ユベントスMF、C・ロナウドの試合後に見せたストイックさに驚嘆! 「彼は火星人だ」2019.02.11 21:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するキプロス代表MFグリゴリス・カスタノスが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのストイックさに驚嘆している。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。ユベントス下部組織出身で21歳のカスタノスは現在、U-23チームでプレー。すでにキプロス代表デビューを飾っており、19試合1得点を記録している。

そんなカスタノスだが、昨夏に加入したC・ロナウドの驚くべき姿を見たという。あまりのストイックさに「火星人」とコメントしている。

「(アタランタとの)試合後に印象を受けた出来事があったんだ。僕らがトリノに帰ってきた時、皆は当然、帰宅したんだ。なのに僕がスポーツセンターを出た時に、ロナウドがジムに入っていくのを見たんだ。同点ゴールを決めたのに、トレーニングに向かったんだ。彼はこの星の人間ではない。火星人だよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ヒザ手術のケディラ、一足早く今季終了に

ユベントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラがヒザの手術を受けるため一足早く今季終了することとなった。自身のツイッターで明かしている。 ケディラは今季、足首の負傷や不整脈によって欠場が続き、公式戦17試合の出場に留まっていた。ケディラはヒザの手術について以下のように述べている。 「4カ月ほど、ヒザに慢性的な痛みを抱えていた。手術を受け、完全に治すことを決めたよ。2週間以内に手術を行うと思う。今の目標は来季の開幕までに100%の状態に戻ることだ」 ベスト8でチャンピオンズリーグ敗退に終わったユベントスは週末、今季の唯一残されたタイトルであるセリエA優勝を懸けてフィオレンティーナとホームで対戦する。 2019.04.18 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ディバラ、太もも負傷で数週間アウトか、ペリンも今季絶望に

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが数週間離脱することになりそうだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ディバラは16日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝のアヤックスとのセカンドレグで負傷し、前半だけで交代を余儀なくされていた。伝えられるところによると、ディバラは太ももに問題を抱えているようで、回復には数週間かかる可能性がある模様。20日のセリエA第33節のフィオレンティーナ戦、27日の同第34節のインテル戦の欠場が見込まれている。 また、GKマッティア・ペリンは13日の第32節のSPAL戦を最後に右肩を負傷し、手術を行う必要があるとのこと。そのため今季内での復帰はできないようだ。 同クラブではその他にも、FWマリオ・マンジュキッチとMFドグラス・コスタがケガで離脱中。DFジョルジョ・キエッリーニは、次のフィオレンティーナ戦に向けて回復に向かっているとのことだ。 2019.04.18 19:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ続投主張も…ユベントス、コンテ氏と会談

ユベントスにかつて同クラブを指揮した経験を持つアントニオ・コンテ氏を復帰させる可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 コンテ氏は2011年5月にユベントス指揮官に就任すると、退任する2014年7月までにセリエA3連覇を達成。その後、イタリア代表監督を経て、2016年4月にチェルシーの監督に。2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を成し遂げたが、翌シーズンにはFAカップこそ制したが、リーグ戦では5位に後退。2018年7月に解任され、以降はフリーの状況が続いている。 コンテ氏には現在、ローマやインテル就任の噂が浮上している。そんなコンテ氏とユベントスは会談の場を持った模様。伝えられるところによると、ユベントスは現在の指揮官であるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が今夏に離れた場合に備えて、コンテ氏に就任の可能性を探ったようだ。 ユベントスは16日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのアヤックス戦で、1-2の逆転負けを喫し、2戦合計スコア2-3で準々決勝敗退が決定。試合後、アッレグリ監督は自身の進退について「数日前に会長と会った。私はユベントスに残る。クラブと一緒に未来を考えている」と来シーズンの続投を主張していたが、ユベントスの首脳陣は今回の敗戦を受けて、考えが変わりつつあるのかもしれない。 2019.04.18 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

パパもビックリ!? クリスティアーノ・ジュニアが前半だけで圧巻の7得点

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの息子が、前半だけで7得点を奪う離れ業をやってのけたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 クリスティアーノ・ロナウドがチャンピオンズリーグでアヤックスと戦っていた裏で、その息子のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアは、父の生まれ故郷であるポルトガルのマライア島で行われた大会に参加。 ユベントスの9歳以下のチームで試合に出場したジュニアは、マリティモ・チャイナとの試合で前半だけで7得点を決めてみせたのだ。さらに、同日の2試合目のカマシャ戦では5得点。ジュニアの2試合12得点の活躍で、ユベントスユースはそれぞれ25-0、15-1の大勝を収めた。 昨年9月にU-9ユベントスでデビューした8歳のクリスティアニーニョ(小さなC・ロナウド)。この試合では父と同じ7番のユニフォームを着て、見事な活躍を披露したようだ。 2019.04.17 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

CL席巻のアヤックス、予選2回戦から大会史上初のベスト4!

進撃続くアヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)史に名を刻む快挙を成し遂げた。 オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングや同代表DFマタイス・デ・リフトを筆頭に力のある若き才能が主軸を担うアヤックス。決勝トーナメント1回戦で大会3連覇中だったレアル・マドリーを逆転突破してみせ、話題を集めたが、快進撃は続いた。 準々決勝でイタリアの絶対的王者ユベントスと激突したアヤックスは、ホームでの1stレグを1-1で引き分けたが、続く16日に敵地で行われたリターンレグで2-1の逆転勝利。前ラウンドに続く強敵相手の逆転劇で、22年ぶりのベスト4入りを果たした。 様々な角度のデータを集計する『Opta(@OptaJohan)』によれば、予選2回戦から出場するクラブの準決勝進出は大会初。『フットボール・イタリア』によれば、同一シーズンにレアル・マドリーとユベントスを連破したクラブとしても初だという。 欧州を舞台にしたアヤックスの大行進はどこまで続くのか。準決勝でマンチェスター・シティとトッテナムの勝者と激突する。 ◆アヤックスの今季CL歩み [予選2回戦]vsシュトルム・グラーツ/AGG:5-1 [予選3回戦]vsスタンダール・リエージュ/AGG:5-2 [予選プレーオフ]vsディナモ・キエフ/AGG:3-1 [グループE]バイエルン、ベンフィカ、AEKアテネ/2位通過 [決勝トーナメント1回戦]vsレアル・マドリー/AGG:5-3 [準々決勝]vsユベントス/AGG:3-2 [準決勝]マンチェスター・シティorトッテナム 2019.04.17 14:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース