横浜FM退団のMF中町公祐が別れの挨拶…「アフリカからマリノスの成功を強く祈っています! 」2019.02.12 15:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスは12日、2018シーズン限りで退団したMF中町公祐(33)がゼスコ・ユナイテッドFC(ザンビア)に加入したことを発表した。慶應義塾大学出身の中町は2004年に湘南ベルマーレでプロキャリアをスタート後、アビスパ福岡を経て、2012年に横浜F・マリノス入り。Jリーグ通算284試合27得点を誇り、2018年は明治安田生命J1リーグ16試合1得点だった。

また、両者合意の下、2019シーズンの契約を更新をしないことが発表されていた中町は、横浜FMの発表に先駆けて2日に自身インスタグラム(kosuke.machi)上でゼスコ・ユナイテッドFC移籍決定を報告。また、8日には同クラブからの正式なアナウンスが流されていた。

中町は、横浜FMのクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆MF中町公祐
「この度、ザンビアのZESCO UNITED FCに移籍が決まりました。最後の最後、移籍ウインドウが閉まるギリギリまでマリノスのスタッフに尽力して頂きました。アフリカ、ザンビアの地で己と向き合い、人間を磨き、大きくなって皆様にまたお会い出来たらと思います。7年間の感謝と共に、アフリカからマリノスの成功を強く祈っています! 」
コメント
関連ニュース
thumb

7月開催の横浜FMvsシティのタイトルスポンサーが香港のリゾート企業に決定!

今年7月27日に日産スタジアムで行われる「EURO JAPAN CUP 2019」のタイトルスポンサーが、「ギャラクシー・エンターテインメント・グループ」になることが決定した。また、大会正式名称が「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」となることも発表されている。 タイトルスポンサーの「ギャラクシー・エンターテインメント・グループ」は、本社を香港に置く世界有数 のリゾート、ホスピタリティおよびゲーミング企業であり、マカオでリテール、飲食、ホテル、ゲーミング施設を含む統合型リゾー トの開発・運営を行っている。 「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP 2019」は、横浜F・マリノスとプレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが対戦することで、大きな注目を集めている。開場は16:30、キックオフは19:30となっている。 また、17日(水)19時より、チケットぴあにて最速抽選先行受付がスタート。その他、横浜F・マリノストリコロールメンバーズ会員向けに4月23日10:00より横浜F・マリノスホーム側自由席先着先行受付が開始する。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1t64zgnp0164i1nqduvl19qk24" async></script> </div> ◆チケット概要 スペシャルシート (グッズ付き) 指定席/メインスタンド ¥28,000 カテゴリー1 指定席/メインスタンド ¥11,800 カテゴリー2 指定席/バックスタンド ¥10,800 カテゴリー3 指定席 大人/ホーム側2隅 ¥7,500 ファミリーシート 2 人 指定席 大人/ビジター側2隅 ¥10,800 ファミリーシート 3 人 指定席 大人/ビジター側2隅 ¥16,200 ファミリーシート 4 人 指定席 大人/ビジター側2隅 ¥21,600 カテゴリー4 自由席 大人/ホーム ¥5,000 カテゴリー4 自由席 大人/ビジター ¥5,000 カテゴリー4 自由席 小中/ホーム ¥2,500 カテゴリー4 自由席 小中/ビジター ¥2,500 2019.04.18 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑲】横浜で「チームを勝たせる存在」へ。大激戦の2列目の一角を窺う東京世代のアタッカー/三好康児(横浜F・マリノス/FW)

1-1で迎えた後半アディショナルタイム。トリコロールの背番号41をつける小柄なアタッカー・三好康児は自身の力で勝利をもぎ取るべく、右サイドから強引な突破を見せ、思い切り左足を振り抜いた。が、「ちょっと相手が気になって少しミートしなかった」と本人は悔やんだが、GK武田洋平との1対1を決め切れずにタイムアップの笛。13日の名古屋グランパスとの上位対決を制することはできなかった。 昨季の北海道コンサドーレ札幌に続き、今季は横浜F・マリノスに2度目のレンタル移籍に踏み切った三好。札幌ではミハイロ・ペトロヴィッチ監督の信頼を勝ち取り、J1・26試合出場3ゴールという数字を残した。その実績を引っ提げてジュニア時代から在籍する川崎フロンターレへ復帰する道もあったが、本人は「もう一度、外でチャレンジしたい」と横浜FM行きを決断。勝負の2019年を迎えた。そして新天地デビュー戦となった2月23日のガンバ大阪戦でいきなりゴールをゲット。非常に幸先のいいスタートを切ったと思われた。 アンジェ・ポステコグルー監督からも信頼を勝ち得て、そこからコンスタントに先発出場しているが、得点は1のままストップしている。今回の名古屋戦でもインサイドハーフの位置から切れ味鋭いスルーパスをたびたび前線のマルコス・ジュニオールや仲川輝人に送るなど、お膳立ての部分では異彩を放ったものの、自身のシュートは冒頭の1本のみ。 「もう少しゴールに近いところでシュートを打つなり、工夫をしてもいい。開幕戦のゴールはペナ外でしたけど、このチームでゴールまで近づいて行けるチャンスはある。味方としっかり連携を合わせることで決定機を作り出せるだろうし、そこは自分の中でも改善していかないといけない部分だと思います」と本人もゴールに迫る回数や迫力不足を痛感している様子だった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">横浜FMの三好康児に注目!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> それでも、数々の得点チャンスを演出してくれる「三好加入効果」を実感する選手は多い。U-22日本代表で一緒に戦う遠藤渓太も「康児君は前を向くのがすごくうまいし、自分にないものを沢山持ってるからすごい参考になる。今はセンターFWをマルコスがやってますけど、彼や自分、康児君が流動的にプレーして連動することが大事だと思います」とコメントしていた。東京五輪世代の盟友が指摘する通り、前線のコンビネーションが研ぎ澄まされていけば、横浜FMの攻撃力が増し、三好の課題である得点の部分も改善していくはず。現状から一歩前進し、壁を超えられればできれば、来年に迫った自国開催の東京五輪出場はもちろんのこと、日本代表入りも見えてくるはずだ。 2017年U-20ワールドカップ(韓国)をともに戦った1つ下の堂安律(フローニンヘン)がすでに森保一監督率いる日本代表に定着している通り、同世代には優れたアタッカーが少なくない。17歳の久保建英(FC東京)も近未来のA代表入りが噂されているほどだ。同じレフティの小柄なアタッカーで、U-22代表では10番を背負う三好も「彼らに負けていられない」という危機感は非常に強いはずだ。 「国内国外問わず、仲間たちとの競争で自分は高め合っていけると思っています。律が力のある選手だというのは分かっていますし、タケもU-20から一緒にやっていて(その凄さは)今に始まったことではない。ただ、自分には自分の特長があるので、そこを出していくしかない。やっぱり一番大事なのは最後に点を決めるか決めないか。結果に結び付けなければ先はないと思っています」 三好は語気を強めたが、大激戦の2列目アタッカー競争に勝とうと思うなら、本当にゴールという数字を残すことにこだわるしかない。すでに森保ジャパンの主軸にとなっているリオ・デ・ジャネイロ五輪世代の中島翔哉(アル・ドゥハイル)や南野拓実(ザルツブルク)、さらに年長の2018年ロシア・ワールドカップ組の香川真司(ベシクタシュ)、乾貴士(アラベス)、原口元気(ハノーファー)らもいるだけに、先輩たちを押しのけて台頭するためには傑出した実績がどうしてもほしい。22歳という年齢を考えると決して若いとは言えないだけに、三好はここから一気に勝負をかけるべきだ。 「五輪に出ることが自分の目標じゃないですし、小さい頃からA代表として大会に出ることが目標だった。それは今も変わっていないし、先も変わることはないです。マリノスでしっかり結果を残さなければ、五輪もA代表も見えてこない。『自分がチームを勝たせなければいけない』という思いはもちろん強く持っています」 名門・マリノスで勝利請負人としての役割を果たし、10年以上遠ざかっているJリーグタイトルを引き寄せる原動力になれれば、彼を取り巻く環境も劇的に変化する。そういった勢いを見せられるか否か。札幌に続く2度目のレンタル先で着実に進化する三好康児には大きな期待が寄せられる。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">横浜FMの三好康児に注目!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.04.17 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMに痛手…名古屋戦好守連発のGK朴一圭が右眼窩内側壁骨折で全治約3週間

横浜F・マリノスは15日、GK朴一圭(パク・イルギュ)が右眼窩内側壁骨折と診断されたことを発表した。全治は約3週間の見込み。 朴は13日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節の名古屋グランパス戦(1-1でドロー)で負傷した。 2018年12月にFC琉球から横浜FMに加入した朴。3月29日の明治安田生命J1リーグ第5節のサガン鳥栖戦で移籍後リーグ戦初先発を飾ると、3試合連続で出場していた。なお、YBCルヴァンカップには2試合出場している。 2019.04.15 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョーのPK先制弾にM・ジュニオール2戦連発弾! 横浜FMと名古屋の上位対決、譲らずのドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節の横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが13日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 5位・横浜FM(勝ち点11)は、3-0で勝利した前節の浦和レッズ戦からスタメンを1人変更。ケガのエジガル・ジュニオに代わって、遠藤がスタメンに入った。 一方、3位・名古屋(勝ち点12)は、1-2で逆転負けを喫した鹿島アントラーズ戦と同じスタメンをピッチに送り込んだ。 試合は名古屋がいきなり決定機を迎える。4分、長谷川のスルーパスに反応したジョーがボックス左でボールを拾う。ゴール前の長谷川とのワンツーからジョーが狙ったが、GK朴に防がれた。 名古屋は続く7分にもチャンス。ボックス右で宮原が相手に倒されPKを獲得。キッカーのジョーがゴール左に突き刺し、先制に成功する。 早くも1点を追いかける展開となった横浜Fは11分、後方からのパスを受けたマルコス・ジュニオールがシュートを放つが、DFにブロックされる。だが、ボックス右でルーズボールを拾った松原が切り返して左足でシュートを放つ。カーブをかけて狙ったが、左ポストに嫌われた。 横浜FMは20分にカウンターを炸裂させる。ハーフウェイライン付近中央から三好がバイタルエリア右のスペースへスルーパス。このパスに追いついた仲川が折り返すと、並走していたマルコス・ジュニオールがボックス中央から流し込み、同点に追いつく。 同点に追いつかれた名古屋にアクシデント。29分、遠藤と接触したGKランゲラックが立ち上がることができず、担架で運ばれGK武田との交代を余儀なくされる。 守護神を失った名古屋は39分、敵陣中央でシミッチがボールを奪取すると、すぐさまボックス中央へパス。ボールを受けたジョーが敵を引き付けボックス左にパス送ると、ガブリエル・シャビエルがトラップで相手の逆を付きシュートを狙ったが、わずかに外れた。 逆転を目指す横浜FMは62分、バイタルエリア左でFKを獲得。キッカーのマルコス・ジュニオールが右足で狙ったが、わずかにもゴール左に外れてしまう。さらに77分には、ボックス中央手前でボールを受けたマルコス・ジュニオールが左足でコントロールショットを放つが、GK武田に阻まれた。 後半に入り見せ場の少ない名古屋は84分、長谷川のスルーパスに抜け出したジョーがボックス中央からアウトサイドでシュートを放つ。しかし、GK朴のビッグセーブに遭い、決められない。 試合終了間際の後半アディショナルタイム5分には、横浜FMがカウンターから三好がボックス中央手前からシュートを打つも、GK武田の正面でキャッチされた。試合は結局このまま1-1で終了。両者痛み分けとなった。 2019.04.13 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】至高の攻撃サッカー、相手より多くゴールを奪うのは《横浜FMvs名古屋》

13日、明治安田生命J1リーグ第7節の横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが日産スタジアムで行われる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆攻撃に特徴の上位対決</span> ここまで3勝2分け1敗で5位につける横浜FMと4勝2敗で3位につける名古屋の対決。勝ち点差2の上位対決は、攻撃に特徴のある両チームが相対する。 横浜FMはここまで「10」ゴールを記録しリーグ3位タイ、名古屋はここまで「14」ゴールでリーグトップだ。 破壊力抜群の両チーム、攻撃で主導権を握るのはどちらか。打ち合いの可能性も低くはない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">超攻撃サッカーが見られる!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆核を失うもユニットで仕掛ける</span>~横浜F・マリノス~ 前節の浦和レッズ戦は、アウェイでの対決ながら0-3と快勝。しかし、今季3得点を記録していたFWエジガル・ジュニオが負傷交代し、全治4週間と診断された。 3トップの中央を務めていた得点源の離脱、さらに今季加入の李忠成も離脱中とあり、センターフォワードが不在となったものの、“クリリン”ことマルコス・ジュニオールが浦和戦で躍動した。 アンジェ・ポステコグルー監督の下、攻撃サッカーへの転換を図り今シーズンは2年目。選手が入れ替わりながらも、昨シーズンよりも流動性が増しており、フィニッシュワークが全てとなるだろう。 今シーズンの名古屋は攻撃だけでなく守備も安定感を見せており、エジガル・ジュニオが抜けたからこそ、前線のユニット攻撃で打ち勝ちたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆打ち合い上等、カギはバランス</span>~名古屋グランパス~ 対する名古屋は前節の鹿島アントラーズで2-1と敗戦。開幕3連勝も、上位の2クラブ相手には勝てていないのが現状だ。 打ち勝つサッカーにおいて、試合をコントロールされることが一番の天敵。敗れたFC東京、鹿島には、うまくいなされてしまった印象だ。 自分たちが攻撃で主導権を握り、ゲームをコントロールしながら追加点を狙いに行くことが一番勝率が高い形だろう。 また、ここ2試合は最前線でプレーしている長谷川アーリアジャスールは古巣対決。強力な攻撃陣への繋ぎ役として、また得意とするボックス付近でのプレーで古巣の守備陣を崩壊に導けるかにも注目だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190413preview_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:朴一圭 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、広瀬陸斗 MF:三好康児、喜田拓也、天野純 FW:仲川輝人、マルコス・ジュニオール、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>このまま上位進出を目指す横浜FMは、同じメンバーを起用すると予想。変更点は負傷したエジガル・ジュニオのポジションだろう。本職選手が不在となったため、マルコス・ジュニオールがスライドで中央に入り、左ウイングには遠藤渓太が入ると予想。浦和戦の途中から見せた形で、連勝を目指す。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆名古屋グランパス</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190413preview_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:ガブリエル・シャビエル、米本拓司、ジョアン・シミッチ、和泉竜司 FW:長谷川アーリアジャスール、ジョー 監督:風間八宏<hr>名古屋も同じメンバーを起用してくると予想。攻撃的なサッカーを真っ向から勝負することは間違いない。サイドバックの上がりを制するのがどちらなのか。ボランチの2人のゲームコントロールもモノを言うはずだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">注目の横浜FMvs名古屋!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FW仲川輝人</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190413preview_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>ホーム、横浜FMの注目選手はFW仲川輝人をピックアップしたい。センターフォワードに入ると予想されるマルコス・ジュニオールも注目だが、共に攻撃ユニットを形成する仲川に注目。浦和戦でも右ウイングのポジションから攻撃陣をけん引。アシストもさることながら、自身で決めきる力もあるだけに、得点源となる活躍も期待したい。インサイドハーフの天野、三好との連携で裏をとる動きも可能なだけに、チャンスメイク、フィニッシャーとして日産スタジアムに笑顔をもたらせるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF米本拓司</span>(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190413preview_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>対する名古屋の注目選手は、MF米本拓司だ。前線の選手の活躍にはもちろん注目だが、ゲームコントロールが課題のチームにおいて、その役割を担う米本の働きがカギを握るだろう。中盤のフィルター役としてプレーする米本だが、本来の持ち味はリンクマンとしての働き。形を変えて攻撃を仕掛けてくる横浜FMの攻撃の芽をしっかりと摘むことができるか、そして、ジョアン・シミッチとのバランスを保てるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆注目は2点目</span> 攻撃的なサッカーに注目が集まる試合だが、ポイントは2点目がどちらに入るかだ。 先制点がどちらに入るかが注目を集めることが多いが、この両チームにおいては2点目が入ることが重要となる。 横浜FMは守備面で周到な対策を用意してきた2チームに苦しみ、名古屋はしたたかにゲームをコントロールする2チームに苦しんだ。つまり、自分たちと真っ向から打ち合うチームには結果を残せているということになる。 1点を奪うことは既定路線とも言え、いかに2点目を奪うか。逆転という試合展開も大いにあり得るだけに、どちらが2点目を奪うかに注目だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">サタデーナイトの攻撃祭り!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.04.13 13:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース