レアル・マドリーが敵地で10人のアトレティコ粉砕! リーガ5連勝で2位に浮上!《リーガエスパニョーラ》2019.02.10 02:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーによるマドリード・ダービーが9日にワンダ・メトロポリターノで行われ、アウェイのレアル・マドリーが3-1で勝利した。首位のバルセロナを勝ち点6差で追う2位のアトレティコ(勝ち点44)と、直近の4連勝で2強との差を一気に詰めてきた3位のレアル・マドリー(勝ち点42)による今季3度目の首都決戦。

アトレティコは第3節セルタ戦での初黒星以降、リーグ最少の堅守を武器に18戦無敗(11勝7分け)を継続してきた。だが、前節のベティス戦では相手のPK一発に沈んで20試合ぶりの敗戦を喫することになった。逆転優勝に向けてバウンスバックが求められる今回の一戦に向けてはコケがケガで間に合わなかったものの、負傷明けのゴディンが復帰。2トップにリーガでは古巣初対戦のモラタがグリーズマンとコンビを組み、コレアとレマルがサイドハーフに入るやや攻撃的なメンバー構成となった。

一方、前節アラベスを一蹴してリーガ4連勝を飾ったレアル・マドリーは、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのバルセロナ戦でも敵地で1-1のドローに持ち込み、決勝進出に向けて好位置をキープ。来週ミッドウィークにアヤックスと敵地でのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦を控える中、コパ・クラシコから先発3人を変更。古巣対戦のGKクルトワが復帰したほか、マルセロに代わってレギロン、負傷離脱のマルコス・ジョレンテに代わってカゼミロが起用された。

ロヒブランコ一色に染まったワンダ・メトロポリターノで幕を開けた今季3度目のダービー。アウェイながらボールを保持するレアル・マドリーに対して、ホームのアトレティコは要所でハイプレスを仕掛けながらも基本はリトリートした守備で応戦。立ち上がりから球際でバチバチとやり合う拮抗した展開が続く。

互いに決定機まで持ち込めない状況が続いたが、レアル・マドリーがセットプレーからワンチャンスを生かす。16分、右CKの場面でキッカーのクロースが右足アウトスウィングで浮き球のボールを入れると、セルヒオ・ラモスに対してDF4人が競りに行くもクリアし切れなかったルーズボールがゴール前に浮く。これをドフリーのカゼミロが豪快なジャンピングボレーで流し込んだ。

圧倒的な強さを誇るホームで先制を許したアトレティコだったが、すぐさま反撃に転じる。すると、こちらもファーストチャンスをゴールに結びつける。25分、自陣右サイドでヴィニシウスとのイーブンボールを奪い切ったコレアがすかさず相手最終ラインの背後にスルーパス。これに反応したグリーズマンがそのままボックス内に運んで最後はGKクルトワの股間を抜くシュートで流し込んだ。当初、副審によってヴィニシウスへのファウルがあったとしてゴールは認められなかったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、最終的にゴールが認められた。

1-1の振り出しに戻ったことで試合はよりヒートアップした展開に。レアル・マドリーはヴィニシウスの左サイド、アトレティコもコレアの右サイドと、片方のサイドでの攻防が目立つ中、この流れから前半終了間際に試合が動く。

43分、相手陣内左サイド深くで仕掛けたヴィニシウスがボックス内に侵入しかけたところでDFホセ・ヒメネスに後ろから倒される。ボックス内かボックス外か微妙な位置でのファウルとなったが主審はPKを宣告。これをキッカーのセルヒオ・ラモスが冷静にゴール左隅へ決め切り、アウェイのレアル・マドリーが1点リードで試合を折り返した。

互いに選手交代なしで迎えた後半、ビハインドを追うアトレティコは前半存在感を欠いたモラタが存在感を示し始める。開始直後にいきなりシュートを放ったモラタは52分にもボックス付近でのキープからグリーズマンのシュートチャンスをお膳立て。さらに、54分には最後尾のホセ・ヒメネスからのロングフィードにタイミング良く抜け出すと、ボックス右から浮き球のミドルループシュートを流し込んだ。しかし、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められない。

一方、やや押し込まれる立ち上がりとなったレアル・マドリーは57分に最初の交代カードを切る。蓄積疲労が懸念されるヴィニシウスを下げてベイルをピッチに送り出す。

相手陣内でのプレー機会を増やしながらもホセ・ヒメネスのシュートがGKクルトワに攻守で防がれ、ボックス内でカゼミロと交錯したモラタのプレーもPKを取ってもらえないなど攻め切れない状況が続くアトレティコ。この状況を受けてシメオネ監督はレマル、コレア、モラタと前線の選手を下げてビトロ、ロドリゴ・エルナンデス、カリニッチを続けて投入。70分過ぎまでに交代枠を使い切る。

後半は相手にボールを持たせながらも自陣では自由を与えない老獪な試合運びでゲームをコントロールするレアル・マドリーは74分にカウンターから決定的な3点目を奪う。中盤でトーマスの縦パスをカットしたモドリッチが味方とのパス交換で中央を突破し、左サイドでフリーのベイルにラストパスを供給。ベイルはボックス左から左足のシュートをファーポストに流し込んだ。

その後、80分にクロースへのアフターチャージでトーマスに2枚目の警告が出されアトレティコは2点ビハインドに加えて数的不利に陥り万事休す。ベイルの決定機逸で4失点目こそ逃れたものの決定機らしい決定機を作り出せぬまま終戦。

敵地で3ゴールを挙げる圧勝劇でダービーを制したレアル・マドリーがリーグ5連勝で2位に浮上した。一方、良いところなく今季ホーム初黒星のアトレティコは痛恨のリーグ戦連敗で3位に転落した。
コメント
関連ニュース
thumb

主審がモラタの首を小突く? コケも批判「レフェリーが間違ったことをした」

リーガエスパニョーラ第33節のエイバルvsアトレティコ・マドリーとの試合で主審がスペイン代表FWアルバロ・モラタにちょっかいを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 試合はアトレティコがMFトマ・レマルのゴールで1-0の勝利。だが、この試合で注目を集めたのは、モラタと主審のハビエル・アルベロラ氏とのやり取りだ。88分にアルベロラ氏は自身の前を通り過ぎたモラタの首を小突く暴挙に。これに激昂したモラタはすぐさま猛抗議を行っていた。 アトレティコに関しては、先日にFWジエゴ・コスタが審判への侮辱行為により8試合の出場停止になったばかりだが、今回のアルベロラ氏の行為についてはMFコケも厳しい態度を見せている。 「レフェリーが選手の首の後ろを小突くなんて見たことないよ」 「何があったかわからない。ときに選手はレフェリーに対して間違った振る舞いをしてしまう。今回はレフェリーがアルバロ(・モラタ)に間違ったことをした」 「要するにすべての人間は間違いを犯すものだけど、その場合は調査を受ける必要があると思う」 「今回の一件が処罰の対象になるかはわからねいけど、調査を受ける必要があると思うよ」 2019.04.21 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーはアトレティコに売る気なし、コバチッチの去就は?

現在チェルシーへとレンタル移籍中のクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)だが、レアル・マドリーはアトレティコ・マドリーに売るつもりはないようだ。スペイン『アス』が報じた。 コバチッチは、今シーズンからチェルシーへとレンタル移籍。ここまでプレミアリーグで28試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも9試合に出場するなど、チームの主力としてプレーしている。 しかし、チェルシーが今夏の補強禁止処分を受けた影響で、完全移籍への切り替えが不可能となり、その去就に注目が集まっている。 コバチッチの移籍先には、ゼニトやローマなどが興味を示している中、アトレティコも獲得に興味を示していたという。 しかし、マドリーの役員が「コバチッチは売りに出されていない」とコメント。ライバルクラブへ売る気がないことを示したようだ。 一方で、シーズン途中に指揮官へ復帰したジネディーヌ・ジダン監督は、チーム内に変化をもたらせるとコメント。コバチッチも放出される可能性が高いと予想されている。 チェルシーに残れず、マドリーに残れないとなった場合、コバチッチはどこへ行くのか。少なくとも、アトレティコに行く可能性はなくなったと見て良いだろう。 2019.04.21 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エイバル守護神の好守に苦しむもレマルのゴールで競り勝つ《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第33節でエイバルと対戦し、1-0で勝利した。 ここまで勝ち点65で首位バルセロナと勝ち点差9で2位に付けているアトレティコ。残る試合は6つと、望みはかなり薄いが僅かな可能性をかけて挑む今節は、2-0で勝利した前節のセルタ戦からスタメンを5人変更。DF陣を総入れ替えした他、グリーズマンがベンチ外となった。 まずチャンスを作ったのはアウェイのエイバル。キックオフから最初のプレーで、ボックス内でパスを受けたカルドナが素早く反転してシュートを打つ。 このシュートが枠の左に外れ、ホッと胸を撫で下ろしたアトレティコも8分、敵陣中央のモラタのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。だが、股下を狙ったシュートはGKドミトロビッチのファインセーブに阻まれた。 16分にはトーマスの浮き球パスからモラタがボックスへ侵攻。シュート直前に後ろから倒されたが、ノーファウルの判定。 早くも互いにゴールチャンスが訪れたスペクタクルな試合だったが、その後は停滞。両チームともシュートまで運べず、35分にようやくエイバルのエンリケがボックスの外からシュートを打ったが枠の外に外れた。一方、アトレティコは前半アディショナルタイムのトーマスのシュートがこの試合2本目のシュートとなった。 ゴールレスで迎えた後半、エイバルが最初のセットプレーでビッグチャンスを迎える。47分、ボックスからやや離れた右ハーフスペースからのFK。ホルダンのクロスをエンリケがヘディングシュート。見事にタイミングの合ったシュートだったが、コースを狙いすぎたか枠の左に外れてしまった。 それから3分後、アトレティコにもビッグチャンス。ビトロのスルーパスからボックス左に侵入したモラタが流し込みにかかったが、左足のシュートは惜しくも右に逸れた。53分にはビトロのドリブルのこぼれ球をコケがボックスの外から狙うも、カーブがかけられたシュートはGKに止められた。 55分にアトレティコはコレアを下げてレマルを投入。61分にはビトロに代えてフィリペ・ルイスをピッチへ。70分にはアリアスに代わりカリニッチが入った。 アトレティコは79分のFKの場面。コケが右から上げたクロスにゴディンが反応。フリーで頭で合わせたが、GKドミトロビッチがこの日再三のファインセーブで立ちはだかる。 しかし迎えた85分、ようやくその堅い守備をこじ開けた。右サイドで相手のクリアを跳ね返したアトレティコは、カリニッチからコケにスルーパス。ボックス右に入ったコケから中へ折り返されると、レマルがこれを押し込んでついにネットを揺らした。 こうなるとリーグ最少失点のアトレティコの専門分野。最後まで相手に得点を許さず、らしい試合内容で連勝を収めた。 2019.04.21 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第33節プレビュー】優勝へカウントダウン進むバルサはソシエダと対戦!

先週末に行われた第32節ではチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて主力温存の首位バルセロナ、モチベーションに問題を抱える3位レアル・マドリーの上位2チームが揃って格下相手にドロー。一方、2位のアトレティコ・マドリーが勝利を収めて首位との勝ち点差を縮めた。また、ベティスとの壮絶なセビージャ・ダービーを制したセビージャがヘタフェを抜き4位に浮上している。 前節、2軍で臨んだ最下位ウエスカ戦をゴールレスドローで終えたバルセロナ(勝ち点74)だが、16日に行われたCLではユナイテッドに3-0の快勝を収めて4シーズンぶりのベスト4進出を果たした。そして、ひとまずCLの戦いを忘れて臨むリーガでは10位のレアル・ソシエダ(勝ち点41)を相手に2戦ぶりの白星を目指す。ユナイテッド戦は消耗を強いられるような試合展開を回避したため、今回の試合でも問題なく主力を起用可能だが、来週ミッドウィークにもアラベス戦が開催されるため、この2試合でターンオーバーを行う可能性が高い。その中でCL準決勝で古巣リバプールとの対戦が決定したFWスアレスやMFコウチーニョらのパフォーマンスに注目したい。 前節、残留争い中のセルタ相手にエースFWグリーズマン、FWモラタのゴールで勝ち切ったアトレティコ(勝ち点65)はバルセロナとの勝ち点差を「9」、レアル・マドリー(勝ち点61)との勝ち点差を「4」とした。ただ、現実的にここからの逆転優勝の可能性は低いため、2位死守を最優先に今後を戦いたい。その中で連勝を目指す今節は13位のエイバル(勝ち点40)の敵地に乗り込む。プレッシングの強度が高く[4-4-2]を基本布陣とする比較的似たスタイルを志向するタフな相手に対してきっちり勝ち切りたい。 一方、月曜開催となったレガネス戦を1-1のドローで終えたレアル・マドリーは数人の選手がモチベーションの低下を認めるなど、目標に乏しい消化試合の中で停滞感が漂う。それでも、7位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点46)と対戦する今節はサンティアゴ・ベルナベウでの試合だけにピリッとした試合を見せたいところ。注目は4試合連続ゴール中のFWベンゼマだ。今季ここまでリーガで18ゴール、公式戦27ゴールの元フランス代表FWは残り6試合でリーガ24ゴール、公式戦32ゴールという自己記録更新が懸かっており、現在のマドリーの中で最もモチベーション高くプレーできる選手だ。 また、熾烈なトップ4&ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いではMF柴崎岳を擁する5位のヘタフェ(勝ち点51)と、4位のセビージャ(勝ち点52)の直接対決が行われる。前節、ダービーを制して3連勝中のセビージャが勢いで勝るが、ヘタフェも数的不利を背負った中、土壇場PK弾で前節バジャドリーとドローに持ち込んでおり、好勝負が期待できそうだ。 その2チームの潰し合いを期待する6位のバレンシア(勝ち点49)はビジャレアルとのダービーを制してEL準決勝進出を決めた勢いをもって9位のベティス(勝ち点43)とのタフなアウェイゲームに臨む。さらに、直近4戦未勝利で8位まで順位を落としたMF乾貴士を擁するアラベス(勝ち点45)は降格圏に沈む18位のバジャドリー(勝ち点31)と対戦する。 また、混戦の残留争いにおいては19位のラージョ(勝ち点27)と最下位のウエスカ(勝ち点25)による裏天王山も開催される。 《リーガエスパニョーラ第33節》 ▽4/19(金) 《28:00》 アラベス vs バジャドリー ▽4/20(土) 《20:00》 セルタ vs ジローナ 《23:15》 エイバル vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 ラージョ vs ウエスカ 《27:45》 バルセロナ vs レアル・ソシエダ ▽4/21(日) 《19:00》 レバンテ vs エスパニョール 《21:00》 ヘタフェ vs セビージャ 《23:15》 レアル・マドリー vs ビルバオ 《25:30》 ビジャレアル vs レガネス 《27:45》 ベティス vs バレンシア 2019.04.19 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

散々なジエゴ・コスタ、練習参加を拒否か

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ(30)が暴挙に出たという。スペイン『アス』が報じた。 6日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第31節のバルセロナ戦で退場処分を受け、暴力行為(4試合)と侮辱行為(4試合)による計8試合の出場停止により、今シーズンが終了したジエゴ・コスタ。それに続き、先日に所得隠しの脱税容疑が浮上するなど、散々な最近だ。 そのジエゴ・コスタは18日、トレーニング場に姿を見せたが、ケガをしているわけではないにも関わらず、練習参加を拒否。クラブから8試合の出場停止処分でチームの秩序を乱したとして、懲戒処分を言い渡されたことが原因とみられる。 今シーズンを通じて、ケガなどのコンディション不良に悩まされ、わずか公式戦5得点にとどまったジエゴ・コスタ。2023年6月まで契約を残しているが、今夏の移籍報道もある。 2018年1月に自身の希望を叶えてもらう形でチェルシーから連れ戻してもらったアトレティコ・マドリーに恩義を感じるのであれば、身をわきまえる必要もあると思うが、果たして…。 2019.04.19 11:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース