鳥栖の元日本代表MF谷口博之がJ1通算350試合出場達成! 55人目の達成者2019.03.02 17:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サガン鳥栖に所属する元日本代表MF谷口博之(33)が、J1通算350試合出場を達成した。55人目の達成者となる。谷口のJ1リーグデビュー戦は、川崎フロンターレ所属時の2005年4月9日に等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第4節の東京ヴェルディ戦。そして、今年3月2日にノエビアスタジアム神戸行われたJ1リーグ第2節のヴィッセル神戸戦に出場し、350試合出場を達成した。

◆年度別成績(左から年度、当時所属、J1出場数 J1得点数)
2005 川崎F J1 25 5
2006 川崎F J1 33 13
2007 川崎F J1 31 2
2008 川崎F J1 31 10
2009 川崎F J1 32 8
2010 川崎F J1 27 1
2011 横浜FM J1 33 2
2012 横浜FM J1 25 3
2013 柏 J1 8 0
2014 鳥栖 J1 28 2
2015 鳥栖 J1 33 4
2016 鳥栖 J1 33 2
2017 鳥栖 J1 10 0
2019 鳥栖 J1 1 0
コメント
関連ニュース
thumb

連勝の鳥栖に負傷者…藤田優人が全治4週間、16日に手術

サガン鳥栖は18日、DF藤田優人の戦線離脱を発表した。 藤田は4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の湘南ベルマーレ戦で負傷。右ヒザ外傷性滑膜炎で16日に手術を受け、全治4週間の見込みだ。 鳥栖は17日に行われた第11節のサンフレッチェ広島戦を1-0の勝利で飾り、シーズン初の連勝。26日に行われる次節、鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2019.05.18 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

耐えに耐えた鳥栖が広島撃破で降格圏脱出!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖が17日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 スタートダッシュこそ成功したものの、直近では4連敗中の8位・サンフレッチェ広島(勝ち点17)は、1-2で逆転負けを喫した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを4名変更。佐々木、エミル・サロモンソン、稲垣、渡に代えて荒木、野津田、松本、清水を起用した。 一方、長いトンネルから抜け出した最下位・サガン鳥栖(勝ち点7)は、3-1で勝利した前節のガンバ大阪戦からメンバーを1名変更。金崎に代えて趙東建を起用した。 試合は硬い入りとなり、互いに様子を見合う立ち上がりに。そうした中、先にチャンスを作ったのは広島。26分、ボックス左外でボールを受けた清水がインスイングのクロスを供給。ゴール前に流れてきたボールにドウグラス・ヴィエイラが反応したが、オフサイドの判定となった。 対して鳥栖は43分、後方からのフィードを受けた豊田がバイタルエリア右のスペースにボールを落とす。これを受けた三丸がカットインからスルーパスを送ると、ボックス左に抜け出した趙東建がシュートを放ったが、GK大迫の好セーブに遭った。 ゴールレスドローで試合を折り返すと、48分にホームチームが決定機を迎える。敵陣左サイドの深い位置でパスを受けた荒木がクロスを送る。ニアサイドに走り込んできた柴崎がダイビングヘッド。しかし、GK高丘の好守に遭い、千載一遇のチャンス決めることはできない。 後半に入り、イニシアチブを握る広島は73分、ボックス左に侵攻した柏がクロスを送る。ファーサイドのエミル・サロモンソンには合わず。こぼれ球に反応した柴崎がオーバーヘッドで狙ったが、GK高丘の正面に飛んでしまう。さらに85分には、ボックス右外からエミル・サロモンソンのクロスからゴール前のドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュートを放つも、今度は枠に飛ばない。 試合はゴールレスのまま終盤に。このまま引き分けかに思われた87分、ここまで耐えてきた鳥栖が待望の先制点を奪う。右CKの流れからこぼれ球を拾った小林が左サイドへ展開。ボールを受けた三丸が縦に仕掛けてクロスを送ると、エミル・サロモンソンのクリアミスを誘発し、頭に当てたボールがGK大迫の頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。 終盤に大きな先制点を奪った鳥栖は、その後も広島の攻撃を耐えて1-0で試合終了。勝利した鳥栖は今シーズン初の連勝を飾り、自動降格圏を脱出した。一方の広島は泥沼の5連敗となった。 2019.05.17 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ゴディンに続きフアンフランも退団へ

アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表DFフアンフラン(34)が、クラブを退団することを決めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。これまで公式戦通算354試合6ゴール40アシストを誇り、チームを支えてきた。 そんなフアンフランの現行契約は今シーズン終了まで。アトレティコ側から契約延長を打診されていたが、数ヶ月間に渡る話し合いの末、退団する旨をクラブに伝えたという。 なお、フアンフランの新天地に関してはサガン鳥栖が獲得に興味を示しているとスペインメディアが報道。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスとの共闘が日本で見られる可能性がありそうだ。 2019.05.14 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クエンカ、豊田、原川! 鳥栖が東口痛恨ミスのG大阪破り下位対決勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第11節が11日に駅前不動産スタジアムで行われ、サガン鳥栖がガンバ大阪に3-1で勝利した。 「J1開幕10試合で総得点わずか1得点」、「J1ワースト記録の6試合連続無得点」という貧弱な攻撃面を露呈する最下位の鳥栖。金明輝監督が正式就任後初のリーグ戦となる今節に向けては、フェルナンド・トーレスをベンチに置き、豊田と金崎を前線に起用したほか、新主将の福田が5試合ぶりにスタメン復帰を果たした。 一方、チーム内に良い流れが生まれつつあるG大阪は現在15位。その好転ムードを勝利に結びつけることが求められる今節に向けては、先のルヴァンカップでゴールを決めた三浦がメンバー外となり、菅沼がセンターバックの一角で引き続きスタメン入りしたほか、今野を2試合ぶりにスタートからピッチに送り出した。 自陣に引くことなく、アグレッシブな入りで圧力をかけた鳥栖は、G大阪に中盤でボールを落ち着かせる時間を与えずの戦いに持ち込むと、16分に右CKからキッカーの原川が右足クロスを供給。GK東口が目測を誤り、ボールがファーサイドに流れると、イサック・クエンカが頭で難なく頭で合わせ、鳥栖がリードする。 鳥栖に7試合ぶりの得点を許したG大阪は失点後、ボールの主導権を握り始めたが、相手の執拗なプレッシングに苦しみ、攻撃が停滞。そのなかで、30分にシンプルなカウンターからボックス左に抜け出したファン・ウィジョのパスからアデミウソンが右足でゴールを狙うが、相手の鋭い寄せに遭い、枠に飛ばせない。 試合の主導権を握る鳥栖は37分、イサック・クエンカからパスを受けた原川が巧みなキックフェイントで相手数人の守備網を攻略してフリースペースのボックス左へ。コースを狙い澄まして右足シュートの形に持ち込むが、キム・ヨングォンの身体を張ったカバーリングに阻まれ、追加点のチャンスを逸してしまう。 キム・ヨングォンが執拗な豊田のチャージに苛立つ様子をみせるなど前半を通じてうまくいっていないG大阪は、後半の頭から遠藤を下げて、J3得点王の食野を投入するが、連動した相手の守備に引き続き苦戦。逆に、55分に金崎に追加点のチャンスを許すなど、なかなか相手のゴールに襲いかかるシーンを作れない。 67分に金崎から高橋義希にスイッチした鳥栖は、70分にG大阪がオ・ジェソクを下げ、Jリーグデビューとなる関西大学在学の黒川を投入した直後、ボックス左からイサック・クエンカが上げたクロスが菅沼のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。これを豊田が確実に右足シュートでゴール左に決め、G大阪を突き放した。 最後の交代枠で米倉に代えて矢島をピッチに送り出したG大阪だが、途中出場のフェルナンド・トーレスが90分に放ったシュートのこぼれ球を原川に押し込まれ、3失点目。試合終了間際、食野の一発を浴びた鳥栖だが、これ以上の反撃を許さず、7試合ぶりの白星を掴み取り、連敗を「5」で止めた。 2019.05.11 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】劇薬投下のサガンと好転兆しのガンバ! 何よりの良薬、勝利かけた下位対決《鳥栖vsG大阪》

サガン鳥栖とガンバ大阪による下位対決。明治安田生命J1リーグ開幕から底辺を漂う両者が状況の好転させる何よりの良薬、勝利を目指して駅前不動産スタジアムで激突する。 ◆準備の間もなく下位直接対決〜サガン鳥栖〜 最下位に沈む鳥栖はついに動いた。5日、今シーズンから指揮を執るルイス・カレーラス監督を解任。後任として、昨年の終盤も指揮を執ったコーチの金明輝氏を新指揮官に指名した。ただ、実質的な初陣だった前節の大分トリニータ戦で敗れると、続くミッドウィークに行われたルヴァンカップの柏レイソル戦も劣勢の戦いを強いられ、ゴールレスドロー。スクランブル登板から間もないということもあり、準備期間がなかなか設けられない状況だが、「J1開幕10試合で総得点わずか1得点」、「J1ワースト記録の6試合連続無得点」という貧弱な攻撃面を修正できずの戦いが続いているのが実情だ。ただ、柏戦で公式戦8試合ぶりの無失点をマークしており、守備面に一定の収穫も。チームの立て直しはまだまだ始まったばかりだが、G大阪との直接対決を乗り越えられるか。 ◆良い流れを勝利に〜ガンバ大阪〜 対するG大阪も残留ギリギリの15位に落ち込むが、その現状を除けば、好転の兆しが感じられ、互角の戦いを演じた内容も悪くない。前節の首位FC東京戦はゴールレスドローに終わったが、2度目の無失点試合が示すとおり、ワースト2位19失点の守備面に修正の跡が見受けられ、三浦弦太の不調により出番の巡ってきた菅沼駿哉の状態が良く、鳴りを潜め続けた新戦力のキム・ヨングォンもここにきて本領を発揮。そのなかで、ルヴァンカップで清水エスパルスを破り、グループステージ突破が決定。J3得点王の食野亮太郎やU-20日本代表入りの中村敬斗、髙尾瑠ら若手の活躍もチームに刺激を与えており、浮上の要素はある。あとは手にした数々の収穫、自信をどうリーグ戦の勝利に結びつけていくか。ここからの逆襲を視野に入れるのであれば、今節は絶対に落とせない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大久保択生 DF:小林祐三、岩下敬輔、藤田優人、三丸拡 MF:高橋秀人、高橋義希、金崎夢生、松岡大起、イサック・クエンカ FW:フェルナンド・トーレス 監督:金明輝<hr>面子、布陣ともに読みづらい。ルヴァンカップで移籍後初のフル出場を果たした岩下敬輔は引き続き先発か。となれば、古巣戦となる。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、オ・ジェソク MF:今野泰幸、倉田秋、小野瀬康介、遠藤保仁、アデミウソン FW:ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>前節先発落ちの三浦弦太は先のルヴァンカップでゴールを決め、復調をアピール。だが、菅沼&キム・ヨングォンの調子が良いだけに、今節も崩さずか。 【注目選手】 フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>鳥栖の注目選手はフェルナンド・トーレスだ。上述したとおり、今シーズンのチームは開幕から深刻な得点力不足を露呈。タレントこそ揃っているが、チームとして崩しの形が定まっておらず、スペイン代表通算38得点を誇るフェルナンド・トーレスも苦しみもがいている。勝利を狙う上でゴールは必須。鳥栖の背番号「9」に期待だ。 ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は蒼黒の韓国人エースストライカーだ。昨年のベストイレブンとして迎えた今シーズンだが、ここまでのゴール数は2得点。相手のマークがより厳しくなったこともあるが、やや元気がない。ただ、内容に関して悪くなく、積極果敢にゴールを狙う姿は健在。この下位対決、ゴールゲッターとして輝く姿が求められる。 ◆鳥栖が前回3-0勝利! ただ… 両者の過去対戦成績は6勝1分け6敗のイーブン。ただ、鳥栖からみて、前回対戦で3-0の勝利を収めた相手であり、今回の対戦時に悪いイメージを抱いてキックオフを迎えることはないだろう。とはいえ、過去5試合の戦績でいけば、その勝利以外は全敗。そのうち2試合が無得点であり、全敗中は全て複数失点を喫している嫌なデータもある。果たして、監督交代という劇薬の効果は…。J1第11節の鳥栖とG大阪の下位直接対決は11日、駅前不動産スタジアムで14時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">何よりの良薬、勝利を掴み取るのは!?<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.11 08:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース