【2019 超WS編集部J1順位予想③】川崎F、3年連続の歓喜で黄金期構築か 東海勢の健闘も予想2019.02.22 12:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け!
(C)CWS Brains,LTD.
1位:川崎フロンターレ
最強の矛と盾を持つ川崎Fが充実補強。4冠を目指せるだけの戦力を揃えた上に、課題であった高さも解消か。天と地の使い分けができれば、等々力に3年連続の歓喜が。2位:浦和レッズ
国内屈指の実力者たちを獲得し、選手層は川崎Fをも脅かすほどに。気になるのは完成度。アジア制覇も狙う中で、いかに序盤でポイントロスを避けられるかが重要。

3位:ガンバ大阪
昨季終盤に9連勝を達成したG大阪の大躍進を予想。韓国代表DFキム・ヨングォンの加入で守備が整備され、クルピ体制時の悪印象を払しょくする好スタートが切れれば、“西の雄”復活も見えてくる。

4位:ヴィッセル神戸
面子的にはACL出場も狙える陣容。新加入ビジャとイニエスタのホットラインが再開通するか否かがカギ。ただ、ポルディを加えた助っ人トリオの稼働率は気になるところ…。

5位:清水エスパルス
北川や金子ら若手の台頭で地力が付いてきた上に今オフ、エウシーニョらを的確補強。不整脈のドウグラスも復帰時期は未定だが、すでに再来日。爆発が期待できるだけのモノは持っている。

6位:名古屋グランパス
1年での大幅なメンバーの入れ替えや楢崎、玉田らベテラン勢不在の影響は気になるが、個で見れば優勝さえも手が届きそうな陣容に。昨季得点王のジョーは警戒強まる中でも平然といられるか。

7位:ジュビロ磐田
昨季はあわやJ2降格も補強は極めて少ない。しかしそれは昨季の長期離脱者の復帰を計算した上でのこと。昨今の新戦力と一定の経験を積んだ若手たちが融合すれば今季、台風の目にもなり得る…

8位:鹿島アントラーズ
小笠原、昌子、西と常勝軍団の顔たちがこぞって去った。変革期に加え、ACLも戦うとなれば苦しい1年となりそうだ。ただ、アジアを制し、世界を体感した選手たちの潜在能力は高い。

9位:北海道コンサドーレ札幌
得点数を増加させたい中、勝負所で決勝点を奪ってきた都倉の退団はかなり痛手。ただ、中野や岩崎、鈴木といった更なる成長が期待できる選手が加入したことで伸びしろは満載。

10位:セレッソ大阪
主力選手含め多くの選手が入れ替わったが、昨季に奮闘した守備陣は健在。残留争いに巻き込まれる大崩れはしないだろうが、ロティーナ新指揮官の手腕が問われることになりそうだ。

11位:FC東京
昨季は守備力が向上。昨季終盤に対応されたディエゴ・オリヴェイラ頼りの攻撃に工夫は必須。アタッカーは豊富なだけにいかに攻撃パターンを増やせるか

12位:湘南ベルマーレ
ルヴァン杯を制し飛躍が期待される中で、戦力面での上積みには成功。ただ、ゴールゲッターとして計算できる選手がいない。この悩みが解消されれば、嫌な存在になる。

13位:サンフレッチェ広島
パトリックの負担軽減が最重要課題。昨季後半戦の大失速が頭に焼き付いている。加えてACLと並行したシーズン。真価が問われる1年に。

14位:サガン鳥栖
リーグ2位タイの堅守を支えたGK権田退団が大きな不安。クエンカ加入で攻撃陣はJ1屈指。ポゼッションスタイルへの転換が功を奏せば、面白い存在に。

15位:横浜F・マリノス
戦力の低下のみならず、中澤という精神的支柱が不在。ただ、攻撃陣は今季も見応えがありそう。現状、今季も浮き沈みが激しくなりそうだ。

16位:ベガルタ仙台
新加入選手はプレースタイル的に問題なし。ただ、攻守において渡邉スタイルの体現者たちを多く失ったのは明らか。新顔のフィットと戦術浸透が遅れれば、苦戦は避けられない。

17位:大分トリニータ
J2の実力者を多く獲得。J1での経験値は見れば見劣りするのは仕方なし。J2トップの攻撃力を思い切りぶつけるか、現実的な戦いをするのか、片野坂知宏監督のマネジメントがカギを握る。

18位:松本山雅FC
エドゥアルド、杉本や前田ら有望選手は在籍。ただ、厳しい試合の連続になることには変わりない。2度目のJ1挑戦。地を這ってでも残留したいだけに粘り強く勝ち点を積み重ねられるか。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京、来季加入内定済の明治大学MF安部柊斗の特別指定選手承認を発表

FC東京は24日、来シーズンの加入が内定している明治大学のMF安部柊斗(21)が2019年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことを発表した。 背番号は「36」に決定した。 FC東京アカデミー育ちの安部は豊富な運動量で攻守に躍動するタイプのMF。明治大学に進学後、全日本大学選抜歴も持つ。安部は今回の特別指定選手承認を受けたクラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「今シーズンからたくさん試合に出場できるように努力して、少しでも東京の力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

代表選手がいないチームで今のうちに浮上したいと一番思ってるのは!? の巻/倉井史也のJリーグ

23日に日本代表が発表されたけど、いやぁ国内組少ないね!! 27人のうち、GKシュミット・ダニエル(仙台)、大迫敬介(広島)、槙野智章(浦和)、室屋成、橋本拳人、久保建英(いずれもFC東京)、畠中慎之輔(横浜FM)、守田英正(川崎)、鈴木武蔵(札幌)の9人。三分の一だもんね~。で、選ばれてる選手ってたぶんいろんな配慮があるんでしょうね。だってFC東京を除いたら各チーム1人だけ。こりゃ森保監督も苦労してるんでしょうなぁ。 今回、代表選手が出ていないJ1チームは、鹿島、湘南、松本、清水、磐田、名古屋、G大阪、C大阪、神戸、鳥栖、大分。2日から13日までは試合が空くから、ここで一気に立て直すことができるかもしれないでしょ。しかも首位のFC東京は3人も出しちゃってるので、もしかするとここがターニングポイントになるかも!! まぁ一番「変わりたいなぁ」と思ってるのは神戸かもしれないですね。大型補強したのに12節を終えて15位と残留圏ギリギリ。しかも17位の鳥栖と勝点は同じってことで、お尻に火がついちゃってますよ。 ということで今週は、これまで神戸がどれだけヤバいシーズンを乗り切ってきたか調べてみました~。 【2005年】 最低順位 18位 最終順位 18位 【2006年】 J2 【2007年】 最低順位 14位 最終順位 10位 【2008年】 最低順位 16位 最終順位 10位 【2009年】 最低順位 16位 最終順位 14位 【2010年】 最低順位 18位 最終順位 15位 【2011年】 最低順位 15位 最終順位 9位 【2012年】 最低順位 16位 最終順位 16位 【2013年】 J2 【2014年】 最低順位 12位 最終順位 11位 【2015年】 最低順位 18位 最終順位 12位 【2016年】 最低順位 18位 最終順位 7位 【2017年】 最低順位 11位 最終順位 9位 【2018年】 最低順位 15位 最終順位 10位 なな、なんとよく考えたら神戸って、一桁順位で終わることがまだまだ珍しいクラブ。そのぶん粘りはあるんですよ。降格圏まで沈んだって復活したシーズンも3回あるし。ということで、神戸、ファイト!! 生温かく見守ってるよ!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.05.24 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

初招集された広島の若き守護神GK大迫敬介「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思う」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)がクラブを通じてコメントしている。 ◆GK大迫敬介(サンフレッチェ広島) 「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思います。日本代表に選ばれることができたのも、僕だけの力だけでなく、チームメイトやスタッフ、ファンやサポーターの皆さんのおかげです。みんなの思いをしっかりと背負って、堂々としたプレーを見せたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.23 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京3選手が意気込み…初選出MF久保建英「この経験を今後のサッカー人生に活かしていきたい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF室屋成(FC東京)、MF久保建英(FC東京)、MF橋本挙人(FC東京)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF室屋成(FC東京) 「引き続き日本代表に選出していただき、光栄に思います。日本代表のピッチでしっかりと自分を表現できるように頑張ります」 ◆MF久保建英(FC東京) 「今回、キリンチャレンジカップのメンバーに選出していただき、とても嬉しいです。この経験を今後のサッカー人生に活かしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MF橋本挙人(FC東京) 「日本代表に選出していただき、嬉しく思います。FC東京ファミリーの期待を背負いクラブを代表して戦ってきます。自分の長所をしっかりと出して勝利に貢献したいと思います」 <hr><a href="https://amzn.to/2EgJEy5" target="_blank">A代表初招集の久保建英も特集!<br />『週刊 超ワールドサッカー!』第19号<br />次世代のスター特集はこちらから</a><hr></div> 2019.05.23 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアカップ以来の選出…浦和DF槙野智章「勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF槙野智章(浦和レッズ)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ) 「日本代表にふたたび選出していただき、大変光栄に思います。これまでの経験を踏まえて、しっかりと代表チームの勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします。しかし、その前に大切なリーグ戦があります。浦和レッズでの活動が僕のベースですから、まずはこのリーグ戦に全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 2019.05.23 14:59 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース