レーティング:アトレティコ・マドリー 1-3 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》2019.02.10 02:21 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーによるマドリード・ダービーが9日にワンダ・メトロポリターノで行われ、アウェイのレアル・マドリーが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.0
3失点共に大きな責任はないが、好守なく厳しい敗戦に

DF
4 S・アリアス 5.0
ヴィニシウスのケアに苦慮しながらも攻撃では高い位置を取って味方をサポートしたが、やや周囲と呼吸が合わなかった

24 ホセ・ヒメネス 4.5
ヴィニシウスへの後手を踏んだ対応で痛恨のPK献上。3失点目でも中途半端な対応で失点に関与。それ以外の場面で好守は多かったが大幅な減点は避けられず

2 ゴディン 5.0
ラインの統率などはできていたが、負傷明けで全体的に無理が利かなかった

21 リュカ 5.5
バスケスと激しいマッチアップ。要所で高い位置に攻め上がったが、効果的なプレーは見せられず

MF
10 コレア 6.0
攻守両面で気迫をみせ、グリーズマンのゴールをアシスト。ピッチ上で最も戦った1人だった

(→ロドリゴ・エルナンデス 5.0)
流れを変えるようなプレーは見せられず

5 トーマス 4.0
相手の中盤の徹底マークに遭い、パスの出しどころとして全く機能せず。一発退場ものの2つのファウルで退場に…

8 サウール 5.0
攻守両面で最低限の仕事はこなしたが、違いを見せられず

11 レマル 5.0
相手の堅守を前に求められた局面を打開するプレーはほぼ見せられず

(→ビトロ 5.0)
レマルと大差ないプレーで存在感を欠く

FW
22 モラタ 5.0
微妙な判定で恩返し弾は認められず。裏を狙う以外にプレーに関与する意識が希薄で攻守両面でグリーズマンに負担をかけた

(→カリニッチ 5.0)
味方の退場もあり見せ場はほとんどなかった

7 グリーズマン 6.0
意地のゴールを挙げるなどコレアと共に孤軍奮闘。組み立てからフィニッシュ、ファーストディフェンダーと多岐に渡る仕事をこなした

監督
シメオネ 4.5
ロドリではなくレマル起用で攻撃的に出たが、その采配が完全に裏目に

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 クルトワ 5.5
グリーズマンに1ゴールを許したが、ヒメネスの決定機を防ぐなど古巣相手に奮闘

DF
2 カルバハル 6.5
より攻守のバランスを意識したプレーでレマルやビトロを完封

5 ヴァラン 6.0
やや軽い対応も見受けられたが、持ち味の対人能力の強さで最少失点で凌ぐ

4 セルヒオ・ラモス 6.5
PKで決勝点を記録。ラインコントロールで危うさはあったが、機動力と強さを生かした守備でピンチの芽を摘み続けた

23 レギロン 6.5
攻守両面でインテンシティの高さを見せた。マルセロを押しのけてダービーでプレーするだけの説得力を見せた

MF
10 モドリッチ 6.5
ベイルの3点目をお膳立て。質の高い繋ぎに加えて、球際の勝負でも一歩も引かず

14 カゼミロ 7.0
チームに流れを引き寄せるゴラッソを記録。中盤の守備でも周囲と協力しながら安定したパフォーマンスを披露

8 クロース 6.5
先制点の起点に守備では相手ピボーテに自由を与えず、繋ぎの局面では相手のプレスを無効化

(→ダニ・セバージョス -)

FW
17 L・バスケス 6.5
攻撃面で決定的な仕事はなかったが、献身的なプレスバックでチームに貢献。嫌らしいオフ・ザ・ボールの動きも効いていた

9 ベンゼマ 6.5
ダービーで久々のゴールとはならなかったが、相手センターバックをつり出す巧みな動き出しと質の高いダイレクトプレーで攻撃を牽引

(→マリアーノ -)

28 ヴィニシウス 6.5
決勝点に繋がるPKを奪取。積極果敢な仕掛けで相手の脅威に。オシャレな絶妙クロスも披露

(→ベイル 6.5)
試合を決定づけるダメ押しの3点目を奪取。マドリーでの通算100ゴール達成

監督
ソラーリ 7.0
先発の選定やベイル投入など采配が完璧に機能。現役時代からのダービー無敗を継続

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
カゼミロ(レアル・マドリー)
クロースやレギロン、モドリッチらの活躍も印象的だったが、完全アウェイの流れを払拭するゴラッソを決めたカゼミロをMOMに選出。守備の局面でも的確なポジショニングと球際の強さで相手を苦しめた。

アトレティコ・マドリー 1-3 レアル・マドリー
【アトレティコ・マドリー】
グリーズマン(前25)
【レアル・マドリー】
カゼミロ(前16)
セルヒオ・ラモス(前43[PK])
ベイル(後29)
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン、ハット達成のベンゼマに「驚きない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ビルバオ戦でハットトリックを達成した元フランス代表FWカリム・ベンゼマを絶賛している。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは21日のリーガエスパニューラ第33節でビルバオとホームで対戦。前半こそゴールレスに終わったが、後半開始早々の47分にFWマルコ・アセンシオのクロスにゴール前のベンゼマが頭で合わせて先制すると、それを皮切りにハットトリックを成し遂げ、3-0で勝利した。 試合後、ジダン監督はベンゼマへの信頼を口にすると共に賛辞を送っている。 「ベンゼマは自信を持っている。彼はいつも物事が良くできることを知っているし、常に改善しようとしている」 「マルコのクロス、(ヘスス・)バジェホのタックルも素晴らしかった。ベンゼマがハットトリックしたことに驚きはないよ」 2019.04.22 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook
thumb

自己ベスト視野の絶好調ベンゼマ…「FW補強? そんなのどうでも良い」

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがチームのストライカー補強についての質問を受け、それを流した。 レアル・マドリーは21日にホームで行われたリーガエスパニューラ第節のビルバオ戦を3-0で勝利。ベンゼマの今シーズン初となるハットトリックの活躍により、2試合ぶりの白星を手にした。 昨夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに去ったことで、今シーズンからスコアラーの役割を手にしたベンゼマ。ここまでリーガ得点ランキング2位の21得点を挙げる。 直近5試合の8得点を全て生み出す絶好調のベンゼマはビルバオ戦後、今夏に取り沙汰されるクラブのFW補強について問われると、次のように返答。我関せずの姿勢を貫いた。 「(新たなFW補強? )クラブ次第だ。そんなことはどうだって良い」 「どうやってチームを助けるか、ピッチでの仕事に集中するのみさ」 「僕はマドリーに残るつもりだ。世界一のクラブにいるのだからね」 「ジダンの復帰はとても意味があること。全員が満足している」 「来シーズンが楽しみだよ」 なお、ベンゼマの同一シーズンにおけるリーガ最多得点数は2015-16シーズンの「24」。残り5試合の状況や調子の良さを考えると、自己ベストでシーズンフィニッシュの可能性は多いにありそうだ。 2019.04.22 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「ジズー復帰は嬉しいが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)がレアル・マドリー移籍の可能性を否定した。フランス『Canal+』が報じた。 長らくレアル・マドリーのターゲットとして名前が挙がるムバッペ。21日にホームで行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でハットトリックをやってのけ、リーグ連覇に導いた。 そのムバッペはリーグ得点ランキングトップに立つ得点数を「30」に。ジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、誰も到達していないリーグ30発に乗せた。 ムバッペは試合後、PSGの連覇に喜びのコメントを残すなか、レアル・マドリー行きの可能性について問われると、次のように返答した。 「僕はPSGが掲げるプロジェクトの完全な一部だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダン)の復帰はレアル・マドリーのことを思うと、嬉しいよ。彼らの試合を追って観ている者としてね」 2019.04.22 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバのレアル・マドリー移籍、サラリーがネックか

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)のレアル・マドリー移籍はサラリー面がネックだという。スペイン『アス』が報じた。 2016年夏にユベントスから復帰したポグバ。昨年末からユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督の立て直しを語る上で欠かせない選手の1人だが、シーズンが進むに連れて、スペインメディアを中心にレアル・マドリー移籍説が沸騰している。 そのなかで、ポグバは先日、レアル・マドリー行きの可能性を示唆する発言を口にしており、ジネディーヌ・ジダン監督からも“相思相愛”を匂わせるコメントが…。だが、ポグバのレアル・マドリー移籍は1700万ユーロ(約21億3000万円)の現年俸が障壁になる模様だ。 同額は現在のレアル・マドリーに当てはめると、クラブ最高年俸に。主将を務める年俸1180万ユーロ(約14億8000万円)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだけでなく、最高額1500万ユーロ(約18億8000万円)のウェールズ代表MFガレス・ベイルを上回るものとなる。 レアル・マドリー首脳陣は選手給与の調和を保つ姿勢を打ち出しているが、ポグバ側は現年俸より低い額の受け入れに消極的。そして、守銭奴で有名なミノ・ライオラ代理人とレアル・マドリーの関係性もイマイチであり、交渉の難航が予想されるとのことだ。 2019.04.22 09:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース