【2019 超WS編集部J1順位予想④】神戸の“VIP”がJ席巻の予感…監督の思考を再現できるかが浮沈のカギ2019.02.22 12:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け!
(C)CWS Brains,LTD.

1位:ヴィッセル神戸
今季から元スペイン代表FWダビド・ビジャを加え、世界王者の“トリデンテ”を形成。フアン・マヌエル・リージョ監督の戦い方が浸透し、補強に見合った結果を残す

2位:川崎フロンターレ
ゼロックス・スーパーカップで新助っ人FWレアンドロ・ダミアンが一発回答。新たな攻撃オプションを手にするも、アジアとの両輪が足枷になり3連覇はならないか

3位:名古屋グランパス
昨季得点王のFWジョーに加え、大宮アルディージャからアタッカーMFマテウスを補強。攻撃陣がより強固となり、風間八宏監督の下、アタッキングフットボールが完成か。問題は守備陣の出来

4位:浦和レッズ
オズワルド・オリヴェイラ監督がスタートから指揮を執る今季。ゼロックス・スーパカップでは川崎Fの前に敗れるも、補強の充実度はリーグ随一。アジアとの両立が上手くいくかどうかがカギ

5位:ガンバ大阪
アジアの戦いもなく、リーグ戦に集中できることが大きなアドバンテージに。宮本恒靖監督の下で巻き返した昨季後半の戦いがスタートから出せれば、さらなる上も見えてくる

6位:鹿島アントラーズ
AFCチャンピオンズリーグのプレーオフで結果を残し、アジア連覇への準備は整った。リーグ奪還に関しては、後方の選手層に大きな不安を抱える。既存選手の成長とタイトル獲得の両立はやや難しいミッションか…

7位:セレッソ大阪
ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えたものの、主力選手がチームを去った。チームとしての完成度を高めることが上位進出へのキーポイントとなる。ロティーナ・サッカーをいつ体得できるか

8位:清水エスパルス
ヤン・ヨンソン体制2年目の今季は適材適所の補強。昨季終盤の戦いぶりを継続できるかどうかが順位を大きく左右するだろう。日本代表で揉まれたFW北川航也の活躍もカギ。FWドウグラスの去就次第では…

9位:北海道コンサドーレ札幌
ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で上位進出を目指す札幌は充実の補強。しかし、前線の陣容が一新されたことが完成度に影響の可能性。FW鈴木武蔵、FWアンデルソン・ロペス、FW岩崎悠人がどこまで早くフィットするか

10位:横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー監督がチーム変革を初めて1年。今シーズンもスタイル継続は約束されている。攻撃のキーマンが複数退団したことがどう影響するのか。新加入選手の働き次第ではACL出場の可能性も秘めている

11位:サガン鳥栖
ルイス・カレーラス監督を迎えた鳥栖は、FWフェルナンド・トーレスを最大限に活かすべくMFイサック・クエンカを獲得。プレシーズンでも良い関係を見せており、クエンカの働きがカギ。気になるのは守備陣の整備か

12位:FC東京
昨季は6位でフィニッシュも、FWディエゴ・オリヴェイラの活躍に成績が左右された印象。中盤から前線にかけては若手選手を補強したものの、新戦力がどこまでの働きを見せるかが未知数だ。長谷川健太監督の手堅く勝てるサッカーができれば上位進出も考えられる

13位:サンフレッチェ広島
昨季はシーズン後半に大失速したものの2位フィニッシュの広島。選手の入れ替えを行なったが、正直なところ計算が立たない状況でもある。また、開幕を前にケガ人も多く、チームとしてベストな状態にいかに早くなれるかが重要

14位:ベガルタ仙台
渡邉晋監督が6年目を迎える仙台だが、昨季の中心選手が揃って退団。その穴を埋める選手を手堅く獲得したものの、大きな上積みはできていない印象だ。天皇杯決勝まで進んだチームをベースに、いかにブラッシュアップできるのか。攻撃陣が不発に終われば下位に低迷する可能性

15位:大分トリニータ
J3にまで転落した大分がJ1へ復帰。片野坂知宏監督の下、一丸となって戦うチーム力はJ2屈指だった。昨季の主力が残留し、J2で結果を残した選手を補強。爆発力ある攻撃陣がJ1でどこまで通用するかが残留へのカギとなる

16位:湘南ベルマーレ
昨季はYBCルヴァンカップのタイトルを獲得も、最後まで残留争いをした湘南。今季も例年のごとく多くの選手が入れ替わり、一からチーム作りをする状況に。それでも、曺貴裁監督のサッカーを知る選手も加わっており、残留争いを勝ち抜く可能性は大きい

17位:ジュビロ磐田
昨季はシーズンを通して勝ちきれない試合が多く入れ替え戦に。なんとか残留を果たしたが、選手補強は4名と異例の状況で新シーズンを迎える。昨季のケガ人の復帰が大きな補強となればいいが、名波浩監督がどこまでマネジメントできるか。歯車が噛み合わなければ自動降格もあり得るだろう

18位:松本山雅FC
昨季のJ2王者である松本が2度目のJ1に挑む今季。反町康治監督が8年目の指揮を執るチームは、選手こそ大きく入れ替わるも体現するサッカーは変わらない。J2では攻守でしっかりと数字を残したが、J1の舞台でも再現できるのか。J1経験の少なさが気になるポイント
コメント
関連ニュース
thumb

J1首位FC東京、元蘭代表FWロッベンにオファーか

イタリア『カルチョメルカート』は21日、FC東京がバイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得に動いていると報じた。 今シーズンがバイエルンと契約最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明しており、新天地に関して様々な憶測が飛び交っている。 そのロッベンを巡っては最近、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やイタリア行きの可能性が浮上しているが、FC東京も獲得オファーを打診した模様だ。 FC東京は今年で長谷川健太体制2年目。指揮官が志すファストブレイクを武器に、明治安田生命J1リーグ6勝2分け無敗で首位を走る首都クラブだ。 なお、ロッベンは今シーズンのここまで公式戦15試合に出場して5得点2アシスト。昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続き、復帰できていない。 FC東京にとって、実績十分の世界的スターであるロッベンが加われば、J1初制覇に向けて機運が高まるが、果たして…。 2019.04.22 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第8節】札幌の5番がコース&球速共に完璧な直接FK弾!

明治安田生命J1リーグ第8節の9試合が19日から20日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK西川周作(浦和レッズ/初) 激震の神戸を完封。危なげないパフォーマンスで赤き壁の最後尾に君臨した。 DF犬飼智也(鹿島アントラーズ/初) ACKのミスを取り返す決勝弾。守備でもパスカットやタックルで零封に貢献。 DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/2回目) 一対一の強さはさすが。この試合でも鋭い縦パスが冴え渡り、知念の得点を演出。 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/初) コース、球速、パーフェクトの直接FK弾。本業の守備面も大きな綻びなし。 MFルーカス・フェルナンデス(北海道コンサドーレ札幌/初) 快勝劇の原動力。攻め上がりとドリブル突破で自サイドの完全なる支配者に。 MFパウリーニョ(松本山雅FC/初) シュートブロックもさることながら、無尽蔵ぶりが印象的。何人分もの働き。 MFヘナト・アウグスト(清水エスパルス/2回目) 危機察知能力が抜群に機能。清水の中盤において絶大な存在感を誇った。 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/初) 等々力初勝利に導くビューティフルショット。得点決めれば不敗の連続記録も継続! MF高萩洋次郎(FC東京/初) 古巣相手にセンス光るパサーとして存在感。首位攻防戦勝利の殊勲者。 FW前田大然(松本山雅FC/初) 驚くべきスプリント力でJ1初ゴール。Jリーグ屈指のスピードはやはり伊達じゃない。 FWチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌/初) ようやく生まれた今季初ゴール。アンデルソン・ロペスと共に攻撃をリードした。 2019.04.22 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島、左鎖骨骨折のブエノが手術…治療期間約10週間

鹿島アントラーズは22日、DFブエノの戦線離脱を発表した。 ブエノは19日の練習中に左鎖骨を骨折。21日に東京都内の病院で手術を受け、治療期間約10週間の見込みだ。鹿島に今シーズン復帰後、ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している状況だった。 鹿島は現在、4勝2分け2敗の5位。28日に行われる次節、9位に位置する横浜F・マリノスとのアウェイゲームに臨む。 2019.04.22 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤保仁がJリーグ22年連続ゴールの大記録

ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(39)がJリーグ歴代最長記録となる22年連続ゴールの大偉業を成し遂げた。 G大阪は20日、ホームで行われた明治安田生命J1リーグ第8節で大分トリニータと激突。開幕から全試合で先発出場を続ける遠藤は1点ビハインドの71分、バイタルエリア中央でクリアボールに反応して右足ダイレクトでシュートを放つと、DF鈴木義宜に当たったボールがGKの逆を突いてゴールマウスに決まった。 鹿児島実業高校出身の遠藤は、1998年の横浜フリューゲルス入団後、1999年の京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)移籍を経て、2001年からG大阪でプレー。G大阪がJ2リーグを戦った2013年以外は、全てJ1リーグでの得点となる。 なお、今年が30代ラストシーズンの遠藤は現在、フィールドプレーヤー最多のJ1リーグ通算610試合に出場。あと21試合に出場すれば、昨年限りで現役を引退した元日本代表GKの楢崎正剛氏が持つ最多出場記録(631試合)に並ぶ。 2019.04.20 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのFW知念慶が2月に入籍 現在J1で4試合連続ゴール中

川崎フロンターレは20日、FW知念慶が2月27日に入籍していたことを発表した。 知念は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではありますが、2月に入籍いたしました。より一層、サッカーにも責任感を持って取り組んでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 知念は2017年に愛知学院大学から川崎Fに入団。今シーズンは公式戦11試合に出場し、明治安田生命J1リーグでは現在、4試合連続ゴール中と絶好調だ。 2019.04.20 19:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース