【J1開幕直前クラブガイド】昨季の教訓生かせるか、戦力アップで安定した戦いを!《サンフレッチェ広島》2019.02.15 18:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第16弾はサンフレッチェ広島を紹介。◆ノーマークだった昨季から徹底マークへ《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
今季は城福浩体制の真価が問われる2年目となる。昨季は20ゴールを記録したFWパトリックの覚醒に助けられた広島は、前半戦に貯めた勝ち点でラスト9試合未勝利という大砂漠を何とか乗り越え、上出来すぎる2位フィニッシュを果たした。

しかし、今季はそう甘くない。新たに背番号「10」に変更したパトリックが昨季後半戦同様に執拗なマークを受けることは確実で、さらにアジア・チャンピオンズリーグと並行して戦わなくてはならないため、城福監督には昨季以上の知恵が必要となる。目標は良くて2年連続のACL出場権獲得といったところだ。

去年と同じような戦いをしていれば残留争いに巻き込まれかねない。だがそこはクラブも重々承知。広島は移籍期間にパトリックの競争相手、もしくは相棒として東京ヴェルディからFWドウグラス・ヴィエイラを獲得。2017年はJ2リーグで18ゴール、2018年は13ゴールを挙げており、昨季はパトリックの一本槍だった攻撃陣に頼れる仲間が増えた印象だ。また、同じく東京Vからは昨季J2で全試合に出場したDF井林章を迎え入れ、DF千葉和彦の抜けた穴をカバーした。

その他では、DF馬渡和彰の川崎フロンターレへの移籍を受けて、スウェーデンからDFエミル・サロモンソンを呼び寄せた。前所属のIFKヨーテボリでは通算244試合に出場し27ゴール39アシストを記録しているが、海外初挑戦となる元スウェーデン代表の実力は未知数だ。また、およそ2年半の武者修行を終えて帰ってきたMF野津田岳人や、清水エスパルスから期限付きで復帰したMF清水航平にも即戦力として期待したい。

今年のストーブリーグでは、タイと鹿児島で2度のトレーニングキャンプを実施し、時間をかけて調整を行った。鹿児島キャンプではジュビロ磐田と45分×4本のトレーニングマッチを行い、合計スコア3-2で勝利。11日に行われたレノファ山口とのプレシーズンマッチも1-0で勝利するなど、「昨年よりも1週間早くコンディションが仕上がってきた」と城福監督が語るように、新シーズン開幕に向けて準備は整ってきているようだ。

Jリーグ開幕に先駆けて、広島は19日にACLプレーオフでチェンライ・ユナイテッド(タイ)とのホーム戦を戦う。昨シーズンよりも厳しい1年の始まりはもうそこに迫っている。「タイ、鹿児島とやるべきことをやってきた自負がある」と自信を覗かせてくれた監督を信頼し、どこまで突き進めるか…。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
DF荒木隼人(22)←関西大学/新加入
DF井林章(28)←東京ヴェルディ/完全移籍
DFエミル・サロモンソン(29)←IFKヨーテボリ(スウェーデン)/完全移籍
DF高橋壮也(22)←ファジアーノ岡山/復帰
MF清水航平(29)←清水エスパルス/期限付き移籍
MF野津田岳人(24)←ベガルタ仙台/復帰
MF東俊希(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
MF松本大弥(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
FW皆川佑介(27)←ロアッソ熊本/復帰
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)←東京ヴェルディ/完全移籍
FWパトリック(31)←サルグエイロ(ブラジル)/完全移籍

【OUT】
GK増田卓也(29)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍
DF馬渡和彰(27)→川崎フロンターレ/完全移籍
DF千葉和彦(33)→名古屋グランパス/完全移籍
DF宮原和也(22)→名古屋グランパス/完全移籍
DFイヨハ理ヘンリー(20)→FC岐阜/期限付き移籍延長
MF長沼洋一(21)→愛媛FC/期限付き移籍
MF川村拓夢(19)→愛媛FC/期限付き移籍
MF森崎和幸(37)→現役引退
MF茶島雄介(27)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍延長
MFフェリペ・シウバ(28)→セアラ(ブラジル)/完全移籍
FW工藤壮人(28)→レノファ山口FC/期限付き移籍
FWティーラシン(30)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き移籍満了

◆超WS編集部イチオシ選手
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
昨季と同じように[4-4-2]を基本フォーメーションとするのなら、おそらくレギュラーは堅いであろうパトリックの横には新加入のドウグラス・ヴィエイラが並ぶ可能性が高い。東京V在籍3年間で通算113試合38得点のブラジル人助っ人には、退団したFWティーラシンやFW工藤壮人をカバーするだけでなく、パトリックすら飲み込んでしまうような活躍を見せてほしい。昨季は不甲斐なかったパトリックの“相棒枠”をかけて、新ブラジル人を中心に激しい競争が巻き起こることを期待したい。

◆注目の東京五輪世代!
MF森島司(21)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
広島の東京五輪世代で注目の選手は森保一監督お気に入りのMF森島司だ。2016年に広島に入団した森島は、高校生だった2015年にU-18日本代表に招集を受けて以降、各年代の代表に選ばれ続けてきた。本職はセントラルMFやアタッキングMFだが、代表ではFWも務めたこともあり、サイドもこなせるポリバレントな選手だ。昨季はルヴァンカップの出場がメインだったが、プロ4年目の今季、広島の中盤ではMF稲垣祥が右肩鎖関節亜脱臼で開幕には間に合わない。このチャンスを森島が生かすことが出来れば、2019年は飛躍の年にできるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

コパメンバー入りの広島2選手が意気込み! 初招集の松本は「謙虚に自分らしく」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となったサンフレッチェ広島のMF松本泰志、前日のキリンチャレンジカップに続き招集のGK大迫敬介がクラブを通じてコメントしている。 ◆MF松本泰志 「初めてA代表に選出されて、とても光栄に思います。日の丸を背負って戦う責任と自覚を持ち、謙虚に自分らしく頑張りたいと思います。また、今回はなかなか経験できない南米の強豪国と戦えるので、自分の成長にもつなげていきたいです。応援をよろしくお願いいたします」 ◆GK大迫敬介 「日本代表に選出されて嬉しく思います。 南米の強豪国とたくさん試合ができる滅多にない機会ですので、ぜひピッチに立ちたいですし、その時はいいパフォーマンスを見せたいと思います。チームとしても良い内容と良い結果で大会を終えられるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.24 16:07 Fri
twitterfacebook
thumb

初招集された広島の若き守護神GK大迫敬介「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思う」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)がクラブを通じてコメントしている。 ◆GK大迫敬介(サンフレッチェ広島) 「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思います。日本代表に選ばれることができたのも、僕だけの力だけでなく、チームメイトやスタッフ、ファンやサポーターの皆さんのおかげです。みんなの思いをしっかりと背負って、堂々としたプレーを見せたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.23 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACL決勝T進出でJ1の日程が変更

明治安田生命J1リーグは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の鹿島アントラーズの決勝進出に伴い、リーグ戦の日程が変更されたことを発表した。 鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。 これにより予定されていたJ1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪および第17節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島の日程が変更となった。 ◆日程変更 第15節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪 6月15日(土)18:30→6月14日(金)19:00 第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島 6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30 2019.05.22 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が本田ラストマッチのメルボルンVに快勝!GS5勝1敗で堂々の首位突破!!《ACL2019》

サンフレッチェ広島は22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節でメルボルン・ビクトリーと対戦し、3-1で勝利した。 前節にグループ首位突破を決めている広島。国内リーグでは5連敗で絶不調であるのとは裏腹に、こちらでは4連勝と絶好調だ。今回のアウェイ戦に向けては若手主体の構成に。ベンチ入りは4人のみとなった。 メルボルン・ビクトリーでは本田圭佑がラストマッチ。そんな一戦で先制したのは広島だった。5分、森島の右CKを松本大弥が頭で逸らすと、もう一人の“松本”、松本泰志が押し込んでネットを揺らした。 だがその後は攻め込まれる展開に。メルボルン・Vは17分にトイヴォネンの突破からバエナがボックス左からシュート。ゴール右下を狙ったシュートだったが枠を外れた。27分には本田のパスからトイヴォネンにチャンスが訪れたが、シュートは右に逸れた。 その2分後には水本のファウルでメルボルン・VがFKを獲得。ボックス手前右という絶好の位置でキッカーは本田。短い助走から味方に合わせるようなキックはGK林が直接キャッチした。なお、このプレーでイエローカードを受けた水本は、次戦は累積で出場停止となった。 劣勢の広島は36分、左の森島のクロスをファーから飛び込んだ松本大がヘディングシュート。しかし、GKトーマスのファインセーブに遭いネットを揺らせず。前半は1点リードで折り返した。 後半開始早々、広島はボックス手前左の位置でFKを与えてしまう。トイヴォネンのシュートは枠の右を捉えたが、GK林が横っ飛びで弾き出した。 対する広島は56分に細かくパスを繋いで右サイドからクロスを供給。流れた先にいた清水がボックスの外から狙ったがGKトーマスに止められた。 広島のリードのまま迎えた70分。ここから試合は大きく動く。まずはメルボルン・V。トロイージが獲得したFKをトイヴォネンがボックス手前真ん中から直接決めて同点に。 しかしこの失点をきっかけに広島が猛攻を見せる。失点から3分後の73分に左から中へ仕掛けた野津田から森島へと繋ぎ、森島はワンタッチでボックス左へ。これを皆川がダイレクトで狙うと、ゴール右に綺麗に決まって再び勝ち越した。 さらにその2分後には、ハーフスペース右でボールを持っていた森島が、GKの位置を見てミドルシュートを選択。するとこれが見事に突き刺さり、リードを2点に広げた。 その後、広島は78分に今季初出場の高橋、82分に2種登録の土肥がピッチに立った。 そして試合終了。アウェイの広島が3-1で勝利し、グループステージを5勝1敗という成績で突破を決めた。決勝トーナメント1回戦の相手は鹿島アントラーズに決まった。 また、これで本田はメルボルン・ビクトリーで最後の試合を終えた。 グループFもう一方の試合は、1-0で広州恒大が大邱FCに勝利し、逆転で2位通過を決めている。 ◆グループF最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンフレッチェ広島</span> 15pt/+5 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">広州恒大</span> 10pt/+4 3.大邱FC 9pt/4 4.メルボルン・ビクトリー 1pt/-13 2019.05.22 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】本田圭佑ラストマッチ、広島はリーグ戦に繋がる試合を《メルボルン・ビクトリーvsサンフレッチェ広島》

22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ最終節が開催。サンフレッチェ広島はアウェイでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆消化試合は課題解決へ</span> 4勝1敗の勝ち点12で首位に立つ広島が、1分け4敗で最下位のメルボルン・ビクトリーと対戦。すでにグループステージ突破を決めている広島としては、この試合で経験値を積むことに加え、リーグ戦での不調を払拭しておきたいところだろう。 また、リーグ戦とACLをターンオーバーさせていたものの、直近は混在させる起用に。しかし、出場を続けている選手もいるため、今節は出場機会の少ない選手を多く起用すると予想する。 攻撃陣には得点力不足解消を、守備陣には失点の減少を望む今節。チームバランスを見直すためにも、大事な一戦となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#062b87;font-size:1.1em;">◆本田圭佑ラストマッチ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対するメルボルン・ビクトリーはすでにACL敗退が決定。そして、この試合が元日本代表MF本田圭佑にとってのメルボルン・ビクトリーでのラストマッチとなる。 チームの中心として活躍を見せてきた本田は、広島とのアウェイゲームでもゴールを記録。メルボルンのサポーターの声援を受け、最後の公式戦での勇姿を見せたいはずだ。 また、本田だけでなく、ケビン・マスカット監督も今シーズン限りでの退任が決定。なんとしてもACLで1勝をという気持ちが強いはずだ。消化試合のためグループステージの結果には関係ないものの、両者にとって大事な一戦となりそうだ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:林卓人 DF:荒木隼人、井林章、水本裕貴 MF:高橋壮也、松本大弥、稲垣祥、清水航平 MF:森島司、野津田岳人 FW:皆川祐介 監督:城福浩 広島はすでにグループステージの突破が決定。消化試合としてアウェイゲームに臨む。遠征メンバーも15名と少数であり、若手主体のメンバー構成となることは間違いない。リーグ戦5連敗という悪循環から抜け出すためにも、そして個人のアピールのためにも結果を残したいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF森島司(22) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 広島の注目選手は、MF森島司だ。今節は若手主体となるが、シャドーストライカーとしての活躍が求められる森島は、リーグ戦での出場機会を得るためにも大事な一戦となる。 いかにゲームをコントロールし、自分たちの攻撃の形を作り出せるかが重要となる。5連敗中のゴールはわずかに「1」と得点力不足に悩んでいる状況なだけに、ここでチームの力になれるかは、森島にとっても大きなことだろう。 消化試合とはいえ、チームを再浮上させるための大事な一戦。この先の戦いにつながるプレーをできるかに注目だ。 2019.05.22 17:25 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース