琉球退団のMF朴利基が高知ユナイテッドSCに移籍2019.02.12 09:38 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
FC琉球は12日、契約を満了していたMF朴利基(26)が高知ユナイテッドSC(四国サッカーリーグ)に移籍することを発表した。朴は2015年に朝鮮大学校から琉球に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで18試合2得点を記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

昨季琉球退団のGK大野敬介、新天地はアルテリーヴォ和歌山に

FC琉球は15日、昨シーズン限りで退団したGK大野敬介(24)の移籍先が関西1部リーグのアルテリーヴォ和歌山に決定したことを発表した。 大野は2018年に関東1部リーグのブリオベッカ浦安から琉球に入団。しかし、昨シーズンは出番がなく、シーズン終了後に退団していた。 和歌山への加入が決定した大野は、同クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「はじめまして。今季、FC琉球から加入することになりました大野敬介です! 和歌山の地でサッカーをするのは初めてなので、とても楽しみです! 今年はJFLへ昇格することを目標とし日々努力して参りますので、皆様熱いご声援よろしくお願いします!!」 2019.03.15 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、好調・FC琉球からJ3優勝&J2昇格の立役者MF中川風希を獲得 昨季J3で16G10A

横浜F・マリノスは15日、FC琉球からMF中川風希(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 中川は関東学院大学卒業後、スペイン5部のバジェカスに入団。その後、スペイン4部のベティス・サン・イシドロを経て、2017年8月に当時J3だった琉球へ。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで32試合16ゴール10アシストを記録。リーグ最多の70得点を誇る攻撃陣をけん引する存在として、クラブ初のJ3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンもここまでJ2リーグで3試合4アシストを記録し、チームの開幕3連勝の力になっている。 横浜FMへの完全移籍が決定した中川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC琉球 「どんなときでもどんな天候でもいつも熱い応援ありがとうございます。自分をプロサッカー選手としてプレーさせてくれて、2、3年前の自分の立場では想像できないぐらいの貴重な経験をさせてくれたFC琉球にはとても感謝しています。J3優勝は一生の思い出です」 「今回シーズン途中での移籍をすることになりました。チームも3連勝と調子のいい中での移籍ということでいろいろ考えることもありましたが自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く移籍を決断させてもらいました。移籍先の横浜F・マリノスで活躍できるように頑張りますのでこれからも応援してくれたら嬉しいです。ほんとに今までありがとうございました!」 ◆横浜F・マリノス 「この度横浜F・マリノスに加入することになりました中川風希です。小さい頃から憧れていたJ1の舞台でプレーするチャンスを与えてくれた横浜F・マリノスに感謝します。少しでもチームの勝利、タイトル獲得に貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2019.03.15 10:29 Fri
twitterfacebook
thumb

琉球退団のMF高柳昌賢、新天地は沖縄SV

FC琉球は21日、MF高柳昌賢(24)が九州サッカーリーグ1部の沖縄SVに完全移籍することを発表した。 韓国出身の高柳は2015年に聞慶大学から鳥取へ入団し、関東サッカーリーグ1部にVONDS市原を経て、2018年から琉球に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに3試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で退団した。 2019.02.21 19:41 Thu
twitterfacebook
thumb

FC琉球、DF福井凛音がU-18から昇格「子供達の目標となる選手になりたい」

FC琉球は20日、U-18チームのDF福井凛音(18)が2019シーズンからトップチームに昇格することを発表した。 沖縄県宜野湾市出身の福井は、U-18年代から琉球の下部組織に入団。今回の昇格に際し、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF福井凛音 「この度、FC琉球U18からトップチームに昇格しました。福井凜音です。今回、地元沖縄でプレーを出来ることにとても感謝しています。プロとしての責任を持ち子供達の目標となる選手になりたいです。今まで支えてくださった家族、監督、コーチにプレーで恩返ししたいです。全力でプレーしチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします! 」 2019.02.20 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季琉球退団の元日本代表FW播戸竜二、フリーランス転身を宣言!「引退はしません!生涯現役です!」

昨シーズン限りでFC琉球を退団した元日本代表FW播戸竜二(39)が、自身のSNSでフリーランスへの転身を発表した。 北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二やSC相模原の元日本代表MF稲本潤一らと共に黄金世代の一人である播戸は琴丘高校卒業後、1998年にガンバ大阪へ練習生として入団。2000年に札幌へ期限付き移籍で加入すると、主力としてJ1昇格に貢献した。 2002年には地元のヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入。翌年に完全移籍を果たし、2004年にはJ1リーグで17得点を挙げ、得点ランキング3位に。2006年にG大阪に復帰すると、6試合連続ゴールなどセンセーショナルな活躍を披露し、日本代表にも初選出。その後、徐々に先発回数が減少したが、持ち前の勝負強さでスーパーサブとして活躍し、在籍期間で2度の天皇杯優勝やAFCチャンピオンズリーグ、国内カップ制覇に貢献した。 2010年にG大阪を退団して以降は、セレッソ大阪、サガン鳥栖、大宮アルディージャ、FC琉球でプレー。昨シーズンは、明治安田生命J3リーグ19試合に出場して2ゴールを記録したが、昨年12月に契約満了が発表された。 現在、未所属となっている播戸は1日、自身のインスタグラム(ryuji_bando)を更新。サッカー選手として一度、休憩することを明かし、フリーランスとして活動することを明かした。また、現役引退ではないことを強調し、生涯現役であると宣言している。 『次のステージへ』 「2019年2月1日。播戸竜二は、新しいステージにチャレンジします!」 「サッカーを始めて30年。プロ生活が21年。1月31日の契約満了をもって、次のステージに向かう事を決心しました!」 「っていうカッコいい話ではなく、自分を必要としてくれるチームがありませんでした。(笑) 今年はね!」 「だから、次のステージに行き、いろいろな勉強をしながら、いろいろな仕事をして、新しいオファーを待ちます!」 「年々、サッカー以外の仕事への興味が大きくなってきていましたが、必要としてくれるクラブや地域があり、自分自身もサッカー選手を続けたいと思っていました」 「オファーがある限り、サッカー選手を続けたい! その気持ちしかありませんでした!」 「でも、今回オファーが無くなったので、サッカー選手は一旦休憩して、次のステージに行きます!」 「引退はしません! 一旦休憩するだけです! 休止でもなく、休憩です! 生涯現役です!」 「これからは、『播戸竜二』という1人の人間になり、フリーランスとして、いろいろなお仕事にチャレンジしていきます!」 「皆さん、フリーランス播戸竜二をよろしくお願いします!」 2019.02.01 03:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース