スールシャールがクラブの補強方針に異議! 「スーパースターよりも…」2019.02.09 19:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が、自身の補強方針を語っている。イギリス『メトロ』が伝えた。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からバトンを渡され、見事にチームを建て直しているスールシャール監督。就任後の公式戦10試合では、9勝1分け無敗という圧倒的な結果を残している。

日増しに評価を高めているスールシャール監督は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン(PSG)を下すことが出来れば、来期以降の正式指揮官に就任することが濃厚だ。ユナイテッドでの将来が見えかけている同監督が、クラブの補強方針を再考する必要があると訴えた。

「(必要なのは)莫大な金額の選手ではない」

「フィットする適切な選手でなくてはならない。個性がチームに適合しているべきだ」

「スーパースターを買うだけではなく、それが問題を解決する方法だ。私たちは急激にチャレンジャーからトップ4になり、そしてチャンピオンになるだろう」

「(ユナイテッドの)選手たちに目を向ければ、彼らが若く大きく成長する時期にあることが分かる」

「だが、私たちには何人かの経験豊富な選手が必要だ。それからステップアップして、(若手が)本当のリーダーになる」

「今はポール(・ポグバ)がその立場で、ジェシー(・リンガード)もだ。彼らは私たちが責任感を期待する年齢であり、ただフラフラするだけの若い少年ではない」
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、週給5000万円でデ・ヘアを誘惑

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)に魅惑的なオファーを用意しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役引退が囁かれている元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと、フランス代表GKアルフォンス・アレオラに代わる守護神を探していると噂されるPSG。フランス方面からの情報では、リールのフランス人GKミケ・メニャンにも関心を寄せているようだが、本命はスペイン代表GKかもしれない。 『デイリー・メール』は『サン』の情報をもとに、PSGがデ・ヘアに週給35万ポンド(約5000万円)のオファーを用意していると報じている。ユナイテッドと2020年までの契約となっているデ・ヘアは、長らくクラブとの交渉を続けているが、デ・ヘアの要求する給与がネックとなり平行線をたどっている模様。その給与というのが週給35万ポンドなのだという。また、PSGは移籍金として6000万ポンド(約86億6000万円)を用意しているようだ。 2011年の加入以降、赤い悪魔の絶対的な守護神として君臨してきたデ・ヘア。だがここ最近はケアレスミスが多く、クラブの不調の波にのまれてしまっている。 2019.04.26 22:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがリシャルリソン獲得を考慮か

マンチェスター・ユナイテッドが、エバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(21)の獲得を考えているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 今夏、少なくない数の選手の入れ替えが予想されるユナイテッド。前線の選手ではこれまでに、ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョや、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチなど錚々たる顔ぶれがリストに挙がっているようだが、最新の情報ではそこにリシャルリソンが加わったようだ。 同選手は昨夏にワトフォードから推定4000万ポンド(当時約58億5000万円)の移籍金でエバートンに加入。ここまでクラブ内トップのリーグ13得点を挙げ、さらに評価を高めている。 先日のエバートン戦では見事なバイシクルシュートを食らったユナイテッドは、昨夏の移籍前から関心を寄せていたようだ。バルセロナやミランも関心を示しているという今夏も争奪戦を繰り広げる模様だ。 2019.04.26 19:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ピックフォードがデ・ヘアを擁護「どんなGKも1試合で判断することはできない」

エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが、ここ数試合ミスが散見されるマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアを擁護している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 長年に渡って世界最高GKの一人として数えられてきたデ・ヘアだが、クラブの不調と共に、ここ最近は本人も調子を落としてきている。 16日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝のバルセロナとのセカンドレグでは、FWリオネル・メッシの何でもない右足のシュートをポロリ。続く21日のプレミアリーグ第35節のエバートン戦では4失点。さらに直近のマンチェスター・シティ戦でも、FWレロイ・ザネの左足のシュートを成す術もなく許してしまった。 だが、「誰だってそんな試合はある」とピックフォードはコメント。「彼は世界最高のGKの1人だよ」とスペイン代表GKを擁護している。 「たった1試合だけでGKを批判することはできない。シーズンを通して、彼がどれだけ優れたGKであるか評価することが出来ると思う」 マンチェスター・ユナイテッドは28日にチェルシーとの大一番を迎える。デ・ヘアは果たして名誉挽回できるだろうか。同胞のGKケパ・アリサバラガとの対決にも注目だ。 2019.04.26 15:41 Fri
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーン糾弾…「ポグバの言葉は空っぽ」

マンチェスター・ユナイテッドOBのロイ・キーン氏がフランス代表MFポール・ポグバを糾弾した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2016年夏にユベントスから復帰したポグバ。昨年末からユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督の再建を語る上で欠かせない選手の1人だ。しかし、シーズンが佳境に差し掛かるに連れて、熱を帯びるレアル・マドリー移籍報道もあってか、パフォーマンスは失速傾向にある。 そのポグバは21日に敵地で0-4の大敗を喫したプレミアリーグ第35節のエバートン戦後、「このユニフォームのために走り、汗をかいて、全力を尽くさなければ」と語り、チームの支柱的存在として声を大に。だが、現役時代にユナイテッドの中盤に君臨した“闘犬”ロイ・キーン氏は不満をぶちまけた。 「彼の言葉は空っぽ。彼自身もその言葉を信じちゃいない。彼は良いチームメイトであろうと話す。そうなりたいのなら、戻って守備も頑張らないとね」 「(0-4で敗れた前節の)エバートン戦で感情的になったと話したが、私が聞いた限り、彼らは試合後、ヘアジェルを投げ合って遊びほうけたみたいだよ。それが熱くなった原因じゃないかな」 「あの男には才能がある。だが、戻らない彼の姿を何度も見た。彼はボディランゲージも口にしたが、両手を挙げているだけ。ユナイテッドにとって、彼は大きな問題だ」 なお、ユナイテッドは24日にホームで行われたプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・シティとのダービーマッチでも0-2の黒星を喫して、直近の公式戦9試合で7敗目。ポグバはユナイテッドをチャンピンズリーグ(CL)出場権かかるトップ4に食い込ませることはできるのだろうか。 2019.04.26 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッドの未来を143億円で襲う?

バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に自信を深めているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 昨年末にオーレ・グンナー・スールシャール監督が到着して以来、ストライカーとしての才能に磨きがかかるラッシュフォード。1年の延長オプションを除けば2020年に現行契約が失効する状況だ。 そのラッシュフォードとユナイテッドは現在、延長交渉中。ユナイテッドは週給30万ポンド(約4300万円)+2024年までの新契約で引き留めを狙っているが、チーム状況が良くないこともあり、進展がない。 バルセロナはその状況を有効活用して、ユナイテッドの未来を強襲する計画を企てている模様。今夏の移籍市場で移籍金1億ポンド(約143億8000万円)で引き抜きを試みることを画策しているとのことだ。 2019.04.26 09:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース