昨季現役引退の“山の神”GK山岸範宏氏、JFAアカデミー福島U-18のGKコーチに就任2019.02.10 19:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
ギラヴァンツ北九州は10日、昨シーズン限りで現役を引退したGK山岸範宏(40)が、JFAアカデミー福島U-18のGKコーチに就任したことを発表した。埼玉県出身の山岸は中京大学卒業後、2001年に浦和レッズに入団。元日本代表GK都築龍太氏との激しいポジション争いを繰り広げ続けながら、2004年の2ndステージでは、クラブ初のステージ優勝に貢献し、2006年にはJ1リーグ優勝に貢献した。なお、同年にはイビチャ・オシム監督に見いだされ、出場することはなかったが日本代表にも初選出されていた。

その後、日本代表GK西川周作の加入によって出場機会が減少。2014年6月にモンテディオ山形へ期限付き移籍をした。キャプテンとしてチームを引っ張り、クラブ史上初の天皇杯決勝進出とJ1昇格プレーオフ出場に貢献すると、プレーオフ準決勝のジュビロ磐田戦では後半アディショナルタイムにコーナーキックから勝ち越しとなるヘディングシュートを決めて決勝進出に貢献。決勝戦でも安定したプレーを披露し、プレーオフ優勝、山形のJ1復帰に導いた。その後は2017年に北九州へ期限付き移籍。翌年に完全移籍していた。

キャリア通算では、J1で171試合、J2で65試合、J3で22試合国内リーグカップ戦に43試合、天皇杯に24試合出場。
コメント
関連ニュース
thumb

北九州、DF生駒仁が左Jones骨折で全治約3カ月 今季横浜FMからレンタル

ギラヴァンツ北九州は11日、DF生駒仁が左Jones骨折(第5中足骨疲労骨折)と診断され、8日に手術したことを発表した。全治は約3カ月。 クラブの発表によると、生駒は4日のトレーニングで負傷。 生駒は2019年に横浜F・マリノスから北九州に期限付き移籍で加入。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに1試合出場している。 2019.04.11 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州、開幕5連勝ならずも首位キープ 秋田は今季初勝利!《J3》

明治安田生命J3リーグ第5節の6試合が、7日に各地で開催された。 1勝2分け1敗の11位・富山(勝ち点5)と、開幕5連勝を目指す首位・北九州(勝ち点12)の対決。試合はこう着状態が続いた中、ホームの富山が先にスコアを動かす。35分、花井のCKから谷奥がゴール前で競り勝ちヘディングシュートを放つと、ゴールネットを揺らした。 先攻された北九州は後半に猛攻を仕掛ける。78分、敵陣中央左サイドの新井がボックス内にクロスを供給。ファーサイドに走り込んできた福森が折り返し、最後はゴール前のディサロ燦シルヴァーノが押し込み同点に追いつく。 その後も北九州は、富山ゴールに襲い掛かったが、逆転することは出来ず1-1で試合終了。北九州の連勝は「4」でストップしたが、それでも首位をキープ対する富山は今シーズン2勝目とはならなかった。 ソユースタジアムで行われたブラウブリッツ秋田vsセレッソ大阪U-23は、3-0で秋田が勝利した。 ここまで2分け2敗と勝利がない17位・秋田(勝ち点2)と、3勝1分けと好調のC大阪U-23が激突。試合は秋田ペースで進んでいく。12分、FKのリスタートからボックス左で和田がボールを受けると、カットインからシュートを放つ。これがゴール右に決まり先制に成功した。さらに秋田は23分、バイタルエリア右の位置でFKを獲得。これを江口が直接、ゴール右上に突き刺して、追加点を奪う。 前半のうちに試合を2-0とした秋田は試合終盤の78分、相手のクロスに対するクリアミスを拾った藤沼がボックス右でDFを1人かわして放ったシュートが決まり、3-0で試合終了。勝利した秋田はシーズン初勝利。一方のC大阪U-23は今シーズン初黒星を喫した。 ◆明治安田生命J3リーグ第5節 ▽4月6日(土) Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> 藤枝MYFC 0-0 アスルクラロ沼津 AC長野パルセイロ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 いわてグルージャ盛岡</span> ▽4月7日(日) ヴァンラーレ八戸 2-2 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 3</span>-0 セレッソ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 2</span>-1 福島ユナイテッドFC ロアッソ熊本 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 SC相模原</span> カターレ富山 1-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 2</span>-1 FC東京U-23 2019.04.07 16:32 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州、内藤洋平が負傷 全治約4週間

ギラヴァンツ北九州は18日、MF内藤洋平の負傷離脱を報告した。 内藤は11日のトレーニングマッチで負傷。診断の結果、全治約4週間の第3・4腰椎左横突起骨折だという。ここまで明治安田生命J3リーグで出番がない。 北九州は現在、J3リーグ開幕2連勝スタートで首位。24日に行われる次節、10位につけるガンバ大阪U-23のホームに乗り込む。 2019.03.18 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、北九州からMF安藤由翔を完全移籍で獲得 昨季はJ3で27試合1得点

藤枝MYFCは1日、ギラヴァンツ北九州からMF安藤由翔(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 安藤は京都産業大学を卒業後、ガイナーレ鳥取、レノファ山口FC、栃木SCでプレーし、2017年夏にギラヴァンツ北九州に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで27試合1得点を記録した。 藤枝への加入が決定した安藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「藤枝MYFCに加入することになりました安藤由翔です。開幕直前、早くチームに馴染み、藤枝の勝利に貢献できる様頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.03.01 18:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ロンドン五輪代表DF村松大輔が29歳での現役引退を決断

ギラヴァンツ北九州は9日、DF村松大輔(29)の現役引退を発表した。 藤枝東高校を卒業後、JFLのHonda FCに入団した村松は、U-19日本代表での活躍が認められて2009年に湘南ベルマーレに入団。同シーズンのJ1昇格にも貢献し、出場することはなかったものの日本代表にも初招集された2011年に清水エスパルスへ完全移籍。2012年にはU-23日本代表としてロンドン五輪にも出場した。 その後は、2014年に徳島ヴォルティス、2016年にヴィッセル神戸への期限付き移籍を経験し、2018年に北九州へ。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで26試合1得点を記録していた。 キャリア通算では、J1リーグで146試合7得点、J2リーグで50試合出場、J3リーグで26試合1得点を記録した。 現役引退を決断した村松は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆ギラヴァンツ北九州 「この度2018シーズンをもって引退することを決断しました。熱く応援してくださった、ギラヴァンツのサポーター、スタッフの方々には感謝しかありません。これから第2の人生に向かって頑張っていこうと思います。応援ありがとうございました」 ◆清水エスパルス 「このたび、2018年シーズンをもって引退することを決断しました。エスパルスでの6年間は自分にとってかけがえのないものでした、いつでも熱く応援してくださったサポーターの声援は今でも僕の宝物です。これからは第2の人生としてサッカーを離れますが、サッカーを通して得た経験を次のステップで生かしていこうと思っています。今まで応援ありがとうございました」 2019.02.09 17:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース