監督批判で物議のイスコ、背中の違和感でダービー欠場2019.02.09 05:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは8日、翌日に敵地で行われるリーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリー戦に向けた招集メンバーを発表した。リーガ4連勝で一気に上位2チームとの勝ち点差を詰めてきた3位のレアル・マドリーは、勝ち点2差で2位に位置するアトレティコとのダービーに臨む。

この重要なビッグマッチに向けてサンティアゴ・ソラーリ監督はキャプテンのDFセルヒオ・ラモス、MFルカ・モドリッチ、FWカリム・ベンゼマなど主力を順当に招集した。

その一方で、招集メンバー外となったのは、すでに負傷離脱が伝えられていたDFヘスス・バジェホ、MFマルコス・ジョレンテの2選手と、7日に自身のSNSで「チームメートと同じようにチャンスを与えられていない」と、監督批判とも取れるコメントを発したMFイスコだった。(DFアルバロ・オドリオソラは戦術的な理由でメンバー外)

ただ、今回のイスコの招集メンバー外は監督批判による懲罰的なものではなく、8日に行われたトレーニングセッションで同選手が背中の痛みを訴えて練習を途中で切り上げたことによる負傷離脱だ。

なお、ソラーリ監督は前日会見の場でイスコのSNSでの発言に対して意見を求められた際に、「プレーヤーはトレーニングで全力を注ぐ必要がある」と、模範的な返答を見せていた。

「フットボールは仕事とタレントだ。トレーニングに全てを捧げて、自らがプレーすべき時にプレー可能な準備をしておく必要がある」

「現在、チームは良い状態で全員(主力)が良い仕事をしている。そして優先すべきはチームだ」

なお、今回のダービーの招集メンバーは以下の通り。

◆レアル・マドリー招集メンバー
GK
ケイロル・ナバス
ティボー・クルトワ
ディエゴ・アルトゥーベ

DF
ダニエル・カルバハル
セルヒオ・ラモス
ラファエル・ヴァラン
ナチョ
マルセロ
セルヒオ・レギロン

MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
カゼミロ
フェデリコ・バルベルデ
マルコ・アセンシオ
ダニ・セバージョス

FW
マリアーノ・ディアス
カリム・ベンゼマ
ガレス・ベイル
ルーカス・バスケス
ヴィニシウス・ジュニオール
コメント
関連ニュース
thumb

アセンシオの移籍なし! 代理人がオファー拒否の過去を明かす

レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(23)に移籍の選択肢はないという。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーの次代を担う存在として期待を集めるアセンシオ。だが、絶対的な地位を確立し切れていない状況もあり、プレミアリーグ勢の関心報道が取り巻いている。だが、本人に移籍の意思はなく、レアル・マドリーも昨年の時点で巨額オファーを蹴った模様だ。 アセンシオの代理人を務めるホラシオ・ガッジョーリ氏は、『ESPN』に対して、次のようにコメント。今夏の大型補強が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督下でのプレー続行を明言した。 「マルコは来シーズンについて考えている。レアル・マドリーで再び優勝することをね」 「昨年、レアル・マドリーは彼に対する1億8000万ユーロ(約223億8000万円)のオファーを拒否した」 「マルコはクラブですごく幸せだと言っており、ただここでの成功を願っている」 2019.04.26 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

3位マドリーと4位ヘタフェの上位対決はゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第34節のヘタフェvsレアル・マドリーが25日に行われ、0-0で終了した。ヘタフェの柴崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節セビージャとの熾烈な4位争いを制したヘタフェ(勝ち点54)が、3位マドリー(勝ち点64)をホームに迎えた一戦。セビージャ戦で17試合ぶりに出場したヘタフェの柴崎は、ベンチスタートなった。 一方、リーグ戦3試合負けなしのマドリーは、ビルバオ戦からスタメンを6人変更。クロースやモドリッチ、マルセロらに代えてベイルやイスコ、バルベルデらが先発に名を連ねた。 試合は開始早々の2分にマドリーにチャンス。イスコのスルーパスに抜け出した好調ベンゼマが、ボックス右からシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。 対するヘタフェは4分、相手バイタルエリア手前でボールを奪ったマティアス・オリベラが素早くロングシュートを放ったが、これはGKケイロル・ナバスがキャッチ。 一進一退の展開が続く中、マドリーは29分にベイルのスルーパスでベンゼマが相手DFの裏に飛び出したが、これはわずにオフサイドの判定。39分にも、カゼミロのロングパスで左サイドを抜け出したベイルがボックス左からダイレクトの折り返しを供給。ベンゼマが左足で合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 後半に入っても主導権を握るマドリーは50分、ボックス右を強引に突破したディアスがシュート。さらに54分には、ボックス手前のカルバハルがミドルシュートでヘタフェゴールに迫ったが、これはGKソリアがキャッチ。 1点が遠いマドリーは、71分にベイルとディアスを下げてルーカス・バスケスとアセンシを投入する2枚替えを敢行。対するヘタフェは、72分にウーゴ・ドゥロを下げてポルティージョをピッチに投入した。 すると直後にチャンスを迎えたのはヘタフェ。73分、スローインからのワンツーを受けたダミアン・スアレスがボックス右から侵入。マイナスの折り返しをモリーナが右足で合わせたが、これはGKケイロル・ナバスが弾く。さらにこぼれ球をマタが狙ったが、再びGKケイロル・ナバスのファインセーブに阻まれた。 マドリーは78分にも、バルベルデを下げてクロースを投入したが、最後までチャンスらしいチャンスが生まれず、試合は0-0のままでタイムアップ。ヘタフェはマドリーに勝ち点3を許さず、着実に1ポイントを積み上げた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=c122lyml2uqz1selysjx4ofe4" async></script> </div> 2019.04.26 06:24 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、ウーデゴール売却の意思なし

今季はフィテッセにレンタル移籍しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)に関して、レアル・マドリーに売却の意思はないようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ストレームスゴトセト時代、神童として名を馳せたウーデゴールは2015年1月に16歳でマドリーと350万ユーロの移籍金で6年契約を締結。だが、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、昨シーズンには日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンへ武者修行に出ていた。 フィテッセでは今季、リーグ戦29試合に出場し6ゴール9アシストをまずまずの成績。すると先日、オランダ『De Telegraaf』が、アヤックスが同選手の獲得を目論んでいると報道。しかし『マルカ』によると、マドリーに売却の意思は全くないという。 とはいえ、マドリーでプレーできるかと言われればそうではないようで、レンタルであれば、アヤックスからのオファーを聞く構えだという。ウーデゴールは「代理人は常にマドリーと連絡を取り合って様々なことを考えてくれている。僕の成長のために何がベストか見極めているところだよ」とコメントしている。 2019.04.25 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナバスorクルトワ…ジダン、守護神の今夏退団を示唆「どちらか一人を選ばなくては…」

レアル・マドリーは今夏、コスタリカ代表GKケイロル・ナバス(32)とベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)のどちらか一方が同クラブを離れる可能性があるようだ。スペイン『エル・エスパニョール』が伝えている。 2014年夏にマドリーに加入し、2015-16シーズンからはレギュラーとしてチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたケイロル・ナバス。しかし、昨夏にチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことで守護神の座から陥落し、フレン・ロペテギ体制、サンティアゴ・ソラーリ体制と共にカップ戦をメインに出場してきた。 一方のクルトワは、鳴り物入りで加入し、第1GKに君臨したが、クラブの不調に引き摺られるように目立ったパフォーマンスを披露できず。良いシーズンは過ごせていない。 そんな中、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が就任すると、クルトワは代表ウィークの負傷も影響し、ジダン体制での出場は未だゼロ。ケイロル・ナバスが守護神を務めてきた。しかし、23日にはクルトワがトレーニングに復帰。25日のリーガエスパニョーラ第34節のヘタフェ戦でどちらがスタメンに名を連ねるのか注目を集めている。 そのヘタフェ戦の前日記者会見に出席したジダン監督は、ケイロル・ナバスとクルトワの両GKの去就について言及。どちらかの選手が退団する可能性があることを示唆している。 「ゴールキーパーが私に来シーズンに向けて移籍したいと言ってくれば、私は理解するだろう。そしてそれが起こる可能性はある」 「私は最近、3人の最高のGKがいると言った。2人の優秀なGKと将来とても有望なGKがいる」 「ケイロル(・ナバス)とティボー(・クルトワ)はとても素晴らしい。しかし、どちらか一人を選ばなくてはならない。そして、どちらの選手がチームにとって良いのかを選ばなくてはいけない時、それは私にとってとても複雑なものになる」 2019.04.25 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン、来季リーガ奪還宣言! 近年のバルサの成功認め「この流れを変えなくてはならない」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、来シーズンのリーガ奪還を目標に掲げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズン、不調に苦しみ、9シーズンぶりの無冠が決定したマドリー。現在、今夏での大型補強の可能性が多く伝えられるなど、9カ月ぶりに復帰したジネディーヌ・ジダン監督の下、来シーズンでの再起に向けて準備が進められている。 そうした中、再建を託されたジダン監督は、来シーズン、第1次政権時に3連覇の偉業を達成したチャンピオンズリーグよりも国内の覇権を奪還することが重要だと主張する。 「我々は33回、リーグタイトルを獲得してきた。バルセロナが優勝したのは何回かな? ただ、近年は彼らの方が上手くいっている。それは祝福すべきだし、認めなくてはいけないね」 「ただ、マドリーについて話すのであれば、我々はより多くのリーグタイトルを持っている。これは自分の身を守るために言っている訳ではない。皆さんが言うように近年はバルセロナの方がリーグで良い成績を残している」 「我々は、この流れを変えなくてはならない。我々は来シーズンを可能な限りベストな状態でリーガをスタートするための準備をしているということを伝えたい。来シーズン、リーガをメインの目標としなければならない」 2019.04.25 11:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース