ユベントスがラムジーの来季加入を発表! 2023年までの4年契約を締結2019.02.12 04:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは11日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

なお、加入時期はアーセナルとの契約満了を迎える2019年7月1日以降となり、2023年6月30日までの4年契約となる。

カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍。その後、在籍11シーズンで公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録するなど、3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献。今季もここまでプレミアリーグ22試合に出場し3ゴール6アシストを記録していた。

また、代表キャリアにおいては2008年にA代表デビューして以来、通算58試合に出場し14ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、ラムジー後釜はブンデスから?

アーセナルが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してイギリス『90min』が伝えている。 2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。今シーズンのブンデスリーガでは22試合で4ゴール6アシストを記録している。 そんなデミルバイにアーセナルが関心を示しているようだ。同クラブでは既にウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのユベントス移籍が内定しており、現在はその後釜を探しているところだ。だが、トルコにルーツを持つデミルバイには、ガラタサライとベシクタシュも注視しているという。 記事によると、デミルバイの契約解除金は2000万ユーロ~3000万ユーロ(約25億円~約37億円)に設定されているようだ。アーセナルは他にも、マインツのコートジボワール代表MFジーン=フィリップ・グバミン(23)にも関心を示しているとのことだ。 2019.04.18 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】崖っぷちナポリ&長谷部フランクの逆転は? 4強懸けた運命の第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグが18日に開催される。優勝候補同士の直接対決となるナポリvsアーセナルを含め白熱の4試合の展望を紹介していく。 ◆準々決勝2ndレグ◆ ▽4/18(木) 《28:00》 ナポリ vs アーセナル フランクフルト vs ベンフィカ チェルシー vs スラビア・プラハ バレンシア vs ビジャレアル ◆準々決勝1stレグ結果◆ ▽4/11(木) アーセナル 2-0 ナポリ ベンフィカ 4-2 フランクフルト スラビア・プラハ 0-1 チェルシー ビジャレアル 1-3 バレンシア ★逃げ切りか逆転か~ナポリvsアーセナル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今ラウンド屈指の好カードとなったアーセナルvsナポリの優勝候補対決初戦は思わぬ一方的な展開となった。 ホームで圧倒的な強さを誇るアーセナルがキックオフ直後から猛烈なプレッシングでナポリのビルドアップをけん制。その流れから2つのカウンターを繰り出してMFラムジー、DFクリバリのオウンゴールによって30分までに2点のリードを奪った。後半はナポリが盛り返したものの幾つかの決定機を逸してアウェイゴールを奪えぬまま、2-0のスコアでホームチームが先勝を飾った。 アンチェロッティ監督が痛烈に非難した前半の不出来が響いて厳しい状態でサン・パオロでのリターンマッチに臨むことになったナポリだが、先週末のリーグ戦では最下位キエーボを相手に幾つかのポジションでターンオーバーを行い、クリバリの2ゴール、FWミリクのゴールによって敵地で3-1の勝利。公式戦4戦ぶりに白星を取り戻し、アーセナル戦に弾みを付けた。3点差以上を付けての完勝が求められる今回の一戦ではビルドアップの改善と共にチグハグだったアタッキングサードの連携を突き詰めたい。また、アウェイゴールを与えると突破が絶望的となるだけに相手の高速カウンターに対してクリバリらを中心にリスク管理を行いたい。 一方、2-0というスコア以上の内容で会心の勝利を手にしたアーセナルは、15日に行われたワトフォード戦でもFWオーバメヤンの相手GKのミスを誘発するゴールと今季リーグ戦で初となるアウェイゲームでのクリーンシート達成で1-0の勝利を飾った。ただ、同試合では開始10分に先制した直後に相手選手が一発退場となり、80分以上を数的優位で戦いながら多くのピンチを招く辛勝と今回のナポリ戦に向けてやや不安を残す内容に。2点のアドバンテージを持って臨む試合だが脆弱なメンタルを考えれば、守備的に戦いカウンターを狙うスタイルは受け身になり過ぎる危険をはらんでおり、前回対戦のようなアグレッシブなスタイルを選んで相手の心を折るアウェイゴールを奪うような戦い方がベターだ。 ★崖っぷちの長谷部が大逆転に挑む~フランクフルトvsベンフィカ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本勢の希望を一手に引き受けるMF長谷部誠を擁するフランクフルトは、敵地で行われたポルトガルの雄との初戦で厳しい敗戦を喫することに。 前半半ばの20分にDFエンディカのPK献上&一発退場でいきなりアクシデントに見舞われると、前半終了間際には数的不利の中でFWヨビッチの恩返しゴールが生まれて一時同点に追いつく。しかし、その直後に勝ち越しゴールを許すと、後半立ち上がりには19歳の新星FWジョアン・フェリックスに大会最年少でのハットトリックを達成されるなど、一気に点差を広げられた。それでも、元ポルトのFWパシエンシアの意地のゴールによって2つ目のアウェイゴールを奪い、2-4の大敗もわずかな希望を残して初戦を終えた。 ただ、熾烈なトップ4争いに身を置く国内リーグでは再び退場者を出した影響もあり格下アウグスブルクに1-3で敗れて公式戦2連敗に。逆転を目指す今回の一戦に弾みを付けることはできなかった。それでも、ヨビッチやFWレビッチい加えて公式戦2連発中のパシエンシアと攻撃陣の破壊力は抜群だけに逆転突破の可能性は十二分にある。その一方、重要となるのが直近のヴィトーリア戦でも4ゴールを挙げている相手攻撃陣をシャットアウトする守備面の仕事だ。この試合、リベロ起用が見込まれる長谷部には新星フェリックスやかつての同僚FWセフェロビッチらを完封するという難しいタスクが科される。 ★リバプール戦完敗を払しょくできるか~チェルシーvsスラビア・プラハ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>優勝候補筆頭のチェルシーと初のベスト8進出となったスラビア・プラハの初戦は、順当な結果に落ち着いた。 アウェイのチェルシーが主導権を握る形が続いたが、FWジルーら攻撃陣が精彩を欠き0-0のスコアで試合は終盤へと推移。その間にエースのMFアザールらをピッチに送り込んだチェルシーは86分にDFマルコス・アロンソがようやくゴールをこじ開けて思わぬ苦戦を強いられながらも敵地で1-0の先勝。 大きなアドバンテージを手にして圧倒的な強さを誇るスタンフォード・ブリッジに戻ることになったチェルシーだが、直近のリーグ戦ではリバプールとのビッグマッチに0-2のスコアで完敗。さらにDFリュディガーが負傷離脱を強いられるなど、心身共に大きな消耗を強いられている。この敗戦によって1試合消化試合が多い中、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落。来季のCL出場に向けてこのELの重みが強まる中、失うものがないスラビア・プラハ相手にきっちり勝ち切れるか。 ★バレンシア絶対優位で臨む自治州ダービー第2戦~バレンシアvsビジャレアル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今大会初の同国対決にしてバレンシア自治州ダービーとなったバレンシアvsビジャレアルの初戦は、互いに前半にPKのチャンスを得た中で1ゴールずつを奪い合い試合最終盤へ。このまま引き分け濃厚と思われたが、後半アディショナルタイムにMFヴァス、FWゴンサロ・ゲデスに連続ゴールが生まれてアウェイのバレンシアが3-1で先勝した。 アウェイゴール3つを奪って初戦を制したバレンシアは直近のリーグ戦でもレバンテとのバレンシア・ダービーに3-1で快勝。CL出場圏内の4位セビージャと勝ち点3差の6位をキープ。ゲデスが2戦連発中とここに来てトップフォームを取り戻しており、今回のメスタージャでの一戦でも活躍が期待される。 対するビジャレアルは逆転突破に3点差以上の勝利が必要と厳しい立場に立たされているが、直近のジローナ戦ではFWチュクウェゼのゴールを最後まで守り切って公式戦5試合ぶりの白星を手にするとともに、15位に浮上して降格圏を脱出。依然として厳しい残留争いに巻き込まれているが、良い精神状態で今回の第2戦に臨めるはずだ。 2019.04.18 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレス代理人が今夏の去就について言及「何も除外していない」

アーセナルのスペイン人MFデニス・スアレス(24)の代理人が去就についてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。 デニス・スアレスは2010年にセルタでプロデビュー後、マンチェスター・シティを経て、2013年夏にバルセロナに加入。その後、セビージャやビジャレアルでプレーした後、2016年夏にバルセロナが買い戻しオプションを行使して復帰を果たした。 しかし、出番に恵まれず今冬に買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに活躍の場を移したが、アーセナルでもフィットできておらず、プレミアリーグ4試合で67分しか出場していない。そのため、アーセナルが今夏に完全移籍で獲得する可能性は低いと見られている。 そうした中で同選手代理人であるグエンデ氏が、イタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』で今夏の去就について言及した。 「彼はバルセロナとの契約が2年残っている。イングランドで彼はベストな姿を見せられていない。ほとんどプレーしていないから、リズムを見い出せていないんだ」 一方で、ナポリからの関心については「ナポリ? 移籍市場について話すのはもう少し後だが、、何も除外していない」とコメントを残している。 2019.04.17 18:43 Wed
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.28“インビンシブルズ”無敗優勝/アーセナル[2003-04]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.28</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2003-2004シーズン/アーセナル 〜インビンシブルズ〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2003-04arsenal.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:アーセン・ヴェンゲル(53) 獲得タイトル:プレミアリーグ(無敗) 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント8:★★★★★★★★☆☆ 連係10:★★★★★★★★★★ 選手層8:★★★★★★★★☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">プレミアリーグ史上初の無敗優勝</div> このシーズン、ヴェンゲル監督の下で、アンリやピレス、ヴィエラ、ヴィルトールなど多くのフランス人選手を擁したアーセナルは、26勝12分0敗という素晴らしい成績でプレミアリーグを制覇。勝ち点90を獲得し、2シーズンぶりとなる優勝を見事に無敗で達成した。その圧倒的な強さから、当時のチームは “インビンシブルズ”(=無敵の集団)と呼ばれた。 前シーズンから続けていたリーグ戦無敗記録は結局、翌2004-05シーズンまで継続。10月にマンチェスター・ユナイテッドに敗れるまで、実に49試合にわたる無敗記録を樹立した。なお、この記録は現在でもプレミアリーグレコードとして燦然と輝いている。ちなみに、無敗記録が途絶えた試合でゴールを奪われたルーニーはアーセナルにとって天敵。アーセナルは2002年にも、当時の記録だった30試合無敗をルーニーのプレミアリーグ初弾でストップさせられていた。 プレミアリーグでは2位チェルシーに勝ち点11差を付ける圧倒的な強さを披露したアーセナルだったが、FA杯とリーグ杯は惜しくも準決勝で敗退。また、CLでも準々決勝でチェルシーに2戦合計2-3で敗れ、ダブル達成とはならなかった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">完璧な流動性</div> システムは一貫して、中盤がフラットなイングランド伝統の4-4-2を採用。特長は、何といっても攻撃陣の流動性だ。左サイドハーフを務めるピレスは右利きのテクニシャン。そのため、カットインしながらゲームメークを担当した。ピレスに縦の力がない分、左サイド深くのスペースを活用したのは、2トップの一角を務めるアンリだった。元々、左ウイングだったアンリはピレスがカットインすると左サイドに流れてボールを受け、縦突破からクロスを送るのが得意の形だった。 また、ゲームメークを担当するピレスとは対照的に、右サイドではリュングベリが激しいオフ・ザ・ボールの動きでアクセントを付けた。とりわけ、飛び出しの能力は秀逸で、巧みなラインブレイクから幾度もゴールに迫った。そして、アンリとコンビを組んだベルカンプも、熟練のボールコントロールで相手DFを翻弄。ポストプレーやダイレクトプレーでアンリやリュングベリを巧みに操った。 攻撃陣ばかりに注目がいくチームだったが、守備陣も安定していた。ヴィエラとジウベルト・シウバがコンビを組むセントラルMFは攻守のバランスが抜群で、フィジカルとテクニックを高いレベルで兼ね備えていた。また、キャンベルとコロ・トゥーレが組むセンターバックもソリッド。アシュリー・コールとラウレンを擁するサイドバックに関しても隙はなかった。シーマンの後継者となったドイツのレーマンは、ときおり見せる大胆なプレーが少し不安ではあったが、気迫のこもった好守が非常に目立っていた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">FWティエリ・アンリ(25)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/henrypc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> キャリア絶頂期に突入しつつあったアンリはこのシーズン、プレミアリーグで30ゴールを記録。公式戦では51試合に出場して39ゴール14アシストと、まさにチームの中心だった。また、2年連続でPFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞。PFA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞した初めての選手となった。なお、アンリは2001シーズンから5シーズンにわたって、アーセナルで公式戦30ゴール以上を記録し続けた。 2019.04.17 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州強豪注目のアヤックスMFネレス、ユナイテッド&アーセナルも獲得レースに参戦か

アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)が、数々のビッグクラブから注目を集めている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンはここまで公式戦45試合12ゴール15アシストを記録している。また、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・マドリー戦、今月10日に行われた準々決勝1stレグのユベントス戦でもゴールをし、欧州の強豪がひしめく舞台でも結果を残している。 そんなネレスはこれまで、リバプール、パリ・サンジェルマン(PSG)、ドルトムントなどが獲得に興味を示していることが伝えられてきた。そして今回、新たにユナイテッドとアーセナルの2クラブもブラジル人アタッカーに目を光らせており、今夏の獲得レースに参戦する可能性があるようだ。 今年3月のチェコ代表戦でセレソンデビューも飾ったネレス。移籍金は4500万ポンド(約65億円)と見られている。果たして今夏、このブラジル人アタッカーを射止めることができるクラブは現れるのだろうか。 2019.04.16 19:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース