【先週末の海外日本人結果】ベルギーデビューの木下康介が決勝点!2019.02.11 12:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

シント=トロイデンは9日、ジュピラー・プロ・リーグ第25節でベベレンをホームに迎え、2-1の勝利。ベルギーデビューのFW木下康介は85分からピッチに登場すると、わずか3分後に決勝点をマークした。そのほか、アジアカップ帰りの日本代表MF堂安律は復帰後初先発。新天地ベシクタシュで衝撃の2ゴールデビューを飾ったMF香川真司は66分からプレーした。

◆プレミアリーグ
[レスター・シティ]岡崎慎司
A 1-3 トッテナム ●
88分からプレー⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
A vs ウォルバーハンプトン
※月曜開催

[サウサンプトン]吉田麻也
H 1-2 カーディフ ●
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

◆リーガエスパニョーラ
[ヘタフェ]柴崎岳
H 3-1 セルタ ◯
ベンチ入りも出場せず

[アラベス]乾貴士
H vs レバンテ
※月曜開催

◆ブンデスリーガ
[ブレーメン]大迫勇也
H 4-0 アウグスブルク ◯
ケガのため欠場

[フランクフルト]長谷部誠
A 0-0 ライプツィヒ △
フル出場⇒詳細ニュース

[ニュルンベルク]久保裕也
A 0-2 ハノーファー ●
76分からプレー⇒詳細ニュース

[ハノーファー]浅野拓磨
H 2-0 ニュルンベルク ◯
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ハノーファー]原口元気
H 2-0 ニュルンベルク ◯
フル出場⇒詳細ニュース

[デュッセルドルフ]宇佐美貴史
H 3-0 シュツットガルト ◯
ベンチ入りせず

◆リーグ・アン
[マルセイユ]酒井宏樹
A 2-1 ディジョン ◯
フル出場⇒詳細ニュース

[トゥールーズ]昌子源
H 1-1 スタッド・ランス △
フル出場

[ストラスブール]川島永嗣
H 1-2 アンジェ ●
ベンチ入りせず

◆エールディビジ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
H 1-1 ズウォレ △
ベンチ入りも出場せず

[フローニンヘン]堂安律
H 2-1 フィテッセ ◯
フル出場

[フローニンヘン]板倉滉
H 2-1 フィテッセ ◯
ベンチ入りも出場せず

[ズウォレ]中山雄太
A 1-1 ヘーレンフェーン △
ベンチ入りも出場せず

◆ポルトガル
[ポルティモネンセ]権田修一
H 0-1 リオ・アヴェ ●
ベンチ入りせず

[ギマラエス]深堀隼平
A 1-0 リオ・CDトンデラ ●
ベンチ入りせず

[ブラガ]安西海斗
H 2-1 チャベス ◯
ベンチ入りせず

[ベンフィカ]小久保玲央ブライアン
H 10-0 ナシオナル
ベンチ入りせず

◆トルコリーグ
[ベシクタシュ]香川真司
H 2-0 ブルサシュポル ◯
66分からプレー

[ガラタサライ]長友佑都
H 3-1 トラブゾンシュポル ◯
フル出場

◆オーストリアリーグ
[ザルツブルク]南野拓実
※ウインターブレイク中

[インスブルック]財前淳
※ウインターブレイク中

◆ロシアリーグ
[CSKAモスクワ]西村拓真
※ウインターブレイク中

◆ベルギーリーグ
[ヘンク]伊東純也
H 2-0 スタンダール・リエージュ ◯
ベンチ入りせず

[シント=トロイデン]遠藤航
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
ケガのため欠場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]鎌田大地
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]関根貴大
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]小池裕太
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]木下康介
H 2-1 ワースランド・ベベレン ◯
85分からプレー、88分に移籍後初ゴールを記録⇒詳細ニュース

[シャルルロワ]森岡亮太
H 1-1 オーステンデ △
84分までプレー

[オイペン]豊川雄太
H 0-1 コルトレイク ●
フル出場

[セルクル・ブルージュ]植田直通
H 2-2 クラブ・ブルージュ △
61分までプレー
コメント
関連ニュース
thumb

【先週末の海外日本人結果】長友佑都がガラタサライ加入後初ゴール!

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は20日、スュペル・リグ第29節のカイセリシュポル戦に左サイドバックとして先発。6試合ぶりのスタメン出場だったが、2-1でリードする前半アディショナルタイム4分、右サイドからの絶妙なクロスにボックス内に侵入した長友が頭で合わせた。このゴールは長友にとって、ガラタサライ移籍後初ゴール。インテル時代の2014年1月以来、実に1923日ぶりの得点だった。 そのほか、シント=トロイデンに所属する日本代表FW鎌田大地はベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ プレーオフラウンド第5節のオイペン戦にフル出場して1得点を記録。2試合ぶりのゴールとなり、シーズン得点数を「16」に伸ばした。 ◆<span style="font-weight:700;">イングランド</span> [レスター・シティ]岡崎慎司 A 2-2 ウェストハム △ ベンチ入りも出場せず [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 3-1 サウサンプトン 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353690">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A 1-3 ニューカッスル ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353690">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">スペイン</span> [ヘタフェ]柴崎岳 H 3-0 セビージャ 〇 61分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353719">詳細ニュース</a> [アラベス]乾貴士 H 2-2 バジャドリー △ 59分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353643">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">ドイツ</span> [ブレーメン]大迫勇也 A 0-1 バイエルン ● 73分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353683">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 A vs ヴォルフスブルク ※月曜開催 [ニュルンベルク]久保裕也 A 0-2 レバークーゼン ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353684">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 0-0 ヘルタ・ベルリン △ ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353726">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 0-0 ヘルタ・ベルリン △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353726">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 1-3 マインツ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">フランス</span> [マルセイユ]酒井宏樹 A 3-1 ギャンガン 〇 フル出場 [トゥールーズ]昌子源 H 0-0 リール △ フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 H 1-3 モンペリエ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">オランダ</span> [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 1-2 ヘラクレス ● 88分までプレー [フローニンヘン]堂安律 H 0-1 アヤックス ● フル出場 [フローニンヘン]板倉滉 H 0-1 アヤックス ● ベンチ入りも出場せず [ズウォレ]中山雄太 A 1-4 フィテッセ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ポルトガル</span> [ポルティモネンセ]権田修一 A 1-1 セトゥバル △ ベンチ入りも出場せず [ブラガ]安西海斗 A 2-0 フェイレンセ 〇 ベンチ入りせず [ギマランエス]深堀隼平 H 0-2 デスポルティーボ・アベス ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">トルコ</span> [ベシクタシュ]香川真司 A vs スィヴァスシュポル ※月曜開催 [ガラタサライ]長友佑都 H 3-1 カイセリシュポル 〇 フル出場、1得点⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353689">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">オーストリア</span> [ザルツブルク]南野拓実 A 1-1 ザンクト・ペルテン △ 85分までプレー [インスブルック]財前淳 A 1-3 マッテルスブルク ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ロシア</span> [CSKAモスクワ]西村拓真 A 1-1 ロコモティフ・モスクワ △ ケガのため欠場 ◆<span style="font-weight:700;">ベルギー</span> [ヘンク]伊東純也 A 3-1 スタンダール・リエージュ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]遠藤航 A 1-1 オイペン △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-1 オイペン △ フル出場、1得点⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 A 1-1 オイペン △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 A 1-1 オイペン △ 82分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]木下康介 A 1-1 オイペン △ ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [シャルルロワ]森岡亮太 H vs ベールスホット ※月曜開催 [オイペン]豊川雄太 H 1-1 シント=トロイデン △ 61分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=353698">詳細ニュース</a> [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 1-2 コルトレイク ● フル出場 2019.04.22 07:45 Mon
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のハノーファー、古巣ヘルタにゴールレスドローで連敗を8でストップ《ブンデスリーガ》

ハノーファーは21日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節ボルシアMG戦を0-1と敗戦して8連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が10試合連続スタメンとなり、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートとなった。 ダルダイ監督の今季限りでの退任が発表された11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)に対し、ハノーファーは自陣に引いてカウンターを狙っていく。 ヘルタの圧力の前に徐々に押し込まれる展開となっていったハノーファーだったが、17分に原口がロングカウンターからシュートに持ち込んだ。 それでも守勢が続くハノーファーは、なかなか自陣から出ることができない。そんな中34分、再び原口がミドルシュートでヘルタを牽制する。すると追加タイムには決定機。CKの流れからボックス左のアントンがシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれた。 前半をゴールレスで凌いだハノーファーは迎えた後半、開始5分にムスリジャが左サイドからのカットインシュートでGKヤルシュテインを強襲した。すると、良い入りを見せたハノーファーが集中した守備からカウンターを狙う展開が続く。 ヘルタがゼルケを、ハノーファーがN・ミュラーを投入し、両チームが攻撃に変化を付けた中、ハノーファーは75分、カルーにGKエッサーを強襲されるシュートを打たれてしまう。 さらに80分にはカルーにディフェンスライン裏を取られる大ピンチを迎えたが、DFの身体を張った対応で何とか防いだ。 終盤にかけてもカルーを軸とするヘルタの攻勢を受けたハノーファーだったが、何とか凌いでゴールレスで終了。連敗を8で止め、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに6ポイント差とした。 2019.04.22 02:58 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎が17試合ぶり出場のヘタフェ、セビージャとのCL出場権争い制して4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第33節、ヘタフェvsセビージャが21日に行われ、3-0でヘタフェが快勝した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し、61分までプレーした。 直近3試合負けなしの5位ヘタフェ(勝ち点51)と、3連勝中の4位セビージャ(勝ち点52)による、トップ4フィニッシュを懸けたライバル同士の直接対決。 前節、降格圏に沈むバジャドリー戦を相手に数的不利を背負いながら試合終了間際のPKによるゴールで劇的な2-2のドローに持ち込んだヘタフェ。奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて重要なセビージャ戦に向けては、昨年12月の第16節レアル・ソシエダ戦以来、プレー機会がなかった柴崎が17試合ぶりにスタメンに抜擢された。 注目の上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。その中で右サイドハーフとしてスタートした柴崎は積極的にスペースに飛び出す動きをみせ、プレースキッカーを担うなどモチベーション高くプレー。さらに15分過ぎにはマタとサイドを入れ替えて左サイドにポジションを移す。 一方、やや様子見の入りとなったセビージャだが、時間の経過と共に個の力で相手ゴールに迫る。22分にはボックス中央で相手のクリアに反応したフランコ・バスケスが左足のボレーシュートを放つが、これはクロスバーを掠める。続く26分にはベン・イェデルが強烈な右足のシュートでGKソリアにファインセーブを強いる。 前半半ばを過ぎてセビージャの攻勢が続いていくかに思われたが、ここから試合の主役はラ・リーガで悪名高きマテウ・ラオス主審。32分にヘタフェのセットプレーの場面でバスケスのハンドを取ってホームチームにPKを与えると、これをキッカーのマタが冷静に決め切って35分にヘタフェが先制。 そして、この判定をキッカケに熱くなったセビージャの選手に対してカードの枚数が増えていくと、前半終了間際には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生する。 前半アディショナルタイム2分、相手陣内右サイドでのヘタフェのFKでキッカーの柴崎が浮き球のボールをボックス左のB・ゴンサレスに繋ぐと、この競り合いの場面でエスクデロが上げた腕にボールが当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ヘタフェに2つ目のPKが与えられたところまでは良かったが、ラオス主審はすでに1枚警告を受けていたエスクデロに厳しい2枚目のカードを科して退場処分に。そして、このPKをモリーナが決めてホームのヘタフェが2点のリードと数的優位を手にした。 迎えた後半、前半半ばからの2トップの一角に近いポジションでプレーすることになった柴崎は再びゴールに絡む仕事を見せる。53分、右サイドでボールを持った柴崎が絶妙なスルーパスをマタに通すと、ボックス右でマタが折り返したボールをゴール前のモリーナがワンタッチで押し込み、試合を決定付ける3点目とした。 その後、74分にジェネの足裏がヘスス・ナバスのヒザに入ったプレーがVARの末に一発退場の判定となり、ヘタフェも10人の戦いとなった中、終盤にかけてもセビージャの反撃を許さずに3-0で快勝。ヘタフェがセビージャをかわしてCL圏内の4位に浮上している。 2019.04.21 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

長友佑都が復帰戦での初ゴールを喜ぶ「最高の復帰戦になりました!」

ガラタサライの日本代表DF長友佑都が、自身の公式ツイッター(@YutoNagatomo5)で初ゴールを喜んだ。 首位のイスタンブール・バシャクシェヒルを勝ち点「2」差で追う2位のガラタサライは、20日に11位のカイセリスポルをホームに迎え、3-1で勝利した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lg6fpm8823ef1v5foyolng3a5" async></script> </div> この試合、ケガで離脱していた長友が6試合ぶりに先発したものの、15分にいきなり失点。しかし、直後にディアニェがゴール奪い、1-1の振り出しに戻す。 38分には相手選手がハンドを犯し退場。PKをディアニェが決め逆転すると、前半アディショナルタイム4分にボックス手前右からのマリアーノのクロスを長友がヘディングでゴールを決め、3-1とした。 このダメ押しゴールは、長友にとってガラタサライでの初得点。復帰戦での初ゴールを長友は喜んだ。 「復帰戦でガラタサライ初得点。チームも勝利し、最高の復帰戦になりました!リハビリ中サポートしてくれたみんなに感謝!」 ガラタサライはこの勝利で暫定的に首位に浮上。リーグ優勝に向け、最後まで目が離せない展開となっている。 2019.04.21 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

関根貴大のアシストから鎌田大地が今季16点目も豊川雄太先発のオイペンとドロー《ジュピラー・プロ・リーグPO2》

プレーオフラウンドがスタートしたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ。プレーオフ2に進んだシント=トロイデンは20日、第5節でオイペンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 プレーオフ2では3勝1分けと好スタートを切ったシント=トロイデンは、FW豊川雄太が所属する5位のオイペンとアウェイで対戦。シント=トロイデンはDF冨安健洋、MF遠藤航、MF関根貴大、FW鎌田大地が先発出場。オイペンもFW豊川雄太が先発した。 シント=トロイデンは先手を奪うことに成功する。前半をゴールレスで終え迎えた49分、ハーフウェイライン付近からアサモアーがロングフィード。これに反応した関根がボックス内で巧みなトラップを見せると、冷静に中央で折り返し、最後は鎌田が流し込んでシント=トロイデンが先制する。鎌田は今シーズン16ゴール目を記録した。 日本人コンビの活躍で先手を奪ったシント=トロイデンだったが、オイペンも反撃。54分、こぼれ球の処理にもたつくと、後方から走り込んだカストロ=モンテスがボールを奪いそのままシュート。強烈なシュートがネットを揺らし、オイペンが同点に追いつく。 結局その後は両者にゴールが生まれず、1-1のドローで終了。シント=トロイデンは無敗を継続し首位をキープ。一方のオイペンは最下位に転落した。 試合後、先制点を記録した鎌田は「(退場者が出て)10人になってからはピンチの数が多かったですし、数的不利になると勝つことが難しくなるので、勝ち点が拾えた試合だったかなと思います。今日は、ずっとオイペンの2ボランチに見られて上手く消されていたので後ろに下がってボールに触っていました。プレーオフ2に入ってからは、後ろに下がって上手くボールは引き出せていると感じます」とコメントし、自身のプレーに満足感を示した。 また、先発フル出場の遠藤は「先制するまではイメージ通りの試合展開でしたが、その後2点目を取りに行く姿勢を見せれれば良かったですし、自分たちのオーガナイズが良くなかったかなと思います」とコメント。また、退場者が出て70分からセンターバックでプレーしてプレーした点については「もともと日本でもプレーしていたポジションなので落ち着いて、しっかりブロックを敷いて失点をしない戦い方にフォーカスして守っていました。10人になってからもボールを動かしながら、2点目が取れれば良かったですけど、数的不利で引き分けたのはポジティブに考えたいです」とコメントした。 シント=トロイデンは、次節28日(日)の27時からベールスホット・ウィルレイクと対戦する。 オイペン 1-1 シント=トロイデン 【オイペン】 カストロ=モンテス(後9) 【シント=トロイデン】 鎌田大地(後4) 2019.04.21 11:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース