英4部でスコールズ監督が誕生! サルフォードの取締役辞任でEFL規則をクリア2019.02.12 00:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属するオールダム・アスレティックは11日、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏(44)が新監督に就任したことを発表した。契約期間は1年半となる。

現役時代に得点力が魅力の中盤としてユナイテッドの黄金期に関わり、イングランド代表としても長らく主軸に君臨したスコールズ氏。2013年に2度目の現役引退後、フットボール解説者に転身しており、古巣ユナイテッドで短期間のコーチを務めたほか、共同オーナーのサルフォード・シティで暫定監督を務めた以外で、指導歴はない。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、スコールズ氏はユナイテッドの92年デビュー組であるライアン・ギグス、ギャリーとフィルのネヴィル兄弟、ニッキー・バットらとともに共同オーナーを務めていたサルフォードの取締役を辞任し、今回の監督就任に至ったようだ。

今季フットボールリーグ2に降格したオールダムは、ここまで11勝10敗9分けの14位に位置しており、昨年12月27日にフランキー・バン前監督を解任していた。
コメント
関連ニュース
thumb

フィリペ・ルイスがドルトムントからのオファーを拒否か

アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)が、ドルトムントからのオファーを断ったようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 アトレティコとの契約が今季限りとなっているF・ルイス。ここまで伝えられている情報では、クラブも後釜探しに動いており、退団の可能性は高いと見られている。 そのブラジル代表DFに関して来季に向けて左サイドバックの補強を目指すドルトムントが先日にオファーを送った模様。しかし、F・ルイス側がドルトムント移籍に関心を持っておらず、このオファーを断ったようだ。 なお、先日にアトレティコとの契約延長希望を公にした同選手だが、バルセロナや母国のフラメンゴへの移籍の噂も出ている。 2019.04.19 02:48 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜はブンデスから?

アーセナルが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してイギリス『90min』が伝えている。 2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。今シーズンのブンデスリーガでは22試合で4ゴール6アシストを記録している。 そんなデミルバイにアーセナルが関心を示しているようだ。同クラブでは既にウェールズ代表MFアーロン・ラムジーのユベントス移籍が内定しており、現在はその後釜を探しているところだ。だが、トルコにルーツを持つデミルバイには、ガラタサライとベシクタシュも注視しているという。 記事によると、デミルバイの契約解除金は2000万ユーロ~3000万ユーロ(約25億円~約37億円)に設定されているようだ。アーセナルは他にも、マインツのコートジボワール代表MFジーン=フィリップ・グバミン(23)にも関心を示しているとのことだ。 2019.04.18 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

レナト・サンチェス、再びレンタルで放出か

バイエルンが、ポルトガル代表FWレナト・サンチェス(21)のレンタル移籍を考慮しているようだ。ドイツ『sport.de』が伝えている。 サンチェスは2016年夏にベンフィカから加入。だが、分厚い選手層に阻まれ思うような出場機会を得られず、翌シーズンにスウォンジー・シティにレンタル移籍していた。 今季はバイエルンに復帰した同選手だが、相変らず難しいシーズンを過ごしており、ここまでリーグ戦15試合を含む公式戦22試合の出場に留まっている。 そのような状況から、バイエルンは再びサンチェスをレンタル移籍で修行に出すことを考慮しているようだ。 スウォンジーにレンタルした際は、公式戦僅か16試合しか出られなかっただけに、レンタル先を間違うと、選手としての価値をさらに下げてしまいかねないが…。 2019.04.18 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、ゼニト移籍が浮上! 既に交渉開始か

レアル・マドリーからチェルシーに期限付き移籍しているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)にゼニトへの移籍が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にマドリーから出場機会を求めてチェルシーにレンタル移籍で加入したコバチッチ。ここまで公式戦43試合に出場しており、マウリツィオ・サッリ監督も完全移籍を望んでいることを明らかにしている。 だが、チェルシーはサッリ監督の去就が不透明なことに加え、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いているが、撤回される可能性は低い。 そのような状況から、コバチッチ側はチェルシーへの完全移籍は不確定要素が多いことを考慮し、現在はゼニトとの交渉を行っているという。 一方でマドリーのジネディーヌ・ジダン監督はコバチッチの復帰を望んでいない模様。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(28)獲得の資金を捻出するため売却を望んでいるようだ。 2019.04.18 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ホッフェンハイムのニコ・シュルツ獲得で原則合意か

ドルトムントが、ホッフェンハイムのドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)獲得で選手と原則合意に達したという。ドイツ『SportBild』が伝えている。 シュルツはウイングからサイドバックまでこなせる左サイドのエキスパート。これまでヘルタ・ベルリンやボルシアMG、そして現在のホッフェンハイムと、母国で活躍を続けている。今季、ホッフェンハイムでは中盤の左サイドで起用されることが多く、ここまで公式戦33試合で2ゴール8アシストを記録している。 左サイドの補強を目指すドルトムントにとって、シュルツはうってつけの存在。昨年9月にドイツ代表デビューも果たした同選手に2500万から3000万ユーロ(約31億から38億円)程の移籍金を用意しているという。 記事によれば、両者はすでに基本合意に達していると言われているが、2021年まで契約を残すホッフェンハイムが首を縦に振るかは不明なところだ。 2019.04.18 17:34 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース