本田圭佑が途中出場で戦線復帰も…2位のメルボルン・V、首位攻防戦に敗れ連勝ストップ《Aリーグ》2019.02.10 17:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは10日、オーストラリア・Aリーグ第18節でパース・グローリーと対戦し、1-2で敗れた。本田は62分から出場した。

現在、リーグ戦で2位に位置するメルボルン・V(勝ち点36)は、首位のパース・グローリー(勝ち点40)をホームに迎えた。1月に右足ハムストリング損傷と診断され、戦線を離脱していた本田は、この重要な一戦でベンチ入りを果たした。

両者、球際の激しい立ち上がりを見せる首位攻防戦。時間の経過と共にメルボルン・Vが敵陣への侵攻を増やし、13分には右サイドからのクロスを中央で収めたカンソバが反転シュートを放つが、GKリアム・レッディの正面に飛んでしまう。

その後は互いに決定機を作れないまま前半終盤に。するとメルボルン・Vは44分、ボックス左外でパスを受けたトロイージがニアサイドに低いクロスを供給。これをアティウが粘ってゴールエリア左からシュートを放つも、ここもGKに阻まれた。

ゴールレスで試合を折り返すと、パース・グローリーが攻勢を強める。60分、ボックス付近まで侵攻を許してしまうと、キルケニーのパスがPA内のブラウンの手に当たってしまい、PKを献上。これをキルケニーに決められてしまい、先制点を与えてしまう。

先制を許したメルボルン・Vは直後、本田を投入。するとすぐさま右サイドでボールを持った本田のクロスから最後はアントニスが惜しいボレーシュートを放ち、反撃に出る。

しかし流れに乗ったパース・グローリーが69分に追加点。イコノミディスにカウンターから左サイドを抜け出され、中央へのクロスを最後はディエゴ・カストロに押し込まれた。

苦しい状況となったメルボルン・Vは78分、右サイドでのパス回しからボックス右手前でボールを持ったブロックスハムのゴール前へのスルーパスにバーバルーゼスが抜け出して右足で流し込んだ。

1点差まで詰め寄ったが、反撃はここまで。メルボルン・Vは連勝が「2」でストップし、首位との勝ち点差が「7」に広がる手痛い敗北を喫した。

メルボルン・ビクトリー vs パース・グローリー
【メルボルン・ビクトリー】
バーバルーゼス(後33)

【パース・グローリー】
キルケニー(後16)
ディエゴ・カストロ(後24)
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑、同点弾演出も…前節首位撃破のメルボルン・V、AT被弾で2位浮上のチャンスを逃す《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは6日、オーストラリア・Aリーグ第24節でシドニーFCと対戦し、1-2で敗れた。本田はフル出場している。 前節、首位・パース・グローリーを撃破し、2位・シドニーFC(勝ち点46)との勝ち点差を「1」に縮めた3位のメルボルン・ビクトリー(勝ち点45)。今節のシドニーFCとの直接対決で、本田はダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は開始から早い時間帯にホームのシドニーFCに先制点を与えてしまう。6分、自陣ボックス左への侵攻を許すと、カセレスからパスを受けたオニールにボックス右手前から強烈なミドルシュートをゴール右上に突き刺され、早くも追いかける展開を強いられる。 それでも16分、敵陣中央でボールを持った本田がキープから最終ラインの裏へスルーパス。相手DFの伸ばした足に引っかかったが、バーバルーゼスがブロックし、そのままボックス内に侵攻してGKとの一対一を制した。 その後、両者にゴールは生まれず試合は終盤に。しかし、試合終了間際、シドニーFCに勝ち越しゴールを奪われてしまう。後半アディショナルタイム3分、左サイドを突破され、クロスを入れらる。ここはヴァレリが阻んだが、ボックス中央のこぼれ球に反応したニンコビッチにシュートを打たれると、ブロックを試みたヴァレリに当たってそのままゴール左に吸い込まれた。 試合はそのまま1-2で終了。直接対決に敗れたメルボルン・Vは2位浮上ならず。レギュラーシーズンは残り3試合。明日、行われるセントラルコースト・マリナーズvsパース・グローリーの一戦で、首位のパース・グローリーが勝利した場合、首位の可能性が消滅する。 シドニーFC 2-1 メルボルン・ビクトリー 【シドニーFC】 ブランドン・オニール(前6) ニンコビッチ(後48) 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前16) 2019.04.06 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、PK弾で今季7点目! 首位撃破のメルボルン・Vは2位との勝ち点差を「1」に《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは30日、オーストラリア・Aリーグ第23節でパース・グローリーと対戦し、2-0で勝利。本田はフル出場して、1ゴールを記録している。 3位につけるメルボルン・V(勝ち点44)が、首位のパース・グローリー(勝ち点51)のホームに乗り込んだ一戦。本田は、ダイヤモンド型[4-4-2]の右サイドハーフで先発した。 試合は25分、メルボルン・Vがボックス手前でFKを獲得する。これをキッカーのトイヴォネンが右足で直接狙うと、ボールは壁を越えてゴール右隅下に吸い込まれ、アウェイのメルボルン・Vが首位相手に先制点を奪う。 1-0でリードして迎えた後半、メルボルン・Vに追加点のチャンス。65分、アントニスのパスがボックス内の相手DFに腕に当たり、VARの判定の末にPKを獲得する。これを本田がキッカーを務めると、左足で落ち着いてゴール右下に流し込み、メルボルン・Vがリードを2点に広げた。 試合を2-0としたメルボルン・Vはその後、パース・グローリーに反撃を許さず、そのまま試合終了。これでメルボルン・Vは連勝を飾り、2位・シドニーFC(勝ち点45)との勝ち点差を「1」に縮めた。 パース・グローリー 0-2 メルボルン・ビクトリー 【メルボルン・V】 トイヴォネン(前25) 本田圭佑(後23[PK]) 2019.03.30 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点アシストで数的不利のメルボルンを救う! ダービーマッチで勝ち点1《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは23日、オーストラリア・Aリーグ第20節でメルボルン・シティと対戦し、1-1で引き分けた。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 現在、リーグ戦で3位に位置するメルボルン・V(勝ち点38)が、5位のメルボルン・C(勝ち点29)をホームに迎えたダービーマッチ。前節のウェリントン・フェニックスFC戦で2カ月ぶりにゴールを決めた本田は、インサイドハーフで先発した。 試合は15分、メルボルン・Cのマクラーレンにボックス内への侵攻を許すと、ニーダーマイアーがたまらずファウル。この日2枚目のイエローカードを受け、前半早々に退場処分となった。このPKを自らキッカーを務めたマクラーレンに決められてしまい、先制点を与えてしまう。 その後、数的不利も影響し、押し込まれる時間帯が続いたメルボルン・Vが、後半開始5分に同点ゴールが生まれる。50分、敵陣中央やや右で本田がパスを受けて、素早くボックス右にスルーパス。反応したバーバルーゼスが深い位置まで持ち込み、角度のないところから右足でシュートを放つと、相手GKに触られたが、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 試合を振り出しに戻したメルボルン・ビクトリーはその後、再び相手に試合のペースを握られたが、クロスバーに助けられるなど、何とか守り切り、1-1で試合終了。勝ち点1をもぎ取った。 メルボルン・ビクトリー 1-0 メルボルン・シティ 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(後5) 【メルボルン・C】 マクラーレン(前16[PK]) 2019.02.23 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

元ニューカッスルDFスティーブン・テイラー、ウェリントン・フェニックスとの契約を1年延長!

Aリーグのウェリントン・フェニックスは18日、イングランド人DFスティーブン・テイラー(33)との契約を2019-20シーズンまで延長したことを発表した。 1995年から2016年までニューカッスルに在籍し、公式戦215試合に出場したセンターバックのS・テイラー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズ、チャンピオンシップ(イングランド2部)にイプスウィッチ、リーグ1(イングランド3部)のピーターバラ・ユナイテッドFCを経て、2018年7月にウェリントン・フェニックスに1年契約で加入していた。今シーズンはここまで公式戦19試合1ゴールを記録している。 ウェリントン・フェニックスとの契約を延長したS・テイラーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はウェリントンを家のように感じている。このクラブでうまくプレー出来ているし、契約を延長することができて、とても幸せだよ」 2019.02.18 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A

Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。 Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。 メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。 2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 2019.01.03 14:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース