【J1開幕直前クラブガイド】主力流出もロティーナ&イバン新体制に期待膨らむ《セレッソ大阪》2019.02.14 17:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴春”がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第14弾はセレッソ大阪を紹介。◆タイトル争いに向けたカギは戦術の浸透《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
一昨シーズンにルヴァンカップ、天皇杯の国内カップ戦二冠を成し遂げたC大阪だが、昨季はACL出場圏外の7位に甘んじるなど、一転して無冠という厳しいシーズンとなった。さらに、一部選手やクラブとの確執も噂された中、クラブに初タイトルをもたらした尹晶煥監督と袂を分かつことに。この監督人事の影響か、MF山口蛍とFW杉本健勇というユース出身の生え抜き、MF山村和也という3人の主力中の主力が揃ってヴィッセル神戸、浦和レッズ、川崎フロンターレというライバルクラブに流出する異例の事態となった。

そして、過渡期を迎える関西の名門の立て直しを託されたのが、スペイン時代にチャンピオンズリーグ(CL)やリーガエスパニョーラで指揮を執り、コパ・デル・レイの優勝経験もある名将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督。バルセロナの流れを組む副官イバン・パランココーチと共に前所属先の東京ヴェルディでは就任前J2で18位に低迷したクラブを1年目に5位に躍進させ、昨シーズンは6位も昇格プレーオフを勝ち抜き、あと一歩でJ1昇格に導いていた。

クラブはそのスペイン人指揮官就任に際して、前述の主力3選手の穴を埋める補強としてヴィッセル神戸からMF藤田直之、ベガルタ仙台からMF奥埜博亮、北海道コンサドーレ札幌からFW都倉賢を補強。さらに、中盤にブラジル屈指の名門ヴァスコ・ダ・ガマで主力を務めたアルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト、前線に昨季ブラジルのグアラニで16ゴールを記録したブラジル人FWブルーノ・メンデスという実力者を確保した。全体的な戦力ダウンは否めないが、若手の積極的な登用と選手の新たな可能性を見いだす慧眼を持つ知将の下でニューヒーローやコンバートによる覚醒が期待される。

今季のチーム目標はタイトル奪還に定められているが、現実的には一桁順位フィニッシュとACL出場権争いに絡むことだ。そのカギを握るのが、ポジショナルプレー、5レーン理論という欧州最先端の戦術への適応だ。とりわけ、徹底したライン統制を基調としたゾーン守備、GKを交えて後方からショートパスを繋ぐスタイル、試合中にも複数システムを使い分ける新たな試みにいかに早く馴染めるか。東京V時代は守備からチームを構築し徐々に攻撃に比重をかけるアプローチをしていたため、序盤戦は勝ち切れない試合が多くなることが想定されるだけに前線の個の力が重要となる。一方、スカウティングのスペシャリストであるイバンコーチの存在はチームの大きな助けとなるはずだ。

◆補強動向《C》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
GK圍謙太朗(27)←アビスパ福岡/期限付き復帰
MF藤田直之(31)←ヴィッセル神戸/完全
MFレアンドロ・デサバト(28)←ヴァスコ・ダ・ガマ/完全
MF奥埜博亮(29)←ベガルタ仙台/完全
MF丸岡満(23)←レノファ山口FC/期限付き復帰
FW都倉賢(32)←北海道コンサドーレ札幌/完全
FWブルーノ・メンデス(24)←デポルティーボ・マルドナド/期限付き

【OUT】
GK永石拓海(22)→レノファ山口FC/期限付き
DF酒本憲幸(34)→鹿児島ユナイテッドFC/完全
DF田中裕介(32)→ファジアーノ岡山/完全
DF茂庭照幸(37)→FCマルヤス岡崎/完全
DF森下怜哉(20)→栃木SC/期限付き
MF山口蛍(28)→ヴィッセル神戸/完全
MF山村和也(29)→川崎フロンターレ/完全
MFチャウワット(22)→バンコク・グラスFC/期限付き満了
MFオスマル(30)→FCソウル/期限付き満了
MF沖野将基(22)→ブラウブリッツ秋田/完全
MF喜田陽(18)→アビスパ福岡/期限付き
FW杉本健勇(26)→浦和レッズ/完全
FW米澤令衣(22)→鹿児島ユナイテッドFC/完全

◆超WS編集部イチオシ選手
MF清武弘嗣(29)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
イチオシ選手は、新指揮官が最も期待する新キャプテンの清武だ。2017年の復帰以降、度重なる負傷の影響もありトップフォームを取り戻すのに苦労している清武だが、その高い戦術眼とテクニックはポジショナルプレーを志向するロティーナ監督のスタイルに間違いなく合致するはずだ。また、セビージャ時代にはややスタイルは異なるものの、戦術的に難度が高いサンパオリ監督の下でプレーしており、スタッフと選手の間に入って戦術の浸透を促す役割も期待される。複数のシステムを併用する中、主戦場は2列目あるいはインサイドハーフとなる見込みだ。その中で攻撃の起点となるハーフスペースの支配者として存在感を示したい。

◆注目の東京五輪世代!
DF瀬古歩夢(18)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
C大阪で注目する東京オリンピック世代は18歳の若手センターバックの瀬古だ。2017年にクラブ最年少となる16歳11カ月でトップデビューを飾った生え抜きの瀬古は高い身体能力、安定した足元のテクニック、リーダーシップに優れる日本のアンダー世代屈指の守備者。ここまでJ3に所属するセレッソ大阪U-23が主戦場だが、東京V時代から若手の積極登用の実績があるロティーナ監督は戦術理解さえ進めば、躊躇なくJ1デビューさせるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

北川の3戦連発で清水が今季初の無失点で連勝飾る! C大阪は1点遠く連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が20日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 連勝を目指す16位・清水(勝ち点5)は、2-1で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節のジュビロ磐田との静岡ダービーからスタメンを1人変更。中村に代えて河井を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指す13位・C大阪(勝ち点7)は、0-1で敗れた北海道コンサドーレ札幌戦から2名変更。片山、都倉に代わり山下、ブルーノ・メンデスが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が先にチャンスを作る。14分、敵陣中央右寄りの位置で柿谷が倒されてFKを獲得。ソウザが右足を振り抜き狙ったが、わずかにゴール右に外れた。 さらに攻めるC大阪は19分、右CKの場面で丸橋のショートコーナーから柿谷がボールを受けると、バイタルエリア右のスペースへパス。走り込んできたソウザがワンタッチでボックス内に侵攻してシュートを放つ。DFに当たりディフレクトしたボールは縦回転で枠を捉えたが、GK六反に掻き出された。 ここまで守勢だった清水は39分に反撃。北川のスルーパスに反応した鄭大世がボックス左に抜け出してシュートを放つ。しかし、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。 後半、C大阪に決定機。52分、左CKを獲得すると、清武がインスイングのボールを送る。ボックス左でクリアボールを拾った柿谷のシュートがゴール前で混戦になり、こぼれ球を拾ったマテイ・ヨニッチがタイミングを外してゴールを狙ったが、GK六反にキャッチされた。 その後はこう着状態が続いた中、C大阪は82分に敵陣中央でFKを獲得する。これをソウザが強烈な右足で相手ゴールを強襲するも、GK六反がセーブ。こぼれ球に反応した柿谷がボックス右からクロスを送ったが、これもGK六反に防がれた。 この直後、清水が高速カウンターを炸裂させる。GK六反が前線にフィードを送ると、敵陣中央右サイドに走り込んでいたエウシーニョが、飛び出してきたGKキム・ジンヒョンの位置を見て、ロングシュートを放つ。このボールはボックス左に流れたが、角度のないところから北川がシュートを放ち、ポスト右に当たってゴールに吸い込まれた。 試合終盤に先制した清水がこのまま逃げ切り、1-0で試合終了。ホーム初白星を飾った清水が今シーズン初の連勝を飾った。敗れたC大阪は決め手を欠き連敗で3試合未勝利となった。 2019.04.20 17:34 Sat
twitterfacebook
thumb

進藤V弾の札幌が連敗を「3」でストップ! 西川潤JデビューのC大阪は3試合ぶり黒星《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌が13日にヤンマースタジアム長居で行われ、アウェイの札幌が1-0で勝利した。 直近2試合負けなしのC大阪は、1-1で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンの変更はなし。同じメンバーをピッチに送り込んだ。 一方、3連敗中の札幌は、1-2で敗れた大分トリニータ戦からスタメンを2名変更。中野、荒野に代えて、キム・ミンテ、ルーカス・フェルナンデスをスタメンに起用した。 日本代表の森保一監督が視察に訪れた一戦はC大阪が先に仕掛ける。12分、敵陣左サイドでボールを受けた柿谷がドリブルでボックス左まで持ち運ぶ。最後は強引にDF2人を交わしてシュートを放ったが、GKク・ソンユンの好セーブに遭う。 対する札幌は24分、右CKの流れからセカンドボールを拾ったキム・ミンテのパスを受けたチャナティップがバイタルエリア右からシュートを放つ。これに反応したアンデルソン・ロペスがトラップしてシュートを狙ったが、わずかにゴール左に外れた。 ここまで守勢だったC大阪は41分、敵陣中央右寄りの位置でFKを獲得。キッカーのソウザが右足で無回転の強烈なシュートで相手ゴールマウスを強襲したが、ここもGKク・ソンユンが立ちはだかる。 ゴールレスで試合を折り返すと、C大阪がいきなりチャンス。46分、アンドロ・デサバトの横パスを受けたソウザが胸トラップでバイタルエリア右の位置へ。そのまま右足で強烈なシュートを放ったが、GKク・ソンユンの好守に遭う。 後半は一転してC大阪がボールを保持する展開に変わる。それでもスコアは動くことがなく時間だけが過ぎていく。こう着状態を打開すべく札幌は66分、ルーカス・フェルナンデスに代えて中野を投入。対するC大阪は、69分に清武に代えて高木を投入し、攻撃の活性化を図る。 札幌は直後の73分、ハーフウェイライン付近左サイドからチャナティップがダイアゴナルにロングパス。ボックス右で受けたアンデルソン・ロペスがワントラップで抜け出してシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンが立ちはだかる。 続く79分にも札幌にチャンス。ドリブルでボックス中央手前まで持ち運んだアンデルソン・ロペスがループで前方にパスを送るが、通らない。だが、ルーズボールを拾った中野がボックス中央へ折り返す。最後はフリーのアンデルソン・ロペスが狙ったが、GKキム・ジンヒョンに弾かれ、右CKを獲得する。 このCKで福森のクロスをファーサイドの進藤がヘディングシュートを放つ。ゴール前にいたアンデルソン・ロペスが詰めたが、そのままゴールに吸い込まれ札幌が先制に成功する。 試合終盤に失点したC大阪は、高校生Jリーガーの西川を投入したが、最後まで札幌ゴールを割ることができずに試合終了。C大阪は3試合ぶりの黒星となった。対する札幌は連敗を「3」でストップした。 2019.04.13 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レヴィー・クルピ、アトレチコ・ミネイロ監督を解任される

アトレチコ・ミネイロは10日、レヴィー・クルピ監督(66)の解任を正式発表した。 かつてセレッソ大阪を率いたレヴィー・クルピ監督は2018年からガンバ大阪の指揮を執ったが、振るわず、シーズン途中に解任。同年10月に指揮官として5度目となるアトレチコ・ミネイロ復帰を果たした。 だが、アトレチコ・ミネイロは現在、コパ・リベルタドーレスのグループステージで1勝3敗の4チーム中3位と苦戦。10日のナシオナル戦も敗れ、残り2試合のグループステージ突破が絶望的な状況だった。 2019.04.12 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪MF秋山大地が右ハムストリング筋損傷で全治3週間

セレッソ大阪は6日、MF秋山大地が右ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。全治は3週間。 秋山は、3月30日に行われた明治安田生命J3リーグ第4節の藤枝MYFC戦で負傷。 C大阪下部組織出身の秋山は、2013年にトップチーム昇格。今シーズンはU-23チームとして、明治安田生命J3リーグで2試合出場している。 2019.04.06 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

柿谷今季初ゴールも、知念初の2戦連発弾で川崎FとC大阪は痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第6節、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が5日に等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ここまでわずか1勝で10位に沈む王者川崎F(勝ち点6)と、2勝3敗の12位C大阪(勝ち点6)が激突。 前節の松本山雅FC戦で今季初勝利を挙げた川崎F。5日後にアジア・チャンピオンズリーグを控える今節は、松本戦と同じスタメンを起用。連勝を目指す。 一方のC大阪は前節のベガルタ仙台戦で開幕節ぶりの勝利を収めた。今節の予想フォーメーションは[3-4-2-1]。先発には奥埜を変えて清武を起用した。 互いに睨み合いを続ける両者。互いにペナルティエリアまで侵入はするものの、シュートで終われない時間帯が続く。そんな中17分に、川崎Fは中村がボックス右からシュート。だがコースが相手に切られブロックに捕まった。 対して、C大阪はスローインの流れからレアンドロ・デサバトがボレーシュート。ゴール前でワンバウンドしたシュートは、GKチョン・ソンリョンに上手くかき出された。 徐々にヒートアップしていくゲームは22分に動く。ボックス手前で丸橋からボールを受けた柿谷がドリブルで前進。都倉の動きを囮にボックス手前から放ったシュートがグラウンダーでアウト回転をかけながらニアに突き刺さりゴールイン。C大阪が先制した。 その後は一進一退の内容に。1点ビハインドの川崎Fがポゼッションでは上回るものの、相手のブロックを崩すまでには至らない。C大阪も43分に右サイドからのクロスを木本が頭で折り返したが誰にも合わず。 1点ビハインドの川崎Fは後半に入ってすぐに取り返した。右サイドの家長が上げたクロスをボックス手前で田中が胸で落とす。これを受けた知念がボックス内で反転。相手のチェックを振り切って放った右足のシュートがゴール左に決まり同点に追いついた。 知念の2戦連発弾で追いついた川崎F。56分には奈良の見事なスルーパスから知念が一気に最終ラインを突破。ボックス右に侵入しフィニッシュまで持ち込んだが、GKキム・ジンヒョンに足で防がれた。 後半に入って山下と奥埜を投入したC大阪は、中盤から試合を組み立てようとするが大勢は変わらない。一方横浜FMは、74分に知念に代わって投入された小林が直後に左ポストを掠める惜しいシュートを放つ。 82分には、川崎Fは奈良が再び相手の間を抜く鋭いスルーパスでチャンスメイク。パスを受けた小林はボックス右からシュートを放ったが、GKに止められた。 試合終盤、両チームとも最後の交代枠を使い切り勝利を目指したが、スコアは動くことなく試合終了。同勝ち点同士の試合は1-1の痛み分けになった。 2019.04.05 21:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース