バルサ、ヨビッチ獲得で個人合意か 現地紙報道2019.02.12 10:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)との個人合意に至ったようだ。ドイツのフランクフルト地元紙『Frankfurter Allgemeine』の報道を基に、スペイン『マルカ』が報じた。

セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはリーグ戦22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンはここまでブンデス19試合に出場し14ゴール4アシストとブレイク中だ。

その注目株の将来に関しては、レアル・マドリーやバイエルンなどからの関心が取り沙汰されている。また、フランクフルトが600万~1200万ユーロ(約7億5000万円~約15億円)の買い取りオプションを手にしていることも伝えられており、争奪戦の行方が見守られていた。

今回の報道によれば、先に挙げたクラブ同様に熱視線を浴びせていたバルセロナが、個人合意に至ったとのこと。しかし、フランクフルトとのクラブ間合意には至っておらず、移籍金は5000万ユーロ(約62億円)にまで跳ね上がる可能性があるようだ。

昨夏にFWパコ・アルカセルをドルトムントへ、今冬にFWムニル・エル・ハダディをセビージャへ放出したバルセロナは、FWルイス・スアレスの後継者を探している。今冬にはケヴィン・プリンス・ボアテングを獲得したが、持続的なオプションとは見ておらず、若くして輝きを放つヨビッチに白羽の矢を立てたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「Rakuten Cup」の発表会見に登場したアビダル氏、イニエスタら所属の神戸は「我々にとっても意義深い」

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の発表記者会見が行われた。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 記者会見に登壇した元バルセロナの選手で、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が今回の来日についてコメント。Rakuten Cupを楽しみにしていると共に、バルセロナのフィロソフィーを日本に伝えたいと語った。 ◆エリック・アビダル氏(FCバルセロナ) 「こんばんは。我々のパートナーである楽天様とともに、FCバルセロナジャパンツアー2019の発表をできることを大変嬉しく思います」 「楽天とのパートナー関係は2年前にスタートしました。サッカーだけのパートナーではありません。私たちにとっては共通の価値観である、敬意、チームワーク、そして野心を秘めた関係性です」 「今年の夏、チェルシー、そしてヴィッセル神戸と素晴らしい試合をできることを期待しています。プレシーズンにおいて、このような大きなチームとの対戦というのは非常に重要なことです。チャンピオンズリーグで活躍をしていく上でも非常に重要です」 「チェルシーとの試合は、非常に重要でありますし、ヴィッセルとの試合は元FCバルセロナの選手3名が現在ヴィッセルに所属しています。我々のプレーの仕方、哲学をよく理解している選手がヴィッセルに居るということは、我々にとっても意義深いことです」 「おそらく、日本のチームにバルサウェイを伝えて、ユースチームやアカデミーにとっても、バルサのプレーの仕方を伝えていくという一環でしょう。バルセロナは楽天とのパートナーシップを通じて、我々のスタイルを日本に伝えたいと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190418_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div> 「また、日本というのは、我々にとって、すでに家のようなものです。すでに4つのアカデミーを持っているからです。全てのアカデミーでのコーチは、バルセロナで教育を受けています。ローカルコーチ、日本のコーチにバルセロナでの哲学、プレースタイルを伝えることによって、我々にとって日本にいるファンのみなさまと近づき、バルセロナの経験、価値観を体験していただきたいと思います」 「そして、楽天の皆さんには心から感謝したいと思います。我々のこのコラボレーションに大きな貢献をいただき、ここ日本に来日する機会を与えてくださってありがとうございます。2015年以来の来日となります。2019年夏、東京で神戸で皆さんと会えることを楽しみにしています」 2019.04.18 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、メッシの止め方に「全員で対応する」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、バルセロナ戦について言及している。イギリス『メトロ』が伝えている。 リバプールは17日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦。1stレグを2-0で勝利したリバプールは、序盤こそ相手の圧力に押し込まれたが、26分にFWサディオ・マネのゴールで先制すると、65分にFWモハメド・サラーが追加点を奪う。その後、ポルトに1点を返されたが、途中出場のFWロベルト・フィルミノ、ファン・ダイクにもゴールが生まれ、4-1で勝利。2戦合計スコア6-1で準決勝進出を決めた。 この結果、準決勝でバルセロナとの対戦が決定。守備の要であるファン・ダイクはベスト4進出を喜ぶとともに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの抑え方についても言及した。 「分からない。分かっているのは僕たちにとって素晴らしい対決になるということだ」 「再びセミファイナルに進出できてとても嬉しい。僕が言えるのはそれだけだよ」 「(メッシの止め方は)全員でやることだね。一対一の勝負ではないし、特定のストライカーだけを見ることはしない。僕たち全員で対応することであり、これが唯一上手く守る方法だね」 「難しいだろうね。僕は彼が世界最高のプレーヤーだと思っているけど、まぁ見ててよ」 2019.04.18 20:06 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがチェルシー、ヴィッセル神戸と「Rakuten Cup」で7月に日本で対戦

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の開催概要が発表。バルセロナ、ヴィッセル神戸、チェルシーが参加することを発表した。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4に勝ち上がっているバルセロナと、ヨーロッパリーグでベスト8に勝ち上がっているチェルシーが日本で対戦するのは初めてのこと。また、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは神戸の選手として初めてバルセロナと対戦することとなる。 記者会見には、楽天株式会社の代表取締役兼社長であり、ヴィッセル神戸のオーナーである三木谷浩史氏、また現役時代はバルセロナやフランス代表として活躍し、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が登壇。また、チェルシーのブルース・バック会長はビデオメッセージでコメントした。 2019.04.18 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、準決勝進出に安堵「戻って来られて満足」

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナ16日に、ホームで行われたCL準々決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッド対戦。入りこそ苦戦を強いられたが、16分と20分にFWリオネル・メッシが立て続けにゴールを奪うと、61分にはMFフィリペ・コウチーニョのゴールが決まり、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めた。 これでバルセロナは3シーズンぶりの準決勝進出。ブスケッツは「ネガティブではなかった」と語る。 「僕たちは3年間準決勝に行くことができなかった。だけど、ネガティブな考えはなかったよ。良い結果が出ると分かっていたからね」 「セミファイナルに戻って来られたことには満足している。だけど、僕たちはこれを続けなければならない」 また、2得点を奪ったFWリオネル・メッシにも賛辞を送っている。 「メッシは全てのレコ―ドを所有している。世界一だね」 2019.04.17 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、ユナイテッド撃破に「完璧だった」

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、準決勝進出を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えている。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナ16日に、ホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッド対戦。入りこそ苦戦を強いられたが、16分と20分にFWリオネル・メッシが立て続けにゴールを奪うと、61分にはフィリペ・コウチーニョのゴールが決まり、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めた。 4年ぶりの準決勝進出を決めたバルセロナのバルベルデ監督は、メッシを称賛するとともに喜びを語っている。 「メッシはいつもチャンスに顔を出す。ちょっとだけでなくゲーム全体でね」 「彼はスコアラーだが、それだけでなく攻撃の面でも重要な存在だ」 「それが我々のやり方だ。良い時もあれば悪い時もある」 「準々決勝の1stレグと2ndレグはとても完璧だった。最初はいくつかの問題があったが、その後は素晴らしかった」 2019.04.17 14:54 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース