【2019 超WS編集部J1順位予想②】風間グランパスの超攻撃的サッカー席巻を予想! 2019.02.22 12:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け!
(C)CWS Brains,LTD.

1位:名古屋グランパス
風間体制3年目の超攻撃的サッカーに期待。昨季得点王ジョーが開幕から爆発し、昨季の活躍を上回れるかがカギ

2位:川崎フロンターレ
ベストメンバーでの完成度は段違い。中心のベテラン陣が故障なく戦えるか否か

3位:鹿島アントラーズ
新たな時代への移行期間である今季の“常勝軍団”は、冷静に勝ち点を奪う戦い方を継続するはずだ

4位:北海道コンサドーレ札幌
伸び盛りの選手を加えた今冬。ACL出場へ向けて下地は整った

5位:浦和レッズ
FW杉本やDF山中、DF鈴木、期待のドリブラーMF汰木らを獲得。世界的ビッグネームを擁しているわけではないが、層の“厚さ”はリーグ屈指だ

6位:ガンバ大阪
宮本体制で着々とレベルアップ。FWファン・ウィジョの爆発力でより上位も期待できる

7位:サンフレッチェ広島
昨季ほど結果が付いてくるシーズンは滅多にない。とはいえ、培った手堅いサッカーは本物だ

8位:ヴィッセル神戸
イニエスタは素晴らしい選手だが試合を決める選手ではない。より上位を目指すためにはビジャの活躍や、周囲の守備意識の強化が不可欠だ

9位:セレッソ大阪
多くの主力を引き抜かれ臨む今季。指揮官の交代にも踏み切ったチームは過渡期に突入している

10位:横浜F・マリノス
昨季と比較し戦力が低下した感は否めない。徐々に浸透してきたポステコグルーサッカーを新戦力にどう代謝させるか

11位:サガン鳥栖
昨季までの堅守速攻からポゼッションに移行。今シーズンは土台作りが重要となる

12位:ジュビロ磐田
J1の中で最も大人しい今オフを過ごした。残留争いに見舞われた昨季からの上積みはチームの成熟のみ

13位:FC東京
長谷川体制2年目。ディエゴ・オリヴェイラへの依存度の高さが吉と出るか凶と出るか…

14位:ベガルタ仙台
理想を追いつつも足踏みが続く仙台。一桁フィニッシュには明確な変化が必要か

15位:湘南ベルマーレ
主力の慰留に成功。勝ち切る戦いを増やさなくてはならないが、転換期にバランスを保ち続けることは難しい

16位:清水エスパルス
日本代表FW北川航也が昨季の戦いを継続できるか否か。警戒、研究される中で力を示したいが、前線の組み合わせによっては難しいかもしれない

17位:松本山雅FC
当面の目標は残留。戦力的に見劣りする中、毎試合苦しい戦いを強いられることは間違いない

18位:大分トリニータ
J2の有力選手を多く補強したが、正面から他のJ1クラブに太刀打ちするのは難しい。クラブ全体の奮闘が求められる
【予想者】編集部H
好きな海外クラブはレアル・マドリー。しかし、たまにバルセロナのサッカーに目を奪われる罪深い一面も
コメント
関連ニュース
thumb

清水が仙台との壮絶なシーソーゲーム制す! 篠田体制リーグ初勝利で降格圏脱出《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルスvsベガルタ仙台が25日にIAIスタジアム日本平で行われ、4-3で清水が勝利した。 ここまで最多失点「27」で最下位に沈む清水(勝ち点9)は、1-1で引き分けた前節の大分トリニータ戦からスタメンを1名変更。立田に代わって、出場停止明けのエウシーニョが起用された。 一方、ここ5試合3勝2敗と白黒がはっきりした戦いが続く16位の仙台(勝ち点10)は、0-2で敗れたジュビロ磐田戦からスタメンを2名変更。金正也、ジャーメイン良に代わり、大岩、長沢が先発に名を連ねた。 下位同士の一戦は仙台が幸先の良い入りを見せる。2分、左CKからキッカーの永戸がサインプレーでグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドからボックス中央に走り込んできた松下が左足で合わせて、仙台が先制する。 早くも追いかける展開となった清水だったが、すぐさま反撃。右サイド深くでボールを受けた金子がクロスを供給。ゴール前のドウグラスが強烈なヘディングシュートを放つと、GKシュミット・ダニエルの手を弾いて決まり、追いつく。 同点に追いついたことで勢いに乗る清水。10分にはドウグラスのパスをフリーで受けた北川がボックス中央から狙いすましたシュートを放つも、わずかにゴール左に外れる。続く12分には、ボックス右でルーズボールを拾った北川が右足を振り抜いたが、枠を捉えることができない。 立て続けに決定機を外した北川だったが、20分に汚名返上。左CKの流れから北川が相手DFに倒されてPKのチャンスを獲得すると、自ら決め切り、清水が逆転に成功した。 逆に追いかける展開となった仙台は37分、石原崇兆がドリブルでボックス中央まで持ち運ぶと、DFに防がれてルーズボールになる。これに反応した吉尾が左足を一閃。弧を描いたボールはゴール左上に吸い込まれた。 吉尾のプロ初ゴールで同点に追いつかれた清水は前半アディショナルタイム、ボックス中央手前でボールを受けた北川がボックス右にスルーパス。エウシーニョがDFに競り勝ち、抜け出すと、右足アウトサイドでGKシュミット・ダニエルの股下を射抜くシュートを決め、再び引き離す。 またしても追いかける展開となった仙台は59分、敵陣中央寄りの右サイドでボールを受けた蜂須賀がアーリークロス。このボールに反応した長沢がダイビングヘッドで合わせて、同点に追いつく。 清水はこのまま試合終了かと思われた89分、ボックス左外から松原がクロスを送るもDFにクリアされる。それでも、ルーズボールを拾った北川が、ボックス右からインスイングのクロスを送ると、ニアサイドに走り込んできたドウグラスがヘディングで合わせ、土壇場で勝ち越した。 終了間際に被弾した仙台は、GKシュミット・ダニエルもゴール前に上がり全員でゴールを目指すが、ハモン・ロペスが退場するなど後味の悪いまま試合終了。敗れた仙台は降格圏に転落した。一方、篠田体制のリーグ戦初白星を手にした清水は降格圏を脱出した。 2019.05.25 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、東口攻略ならずで3戦連続無得点…G大阪が敵地で勝ち点1《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節が札幌ドームで25日に行われ、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪は0-0のドローに終わった。 ここ2試合得点がなく、2戦未勝利で7位の札幌は、コパ・アメリカの代表に選ばれた菅と、キリンチャレンジカップの代表メンバー入りを果たした鈴木がスタメン。中野も7試合ぶりの先発となり、負傷欠場が続いたジェイがベンチ入りした。 一方、14位のG大阪は前節、若手抜擢&システム変更の大阪ダービーで8試合ぶりの白星。今シーズン初の連勝がかかる今節に向けては、出場停止明けのキム・ヨングォンをベンチに置くなど、ダービーと同じ11名をスタートから起用した。 試合は前節に引き続き[3-1-4-2]の布陣を用いたG大阪がアンカーに入る矢島を中心にテンポよくボールを繋ぎ、主導権を握る入りに。そのなかで、幾度かシュートの形を作りだした札幌だが、球際で強さをみせる相手守備網にひっかかる。 徐々に局面での崩しに鋭さがかいま見え始めた札幌だが、G大阪が相手のお株を奪うかのようなパスワークで優位に。そのなかで攻撃の糸口を探ると、33分に敵陣中央の位置で福森にFKのチャンスが巡ってくるが、GK東口の牙城を崩せない。 素早い帰陣で札幌の攻撃を凌ぐG大阪は前半終了間際、バイタルエリア中央の引いた位置からアデミウソンが最終ラインのスペースに縦パス。これを受けたボックス中央の倉田が宮澤のマークを受けて倒れるが、ノーファウルの判定となる。 ゴールレスで折り返した札幌は、出足の鋭さでG大阪を上回ると、53分に右サイド深くのボックス外で得たFKのチャンスから福森が直接。スピードのあるボールがニアサイドを突くが、GK東口のファインセーブに阻まれ、先制とはならない。 やや押し込まれ気味のG大阪は局面で身体を張った守備で耐え凌ぎながら反撃。札幌が60分に宮澤と荒野の交代に動いたなか、62分にカウンターの形に持ち込み、バイタルエリア中央の位置から倉田が右足シュートを放つが、枠の左に外れる。 前半と打って変わり、ボールの支配率でも優勢の札幌。敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスから、そのタイミングでピッチに入ったジェイがさっそくヘディングシュートを放つが、コースが甘く、GK東口に難なくキャッチされてしまう。 後半に入り、守備の時間が長く続くG大阪は83分から85分にかけて、高江、アデミウソンに代えて、食野と今野を立て続けに投入。89分にチャナティップを下げて金子を送り出してきた札幌を相手に辛抱強い守りから先制ゴールを狙っていく。 そのなかで、試合終了間際に高い位置でのボール奪取からカウンターに持ち込むが、ファン・ウィジョの左足シュートは相手GKの正面。札幌は3試合連続無得点で3試合勝利なしとなり、敵地で1ポイントを手にしたG大阪は2戦無敗としている。 2019.05.25 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定済の明治大学MF安部柊斗の特別指定選手承認を発表

FC東京は24日、来シーズンの加入が内定している明治大学のMF安部柊斗(21)が2019年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことを発表した。 背番号は「36」に決定した。 FC東京アカデミー育ちの安部は豊富な運動量で攻守に躍動するタイプのMF。明治大学に進学後、全日本大学選抜歴も持つ。安部は今回の特別指定選手承認を受けたクラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「今シーズンからたくさん試合に出場できるように努力して、少しでも東京の力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

代表選手がいないチームで今のうちに浮上したいと一番思ってるのは!? の巻/倉井史也のJリーグ

23日に日本代表が発表されたけど、いやぁ国内組少ないね!! 27人のうち、GKシュミット・ダニエル(仙台)、大迫敬介(広島)、槙野智章(浦和)、室屋成、橋本拳人、久保建英(いずれもFC東京)、畠中慎之輔(横浜FM)、守田英正(川崎)、鈴木武蔵(札幌)の9人。三分の一だもんね~。で、選ばれてる選手ってたぶんいろんな配慮があるんでしょうね。だってFC東京を除いたら各チーム1人だけ。こりゃ森保監督も苦労してるんでしょうなぁ。 今回、代表選手が出ていないJ1チームは、鹿島、湘南、松本、清水、磐田、名古屋、G大阪、C大阪、神戸、鳥栖、大分。2日から13日までは試合が空くから、ここで一気に立て直すことができるかもしれないでしょ。しかも首位のFC東京は3人も出しちゃってるので、もしかするとここがターニングポイントになるかも!! まぁ一番「変わりたいなぁ」と思ってるのは神戸かもしれないですね。大型補強したのに12節を終えて15位と残留圏ギリギリ。しかも17位の鳥栖と勝点は同じってことで、お尻に火がついちゃってますよ。 ということで今週は、これまで神戸がどれだけヤバいシーズンを乗り切ってきたか調べてみました~。 【2005年】 最低順位 18位 最終順位 18位 【2006年】 J2 【2007年】 最低順位 14位 最終順位 10位 【2008年】 最低順位 16位 最終順位 10位 【2009年】 最低順位 16位 最終順位 14位 【2010年】 最低順位 18位 最終順位 15位 【2011年】 最低順位 15位 最終順位 9位 【2012年】 最低順位 16位 最終順位 16位 【2013年】 J2 【2014年】 最低順位 12位 最終順位 11位 【2015年】 最低順位 18位 最終順位 12位 【2016年】 最低順位 18位 最終順位 7位 【2017年】 最低順位 11位 最終順位 9位 【2018年】 最低順位 15位 最終順位 10位 なな、なんとよく考えたら神戸って、一桁順位で終わることがまだまだ珍しいクラブ。そのぶん粘りはあるんですよ。降格圏まで沈んだって復活したシーズンも3回あるし。ということで、神戸、ファイト!! 生温かく見守ってるよ!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.05.24 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

初招集された広島の若き守護神GK大迫敬介「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思う」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)がクラブを通じてコメントしている。 ◆GK大迫敬介(サンフレッチェ広島) 「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思います。日本代表に選ばれることができたのも、僕だけの力だけでなく、チームメイトやスタッフ、ファンやサポーターの皆さんのおかげです。みんなの思いをしっかりと背負って、堂々としたプレーを見せたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.23 15:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース