【J1開幕直前クラブガイド】昨季長期離脱者がカギ! 名波イズム浸透で“再躍進”を《ジュビロ磐田》2019.02.13 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第11弾はジュビロ磐田を紹介。◆補強乏しくも再躍進の可能性アリ《ひと桁順位》
※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択
(C)CWS Brains,LTD.
2017年の6位躍進から一転、2018シーズンは降格の危機に瀕した磐田。開幕前に「トップ5入り」を目標に掲げたが、シーズン序盤にMFアダイウトンとMFムサエフがケガによる長期離脱を余儀なくされ、MF中村俊輔もフル稼働できず、チームバランスを崩した。

さらには、DFギレルメが試合中の暴力行為で退団するなど、チームとして様々な壁に直面。夏には川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得するも、持ち前の得点力は発揮できず、最終節に得失点差で16位に転落する悲劇に見舞われた。東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めたが、あわやJ2降格という苦しいシーズンを送った。

名波浩体制6年目を迎える今シーズンは、チームの立て直しが求められる中、オフシーズンの動きは極めて少なかった。主力の退団はMF松浦拓弥(→横浜FC)のみに抑えた一方で、獲得したのは期限付き移籍から復帰したDF石田崚真(←ツエーゲン金沢)を含めてわずか4名。川崎フロンターレから加入したMF森谷賢太郎は昨シーズン控えに甘んじ、モンテディオ山形から加入したFW中山仁斗はJ1初挑戦。シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)から加入したFWロドリゲスもJリーグ初挑戦と未知数な部分が多く、どちらに転ぶか分からない補強に終わった。

それでも、ロドリゲスと中山が練習試合で結果を残すなど、明るい話題も聞こえてくる。屈強なフィジカルと推進力が武器のロドリゲスと、高い身体能力を持つ中山がフィットすれば、昨シーズンは35得点とリーグ2番目に少ない得点力の改善につながる可能性はある。

一方で、挽回を図るチームとしては、乏しい補強となったが、昨シーズン長期離脱で苦しんだ主力選手たちが復帰することを考えれば、必要以上にネガティブになることはないだろう。負傷離脱によって戦力はダウンしたものの、MF上原力也やMF荒木大吾、FW小川航基ら若手が一定の経験を積んだ。また、MF田口泰士を筆頭にDF新里亮やFW大久保嘉人らも奮闘。名波サッカーを知る昨シーズン稼動できなかった選手たちの復帰が、大きな補強とも言える。今後を見据えても、「競争」と「成長」の両軸でシーズンを進められるかが、チームの結果を左右することになるだろう。

◆補強動向《D》※最低E~最高S
(c) J.LEAGUE PHOTOS
【IN】
DF石田崚真(22)←ツエーゲン金沢/復帰
MF森谷賢太郎(30)←川崎フロンターレ/完全
FW中山仁斗(27)←モンテディオ山形/完全
FWロドリゲス(23)←シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)/完全

【OUT】
GK牲川歩見(24)→アスルクラロ沼津/完全
MF松浦拓弥(30)→横浜FC/完全
MF伊藤洋輝(19)→名古屋グランパス/期限付き

◆超WS編集部イチオシ選手
MFアダイウトン(28)
(C)CWS Brains,LTD.
今シーズンの注目は、アダイウトンだ。2017年に8ゴールを記録したブラジル人アタッカーは、スピードとパワフルなドリブルを武器に脅威を与え続け、チームの躍進に貢献した。

しかし、昨シーズンは第4節のサンフレッチェ広島戦で右ヒザ前十字じん帯断裂及び半月板損傷の重傷を負ったことで、その後のシーズンを棒に。チームも不振に陥り、悔しい思いをした。

降格危機が迫ったJ1参入プレーオフ決定戦の東京ヴェルディ戦で復帰すると、万全なコンディションではなかったといえ、必要性を感じるパフォーマンスを見せた。今シーズン、アダイウトンの活躍は挽回を図る磐田にとって欠かせないピースであり、自身の復活でチームを上に引き上げられるか注目だ。

◆注目の東京五輪世代!
DF大南拓磨(21)
(c) J.LEAGUE PHOTOS
J1参入プレーオフ決定戦の東京V戦でPKを獲得し、自らゴールを奪ってチームを残留に導いた小川航基も注目だが、昨シーズン終盤に磐田の後方を支えた大南を推したい。

2016年から磐田でプレーする大南は昨シーズン、明治安田生命J1リーグ第4節の広島戦でリーグ戦初出場。その後リーグ戦からは遠ざかったものの、シーズン終盤は4試合連続先発でフル出場を果たすと、J1参入プレーオフ決定戦でもピッチに立ち、プレッシャーのかかる舞台も経験した。

U-21日本代表ではドバイカップU-23に出場したが、まだその地位は確立されていない。クラブではDF大井健太郎やDF高橋祥平に加え、長期離脱から復帰したDF新里亮ら実力者が存在するが、昨シーズンの経験を生かし、この牙城を崩すことができれば、U-21日本代表の主力にも割って入ることができるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

磐田、仙台との下位対決制す! アダイウトン&中山弾で待望のリーグ戦ホーム初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台が18日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-0で磐田が勝利した。 ここまで2勝3分け6敗で16位に沈む磐田(勝ち点9)と、3勝1分け7敗で14位に位置する仙台(勝ち点10)が相対した。前節のFC東京戦を0-1で敗れ、なかなか勝ち点を積み重ねることができていない磐田は、その試合から先発メンバーを1人のみ変更。上原に代えて荒木を起用した。また、前節は家庭の事情により帰国していたロドリゲスはベンチに入っている。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦を2-1で勝利し、連敗を逃れた仙台は、同試合と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 勝ち点1差の下位対決。試合は互いに主導権を握ろうとする中、ホームの磐田が7分にチャンスを迎える。右サイドでパスを受けた松本がボックス右に侵攻し、右足でシュート。しかし、ここはGKシュミット・ダニエルにブロックされる。 それでも磐田は19分、守護神のキックから先制点が生まれる。GKカミンスキーの前線へのフィードが中盤でワンバウントすると、中途半端な対応をみせた仙台の隙を見逃さず、アダイウトンが相手よりも先に触る。再び中山からのリターンを受けて、相手最終ラインを突破すると、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎え、冷静にゴールへ流し込んだ。 先制点を奪われた仙台も攻勢に転じる。29分、ハモン・ロペスの縦パスをボックス手前のジャーメイン良がポストプレー。最後は吉尾が左足で丁寧にゴールを狙ったが、シュートはゴール左外へ。30分には石原崇兆のスルーパスにジャーメイン良が抜け出し、ボックス左から折り返す。ハモン・ロペスがニアサイドで合わせたが、この動きについていった新里にスライディングで阻まれた。 いくつかピンチを迎えるも体を張ったディフェンスでゴールを許さない磐田。迎えた34分、今シーズンリーグ戦初先発を飾った荒木が敵陣中央左でアダイウトンからパスを受け、ボックス左にスルーパスを送る。ボックス手前中央から斜めに走り込んだ中山が左足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に突き刺さった。 試合を折り返すと、2点を追う仙台が反撃。58分、永戸の右CKをニアサイドの蜂須賀が後ろに逸らし、中央で収めたハモン・ロペスがキープから左足でシュートを放つ。しかし、GKカミンスキーの守備範囲に飛んでしまい、キャッチされてしまう。 仙台の攻撃を耐え凌ぎながらリードを保ち続ける磐田は74分、松本のパスに走り込んだ途中出場の大久保がボックス右に侵攻し、右足でシュート。こぼれたボールをアダイウトンがヘディングで押し込もうとするが、どちらもGKシュミット・ダニエルに防がれる。 トドメを刺したい磐田はさらに80分、途中出場のロドリゲスがドリブルから左サイドを駆け上がり、右サイドの大久保にスルーパス。ボックス右に侵攻した大久保はシュートフェイントで相手をかわし、GKシュミット・ダニエルとの一対一を迎えたが、シュートはGKに当たってしまい、ゴールを外れた。 追加点こそ奪えなかった磐田だが、仙台に反撃を許さず、2-0で試合をシャットアウト。磐田が今シーズン3勝目を挙げ、リーグ戦ホーム初勝利を飾った。一方の仙台は連勝を飾ることができなかった。 2019.05.18 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、一時帰国中のFWロドリゲスが再来日

ジュビロ磐田は17日、ルクセンブルク代表FWロドリゲスが16日に再来日したことを発表した。 ロドリゲスは、今月10日に母親が逝去し一時帰国。再来日の予定は未定と発表されていた。 ロドリゲスは今シーズン、モルドバのFCシェリフ・ティラスポリから磐田に加入。今シーズンはここまで公式戦15試合3ゴールを記録。3連敗をストップさせた3日の浦和レッズ戦では決勝ゴールを記録していた。 2019.05.17 10:44 Fri
twitterfacebook
thumb

建英に今季初ゴール! 首位FC東京が磐田破り開幕11戦無敗《J1》

12日に味の素スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第11節のFC東京vsジュビロ磐田は、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 開幕から10試合無敗で首位のFC東京は前節から3名変更となり、室屋が先発復帰。渡辺が2試合ぶりにセンターバックの一角で先発した。一方、シーズン初の連勝を狙う14位の磐田は、前節から1名を変更。帰国中のロドリゲスに代わり、中山がスタメン入りした。 久保の絶妙な縦パスからディエゴ・オリヴェイラにシュートチャンスが巡ってくるなど、立ち上がりから攻守の連動性で試合のイニシアチブを握りにかかったFC東京。それに対して、磐田は後ろからボールを動かしながら攻め手を探る入りをみせる。 そのなかで、シンプルにディエゴ・オリヴェイラと永井を多用し続けたFC東京だが、大井を中心とした磐田の守備ブロック攻略に苦戦。そのまま迎えた後半も磐田の集中した守りを崩し切れず、焦れったい展開が続き、徐々に磐田ペースに流れが傾く。 すると、61分に永井に代えて矢島を投入。続く69分、FC東京は大森に代えてナ・サンホをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。対する磐田は、77分に松本を下げて古巣戦の大久保、81分に中山に代えて小川を立て続けに起用。勝負に出る。 その後もこう着状態が続いたなか、83分についに均衡が破れる。左CKから太田がクロスを上げると、これがDFにクリアされ、ボールがボックス左へ。これに反応して左足ダイレクトで合わせた久保のシュートがゴール右に突き刺さり、FC東京が先制する。 結局、久保のリーグ初ゴールが決勝点となり、FC東京が2試合ぶりの白星。開幕からの連続無敗試合を「11」に伸ばすとともに、首位を堅持した。 2019.05.12 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J1通算250勝で無敗継続か、首位撃破で下位脱出への一歩か…主力不在を乗り越えるのは?《FC東京vs磐田》

明治安田生命J1リーグ第11節が11日から12日にかけて開催。12日の味の素スタジアムでは、首位を走るFC東京(勝ち点24)が、前節に降格圏を脱出した14位のジュビロ磐田(勝ち点9)をホームに迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">無敗継続中のFC東京と前節降格圏脱出の磐田<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">高萩欠場…J1通算250勝で無敗継続か</span>~FC東京~ 未だに無敗を継続する首位・FC東京。前節のガンバ大阪戦では日本代表DF室屋成を欠く中、主導権を握られるも、リーグ最少失点(5失点)の守備陣が集中を切らさず、3試合連続クリーンシートで手堅く勝ち点1をもぎとった。続くミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップのベガルタ仙台戦でもゴールレスドロー。堅守を維持している一方で、2試合連続無得点と攻撃陣の勢いはやや停滞している。そんな中、今節ではここまでリーグ戦全試合に先発していたMF髙萩洋次郎が累積警告により出場停止。バランスの取れた攻守を維持しつつ、11クラブ目となるJ1通算250勝目をホームサポーターの前で挙げられるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">ロドリゲス不在…下位から一歩抜け出せるか</span>~ジュビロ磐田~ 静岡ダービーでの敗戦から3年ぶりのリーグ3連敗を喫した磐田。しかし、前節の浦和レッズ戦では先発に復帰したDF大井健太郎を中心に粘り強い守備を90分間続けると、終了間際に相手のミスから決勝点を奪った。リーグ戦4試合ぶり勝利を飾り、自動降格圏からの脱出にも成功。さらにルヴァンカップでは公式戦連勝と共にグループステージ突破も決めるなど、明るい話題は増えつつある。そうした中で迎える今節だが、前節に決勝弾を決めたFWロドリゲスが家庭の事情により帰国したことで不在。この勢いを止めないためにも首位撃破で自信を掴みたいところだ。リーグ戦連勝を飾り、下位から一歩抜け出せるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:小川諒也、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:久保建英、橋本拳人、東慶悟、ナ・サンホ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>前節、脳震とうで欠場した室屋は今節も引き続き欠場か。累積警告で出場停止となった高萩のボランチの位置には、MF東慶悟が入り、MFナ・サンホがリーグ戦初先発を飾る見込み。主力を欠く中でも勝利を収めることができるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ジュビロ磐田</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains, LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:松本昌也、上原力也、田口泰士、小川大貴 MF:山田大記、大久保嘉人 FW:アダイウトン 監督:名波浩<hr>上述通り、ロドリゲスが欠場。1トップをFWアダイウトンが務め、FW大久保嘉人がツーシャドーの一角に入り、リーグ戦2試合ぶり先発を飾ることを予想する。ロドリゲスが不在の中でも攻撃は機能するのか。真価が問われる一戦となりそうだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">FC東京は高萩、磐田はロドリゲスが不在<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWディエゴ・オリヴェイラ</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div>J1通算250勝での無敗継続に期待がかかるのは、FWディエゴ・オリヴェイラだ。FW永井謙佑との好連携に、MF久保建英のアイデアも加わり、昨シーズンの活躍で周囲からのマークもきつくなる中、J1得点ランクトップタイの7ゴールを記録するエース。3月下旬からはリーグ戦5試合連続ゴールという絶好調ぶりでチームも首位に引き上げた。しかし前節、その連続ゴールもストップ。自身は磐田との直近4戦でノーゴールだが、攻撃陣に陰りが見えつつある中で、再加速できるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWアダイウトン</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、磐田の注目選手は、アダイウトンだ。昨シーズン、大ケガでシーズンの大半を棒に振ったブラジル人アタッカーは今シーズン、開幕から稼働。しかし、ここまでの2ゴールは勝利に結びつけることができていない。昨年はFC東京から1ゴール。今節、不在のロドリゲスの分もと活躍に期待が懸かるが、自身のゴールで首位撃破に導き、チームに自信をもたらすことはできるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆首位チームに試練!? 対磐田直近4戦で無得点未勝利</span> J1通算250勝目で無敗を継続したい首位・FC東京と、首位撃破で下位脱出の一歩を踏み出したい14位・磐田。両者の立ち位置を考えれば、ホームチームに分がありそうだが、直近4試合では磐田が2勝2分け。FC東京はこの4試合でノーゴールに終わっている。 ここ2シーズン、苦手とする磐田を破り、FC東京が首位を突き進むのか。それとも磐田が好相性な相手から大きな勝利をつかむのか。両チームともに主力を欠く中、勝利を飾るのは…。試合は12日(日)の14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">FC東京の無敗継続かか、磐田の下位脱出への一歩か<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.11 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲスが御母堂様のご逝去のため一時帰国

ジュビロ磐田は10日、ルクセンブルク代表FWロドリゲスの一時帰国を発表した。 クラブの発表によると、御母堂様のご逝去のためだという。来日予定については、決まり次第、改めて報告するとのこと。クラブは「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします」とコメントしている。 ロドリゲスは今シーズン、モルドバのFCシェリフ・ティラスポリから磐田に加入。今シーズンはここまで公式戦15試合3ゴールを記録している。 2019.05.10 10:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース