代表として活躍した選手たちもプレーしていると紹介している。 いずれの可能性もデ・ロッシは除外しないとしており、どこでプレーを続けるのかは現在のところで不透明。Jリーグに再び大物が加わる可能性もゼロではない。 2019.05.15 09:46 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸のMF郷家友太、サイドハーフとしての役割全うへ「走ることと守備で戻ることを怠らずに」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利したU-20日本代表。終了後、今日合流したヴィッセル神戸のMF郷家友太がメディア陣による取材に応対し、サイドハーフとして「走ることや守備で戻ることを怠らずにやっていきたい」と自身の役割について語った。 ◆MF郷家友太(ヴィッセル神戸) ──コンディションについて 「身体の面でも良いですし、試合勘というのもかなり良い方向に向いてきているのではないかなと思います」 ──今日、試合を観ていて確認できたことは 「セットプレーのやり方であったり、チームのコンセプトというのが観てても、ハッキリしていました。今日もミーティングをしたりして、すごく確認もできました。気持ちよく出発できるのかなと思います」 ──対戦国のイメージは 「メキシコはブラジル遠征の時に一回やっています。その時は、無駄なセットプレーで失点をしてだけで、チャンスを作られてはいませんでした。メキシコはその時のことを参考にやっていければと思います。イタリアは、イメージとしてはすごく体格が大きくて、セットプレーもかなり強いと思います。そういうことをしっかりと警戒していきたいです。エクアドルは、南米独特のリズムがあると思うので、そういうのにのまれずに日本らしいサッカーがしたいなと思います」 ──複数ポジションこなせるが、ここならどこがメインになりそうか 「サイドハーフを主にこの代表ではやらせてもらっています。いつもと変わらずに走ることや守備で戻ることを怠らずにやっていきたいです」 ──MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が選ばれず、MF滝裕太(清水エスパルス)が離脱。サイドハーフの選手層が薄い中で自身の役割は大きくなるが 「そうですね。得点源という部分が、どんどん減っていっているので、そういう選手たちの代わりではなく、代表を引っ張るという気持ちでやっていきたいなと思います」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:12 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島がセルジーニョの技あり弾で連勝! 神戸はトンネル抜け出せず6連敗《J1》

12日、明治安田生命J1リーグ第11節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズがノエビアスタジアム神戸で行われ、0-1でアウェイの鹿島が勝利した。 現在5連敗と絶不調の13位の神戸は、前節から2枚を変更。橋本和に代えて三原雅俊、田中順也に代えてセルジ・サンペールを起用した。アンドレス・イニエスタはベンチスタートとなった。 一方の8位鹿島は、AFCチャンピオンズリーグから中3日での試合に。前節の清水エスパルス戦から2名を変更。町田浩樹に代えてチョン・スンヒョン、伊藤翔に代えてセルジーニョを起用した。 最初の決定機は神戸。2分、最終ラインからのロングフィードをビジャが右足でダイレクトパス。左サイドを三田が突破するとボックス内左に侵入しクロスを送るも、走り込んだ古橋には合わない。 鹿島は8分、ゴール前で混戦となると、ボックス内でこぼれ球を拾ったセルジーニョが右足でシュート。しかし、これはGKキム・スンギュの正面にとびセーブされる。直後にはボックス手前からレアンドロが右足でミドルシュート。今度はわずかに左に外れる。 高い集中力で守備を見せる鹿島は14分、左サイドの安西からパスを受けたレアンドロが、ボックス手前から右足でシュート。しかし、これもGKキム・スンギュがセーブする。 17分、左サイドの白崎が前線にボールを送ると、三原をブロックしたセルジーニョがボックス内でダイレクトシュート。右足で合わせたボールがゴールに吸い込まれ、鹿島が先制する。 アグレッシブなプレーが目立つ鹿島は22分、セルジーニョのパスを受けた白崎がボックス手前から右足シュート。しかし、これはわずかに右に外れる。 24分に神戸は反撃。縦パスに反応したダビド・ビジャがボックス内でパスを受ける。GKと一対一になるも、GKクォン・スンテが対応しシュートを打たせない。 鹿島は25分、レオ・シルバが絶妙なスルーパス。これにセルジーニョが反応するも、GKキム・スンギュが一足先に飛び出して処理する。 互いに中盤でのパスミスが続き、相手ゴールに迫るシーンが増える中39分、左サイドを仕掛けた安西からのクロスに中央でセルジーニョが合わせようとするも、わずかにDFが触ってクリアする。 ビハインドの神戸にアクシデント40分に古橋が前線へのボールを追いかけると、自らピッチに倒れ込み担架で運び出される。 数的不利の神戸だが、相手のミスから43分にチャンス。山口が運ぶと左の郷家へパス。ビジャとのワンツーで抜け出た郷家がクロスを送るも、DFがクリアする。運び出された古橋はそのまま下がり、安井が投入される。 鹿島は前半アディショナルタイムに決定機。右CKを得ると永木のクロスをセルジーニョがヘッド。これはクロスバーに嫌われると、レアンドロが跳ね返りをヘッド。こぼれ球を犬飼が詰めようとするも、GKキム・スンギュが体を張って守り切る。 鹿島の1点リードで迎えた後半、57分に鹿島がビッグチャンスを迎える。セルジーニョからの折り返しをレアンドロがボックス内でシュート。GKがセーブすると、こぼれ球を拾った土居がボックス内からシュートも、これは大きく外れる。 なかなか得点機が訪れない神戸は65分に左サイドバックの三原に代えて前線の小川を投入。郷家がサイドバックのポジションに下がるシステムに変更する。 さらに68分にはセルジ・サンペールに代わり、アンドレス・イニエスタを投入。鹿島は白崎に代えて安部を投入する。 鹿島は76分、レアンドロが仕掛けて得たFKを永木が直接シュート。右から巻いたシュートがゴールに飛ぶも、GKキム・スンギュがセーブする。 79分、右サイドで得たFKから三田がクロス。ファーサイドで宮が折り返すも、ダンクレーが触れず、ゴールとはならない。 84分、鹿島はカウンター。左サイドを安部がドリブル突破。グラウンダーのクロスが通ると、ボックス内で土居がシュート。しかし、GKキム・スンギュがセーブする。 アディショナルタイムに入っても鹿島が巧みにボールを繋ぎ、神戸は攻撃に転じられず。そのまま終了し、0-1で鹿島が勝利し2連勝。ホームの神戸はドロ沼の6連敗とトンネルを抜け出せなかった。 2019.05.12 15:57 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース