【ブンデス第24節プレビュー】ドルトを追走するバイエルンが3位ボルシアMGと対戦2019.03.01 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は首位ドルトムントが好調レバークーゼンに勝利し、4試合ぶりの白星を飾って2位バイエルンとの3ポイント差を維持した。日本人対決では長谷部フランクフルトが原口&浅野のハノーファーに快勝し、宇佐美デュッセルドルフが久保ニュルンベルクに勝利した。迎える第24節、ドルトトムントを追走するバイエルンが3位ボルシアMGと対戦する。

前節ヘルタ・ベルリン戦ではチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦後だったこともあり低調な内容に終わったバイエルン(勝ち点51)だったが、セットプレーからのハビ・マルティネス弾で渋く1-0と勝利した。再びコマンが負傷するアクシデントがあったのは痛手だが、ここ3試合1分け2敗と不調の3位ボルシアMG(勝ち点43)に勝利してドルトムントを追走できるか。

4連勝中だったレバークーゼン相手にサンチョの1ゴール1アシストの活躍などで3-2と逃げ切り、4試合ぶりの勝利を飾った首位ドルトムント(勝ち点54)は、金曜に15位アウグスブルク(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。そのアウグスブルク戦ではハムストリングの負傷によって公式戦4試合を欠場していたロイスがついに復帰予定で、ドルトムントにとっては追い風となる。火曜にはCLトッテナム戦を控えるが、現実的な7年ぶりのリーグ制覇へアウグスブルク戦に照準を合わせたい。

公式戦2試合連続で本職のボランチでフル出場し、チームの勝利に貢献している6位フランクフルト(勝ち点37)の長谷部。今節は8位ホッフェンハイム(勝ち点33)との欧州カップ戦出場権争いとなるが、『キッカー』の平均採点で全体の2位に付ける35歳のベテランは難敵ホッフェンハイム戦ではどのポジションでチームの勝利に貢献するかに注目だ。

一方、長谷部のフランクフルト相手に原口と浅野が揃って先発しながらも0-3と完敗した17位ハノーファー(勝ち点14)は、16位シュツットガルト(勝ち点16)との残留争いに臨む。フランクフルト戦ではアグレッシブなプレーを見せたものの、フランクフルトの冷静な対応の前にいなされたハノーファー。浅野と原口も見せ場を作れずチームが2連敗となった中、シュツットガルト相手にも敗れるようだと残留が厳しくなるだけに勝利に貢献するようなプレーを期待したい。

久保が先発したニュルンベルク戦で3試合ぶりにベンチ入りし、終盤に出場を果たした12位デュッセルドルフ(勝ち点28)の宇佐美。チームは開始早々に10人となったニュルンベルクに2-1と逆転勝利し、残留争いからは抜け出した格好だ。宇佐美はシャルケとの今節もベンチスタート予想だが、途中出場で違いを見せられるか。

一方、2試合連続先発となった久保は10人となった中、左サイドで守備に奮闘するも勝ち点獲得には貢献できなかった。今節は4位ライプツィヒ(勝ち点41)と強豪との闘いとなるが、久保はベンチスタート予想に。こちらも少ない時間で結果を求めたい。

※予想スタメンはドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第24節
▽3/1(金)
《28:30》
アウグスブルク vs ドルトムント

▽3/2(土)
《23:30》
ニュルンベルク vs ライプツィヒ
シャルケ vs デュッセルドルフ
ヘルタ・ベルリン vs マインツ
レバークーゼン vs フライブルク
フランクフルト vs ホッフェンハイム
《26:30》
ボルシアMG vs バイエルン

▽3/3(日)
《23:30》
シュツットガルト vs ハノーファー
《26:00》
ヴォルフスブルク vs ブレーメン
コメント
関連ニュース
thumb

ハメスが退団決意 DFBポカール決勝後にも決定か

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)は今夏移籍の様相だ。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンだが、いまだ決断を下していない状況だ。 ドイツ『スカイ』によれば、そのバイエルンは25日に行われるDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦後に決断に行使しない決断を下す可能性が高く、ハメス自身も既に退団を希望。この一戦がバイエルンでのラストゲームとなるという。 そのハメスは今夏、レアル・マドリーに戻ることになるが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会に恵まれなかった過去が…。したがって、一旦レアル・マドリーに戻ってから再び新天地を探すことなるとみられる。 なお、去就注目のハメスを巡っては現在、ユベントスのほか、レアル・マドリー時代の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が率いるナポリが関心。だが、現時点で具体的なオファーは届いていない模様だ。 2019.05.23 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リベリが前人未到のブンデス9回制覇! バイエルンラストシーズンで有終の美

バイエルンの元フランス代表FWフランク・リベリが前人未到のブンデスリーガ9度優勝を成し遂げた。 バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトと対戦し、5-1で勝利した。この結果、バイエルンの7連覇達成が決定した。 この試合で注目を集めたのが、リベリとMFアリエン・ロッベン。両者は今季限りでの退団が決まっており、この試合がバイエルンでのブンデスリーガ最後の試合となった。そしてリベリとロッベンはこの試合でそれぞれ1ゴールを記録。メモリアル試合に花を添えた。 両ベテランの活躍もあり優勝トロフィーを手にしたバイエルン。これでリベリは個人的にブンデスリーガを9回制覇し、史上最多の優勝回数を誇る選手となった。 フランス『フランス・フットボール』によれば、これまでにバスティアン・シュバインシュタイガーやオリバー・カーン、フィリップ・ラーム、メーメット・ショルなど、バイエルンのレジェンドたちが8度の優勝で並んでいたが、今回でリベリが一つ抜け出し、ブンデス優勝回数で単独トップに立った。 また、リベリはブンデスリーガのほかにも、DFBポカールを5回、DFLリーガポカール1回、ドイツ・スーパーカップ5回、チャンピオンズリーグ1回、UEFAスーパーカップ1回、クラブ・ワールドカップ1回と計23個のトロフィーを獲得しており、これはカーン氏に並ぶ数字。今シーズン、バイエルンがDFBポカール決勝でライプツィヒを倒し優勝すれば、バイエルンでのトータルの優勝回数でもリベリは単独トップに立つことになる。 2007年に加入し、幾多のトロフィーをもたらしてきたレジェンド・リベリ。果たして彼は今後どのような未来を描くのだろうか。 2019.05.19 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンを7連覇に導いたコバチ監督が続投を明言!

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督(47)が18日、来季以降も指揮を執ることを明言した。 コバチ監督はブンデスリーガ最終節でフランクフルトを下してバイエルンをブンデス7連覇に導いた。2021年まで契約を結んでいるコバチ監督だが、チャンピオンズリーグでは8シーズンぶりにベスト16敗退に終わったこともあって元レアル・マドリー監督のフレン・ロペテギ氏やアヤックスのエリク・テン・ハグ監督らが後任候補に挙がるなど、監督交代が報じられていた。 しかしコバチ監督は試合後、「来季も指揮を執ると確信しているよ。私はあなたの持っていない情報を知っている」とコメントし、解任報道を一蹴した。 リーグ7連覇を達成したバイエルンは、25日に国内2冠を懸けてライプツィヒとDFBポカール決勝を戦う。 2019.05.19 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが22ゴールで2年連続4度目のブンデス得点王に

2018-19シーズンのブンデスリーガの全日程が18日に終了し、バイエルンの7連覇で幕を閉じた。得点王は22ゴールを決め、バイエルンの優勝に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとなっている。レヴァンドフスキは2年連続4度目の得点王となった。 レヴァンドフスキに続いたのは18ゴールを決めたドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセル。3位の17ゴールには5選手が名を連ね、MFマルコ・ロイス(ドルトムント)、FWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、MFカイ・ハフェルツ(レバークーゼン)、FWヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク)、FWアンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)となっている。 2019.05.19 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンが7連覇達成! 退団のリベリ&ロッベンも惜別ゴール! 長谷部フル出場のフランクフルトは7位転落もEL出場権獲得《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトをホームに迎え、5-1で圧勝し、7連覇を達成した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節ライプツィヒ戦をゴールレスドローで終えた首位バイエルン(勝ち点75)は、勝ち点2差の2位ドルトムントとの得失点差が17あることから、引き分けても7連覇が決まる状況の中、リーグ戦5試合勝利なくチャンピンズリーグ(CL)出場圏外の6位に転落したフランクフルト(勝ち点54)と対戦した。 長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトに対し、バイエルンは開始4分にあっさり先制する。レヴァンドフスキのポストプレーからミュラーのスルーパスでボックス中央のスペースに侵入したコマンがダイレクトでゴール右にシュートを流し込んだ。 その後も圧倒するバイエルンは9分にアラバがミドルシュートで追加点に迫るも、GKトラップの好守に阻止される。さらに13分、ボックス内にドリブルで侵入したレヴァンドフスキが決定的なシュートを放ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。 そして26分にはニャブリがペナルティアーク中央から左足ミドルを叩き込んで追加点が入ったかに思われたが、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてゴールが取り消しとなった。 引き続き圧倒するバイエルンは32分、スルーパスに抜け出たミュラーボックス内からスライディングシュートを浴びせるも、GKトラップに三度好守で阻止され、1点のリードで前半を終えた。 しかし、後半からデ・グズマンに代えてアラーを投入したフランクフルトが50分、同点に追いつく。コスティッチの左CKからファーサイドのヒンテレッガーのシュートはバーを叩くも、ルーズボールをアラーが押し込んだ。 それでも、バイエルンが3分後に突き放す。ミュラーのミドルシュートをGKトラップが弾くと、ルーズボールをアラバが詰めた。 そして58分、ボックス左で仕掛けたレナト・サンチェスがDFをかわしてゴールに蹴り込み、決定的な3点目を奪って勝利を確信したバイエルンは、今季をもってクラブを退団するリベリを投入。 さらにロッベンも投入して祝勝ムードのバイエルンが余裕をもって試合を進めていくと、72分にリベリがゴールを決めた。左サイドでドリブルを仕掛けたリベリがボックス内に侵入してDF2人の間を抜き、飛び出してきたGKをあざ笑うチップキックシュートを流し込んだ。 そして78分にはロッベンも惜別ゴールを決める。レヴァンドフスキの浮き球パスをボックス左に抜け出したアラバが丁寧に落とすとゴール前でフリーのロッベンが押し込んだ。 このまま5-1で圧勝したバイエルンが7連覇を達成。一方、敗れたフランクフルトは7位に転落したが、辛くもヨーロッパリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:42 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース