20季連続CL出場のカシージャス、1997年の初招集を振り返る「授業中に突然…」2019.02.10 12:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ポルトのイケル・カシージャスは、20シーズン連続でプレーするチャンピオンズリーグについて『UEFA.com』で話した。

1999-2000シーズンにレアル・マドリーでCLデビューを飾ったカシージャス。1999-2000シーズン、2001-2002シーズン、そして2013-2014シーズンでビッグイヤーを獲得するなどこれまでに欧州最高峰の舞台で173試合に出場する。2015年からはレアル・マドリーを離れて、ポルトに活躍の場を移した現在37歳の守護神は、ポルトガルでの生活について話した。

「ポルトはチャンピオンズリーグで2回の優勝を誇る歴史のあるクラブだ。今では僕の家と呼べる場所で、とても居心地が良い。異なるリーグだけれど、彼らは僕を迎え入れてくれて、今では多くの時間を共有できることにとても喜びを感じている。特にポルトガルの北部はどこに行ってもポルト、ポルト、ポルトだ。彼らは若い時からこのクラブのことを刷り込まれているみたいだ」

また、CL通算出場数が100試合に到達した時のことについても「3回も優勝し、チャンピオンズリーグで本当に長い間プレーできていることをとてつもなく誇らしく思う」と振り返ったカシージャスは、1997年に初めてメンバー入りを果たした時の逸話を明かした。

「これは良い逸話だ。1997年だった。あのとき僕はデザインの授業中だった。当時不調だったレアル・マドリーのことについて友達と話していたんだ。リーグ戦で3位や4位だったけれど、チャンピオンズリーグでは調子が良かった。そして、ノルウェーでローゼンボリとの重要な試合を迎えていた」

「そんな時、高校の校長先生が教室にやって来てた。みんなは僕がレアル・マドリーの下部組織でプレーしていることを知っていたし、彼ともレアル・マドリーの話をよくしていた。その場で彼は“イケル、ちょっと外に出られるか?”と言ってきた。そして教室の外に出ると“今すぐタクシーに乗って空港に行くんだ。レアル・マドリーが君の母親に電話して、彼女が学校に電話を掛けてきた。君はノルウェーに行かなくてはいけないから、急ぐんだ”と僕に伝えてきた」

「宝くじにでも当たった気分だったよ。今でもこのことをよく覚えている。まだ16歳だった。すぐに学校を出て、タクシーで空港に向かって、そしてスター選手たちと出会った。子供の頃にはすべて不可能だと思っていたことだった。友達と一緒にいた所からいきなりフェルナンド・モリエンテス、クラレンス・セードルフ、フェルナンド・サンス、プレドラグ・ミヤトビッチ、ダボル・シュケル、そしてラウール・ゴンサレスと同じテーブルについたんだ。魔法のようだったよ。これからも忘れることはないね」

その他にも、2002年のCL決勝の舞台で途中出場したことなどについても振り返った。そして最後に、レアル・マドリーとバルセロナのライバル関係について言及した。

「地球上で一番激しいライバル関係だ。もちろん多くのダービーは存在するけれど、マドリーとバルサの関係は最高レベルだ。チャンピオンズリーグ決勝でこの2チームが戦ったことはない。コパ・リベルタドーレスでも似たようなことがあったけれど、チャンピオンズリーグ決勝ならもっとタフな戦いになるだろう。いつの日かこの試合を見られると信じている」


提供:goal.com
コメント


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース