鳥栖、クロアチア人DFカルロ・ブルシッチの獲得を発表! 「新たなチャレンジにとてもワクワク」2019.02.09 14:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サガン鳥栖は9日、クロアチア人DFカルロ・ブルシッチ(26)がFCアシュドッド(イスラエル)から完全移籍で加入することを発表した。背番号は「20」を着用する。母国の名門ディナモ・ザグレブで育ったブルシッチは、セスヴェテ、ロコモティヴァ・ザグレブと国内クラブを渡り歩き、2016年夏に初の海外挑戦の場としてアシュドッドを選んだ。2018-19シーズンはここまで公式戦19試合に出場している。

また、フル代表の経験こそ無いものの、各育成年代のクロアチア代表に選出。183cm、73kgと決して大柄というわけではないが、センターバックだけでなく左サイドバックでもプレー可能だ。

ブルシッチは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆DFカルロ・ブルシッチ
「サガン鳥栖を愛するファン・サポーターの皆さんこんにちは、カルロ・ブルシッチです。サガン鳥栖ファミリーの一員になれたことをとても嬉しく思います。このチャンスを与えてくれたクラブに感謝致します。日本での新たなチャレンジにとてもワクワクしていますし、サガン鳥栖サポーターの素晴らしい応援を背に、全ての試合において全力でプレーすることを約束します。応援よろしくお願いします! 」
コメント
関連ニュース
thumb

8試合を終えて1得点の鳥栖が残留する条件を計算してみたよ!? の巻/倉井史也のJリーグ

先週、最下位の鳥栖でも次から3連勝すれば優勝は夢じゃないって書いたんですけど、その初戦で松本に負けちゃったもんですから、ちょっと心痛くなっちゃって。でもって、鳥栖のファンの人から「うちは8試合を終えてまだ1点しか取ってません。これってどうなんでしょう」っていうメッセージもらっちゃったから、そこについて今週は分析しちゃいましょう。 現在鳥栖の得点率は1試合平均0.125点。このままだと34試合終えて4.25点。これをどこまで上げなきゃいけないか。J1が18チームになった後、自動残留圏である15位のチームはどれくらい点数を上げてるかというと……。 2005年 15位 清水 得点40 2006年 15位 甲府 得点42 2007年 15位 大宮 得点24 2008年 15位 千葉 得点36 2009年 15位 山形 得点32 2010年 15位 神戸 得点37 2011年 15位 浦和 得点36 2012年 15位 新潟 得点29 2013年 15位 甲府 得点30 2014年 15位 清水 得点42 2015年 15位 新潟 得点41 2016年 15位 新潟 得点33 2017年 15位 広島 得点32 2018年 15位 名古屋 得点52 つまり14シーズンの15位チームは平均で36.1点。これに鳥栖が追いつくためには、残り26試合で36点。つまり1試合平均1.4点!! お、そう考えると、何かいけそうな気がしませんか!! ……え? そんなに悲観的にならず……(汗)。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.04.25 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ミズノがトーレス特別仕様のスパイク「MORELIA NEOⅡ F9T」を28日から限定販売!

ミズノは、サッカーシューズ「MORELIA NEO Ⅱ」のフェルナンド・トーレス着用の限定モデル「MORELIA NEOⅡ F9T(モレリアネオツーエフナインティー)」を、4月28日(日)に全国のミズノ品取扱店で発売することを発表した。 「MORELIA NEOⅡ F9T」は、トーレスの試合にかける闘志と、母国スペインのナショナルカラーをイメージしたレッドのカラーを採用。シューズのかかと部分にはイニシャルである「FT」(=Fernando Torres)と背番号「9」の数字が入っており、トーレス仕様の特別なデザインになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190425_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「MORELIA NEOⅡ F9T」は、トーレスの背番号「9」と、プロ契約を結んだ1999年にちなんで、日本国内で999足、グローバルで1999足の数量限定で販売。また、トーレスがスペインA代表で初ゴールを決めた日にあわせて4月28日に発売される。なお、トーレスも4月28日から使用する。 トーレスはこのスパイクについて「スペインのナショナルカラーであるレッド、そして自分のイニシャルとストライカーの証である「9」番を入れてもらいました。自分のこだわりが詰まったこのシューズとともに、さらに得点を狙っていきたいと思います」とコメントしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190425_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 商品名: 「MORELIA NEOⅡ F9T(モレリアネオツーエフナインティ―)」 価格: ¥23,000+税(税込価格:¥24,840) サイズ: 25.0~29.0cm カラー: ホワイト×レッド 素材: 人工皮革(マイクロファイバー)・天然皮革(スコッチガードカンガルーレザー) 質量: 約195g(27.0cm片方) 2019.04.25 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

松本、前田のJ1初ゴールでF・トーレス先発復帰の鳥栖に競り勝つ《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の松本山雅FCvsサガン鳥栖が20日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で松本が勝利した。 直近2試合負けなしの12位・松本(勝ち点8)は、1-1で引き分けた湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更。GK守田に代えてGK村山が先発メンバーに名を連ねた。 ここまで1得点しか奪えていない最下位の鳥栖(勝ち点4)は、0-1で敗れた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを2名変更。藤田、原川に代えてニノ・ガロヴィッチ、フェルナンド・トーレスがスタメンに起用された。 試合はホームの松本が先に試合を動かす。10分、敵陣中央でパウリーニョがボックス左に浮き球ボールを送る。反応した前田がDFを振り切って左足でシュートを放つと、これがGK大久保の頭上を射抜いた。ホームチームが前田のJ1初ゴールで先制する。 追いかける立場となった鳥栖は25分、バイタルエリア右から金崎がボックス右にパス。フェルナンド・トーレスがDFを背負いながらボールを収めると、走り込んできた金崎にリターンパスを送る。右足でシュートを放ったが、ゴール右に外れた。 試合は鳥栖が主導権を握り推移。敵陣深い位置まで侵攻し、クロスを送るが、松本の粘り強い守備の前に決定機を作ることができずに試合を折り返す。 後半、先にチャンスを作ったのは松本。49分、敵陣左サイドの深い位置からパスを受けた高橋諒がワンタッチでボックス内左に侵攻。だが、タッチが大きくなってGK大久保に処理されてしまう。 同点に追いつきたい鳥栖は57分、自陣ハーフウェイライン付近でDFと入れ替わった金崎がフェルナンド・トーレスにパス。そのままボックス手前までドリブルで持ち運んで二対一の局面を作り、並走してきた金崎にパスを送るが、わずかに合わずチャンスを生かせない。 鳥栖は続く65分にも決定機。ショートコーナーからボックス左でボールを受けた金崎がシュートを放つ。だが、ゴールライン上でパウリーニョにクリアされてしまう。 攻勢の鳥栖は徹底的にサイド攻撃を仕掛ける。しかし、クロスの精度を欠いてしまいボックス内の味方とは合わない。この状況を打開すべく84分に最後の交代カードで金崎に代えて豊田を投入する。 最後までパワープレーを試みた鳥栖だったが、ゴールを奪うことができず1-0で終了。勝利した松本はホーム連勝を飾り、3試合負けなしで勝ち点を「11」に伸ばした。対して、敗れたサガン鳥栖は再び得点を奪うことは出来ず、3連敗で最下位を抜け出すことはできなかった。 2019.04.20 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖関心報道のフアンフラン、アトレティコの延長オファーに「回答保留中」

アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表DFフアンフラン(34)が延長オファーの回答保留を認めた。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇や、2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。これまで公式戦通算351試合6ゴール39アシストを誇り、チームを支えてきた。 そんなフアンフランの現行契約間は今シーズン終了まで。いまだ契約延長には至っておらず、サガン鳥栖がフリーでの獲得に興味を示していることも報じられるなど、去就に注目が集まっている。 そんなフアンフランは契約延長のオファーを保留していることを認めた。 「新契約のオファーをもらったが、保留している。今、重要なのは良い形でシーズンを終えることだ」 「アトレティコのオファーからは厚い信頼を感じ取れるけど、決断は簡単じゃない。決心する前に家族と話すつもりだ」 2019.04.14 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

好調・知念がリーグ戦3試合連続ゴール! 鳥栖に競り勝った川崎Fが2勝目《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のサガン鳥栖vs川崎フロンターレが14日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 ここまで1勝1分け4敗で17位に沈む鳥栖(勝ち点4)と、1勝4分け1敗で11位に位置する川崎F(勝ち点7)が激突。前節のベガルタ仙台戦を0-3で敗れ、公式戦3試合勝利がない鳥栖は、仙台戦から先発メンバーを2人変更。カルロ・ブルシッチと福田に代えて原と松岡を起用した。古巣戦となる原川は、[4-4-2]の左サイドで先発している。 一方、前々節の松本山雅FC戦でようやく初白星を手にした川崎Fは、前節のセレッソ大阪戦を1-1で引き分けると、ミッドウィークに行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の蔚山現代FC戦では、試合終了間際に失点し、0-1で敗北。どこか乗り切れない川崎Fは、蔚山戦から6名を変更。蔚山戦で左足を負傷した谷口に加えてマギーニョ、田中、レアンドロ・ダミアンらに代えて舞行龍、馬渡、大島、知念が入った。 共に乗り切れない両者の一戦。試合は開始からホームの鳥栖が攻勢に出る。5分、自陣右サイドからのロングフィードに反応した高橋義希がボックス右手前で舞行龍と入れ替わって侵攻。しかし、ここは飛び出したGKチョン・ソンリョンに阻まれる。 複数人の先発メンバーの切れ替えからか序盤はバタついた川崎Fは、徐々にボールを落ち着かせるが、鳥栖の力強い寄せに苦しむ。一方の鳥栖は、カウンターから谷口不在の最終ラインの裏を突こうと試み、あと一歩のところまで迫るが、シュートまで持ち込むことができない。 互いにチャンスを作れない時間帯が続くと、川崎Fはセットプレーからゴールに迫る。30分、下田からの左CKをゴール前の混戦からこぼれたボールを小林がボックス中央から左足シュート。ゴール右を捉えるも、GK大久保にキャッチされる。対する鳥栖は32分、金崎が高橋秀人の競り合ったボールを拾い、ボックス右からシュート。しかし、ここはGKチョン・ソンリョンも譲らない。 すると38分、鳥栖に前半最大のチャンスが到来。38分、ボックス左外でボールを持った三丸が縦への仕掛けからクロスを供給。これを中央のファーサイドで松岡が頭で合わせる。やや仰け反る体勢でのヘディングシュートは、わずかにゴール上を外れた。 鳥栖ペースで試合を終えると、ここまでやりたいことができていなかった川崎Fが後半立ち上がりに先制する。51分、中盤でパスを受けた大島が前線を見ると、すかさず相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパス。知念が相手と競り合って収めると、そのままボックス右に侵攻し、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。知念はこれでリーグ戦3試合連続ゴール。 川崎Fは先制点をきっかけにパスワークに流動性が生まれる。56分、左サイドからのパスワークからボックス左外に抜け出した下田がGKとDFの間にグラウンダーのクロスを供給。ここに小林が飛び込んだが、わずかに右足は届かず。 追いつきたい鳥栖は71分、松岡と金崎に代えて安庸佑とフェルナンド・トーレスを投入。攻撃の活性化を図る。一方の川崎Fは、下田と馬渡に代えて田中と鈴木を投入し、守備の強度を高める。 追いつきたい鳥栖は88分、ボックス手前でイサック・クエンカが倒されてFKを獲得。これをキッカーの三丸が左足で直接狙うが、クロスバーに嫌われてしまう。 このピンチを凌いだ川崎Fは、巧みにボールをキープしながら時間を消費し、試合をシャットアウト。知念のリーグ戦3試合連続ゴールにより、1-0で勝利した川崎Fがリーグ戦2勝目を挙げた。一方の鳥栖は、これで3試合未勝利となった。 2019.04.14 16:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース