乾デビューのアラベスが公式戦5試合ぶりの勝利を飾る!《リーガエスパニョーラ》2019.02.12 07:09 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
MF乾貴士の所属するアラベスは11日、リーガエスパニョーラ第23節でレバンテと対戦し、2-0で勝利した。乾は88分までプレー。リーグ戦3連敗中の7位アラベスが、ホームに14位のレバンテを迎えた一戦。前節のレアル・マドリー戦で完敗を喫したアラベスは、その試合から先発を3人変更。今冬にベティスから加入し、アジアカップ2019に参加していたため合流の遅れた日本代表MF乾貴士がデビューを飾った。

3トップの右に乾を配置した[4-3-3]で試合に臨んだアラベスは、16分に決定機。ジョニーの右クロスをゴール前のカジェリがヘディングシュート。クロスバーに当たったセカンドボールを乾が頭でプッシュしたが、ボールは枠の右に逸れた。

チャンスを逃したアラベスだが23分、ジョニーの右CKをファーサイドのラグアルディアがヘディングで叩き込み、先制に成功。さらに37分には、セットプレーのセカンドボールを左サイドで拾った乾のクロスからラグアルディアがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。

後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、アラベスは72分に相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、右サイドを持ちあがった乾が相手GKの位置を確認しロングシュートを狙ったが、キックミスとなったボールはゴール右に大きく外れた。

膠着状態が続く中、レガネスは88分に乾を下げてディエゴ・ロランを投入。ピッチを離れる乾には観客から大きな拍手が送られた。すると試合終了間際の93分、相手ボックス手前からハイプレスをかけると、ドゥクレのパスミスを奪ったジョニーが相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのままタイムアップ。アラベスは、乾のデビュー戦で公式戦5試合ぶりの勝利を飾り、多くのサポーターと喜びを分かち合った。
コメント
関連ニュース
thumb

乾vsウー・レイの日中対決実現! アラベス、エスパニョールに敗れEL権争いからさらに後退《リーガエスパニューラ》

日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは13日、敵地でリーガエスパニューラ第32節のエスパニョール戦に臨み、1-2で落とした。 勝ち点1差でEL出場圏の6位バレンシアを追うアラベスは乾が3試合連続のスタメン入り。中国代表FWウー・レイを先発起用してきた13位のエスパニョールから4試合ぶりの白星を目指した。 エスパニョールが立ち上がりからボールの主導権を握った試合は、アラベスが守勢の展開に。16分に右CKからボルハ・イグレシアスにゴールネットを揺らされたが、オフサイドの判定に助けられ、事なきを得る。 だが、アラベスは耐え凌げない。19分、メレンドのスルーパスに反応したペドロサが左サイドの最終ライン背後を抜け出して、相手のマークも突破。ボックス左から右足シュートを決め、エスパニョールが先制する。 リードを許したアラベスは26分、右サイドからボックス右にドリブルを仕掛けた乾が積極的にゴールを狙っていき、反撃の急先鋒に。28分にロサレスの負傷交代に見舞われた相手を徐々に攻め立て始める。 ところが、無得点で後半に入ったアラベスは早々に2失点目。ボックス右のボルハ・イグレシアスがゴール正面のウー・レイにクロスを試みると、これがラグアルディアのオウンゴールを誘い、エスパニョールが突き放す。 出鼻を挫かれたアラベスだったが、56分に左サイドのジョニーが左足クロスに最終ラインの背後を抜け出す動きを見せたカレリが反応。VAR判定に引っかかったが、得点が無事に認められ、1点差に詰め寄る。 その後、エスパニョールが64分にウー・レイをベンチに下げると、アラベスも79分に2枚替えに動き、その1枠で乾もお役御免。結局、アラベスは最後までエスパニョールに追いつけず、4試合白星なしの結果に終わった。 2019.04.13 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

躍進アラベスがDFドゥアルテと2023年まで契約延長

アラベスは10日、元U-21スペイン代表DFルベン・ドゥアルテ(23)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなっている。 ドゥアルテは、エスパニョールの下部組織出身で、2015年7月にトップチームへと昇格。2017年7月にアラベスへ完全移籍で加入した。 エスパニョール時代は公式戦45試合に出場。アラベスでは、加入1年目の昨シーズンはリーガエスパニョーラで24試合に出場していた。 今シーズンは上位争いをするチームにおいて、リーガエスパニョーラで28試合に出場し、チームの躍進に一役買っている。残り7試合で欧州カップ戦の出場権獲得を目指すチームの力になれるのか注目だ。 2019.04.11 09:47 Thu
twitterfacebook
thumb

乾先発のアラベス、カジェリ弾で先制も最終盤被弾で勝利逸…EL圏内迫れず《リーガエスパニョーラ》

日本代表MF乾貴士の所属するアラベスは7日、リーガエスパニョーラ第31節でレガネスをホームに迎え、1-1で引き分けた。乾は先発して78分までプレーした。 ヨーロッパリーグ(EL)やチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争う連敗中の暫定7位アラベス(勝ち点44)が、連勝中の暫定12位レガネス(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。乾は、2試合連続でのスタメン出場を果たした。 14分、好調のレガネスが試合最初のチャンスを手にする。しかし、絶妙なタイミングで飛び出したサビンとのボックス内での一対一の場面でGKパチェコがファインセーブ。こぼれ球を拾ったエラソが素早くシュートを放ったが、ここでもGKパチェコがゴールを死守した。 すると18分、守護神の奮起に攻撃陣が応える。カジェリがボックス内でボールを持つと、DFブスティンサに倒されてPKを獲得。これを自ら沈め、アラベスが貴重な先制点を手にする。 リードを得たアラベスはここからペースダウン。両クラブ共にシュートまで持ち込む場面が減少し、1-0のスコアで試合を折り返すこととなった。 後半に入っても、大勢はあまり変わらず。カウンターを狙うアラベスに対して、レガネスが比較的ボールを持つ時間を増加させていくがなかなかシュートまでは至らない。 後半半ばからは、大胆にポジションを移動するジョニーが乾と連携しつつ幾度か右サイドを攻め上がるが、決定的な場面を作り出すことはできない。それでも徐々にアラベスの攻勢が目立ち始め、レガネスは69分にDFブスティンサに代えてFWアルナイスを送り出す。 対するアラベスは、75分にFWボルハに代えてMFワカソを送り出して中盤により厚みを持たせる。また、豊富な運動量でサイドのスペースをカバーしていた乾も79分にトゥマシとの交代でピッチを退き、アラベスは試合の締めに入る。 しかし、試合終了間際の93分、左サイド深い位置でボールを持ったホナタン・シルバが左足でクロスを上げると、無回転気味のボールがサイドネットに突き刺さる。土壇場でレガネスが同点弾を沈めた。 試合は直後に終了。この結果、アラベスは連敗こそ「2」で止めたものの、掴みかけた勝利を逃すことに。EL出場権獲得に向けて暗雲が漂っている。 2019.04.07 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

サラビアが1G1Aのセビージャが乾先発のアラベスに快勝!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第30節、セビージャvsアラベスが4日にサンチェス・ピスファンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。なお、アラベスのMF乾貴士は67分までプレーしている。 トップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う7位のセビージャ(勝ち点43)と、5位のアラベス(勝ち点44)による直接対決。前節、バレンシアに競り負けたセビージャはバネガを出場停止、メルカドをケガで欠く中でロケ・メサ、ヘスス・ナバスを代役に立て、前線はムニルとベン・イェデルのコンビを採用した。 一方、アトレティコ・マドリーに0-4の大敗を喫したアラベスは、前節ベンチスタートとなった乾を先発に戻すなど若干のメンバー変更を施して敵地に乗り込んだ。 共に中盤をフラットにした[4-4-2]の布陣で向かい合った中、立ち上がりはホームのセビージャがペースを握っていく。開始5分過ぎにムニル、フランコ・バスケスのシュートで相手ゴールに迫ると、その後はボールを支配しながらサイドの深い位置を取ってイェデルやサラビアが攻撃にアクセントを加えていく。 一方、押し込まれる状況が続くアラベスはカウンターを主体にチャンスを窺う。33分にはゴール前でこぼれ球に反応したカジェリに決定機も、ここはシュートを逡巡した結果、機を逃して相手GKのセーブに遭う。 セビージャペースも0-0のスコアが続く中、41分にホームチームが先制点を奪う。乾の自陣でのクリアを左サイドで拾ったエスクデロからのクロスをファーで拾ったサラビアが丁寧に落とすと、これを走り込んできたロケ・メサが右足のダイレクトシュートでゴール左上隅に突き刺した。 セビージャの1点リードで折り返した試合も前半と大きく展開は変わらない。セビージャがボールの主導権を握って押し込む中、53分にはサラビアの右クロスにニアで反応したイェデルが頭で合わすが、これはGKの好守に遭う。 何とか2失点目こそ凌ぐものの、苦境が続くアラベスは67分にやや精彩を欠いた乾を下げてトゥマシを投入。さらに75分にはピナとカジェリを下げてグイデッティ、ブラサナツの同時投入で勝負に出る。 しかし、後半も先にゴールを奪ったのはセビージャ。80分、相手陣内左サイドでボールを奪い切ってカウンターに転じると、中央でタメを作ったイェデルからのラストパスに抜け出したサラビアがボックス右から冷静にシュートを流し込み、試合を決定づける2点目とした。 これでアラベスの心を完全に折ったセビージャが2-0のまま試合をクローズ。サラビアの1ゴール1アシストの活躍で快勝のセビージャが6位に浮上した。一方、2試合連続無得点で完敗のアラベスは7位に転落した。 2019.04.05 04:36 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコが今季最多の4ゴール! 乾途中出場のアラベスを粉砕《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第29節、アラベスvsアトレティコ・マドリーがが30日に行われ、アトレティコが4-0で勝利した。 2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点56)と、5位のアラベス(勝ち点44)による上位対決。リーグ戦直近の6試合で3勝3分けと好調のアラベスは、2週間前となる前節はウエスカに3-1で快勝。フル出場した乾は今日はベンチスタートとなった。 一方、アトレティコは前節ビルバオに敗れ、バルセロナのリーグ優勝がほぼ決定的に。それでも僅かな可能性を残して挑む今節は、前節同様にグリーズマン、モラタ、ジエゴ・コスタが3トップを組み、左サイドバックにフィリペ・ルイスがリーグ戦3試合ぶりにケガから復帰した。 試合は早々に動く。前線が流動的に動いてチャンスを生むアトレティコは5分、ペナルティアーク付近のグリーズマンからボックス左のサウールにパスが渡ると、サウールはGKの股を抜くシュートを流し込んでネットを揺らした、 さらにアトレティコは11分、左サイドからパスを繋いでボックス手前でボールを持ったジエゴ・コスタが、そこから吸い込まれるようなコントロールシュートを放ち、リードを2点に広げた。 開始10分余りで2点のビハインドを負ったアラベス。少しでも早く点を取り返そうと攻勢を強める。23分に右サイドのクロスをファーで受けたブラサナツがボックス左でフリーに。中に切り込んで右足でシュートを放ったが、ホセ・ヒメネスのブロックに遭ってしまう。28分には、CKの流れからジョニーが入れ直したクロスをピナがヘディングシュート。枠を捉えていたが、サウールが頭で撥ね返した。 アトレティコは後半、ジエゴ・コスタが前半終盤に負傷したため、レマルを投入。対して、アラベスは58分、ブラサナツを下げて乾をピッチへ。ブラサナツの板右サイドへそのまま入った。 するとこの交代が互いの明暗を分ける。59分、乾の右サイドのコンビネーションミスからボールを奪われたアラベス。片やボールを奪ったアトレティコはすぐさまカウンターに転じ、ピッチ中央のレマルからオフサイドラインギリギリで裏に抜けたモラタにスルーパス。GKと一対一になったモラタはそのまま流し込み、アトレティコが試合を決定づける3点目を奪った。 こうなると、リーグ最少失点のアトレティコから得点するのは至難の業。逆に 84分にはトーマスにジエゴ・コスタと同じようなシュートを決められ万事休す。 今季最多の4得点を奪ったアトレティコがアラベスを粉砕。公式戦では3試合ぶりの勝利となった。 2019.03.31 06:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース