メッシのリーガ連続得点が「8」でストップ…バルサがビルバオの堅守こじ開けられず約1年ぶりのリーガ無得点で公式戦3戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》2019.02.11 06:44 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第23節、アスレティック・ビルバオvsバルセロナが10日にサン・マメス・バリアで行われ、0-0のドローに終わった。首位のバルセロナ(勝ち点50)が12位のビルバオ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。前節、バレンシア相手に2点差を追いつくも、リーガの連勝が「8」でストップしたバルセロナ。さらに、直近のコパ・クラシコも1-1のドローに終わり、ホームで2試合連続ドローとなった。

公式戦3試合ぶりの勝利を目指すこの一戦に向けては先発3人を変更。出場停止のジョルディ・アルバに代わってセルジ・ロベルトを起用したほか、負傷のアルトゥールに代わってビダル、マウコムに代わってリーガ8戦連発中のメッシが復帰した。

立ち上がりからボールを保持するバルセロナだが、球際の戦いと攻守の切り替えを全面に押し出すホームチームを相手に苦戦を強いられる。17分にはボックス手前右からカットインしたスサエタに見事な左足のミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKテア・シュテーゲンの圧巻のワンハンドセーブで凌ぐ。続く24分にはセットプレーの流れからラウール・ガルシアにアクロバティックなボレーを許すが、これもテア・シュテーゲンが対応した。

何とか前半のうちにゴールをこじ開けたいバルセロナはメッシとスアレスを起点にアタッキングサードの攻略を図るが、周囲との呼吸がなかなか合わず、効果的にフィニッシュまで持ち込むことができず。結局、前半を無失点で終えたものの、決定的な場面を作り出せぬまま45分の戦いを終えた。

迎えた後半、前半以上に相手を自陣に押し込んで優位に試合を運んでいくバルセロナ。しかし、前半同様にクロスやラストパスがなかなか合わず、攻めあぐねる状況が続く。

何とか流れを変えたいバルベルデ監督は63分にビダルを下げてアレーニャを投入。プレー精度に長けたカンテラーノをピッチに送り込み、攻撃に変化を加える。さらに75分には精彩を欠いたコウチーニョを下げて負傷明けの切り札デンベレを2枚目のカードとして切る。

この選手交代で一気に押し切りたいバルセロナだったが、その後も試合展開に大きな変化はなし。逆に、86分にはボックス中央でサン・ホセのパスを受けたイニャキ・ウィリアムズに決定機を許すが、ここはGKテア・シュテーゲンが再び見事なワンハンドセーブで阻んだ。

5分が与えられたアディショナルタイムにはバルセロナのカウンターをハンドで防いだデ・マルコスに2枚目のカードが出されて退場に。わずかな時間ながら数的優位を生かして勝ち切りたいバルセロナだったが、93分にボックス内でデンベレが放ったシュートはGK正面。さらにラストプレーの場面ではボックス内でセメドが相手DFと交錯するもノーファウルの判定でPKは与えられず。

結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップ。メッシのリーガでの連続得点が「8」でストップしたバルセロナは、昨年2月のヘタフェ戦以来、リーガエスパニョーラで37試合ぶりの無得点に終わり、公式戦3試合連続ドローとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

セメド、渦中のコウチーニョを擁護 「なぜ彼のクオリティを疑う」

バルセロナのポルトガル代表DFネウソン・セメドが、同僚のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2018年1月にリバプールからバルセロナ史上最高額となる1億6000万ユーロ(現在のレートで約201億3000万円)で加入したコウチーニョ。だが、今シーズンは、金額に見合ったパフォーマンスを披露することはできていないとして、批判が集まっている。 そうしたなか、16日にカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦で61分に豪快なミドルシュートでゴールを記録。その得点後、両手人差し指で両耳を塞ぐパフォーマンスを披露した。 この行為は様々な憶測や物議を呼び、バッシングも多々…。先日、自身のインスタグラム(phil.coutinho)に「僕は人生のなかで誰かに失望させられたことなんて一度たりともない」と綴った渦中のコウチーニョについて、セメドは「彼のそばに100%いる」と擁護の姿勢を示した。 「僕はコウチーニョのそばに100%いる。チームを改善し、助けるために取り組んできたことを理解している」 「彼は能力を発揮しているし、なぜ人々が彼のクオリティを疑うのか、僕にはわからないね」 2019.04.22 17:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ブスケッツにバルサで引退しないプランあり!?

バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(30)が将来に言及した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 バルセロナの下部組織で育ち、長らく完全無欠な中盤の番人に君臨するブスケッツ。昨年9月にバルセロナと2023年6月30日まで新契約を結び、解除条項額においても他クラブの手出しが不可能な5億ユーロ(現レートで約629億1000万円)に再設定され、“ワン・クラブ・マン”としてフットボールの生涯を閉じる可能性が極めて高まっている。 だが、今年7月に31歳の誕生日を迎えるブスケッツはこの先、バルセロナと一生を添い遂げる道だけでなく、メジャーリーグ・サッカー(MLS)でフットボールキャリアの余生を過ごすプランにも心が惹かれている様子。将来について問われると、次のように話したという。 「僕は常にこう言ってきた。2番手的な役割になってまで20年間にわたり、バルセロナの選手であり続けられないだろうとね」 「野心が薄れたり、身体的に厳しさを感じたら、すぐにでも、この場所から去る。その後の未来は予想できないけど、アメリカの大ファンだ」 「あの場所のフットボールは成長していて、今も発展し続けている。MLSは競争の激しいリーグで、本当に魅力的だよ」 2019.04.22 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーのヤヤ・トゥーレ、アジア上陸か 現役続行を表明!

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が現役続行の意思を表明した。 昨年12月にオリンピアコスを退団したヤヤ・トゥーレ。かつてモナコ、バルセロナ、マンチェスター・シティに籍を置き、過去4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇るが、オリンピアコスを退団して以来、新天地は決まっていない。 そうした状況もあり、引退説も取り巻くヤヤ・トゥーレだが、まだ現役を続ける意向だという。イギリス『BBC』で去就について問われると、次のようにコメント。アジア上陸の可能性も示唆した。 「誰も僕をフットボール選手から退かせることはできない」 「今は自分のために重要な休養を取ることを決めただけ。選択肢を慎重に比較、検討することがすごく大切だ。まだ2,3年はやれる。だから、引退はないよ」 「(どこでプレーしたいか?) アメリカや中東、アジアはどうかな? 来シーズンのことを決断するだけの時間はある」 2019.04.22 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ連覇に向けた決勝ゴールのジョルディ・アルバ「全てを勝ち取りたい」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが、ゴールを決めたレアル・ソシエダ戦を振り返った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦。ジョルディ・アルバは、1-1で迎えた64分にメッシからボックス左でパスを受け、そのまま中に切り込んで右足でシュートを沈め、チームは2-1で勝利した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1b7j0rxgfv71v1f97lzdtkrf78" async></script> </div> 試合後、ジョルディ・アルバはソシエダ戦を振り返り、チャンピオンズリーグ後の試合であったために難しかったとコメント。また、リーグ連覇だけでなく、ベスト4に勝ち上がったチャンピオンズリーグも制したいと意気込んだ。 「今日のソシエダ戦は難しかった。特に、僕たちは多くを捧げていたマンチェスター・ユナイテッド戦後だったからね」 「でも、このチームはチャンピオンになりたいと思っている。全てを勝ち取りたいんだ」 「しかしながら、僕たちはハードワークを続けなければいけないし、僕たちの前に現れる相手をリスペクトする。そして、献身的でなければならないことも知っているんだ」 2019.04.21 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ラングレのリーガ初ゴールとアルバの右足ゴールが飛び出したバルサがソシエダ下し連覇に前進《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは20日、リーガエスパニョーラ第33節でソシエダと対戦し、2-1で勝利した。 勝ち点74で2位のアトレティコ・マドリーと勝ち点差9を付けて首位を走るバルセロナ。前節はチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を睨んで控えや若手選手で挑みウエスカと引き分けたが、狙い通りユナイテッドを退けて準決勝進出を決めた。 準決勝のリバプール戦までにリーガ優勝を確実にしておきたい中での一戦。スタメンにはメッシやスアレス、ラキティッチ、ピケなどいつものメンバーが顔を揃えた。 その本気のバルサが前半はソシエダの守備に苦しめられる。ボールは持てるものの、コンパクトにゴール前を固められ、効果的なパスが前線に供給できない。 そこでメッシがドリブルで打開を試みる。敵陣中央付近でファウルで止められると、クイックリスタートでスアレスへ。一瞬の隙を突いたスアレスはボックス右を侵攻するが、相手の粘り強い守備にシュートに繋げられなかった。 バルセロナが攻めあぐねていると36分、ルベン・パルドの浮き球パスでファンミにディフェンスラインの背後を取られてしまう。危険な場面だったが、ボックス左からのシュートはGKテア・シュテーゲンがセーブ。事なきを得た。 その後のスアレスのシュートもGKに止められ、このまま終わるかに思われた45分、バルセロナは左CKからラングレが頭で決めてようやく先制に成功。リードを得て試合を折り返した。 ラングレのリーガ初ゴールで先制したバルセロナは56分、アルトゥールを下げてブスケッツを投入。ここから試合が一気に動く。 62分、ソシエダは右サイド深い位置からスローイングでリスタート。一度後ろのメリノに戻すと、メリノから前線へ選手の間を抜く見事なスルーパスが送られる。これに反応したファンミがスライディングしながらシュートを流し込んで同点に追いつく。 しかし、バルセロナは黙っていなかった。失点から2分後、メッシからボックス左でパスを受けたジョルディ・アルバが中に切り込んで右足でシュート。これが右のサイドネットに突き刺さり、あっという間にバルセロナが再び勝ち越した。 その後、バルセロナは危なげない試合運びを見せ、2-1で逃げ切りに成功。また一つ、2連覇に近づいた。 2019.04.21 05:39 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース