【J1開幕直前クラブガイド】大型補強でバルサ化に期待 一抹の不安をどう払しょくするか《ヴィッセル神戸》2019.02.15 18:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第15弾はヴィッセル神戸を紹介。◆ビジャら大型補強で豪華さ増すも…《ACL出場権争い》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択
(C)CWS Brains,LTD.
「バルサ化」を宣言し、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を目標に掲げた2018シーズンの神戸だったが、残留争いに巻き込まれる期待外れのシーズンを送った。前年途中から指揮を執った吉田孝行監督の下、継続路線でシーズンをスタートするも、ゲームを支配するスタイルの構築に苦戦。バルセロナの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが夏に加入したが、パスサッカーの権化と評されるスペイン人指揮官のファン・マヌエル・リージョ新監督が就任するまで形を見いだせず、10位で自力残留を決めるという最低限の結果で締めくくった。

今シーズンの目標は、引き続き「ACL出場権獲得」。そこに向けて今オフも再び大きく動いた。最注目は、ニューヨーク・シティから加入したダビド・ビジャ。クラブだけでなく、代表歴代最多得点を誇るスペイン代表でも数多くのタイトルを獲得してきたゴールゲッターだ。タイミングの良い動き出しと卓越したゴールセンス、周囲を生かすこともできるプレースタイルは、神戸の掲げるポゼッションサッカーにとっても、うってつけ。バルセロナ時代の元同僚であるアンドレス・イニエスタからのパスを神戸でも引き出すことができれば、今シーズンの大きな武器になる。

また、日本屈指のボランチである日本代表MF山口蛍も獲得。リージョ監督のアンカー起用で復活を匂わせていたDF伊野波雅彦や主力を担ったMF藤田直之が退団したことは痛手だが、その穴を埋めるのに十分な経験と素質は兼ね備えている。さらに、元日本代表DF西大伍と五輪世代期待のDF初瀬亮の両サイドバックも獲得。両選手ともにサイドで攻撃の起点になることができ、リージョ監督のパスサッカーを体現するに相応しい選手を獲得した。

国内外から実績十分の実力者を加えたことで、その豪華さは増した。しかし、守備面では課題も残した。DFアフメド・ヤセルが退団し、層が薄くなったCBに目立った補強はない。リージョ就任以降も定位置を確保し続けたのは、DF大崎玲央のみと絶対的な主力が不在。攻撃面は胸躍る一方、守備面は心細い陣容に。攻守のバランスは気になるところだ。

従って、今シーズンはリージョ監督の戦術浸透やアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャらを擁する強力な攻撃陣のけん引によってどれだけ守備面をカバーできるかが一つのキーになる。しかし、今年でアンドレス・イニエスタは35歳、ルーカス・ポドルスキは34歳、ダビド・ビジャは38歳。昨シーズンを見ても、アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキを負傷で欠いた時期があった。チームとしてJリーグ史上最高とも言える助っ人トリオを中心としたチーム作りをしているだけに、彼らがフルシーズン戦えるかどうかも重要になってくる。そうした細かなエクスキューズを最小限にとどめることができれば、上位争いを繰り広げる可能性は多いに秘めている。

◆補強動向《B》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS


【IN】
GK伊藤元太(18)←松山工業高校/新加入
DF小林友希(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
DF初瀬亮(21)←ガンバ大阪/完全
DF西大伍(31)←鹿島アントラーズ/完全
MF山口蛍(28)←セレッソ大阪/完全
MF中坂勇哉(21)←ペララーダ(スペイン)/復帰
MFウエスクレイ(27)←セアラ(ブラジル)/復帰
FWダビド・ビジャ(37)←ニューヨーク・シティ(アメリカ)/完全
FW小川慶治朗(26)←湘南ベルマーレ/復帰

【OUT】
DF北本久仁衛(37)→シモークFC(タイ)/完全
DF高橋峻希(28)→柏レイソル/完全
DF伊野波雅彦(33)→退団
DFアフメド・ヤセル(24)→アル・ドゥハイル(カタール)/期限付き満了
DFティーラトン(29)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き満了
DF山口真司(22)→AC長野パルセイロ/完全
DF東隼也(21)→福島ユナイテッド/完全
MF松下佳貴(24)→ベガルタ仙台/完全
MF藤田直之(31)→セレッソ大阪/完全
MF小林成豪(25)→大分トリニータ/完全
MF野田樹(20)→カターレ富山/期限付き延長
MF前田凌佑(24)→大分トリニータ/完全
FW大槻周平(29)→モンテディオ山形/完全
FW長沢駿(30)→ガンバ大阪/期限付き満了
FWハーフナー・マイク→バンコク・ユナイテッド(タイ)/期限付き
FW向井章人→FC今治/期限付き延長

◆超WS編集部イチオシ選手
MFアンドレス・イニエスタ(34)
(C)CWS Brains,LTD.
新加入のダビド・ビジャや山口蛍など注目選手が多数いる中、初めてフルシーズンを戦うアンドレス・イニエスタに注目したい。昨夏に加入した司令塔のJリーグ初年度は、14試合3ゴール3アシストを記録。華麗なゴールやアシストに加え、繊細なボールタッチや類まれなゲームコントロール力は、世界のトップに昇りつめた所以を示した。

しかし、自身は「去年は適応の時間が必要だった」と語る。昨シーズンは途中加入ながらケガで離脱したこともあり、フルで戦うことがチームのバランスを保つ上でも重要だ。

今シーズンは新たにクラブと代表で共に世界一を手にしたダビド・ビジャも加入。自身を知り尽くす頼もしい盟友とのコンビで相手守備陣を切り裂けるか。「今年はベストのバージョンを見せて、チームの優勝に貢献できれば」と本領発揮を誓うアンドレス・イニエスタがどれほどの輝きを見せられるかが、神戸の躍進のカギとなるだろう。

◆注目の東京五輪世代!
MF郷家友太(19)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
DF藤谷壮、初瀬、MF中坂勇哉と多くの東京五輪世代を抱える神戸だが、19歳のMF郷家友太の成長に期待だ。

昨シーズンに青森山田から加入した郷家は、ルーキーイヤーながらリーグ戦22試合に出場。リージョ監督就任以降は、メンバーから外れることも増えたが、明治安田生命J1リーグ最終節のベガルタ仙台戦ではフル出場を果たし、勝利を大きく手繰り寄せるゴールも記録した。

プロ2年目を迎える今シーズンはより数字が求められる1年になる。森保一監督率いるU-21日本代表にはまだ一度も招集されたことがない。まずはクラブで定位置を確保し、今年5月から開催されるU-20ワールドカップで結果を残すことで、東京五輪出場の座を争う位置まで食い込みたい。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和が本拠初白星! 興梠PK弾で激動の神戸破る《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日に埼玉スタジアム2002で行われ、浦和レッズがヴィッセル神戸に1-0で勝利した。 浦和は3試合ぶりの勝利を手にした前節と同じ先発メンバーを継続起用。電撃的な監督交代で衝撃が走った神戸はキム・スンギュが5試合ぶりの先発メンバー入りを果たしたが、アンドレス・イニエスタとダビド・ビジャが欠場した。 試合は8分、バックパスを受けようとした大崎のスリップに乗じてボールをかっさらった興梠がボックス右まで持ち込むと、ダンクレーのファウルを受けてPKのチャンス。これを興梠自らゴール右隅に決め、浦和が先制する。 ミスから早々に失点した神戸はボールの主導権を握る展開に持ち込むが、人数をかけて自陣にブロックを固めて対応してくる浦和の守りに苦戦。幾度かシュートに持ち込むが、決定機らしい決定機を作りだせず、攻めあぐねる。 迎えた後半も神戸がボールを支配する展開で進むが、浦和が前半と同様、タイトな守りからの速攻で応戦。武藤が早々にシュートを放っていくなど、執拗以上に神戸に流れを明け渡すことなく、安定したゲーム運びを続ける。 何とか早い段階で追いつきたい神戸は54分、セットプレーの流れからゴール前に残っていた大崎に決定的な場面。だが、ゴールマウスから近い位置で放ったシュートは大きく枠を外れ、神戸は同点のチャンスを逃してしまう。 その後も神戸がより攻勢を強めていくなか、浦和は57分に負傷の橋岡とエヴェルトンに代えて、宇賀神と長澤を投入。続く71分、最後のカードで柏木を下げてマルティノスをピッチに送り込み、守勢続く展開からの脱却を図る。 攻勢続く神戸はルーカス・ポドルスキや小川、三原を下げ、田中や増山、初瀬を立て続けにピッチに送り込むが、浦和がシーズン2度目の2連勝を飾ると共に4戦目にしてホーム初白星。神戸は監督交代実らず、3連敗となった。 2019.04.20 14:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「Rakuten Cup」の発表会見に登場したアビダル氏、イニエスタら所属の神戸は「我々にとっても意義深い」

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の発表記者会見が行われた。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 記者会見に登壇した元バルセロナの選手で、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が今回の来日についてコメント。Rakuten Cupを楽しみにしていると共に、バルセロナのフィロソフィーを日本に伝えたいと語った。 ◆エリック・アビダル氏(FCバルセロナ) 「こんばんは。我々のパートナーである楽天様とともに、FCバルセロナジャパンツアー2019の発表をできることを大変嬉しく思います」 「楽天とのパートナー関係は2年前にスタートしました。サッカーだけのパートナーではありません。私たちにとっては共通の価値観である、敬意、チームワーク、そして野心を秘めた関係性です」 「今年の夏、チェルシー、そしてヴィッセル神戸と素晴らしい試合をできることを期待しています。プレシーズンにおいて、このような大きなチームとの対戦というのは非常に重要なことです。チャンピオンズリーグで活躍をしていく上でも非常に重要です」 「チェルシーとの試合は、非常に重要でありますし、ヴィッセルとの試合は元FCバルセロナの選手3名が現在ヴィッセルに所属しています。我々のプレーの仕方、哲学をよく理解している選手がヴィッセルに居るということは、我々にとっても意義深いことです」 「おそらく、日本のチームにバルサウェイを伝えて、ユースチームやアカデミーにとっても、バルサのプレーの仕方を伝えていくという一環でしょう。バルセロナは楽天とのパートナーシップを通じて、我々のスタイルを日本に伝えたいと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190418_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div> 「また、日本というのは、我々にとって、すでに家のようなものです。すでに4つのアカデミーを持っているからです。全てのアカデミーでのコーチは、バルセロナで教育を受けています。ローカルコーチ、日本のコーチにバルセロナでの哲学、プレースタイルを伝えることによって、我々にとって日本にいるファンのみなさまと近づき、バルセロナの経験、価値観を体験していただきたいと思います」 「そして、楽天の皆さんには心から感謝したいと思います。我々のこのコラボレーションに大きな貢献をいただき、ここ日本に来日する機会を与えてくださってありがとうございます。2015年以来の来日となります。2019年夏、東京で神戸で皆さんと会えることを楽しみにしています」 2019.04.18 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがチェルシー、ヴィッセル神戸と「Rakuten Cup」で7月に日本で対戦

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の開催概要が発表。バルセロナ、ヴィッセル神戸、チェルシーが参加することを発表した。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4に勝ち上がっているバルセロナと、ヨーロッパリーグでベスト8に勝ち上がっているチェルシーが日本で対戦するのは初めてのこと。また、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは神戸の選手として初めてバルセロナと対戦することとなる。 記者会見には、楽天株式会社の代表取締役兼社長であり、ヴィッセル神戸のオーナーである三木谷浩史氏、また現役時代はバルセロナやフランス代表として活躍し、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が登壇。また、チェルシーのブルース・バック会長はビデオメッセージでコメントした。 2019.04.18 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

突然の監督交代に続き…ポルディまでも神戸主将降板

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが17日、自身のツイッター(@Podolski10)を通じて、キャプテン降板を報告した。 ルーカス・ポドルスキは2017年夏に神戸入り。2018シーズンから神戸の主将を務め、今シーズンが2年目だった。次のように綴っている。 「神戸サポーターの皆さん、こんにちは。残念なお知らせがあります。自分はヴィッセル神戸のキャプテンの座から降りる事になりました」 「ここ数週間の苦しくて悔しいチームの状況と同じように自分にとっても難しい決断でした。喜びと誇りを持ってやってきていたので複雑な思いです」 「キャプテンマークは返しても変わらないのは、これからもみんなのリーダーとしてチームを引っ張って行くことです」 「ダンケ、神戸サポーター!! いつも応援してくれてありがとう!! 頑張って行こう」(原文ママ) なお、神戸は同日、フアン・マヌエル・リージョ監督(53)の意向による契約解除合意を電撃発表。後任として、吉田孝行氏(42)の監督復帰も併せて伝えている。 今シーズンの神戸はここまで明治安田生命J1リーグ3勝1分け3敗の10位。20日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節で浦和レッズとアウェイで対戦する。 2019.04.17 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ化推進の神戸、リージョ監督と契約解除 後任に前任の吉田孝行氏

ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ監督(53)の退任を電撃発表した。 神戸はリージョ監督の意向を受け、同日付けの契約解除で合意。これに伴い、ヘッドコーチのイニーゴ氏(40)および、アシスタントコーチのホルヘ氏(43)も契約解除に至った。 ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督が崇拝するポゼッションサッカーの先駆者として有名なリージョ監督。昨年9月から神戸の監督に就任した。 指揮2年目の今シーズンはチームとして「バルセロナ化」を推し進め、ここまで明治安田生命J1リーグ3勝1分け3敗の10位。電撃退任を受け、次のようにコメントした。 「ヴィッセル神戸のスタッフ、選手、そして会長、社長、ファンの皆様ありがとうございました。神戸という街で暮らし、素晴らしい方達と仕事をし、かけがえのない経験ができました。人生では難しい決断をしないといけない事もあります。私と家族にとってはこうする事がベストだと思いました。ヴィッセル神戸は私の心の中に常にあり続けるでしょう。皆さん、今までのサポート、本当にありがとうございました」 なお、後任として、2017年8月〜昨年9月までチームを率いた吉田孝行氏(42)の監督復帰が決定。その神戸は次戦、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節で浦和レッズとアウェイで対戦する。 2019.04.17 12:00 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース