【J1開幕直前クラブガイド】昨季の教訓生かせるか、戦力アップで安定した戦いを!《サンフレッチェ広島》2019.02.15 18:16 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第16弾はサンフレッチェ広島を紹介。◆ノーマークだった昨季から徹底マークへ《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
今季は城福浩体制の真価が問われる2年目となる。昨季は20ゴールを記録したFWパトリックの覚醒に助けられた広島は、前半戦に貯めた勝ち点でラスト9試合未勝利という大砂漠を何とか乗り越え、上出来すぎる2位フィニッシュを果たした。

しかし、今季はそう甘くない。新たに背番号「10」に変更したパトリックが昨季後半戦同様に執拗なマークを受けることは確実で、さらにアジア・チャンピオンズリーグと並行して戦わなくてはならないため、城福監督には昨季以上の知恵が必要となる。目標は良くて2年連続のACL出場権獲得といったところだ。

去年と同じような戦いをしていれば残留争いに巻き込まれかねない。だがそこはクラブも重々承知。広島は移籍期間にパトリックの競争相手、もしくは相棒として東京ヴェルディからFWドウグラス・ヴィエイラを獲得。2017年はJ2リーグで18ゴール、2018年は13ゴールを挙げており、昨季はパトリックの一本槍だった攻撃陣に頼れる仲間が増えた印象だ。また、同じく東京Vからは昨季J2で全試合に出場したDF井林章を迎え入れ、DF千葉和彦の抜けた穴をカバーした。

その他では、DF馬渡和彰の川崎フロンターレへの移籍を受けて、スウェーデンからDFエミル・サロモンソンを呼び寄せた。前所属のIFKヨーテボリでは通算244試合に出場し27ゴール39アシストを記録しているが、海外初挑戦となる元スウェーデン代表の実力は未知数だ。また、およそ2年半の武者修行を終えて帰ってきたMF野津田岳人や、清水エスパルスから期限付きで復帰したMF清水航平にも即戦力として期待したい。

今年のストーブリーグでは、タイと鹿児島で2度のトレーニングキャンプを実施し、時間をかけて調整を行った。鹿児島キャンプではジュビロ磐田と45分×4本のトレーニングマッチを行い、合計スコア3-2で勝利。11日に行われたレノファ山口とのプレシーズンマッチも1-0で勝利するなど、「昨年よりも1週間早くコンディションが仕上がってきた」と城福監督が語るように、新シーズン開幕に向けて準備は整ってきているようだ。

Jリーグ開幕に先駆けて、広島は19日にACLプレーオフでチェンライ・ユナイテッド(タイ)とのホーム戦を戦う。昨シーズンよりも厳しい1年の始まりはもうそこに迫っている。「タイ、鹿児島とやるべきことをやってきた自負がある」と自信を覗かせてくれた監督を信頼し、どこまで突き進めるか…。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
DF荒木隼人(22)←関西大学/新加入
DF井林章(28)←東京ヴェルディ/完全移籍
DFエミル・サロモンソン(29)←IFKヨーテボリ(スウェーデン)/完全移籍
DF高橋壮也(22)←ファジアーノ岡山/復帰
MF清水航平(29)←清水エスパルス/期限付き移籍
MF野津田岳人(24)←ベガルタ仙台/復帰
MF東俊希(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
MF松本大弥(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格
FW皆川佑介(27)←ロアッソ熊本/復帰
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)←東京ヴェルディ/完全移籍
FWパトリック(31)←サルグエイロ(ブラジル)/完全移籍

【OUT】
GK増田卓也(29)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍
DF馬渡和彰(27)→川崎フロンターレ/完全移籍
DF千葉和彦(33)→名古屋グランパス/完全移籍
DF宮原和也(22)→名古屋グランパス/完全移籍
DFイヨハ理ヘンリー(20)→FC岐阜/期限付き移籍延長
MF長沼洋一(21)→愛媛FC/期限付き移籍
MF川村拓夢(19)→愛媛FC/期限付き移籍
MF森崎和幸(37)→現役引退
MF茶島雄介(27)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍延長
MFフェリペ・シウバ(28)→セアラ(ブラジル)/完全移籍
FW工藤壮人(28)→レノファ山口FC/期限付き移籍
FWティーラシン(30)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き移籍満了

◆超WS編集部イチオシ選手
FWドウグラス・ヴィエイラ(31)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
昨季と同じように[4-4-2]を基本フォーメーションとするのなら、おそらくレギュラーは堅いであろうパトリックの横には新加入のドウグラス・ヴィエイラが並ぶ可能性が高い。東京V在籍3年間で通算113試合38得点のブラジル人助っ人には、退団したFWティーラシンやFW工藤壮人をカバーするだけでなく、パトリックすら飲み込んでしまうような活躍を見せてほしい。昨季は不甲斐なかったパトリックの“相棒枠”をかけて、新ブラジル人を中心に激しい競争が巻き起こることを期待したい。

◆注目の東京五輪世代!
MF森島司(21)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
広島の東京五輪世代で注目の選手は森保一監督お気に入りのMF森島司だ。2016年に広島に入団した森島は、高校生だった2015年にU-18日本代表に招集を受けて以降、各年代の代表に選ばれ続けてきた。本職はセントラルMFやアタッキングMFだが、代表ではFWも務めたこともあり、サイドもこなせるポリバレントな選手だ。昨季はルヴァンカップの出場がメインだったが、プロ4年目の今季、広島の中盤ではMF稲垣祥が右肩鎖関節亜脱臼で開幕には間に合わない。このチャンスを森島が生かすことが出来れば、2019年は飛躍の年にできるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

D・オリヴェイラが首位に導く4戦連続弾! FC東京が広島との無敗対決を制す!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsFC東京が19日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ここまで5勝2分けで首位に位置する広島(勝ち点17)と、2位のFC東京(同勝ち点)による無敗同士の首位決戦。前節のヴィッセル神戸戦を4-2で勝利し、リーグ戦5連勝中と絶好調の広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更した。パトリックに代えて柴崎を起用している。 一方、前節の鹿島アントラーズ戦を3-1で勝利し、再び連勝街道に乗った広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節、相手選手との接触で目の違和感を訴え、途中交代していた久保に代わって大森が先発した。 注目の首位攻防戦は、ピッチを広く使う広島と、コンパクトな陣形を保つFC東京の構図。序盤は要所で激しい球際の勝負が演じられ、互いにチャンスを作らせない。 そうした展開の中、アウェイのFC東京がチャンスを迎える。19分、大森からの浮き球を収めたディエゴ・オリヴェイラがボックス左にスルーパス。走り込んだ永井が折り返すと、ディエゴ・オリヴェイラがボックス手前に落とし、橋本がミドルを放つ。相手DFに当たりながらもボールはゴール方向へ向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ヒヤリとする場面を迎えた広島はその後、ボールを保持してはいるものの、組織的な守備を敷くFC東京の前になかなかゴール付近まで近づくことができない。 一方のFC東京は37分、左サイドからボックス左手前に切れ込んだ小川のクロス。これを大森が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。さらに39分にはボックス左外で仕掛けた永井がボックス中央に放り込む。これは相手DFにクリアされるも、ボックス左にこぼれたボールを高萩が右足で合わせる。しかし、これもゴール左外に外れてしまい、先制点を奪うことができない。 FC東京のやや優勢で試合を折り返すと、再びボール前への侵攻が少ない展開に。そんな中、FC東京は68分に永井を下げてジャエルを投入。一方の広島は70分に柴崎を下げて皆川を投入する。 すると直後に試合が動く。FC東京は71分、高萩の浮き球のパスをジャエルが競る。これはうまく合わなかったが、ボックス内の相手DFに当たったボールを大森がワンタッチでボックス右手前へ。最後はディエゴ・オリヴェイラが右足でダイレクトで合わせ、低い弾道のシュートでニアサイドを射抜いた。ディエゴ・オリヴェイラのリーグ戦4試合連続ゴールで貴重な先制点を奪った。 ついに耐え切れず先制点を与えてしまった広島。78分にはルーズボールを拾った川辺がボックス手前から右足でシュートを放つも、GK林の正面に飛んでしまう。 なんとしても追いつきたい広島は後半アディショナルタイム3分、ボックス手前でクロスのクリアボールに反応した渡が、胸トラップから左足を振り抜く。これにGK林は一歩も動けず。しかし、左ポストに直撃してしまい、同点ゴールとはならなかった。 救われたFC東京が1-0で勝利。ディエゴ・オリヴェイラの4試合連続ゴールを守りきり、首位に浮上した。一方の広島は今シーズン初黒星を喫し、2位に転落した。 2019.04.19 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】互いに開幕5勝2分け無敗! 首位決戦《広島vsFC東京》

開幕から無敗で首位争いを演じるサンフレッチェ広島とFC東京。勝ち点17で並ぶ両者が19日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節で激突する。 ムード高まる強さ〜サンフレッチェ広島〜 強い。最近の戦いぶりはそう思わせるほどだ。今シーズンのここまで堅守ベースの戦いぶりが顕著だったが、3-0の快勝劇を演じた前々節のG大阪戦から攻撃面も右肩上がり。前節の神戸戦は敵地でリードを許す展開だったが、1点ビハインドの後半に3ゴールを奪い、逆転で勝ち切った。そのなかで、シーズン開幕からコンディション上がらずのパトリックにも初ゴールが生まれ、今後に向けた収穫もあり、ムードは高まるばかりだ。柴﨑晃誠とドウグラス・ヴィエイラが共に練習中のケガで別メニューを強いられる嫌なニュースも飛び込んできているが、FC東京の壁を越えられるか。 広島に引け取らずの強さ〜FC東京〜 対するFC東京の調子もシーズン開幕から広島に引けを取らないぐらい良い。こちらも堅守ベースの戦いぶりが真骨頂だが、長谷川健太監督が掲げる「ファストブレイク」をうまく攻撃に繋げ、ここ2試合の総得点数は5ゴール。前節の鹿島戦でもその形がハマりにハマり、キックオフからの30分間で3ゴールを挙げてみせ、伝統的に大崩れしない堅守が売りのACL王者を見事に一蹴した。しかも、そのなかで、チームに新たな風を吹き込む久保建英が好調を継続する傍らで、ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップもシーズン初のアベックゴールを記録。首位決戦に向けて死角はない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大迫敬介 DF:野上結貴、吉野恭平、佐々木翔 MF:エミル・サロモンソン、川辺駿、松本泰志、柏好文、野津田岳人、柴崎晃誠 FW:渡大生 監督:城福浩<hr>2日間連続で非公開練習を行い、ドウグラス・ヴィエイラの出場が微妙。前節2ゴールの渡大生が先発の様相か。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>前節の接触で目の違和を感じた久保の出場は流動的。ベンチスタートの場合、大森晃太郎が抜擢される可能性がある。 【注目選手】 柏好文(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>広島の注目選手は柏好文だ。前節の神戸戦は1得点1アシスト。守備ベースのチームにおいて、切り崩し役として違いとなり、反発力になっている。今節も攻撃面で存在感を放ち、チームをリードしたい。 永井謙佑(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FC東京の注目選手は永井だ。ディエゴ・オリヴェイラと互いの良さを引き出し合う関係性は昨年に続き今シーズンも健在。前節、ついにシーズン初のアベック弾もマークした。久保の欠場が見込まれる今節、より活躍が期待される。 ◆「前例なき」首位攻防戦 互いに開幕5勝2分け無敗。首位争いの行方を左右する決戦となる。共に堅い守りからの速攻が武器であり、低いボール保持率(広島が17番目の42%、FC東京が15番目の44%)。J1リーグの歴史において、開幕から7試合消化のタイミングで、無敗チーム同士の戦いは前例がなく、今回が初だ。「ボールの主導権を握らず、試合を支配する」理想的な形を描き、勝利を掴み取るチームは果たして──。注目の首位攻防戦はエディオンスタジアム広島で19時にキックオフだ。 2019.04.19 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季湘南退団のミキッチ、現役引退…J在籍10年、広島時代には3度のJ1制覇に貢献

湘南ベルマーレは18日、昨シーズンまで同クラブに在籍していたクロアチア人MFミキッチ(39)が現役を引退することを発表した。 母国のインテル・ザプレシッチでプロキャリアをスタートさせたミキッチは、ディナモ・ザグレブ、カイザースラウテルンなどを経て、2009年にサンフレッチェ広島に完全移籍。すぐさま主力に定着すると、鋭い仕掛けと相手の急所を突く高精度のクロスを武器に右サイドの支配者に君臨し、3度のJ1制覇(2012年、2013年、2015年)に貢献した。その後、2018年に9年在籍した広島から湘南へ。公式戦7試合に出場し、シーズン終了後に退団していた。 日本で10年間プレーしたミキッチは、J1通算227試合8得点、リーグカップ通算18試合、天皇杯通算12試合1得点、ACL通算7試合、クラブW杯通算5試合を記録。 現役を退く決断を下したミキッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、現役を引退する事を決意しましたので皆様に報告します。私自身はまだプレー出来ると思いオファーを待っていましたが、また日本でプレーをするという事は叶いませんでした」 「10年間日本でプレーしたことは、私にとって人生最大の喜びであり、誇りです。どんな時でも私に寄り添い、力を与えてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。そして、私と共に戦ったチームメイト、監督、スタッフのみなさん本当にありがとう!」 「サンフレッチェ広島では3回のリーグ優勝、現役最後のチーム、湘南ベルマーレでもルヴァンカップのタイトルを獲得する事ができました。私は私らしく勝者として現役生活の幕を下ろしたいと思います。また近い将来、日本の皆さんに会える事を楽しみにしてます!」 2019.04.18 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初複数失点も渡の圧巻2発で逆転の広島が5連勝! イニエスタ2Aも神戸は今季初の連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が14日にノエビアスタジアム神戸で行われ、アウェイの広島が4-2で逆転勝利した。 前節、昇格組の松本山雅FC相手に金星を許し開幕戦以来の敗戦を喫した7位の神戸(勝ち点10)と、前節ガンバ大阪相手に今季最多の3ゴールを奪い、5戦連続クリーンシートを達成した首位の広島(勝ち点14)が対峙した注目の一戦。 2戦ぶりの白星を目指す神戸は松本戦から先発2人を変更。三田とダビド・ビジャに代えて負傷明けのルーカス・ポドルスキとウェリントンを起用した。一方、広島は2-0で勝利したACLの大邱戦から先発4人を変更。稲垣、東、清水、ドウグラス・ヴィエイラに代えて松本、柏、野津田、パトリックを起用した。 アンドレス・イニエスタをトップ下に配した[4-2-3-1]の布陣で臨んだ神戸は立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいく。流れの中では決定機を作るまでには至らなかったものの、セットプレーを生かして広島の堅守を早々にこじ開ける。 15分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのイニエスタが右足インスウィングのボールを入れると、ファーの密集からニアに走り込んできたウェリントンが頭で左隅に流し込み、2試合連続ゴールとした。 開幕戦以来、リーグ6戦ぶりの失点を喫した広島は失点直後にもイニエスタの個人技から際どいミドルシュートを打たれるなど、ややバタついた姿を見せる。しかし、23分には相手DFダンクレーの不用意なGKへのバックパスをかっさらった柏のボックス左からの折り返しをパトリックが難なく流し込み、昨季の躍進を支えたエースストライカーの今季初ゴールですぐさま追いつく。 一方、ミスから追いつかれた神戸だったが、28分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でイニエスタがクイックリスタートを試みてボックス右に走り込む古橋にラストパスを通すと、古橋が左足で冷静にゴール左へ流し込み、すぐさま勝ち越しに成功した。今季ここまで1失点の広島を相手に初めて複数得点を奪った神戸は前半終盤にかけても冷静にゲームをコントロールし、1点リードで試合を折り返した。 迎えた後半も立ち上がりは神戸ペースで進む。前半から存在感を放ったイニエスタが53分に惜しいシュートを放つと、58分にもイニエスタからの絶妙なミドルスルーパスに抜け出したポドルスキがボックス内で決定機を迎えるが、ここは得意の左足を切られてしまい、打ち切れない。 一方、流れを変えたい広島は60分、パトリックを下げて皆川を投入。すると65分、ボックス右で縦に仕掛けた川辺が浮き球のクロスを入れると、ボックス中央で渡、野津田が続けて競り勝ってゴールに向かったボールをゴールライン付近の柏がバックヘッドでコースを変えてゴールネットを揺らした。 このゴールをキッカケに完全に息を吹き返した広島は、ACLの大邱戦で存在感を放った渡が魅せる。まずは70分、相手陣内右サイドの深い位置まで侵入したエミル・サロモンソンからの浮き球のクロスに反応した渡がバックステップを踏みながら右足の低空ボレーで合わすと、右ポストの内側を叩いたボールがネットに吸い込まれる。 続く73分には今度は相手陣内左サイドの深い位置まで侵攻した野津田からのクロスに反応した渡が、相手DFの間に入り込んで体勢を崩しながらも抑えの利いた右足ダイレクトボレーで合わせ、圧巻の2つのボレーシュートで一気に今季リーグ初ゴール、2点目とした。 似たような形からの連続失点で一気に2点のビハインドを負うことになった神戸はセルジ・サンペールに代えて三田を投入し、ここから巻き返しを図る。86分には左CKの二次攻撃からポドルスキが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここは相手GK大迫の好守に遭う。 その後、試合終了間際には川辺の右クロスからゴール前ドフリーの野津田に5点目のチャンスが訪れるも、ここはGK前川の意地のビッグセーブに阻まれた。それでも、6戦ぶりの失点、今季初の複数失点を攻撃陣の活躍で巻き返した広島がリーグ5連勝で首位キープに成功した。一方、2戦連続複数失点の神戸は今季初の連敗となった。 2019.04.14 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

広島、首位の大邱FCを下して大会2連勝!! 皆川は終了間際に退場に《ACL2019》

サンフレッチェ広島は10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループF第3節で大邱FC(韓国)と対戦し、2-0で勝利した。 ここまで1勝1敗で3位に付けている広島。前節のメルボルン・ビクトリー戦では元日本代表の本田圭佑のゴールを許しながらも2-1で勝利した。その試合を含めて現在公式戦5連勝中。国内リーグでは5試合連続無失点と好調だ。スタメンは直近のガンバ大阪戦から4選手が変更となった。 ここまで2連勝の相手に広島が主導権を握りにかかる。7分、左サイドから高いクロスが上がると、上手く収めたサロモンソンがシュート。しかし、GKに阻まれCKとなる。 そのCKの場面。競り合った野上がパク・ハンビンに倒されPKを獲得。これをドウグラス・ヴィエイラが決めて広島が10分に先制した。 その後も広島がボールを保持しながら時間を進めていく。左サイドを中心に攻撃を仕掛ける広島が追加点を挙げたのも左からだった。26分、佐々木の突破から渡にボールが渡ると、ボックス左から放ったシュートが右ポストを弾いてゴールイン。2点目を奪った。 これで大分楽な展開となった広島は、ギアを下げつつも相手にペースを与えない試合運びで試合を折り返す。 大邱FCは後半頭からダリオとパク・ハンビンを下げてエドガルとチョン・ソンウォンの2枚替え。そのエドガルに早速クロスが入るが、GK大迫が身体を張ってはじき出した。 後半から圧力を高めてきた大邱FCは、身長190㎝のエドガルを中心に攻撃を展開。58分にはクロスからヘディングシュートを放つが枠の外。 一方、広島もカウンターから味方のクロスに川辺が飛び込んだが、わずかに触れず決定機を逸脱。その後、69分にドウグラス・ヴィエイラを下げて皆川を投入した。 75分にはCKから2度のチャンス。佐々木と渡がヘディングシュートを狙っていくが追加点には至らず。77分には東を下げて松本泰志をピッチに送った。さらに、渡もお役御免。荒木と交代でピッチを退いた。 終盤は完全に守勢に入りゴール前を固める。我慢する時間が続く中、試合終了間際の90分に、途中出場の皆川が相手と競り合った際に肘をぶつけたとしてイエローカードに。これが2枚目となり退場処分となった。 それでも最後まで無失点に抑えた広島が首位の大邱FCを下して2連勝を収めた。 2019.04.10 21:00 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース