天まで届け…! カーディフ、後半AT弾で亡きサラに捧げる劇的勝利!《プレミアリーグ》2019.02.10 03:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、サウサンプトンvsカーディフが9日に行われ、カーディフが2-1で勝利した。エミリアーノ・サラの死が確認された7日からわずか2日、途方もない悲しみの中、カーディフの戦士たちはピッチに立った。セント・メリーズ・スタジアムで行われた一戦。黙祷が捧げられた後キックオフとなった。

前半は互いに決定機を作れず、ポゼッションはセインツが上回るもシュート数は3本、対するカーディフも1本と、迫力に欠ける展開に。カーディフの前半唯一のシュートとなった22分のグンナルソンのシュートはボックス手前からのシュートだったが、大きく枠を外れた。一方のセインツは38分のホイビュルクがFKの流れから枠内シュートを放つ。

そんな試合が動いたのは69分、左CKをパターソンが頭で合わせると、それをS・バンバがコースを変えてカーディフが先制した。

カーディフリードのまま進んだが、そうは問屋が卸さなかった。後半アディショナルタイムの91分、セインツの左CKでオースティンがニアで逸らすと、スティーブンスが押し込んで同点に。

しかし、試合はここで終わらない。93分、カーディフは右サイドのクロスを起点に、ゴール前の混戦からカマラの落としをゾホレがねじ込んで勝ち越し弾に。

そして、これが決勝点となり、カーディフは劇的勝利を手にした。なお、カーディフは前節のボーンマス戦から2連勝を収めたが、イングランドトップリーグにおける連勝は1962年4月以来のことだという。
コメント
関連ニュース
thumb

カーディフ指揮官、PK獲得のサラーを痛烈批判 「飛び込みの選手」

カーディフのニール・ウォーノック監督が、リバプールのエジプト代表モハメド・サラーを批判している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カーディフは21日のプレミアリーグ第35節でリバプールと対戦。56分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに先制ゴールを許して苦しい展開を強いられると、続く81分にDFショーン・モリソンが抱え込むような形でサラーを倒してPKのチャンスを与えてしまい、これをMFジェームズ・ミルナーに決められ、0-2で敗戦した。 試合後、ウォーノック監督はPKを献上した場面に関して、「サラーのダイブ」を主張している。 「あれは優しすぎる判定だ。レフェリーはPKを与えすぎている」 「モリソンはサラーの腕の周りを抑えていたが、最後は(飛び込み種目の10点満点中)9.9点のダイブだった。(飛び込み選手の)トーマス・デーリーのようなね」 なお、サラーは今シーズンに入り、第2節のクリスタル・パレス戦(リバプールが2-0で勝利)でもダイブを指摘する声が各所で挙がっていた。 2019.04.22 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、降格圏カーディフを下し暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦し、2-0で勝利した。 マンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを繰り広げるリバプール(勝ち点85)。1月12日から公式戦無敗を継続するチームはCLでもポルトを叩きのめして2年連続で準決勝の舞台へ。勢いそのままにリーグ戦6連勝を目指す今節は、直近のポルト戦から3選手を変更。ファビーニョ、ミルナー、オリジに代わり、ヘンダーソン、ケイタ、フィルミノが起用された。 優勝争いのリバプールと残留争いのカーディフによる一戦は、下馬評通りリバプールが主導権を握る展開に。だが、先にゴールチャンスを作ったのはカーディフだった。15分、メンデス=ラングがドリブルで左サイドを突破。深い位置から上がったクロスをホイレットが胸トラップからシュートに繋げたが、DFのブロックに遭う。 リバプールに決定機が訪れたのは23分。マネのスルーパスでGKと一対一になったフィルミノだったが、シュートは枠の上へ。34分にはヘンダーソンのパスからサラーにチャンス。マークについていた相手と上手く入れ替わりシュートまで運んだが、GKエザリッジに防がれた。 続く36分には自陣からのカウンターで再びサラーに好機。一人でドリブル突破を試みたがゴール前で捕まった。逆に43分には、CKの流れからカマラサが放ったシュートをゴール前でニアッセにバイシクルでコースを変えられてピンチとなるが、守護神アリソンが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返した。 迎えた後半、ついにリバプールが先制に成功する。56分の右CKの場面。キッカーのアーノルドが右足で低いクロスを入れると、DFの陰から飛び出したワイナルドゥムがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 それでも、残留を目指すカーディフは怯むことなく攻撃に出る。64分のCKのチャンス。ロールズが上げたクロスにファーサイドで完全フリーとなっていたモリソンが合わせにいったが、ヘディングを空振り。ボールは背中に当たってラインを割った。 リバプールは71分、ケイタを下げてファビーニョを投入。より守備力の高い選手をピッチに送ったが交代から4分後、そのファビーニョが負傷しミルナーと交代を余儀なくされた。 予期せぬ展開となったが、リバプールは81分にサラーがモリソンに抱え込まれるような形で倒されPKを獲得。これを途中出場のミルナーが決めて勝負あり。 これでリバプールが暫定ながらシティを抜いて首位浮上。優勝争いを激化させる勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hbvjivxfknq41j5cq9a1hxxj0" async></script> </div> 2019.04.22 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

WBAやストークなどで活躍した元ナイジェリア代表FWオデムウィンギーが現役引退

元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギー(37)が、3日にウェンブリーで行われたUEFA EqualGameカンファレンスで現役引退を発表した。 CSKAモスクワやラシーヌ・ラゴスの下部組織に在籍したオデムウィンギーは、2000年にナイジェリアのベンデル・インシュランスでプロデビュー。その後、リールやロコモティフ・モスクワでプレー。 2010年からイングランドに活躍の場を移したオデムウィンギーは、WBAやカーディフ、ストーク・シティ、ブリストル・シティ、ロザラム・ユナイテッドなどでプレーし、2017年4月からはインドネシア・スーパーリーグのマドゥーラ・ユナイテッドに活躍の場を移していた。 また、2002年にデビューしたナイジェリア代表では、62試合に出場し11得点を記録。2度のワールドカップ(2010,2014)や4度のアフリカネーションズカップ(2004,2006,2008,2010)に加え、2008年に行われた北京オリンピックにもオーバーエイジ枠として出場していた。 2019.04.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが8連勝で首位奪還! カーディフ守護神躍動もデ・ブライネ&ザネ弾で完勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・シティvsカーディフが3日にエティハド・スタジアムで開催され、ホームのシティが2-0で快勝した。 リーグ戦7連勝と絶好調の暫定2位のシティは、今週末にブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンとのFAカップ準決勝が行われる関係で前倒しで今節を戦う。8連勝で首位再浮上を目指す18位のカーディフ戦に向けてはフルアム戦から先発6人を変更。軽傷を抱えるアグエロがベンチ外となったほか、シルバ、スターリングら一部主力をベンチに置きフォーデンやマフレズ、ガブリエウ・ジェズスらを起用した。 立ち上がりからストレスなくボールを繋ぎ相手を自陣深くに押し込んでいくシティは6分、左サイドのラポルテから縦パスを受けたデ・ブライネがゴール左角度のないところから右足のシュートでニア天井を打ち抜き早々の先制点とした。 幸先よく先制に成功したシティはその後も試合をコントロール。だが、19分には右ハムストリングを痛めたジンチェンコがプレー続行不可能となり、ウォーカーの緊急投入を余儀なくされる。この交代でウォーカーが右サイド、ダニーロが左サイドに移る。 70パーセントを超えるボール支配率、90パーセントを超えるパス成功率と数字上では相手を圧倒し続けるシティだが、ジェズスやザネらが最後のところで精度を欠きなかなか追加点を奪い切れない。 それでも、前半終了間際の44分には右CKの流れからマフレズが右サイドから入れたクロスをファーのジェズスが胸で丁寧に落とすと、これをザネが左足のダイレクトシュートでゴール右隅に流し込んだ。 前半立ち上がりと終了間際の2ゴールによって余裕を持って試合を折り返したシティは後半も主導権を掌握。立ち上がりの51分にはフェルナンジーニョのスルーパスに抜け出したゴール前のフォーデンに絶好機も相手GKの好守に遭う。 その後も相手陣内でワンサイドゲームを展開するホームチームはマフレズやザネ、ラポルテと再三の枠内シュートを浴びせていくが、GKエザリッジが驚異的な反応でビッグセーブを連発し3点目を与えない。さらに69分のフォーデンの決定機も左ポストを叩く。 それでも、相手に決定機を許さない盤石の試合運びを見せたシティはこのまま2-0で試合をクローズ。安定したパフォーマンスでリーグ8連勝を飾ったシティがリバプールを抜いて首位奪還に成功した。 2019.04.04 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アスピリクエタのゴールは副審からは死角だった?! キャラガーがVARではなくVRを使って検証

先月31日に行われたプレミアリーグ第32節のカーディフvsチェルシーのDFセサール・アスピリクエタのゴールが物議を醸している。 問題のゴールは84分に生まれた。1点リードされたチェルシーのCKの場面。MFウィリアンが上げたクロスを手前でDFマルコス・アロンソが頭でフリックしたところを、アスピリクエタが頭で押し込んで同点に。これで勢いづいたチェルシーは後半アディショナルタイムにMFルベン・ロフタス=チークがゴールを決めて、逆転勝利を収めた。 しかし試合後、アスピリクエタのゴールがオフサイドであったと論争に。カーディフのニール・ウォーノック監督も主張するように、リプレイで見てもアスピリクエタはオフサイドポジションにいた。来季から導入予定のVARがあればこのゴールは取り消しになっていただろう。 そこで、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏が、VARではなくVRを使って検証。同氏のツイッター(@Carra23)にアップされた映像では、副審からはキッカーのウィリアンが死角となってアスピリクエタの位置が確認できない状況となっていた。 キャラガー氏も「私は(審判に)同情を覚える。彼らがオフサイドと判断するのはほとんど不可能だったと思う」とコメント。此度の判定に理解を示した。 2019.04.02 17:11 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース