過密日程のバルサに痛手…アルトゥールが約1カ月の離脱に…2019.02.08 23:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは8日、ブラジル代表MFアルトゥールが左ハムストリングの損傷で3~4週間の離脱になる見込みであることを発表した。アルトゥールは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグのレアル・マドリー戦でフル出場を果たしていたが、同試合か今週の練習中に負傷していた模様だ。

なお、バルセロナは現時点でアルトゥールがリーガエスパニョーラのアスレティック・ビルバオ戦、バジャドリー戦、セビージャ戦の3試合と、19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦のリヨン戦の合計4試合を欠場する可能性が高いことを認めている。

また、27日に行われるコパ・クラシコ第2戦、3月3日のリーガでのクラシコに関しても欠場の可能性があるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

【リーガエスパニョーラ第35節プレビュー】勝利で連覇のバルサはホームでレバンテ戦!

ミッドウィークに行われた第34節では首位のバルセロナがアラベスを破って連覇に王手をかけたが、翌日に行われた試合で2位のアトレティコ・マドリーがバレンシアとの上位対決を制したことで優勝は今節に持ち越しとなった。 来週ミッドウィークにリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝初戦を控える中、連覇に王手をかけたバルセロナ(勝ち点80)は、15位レバンテをホームで迎え撃つ。MFアレーニャ、FWスアレスの2ゴールで勝利したアラベス戦ではFWメッシを60分過ぎに途中投入する温存策を見せたが、今回のホームゲームでは引き続きターンオーバーを採用する可能性が高い。 一方、FWモラタ、FWグリーズマン、FWコレアとアタッカー陣揃い踏みでバレンシアとの打ち合いを3-2で制して辛くもバルセロナの優勝を阻止したアトレティコ(勝ち点71)。前節と異なり先に試合を行う今節だが、敗戦と同時にバルセロナの優勝が決定する条件に変化はない。残留圏ギリギリの17位に低迷するバジャドリー(勝ち点35)をホームで迎え撃つ今回の一戦では守備的に戦う相手に対して、バレンシア戦同様にアタッカー陣が存在感を示せるかがカギになりそうだ。 前節、ヘタフェとの自治州ダービーを渋いゴールレスドローで終えた3位のレアル・マドリー(勝ち点65)は、バルセロナの勝利によって今季の主要タイトル無冠が正式に決定。今季を3位で終えることもほぼ決定し、引き続きモチベーションを保つのが難しい状態で最下位ラージョとの自治州ダービーに臨む。そのラージョは直近のセビージャ戦で0-5の大敗と守備面に大きな問題を抱えており、キャリアハイのゴールを目指すFWベンゼマや来季に向けてアピールしたいアタッカー陣は積極的にゴールを狙いたい。 ヘタフェのMF柴崎岳とアラベスのMF乾貴士という2人の日本人選手は、それぞれレアル・ソシエダ、ビルバオとバスク勢との対戦となる。前々節のセビージャ戦でアピールも直近のレアル・マドリー戦ではプレー機会のなかった柴崎は、連戦ということもあり再び先発のチャンスがあるかもしれない。チームは熾烈な4位争いに身を置いており、セビージャ戦のように点に絡む仕事を見せたい。一方、バルセロナ戦を足首のケガで欠場した乾はビルバオとの自治州ダービーも引き続き欠場となりそうだ。 トップ4争いと残留争いにおいて重要なカードとなりそうなのが、18位のジローナ(勝ち点34)と5位のセビージャ(勝ち点55)の一戦だ。前節、バジャドリーとの直接対決を落として泥沼の6連敗中のジローナだが、今節で勝ち点3を得られれば、一気に降格圏を脱出できる。対してラージョ相手の大勝で勢いづくセビージャは下位相手の連戦で勝ち切って4位浮上を目指したい。 《リーガエスパニョーラ第35節》 ▽4/27(土) 《20:00》 ビルバオ vs アラベス 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs バジャドリー 《25:30》 レガネス vs セルタ 《27:45》 バルセロナ vs レバンテ ▽4/28(日) 《19:00》 バレンシア vs エイバル 《21:00》 ジローナ vs セビージャ 《23:15》 レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《25:30》 ビジャレアル vs ウエスカ 《27:45》 ラージョ vs レアル・マドリー ▽4/29(月) 《28:00》 ベティス vs エスパニョール 2019.04.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リーグ強豪にビダルあり! 「個人8連覇」迫る

バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)が個人8シーズン連続のリーグ制覇に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ビダルは母国クラブのコロコロでプロデビュー後、レバークーゼンやユベントス、バイエルンを渡り歩き、昨夏にバルセロナ入り。熾烈なポジション争いもあって、絶対的な地位こそ確立できていないが、ここまで公式戦46試合2得点5アシストを記録するなど、技巧派の多いチームの中盤で希少なファイターとして存在感を示している。 そのビダルは現在、2011-12シーズンのユベントス時代から「個人リーグ7連覇中」。キャリアを通じて、2007〜2011年まで所属したレバークーゼン時代を除く全てのクラブでリーグ優勝の経験を持ち、現所属のバルセロナが大手をかけるリーガエスパニョーラを制すると、個人としても8シーズン連続のリーグタイトル獲得となる。 なお、2位アトレティコ・マドリーと9ポイント差でリーガエスパニューラ首位に立つバルセロナは今週末の27日、第35節でレバンテをホームに迎え撃つ。 ◆個人リーグ連覇の歩み 2007-08:7位/レバークーゼン(ブンデスリーガ) 2008-09:9位/レバークーゼン(ブンデスリーガ) 2009-10:4位/レバークーゼン(ブンデスリーガ) 2010-11:2位/レバークーゼン(ブンデスリーガ) 2011-12:優勝/ユベントス(セリエA) 2012-13:優勝/ユベントス(セリエA) 2013-14:優勝/ユベントス(セリエA) 2014-15:優勝/ユベントス(セリエA) 2015-16:優勝/バイエルン(ブンデスリーガ) 2016-17:優勝/バイエルン(ブンデスリーガ) 2017-18:優勝/バイエルン(ブンデスリーガ) 2018-19:1位/バルセロナ(リーガエスパニューラ) 2019.04.26 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アザール流失危機のチェルシー、コウチーニョを監視か

チェルシーがバルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)を注視しているという。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 今夏、ベルギー代表MFエデン・アザールにレアル・マドリー移籍の可能性が取り沙汰されるチェルシー。今後2つの移籍市場で補強禁止処分が科されている状況だが、国際サッカー連盟(FIFA)に処分軽減の訴えを起こすと共に、アザールの代役探しに動いている模様だ。 そこで、名前が挙がったのがバルセロナ在籍2年目のコウチーニョ。先日にプレミアリーグ復帰の可能性を否定したが、エルネスト・バルベルデ監督の下で先発の座を確保できておらず、パフォーマンスに対する批判も少なくなく、消化不良のシーズンを過ごしている。 一方で、バルセロナ側は今夏の補強に向け、コウチーニョの年俸1400万ユーロ(約17億4000万円)を浮かせたい意向。そのため、移籍金1億ユーロ(約124億3000万円)以上のオファーが届けば、交渉に応じるプランもあるとみられる。 なお、コウチーニョを巡っては、チェルシーのほか、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているとのことだ。 2019.04.26 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

20歳ムバッペ、恐るべし…! 20歳メッシをゴール数で圧倒

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)の可能性は無限大だ。スペイン『マルカ』がその可能性を指摘した。 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ユベントスでプレーするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大巨塔に代わる次世代のニュー・スターとして、評価が急騰し続けるムバッペ。今シーズンもリーグ・アン最年少で30得点を成し遂げ、活躍はとどまることを知らない。 そのムバッペは20歳の現時点で代表キャリアを含む全公式戦にて、96ゴールをマーク。現フットボール界最高の1人として評されるメッシは同時期、30ゴールだった。また、“欧州最高峰の戦い”チャンピオンズリーグ(CL)でも、ムバッペは既に14ゴールを記録。20歳当時のメッシは11得点だったという。 20歳時点のキャリア得点数だけで比較すれば、その当時のメッシをも凌ぐ数字を叩き出すムバッペ。この先、メッシやC・ロナウドを完全に抜き去り、フットボール界のNo1プレーヤーとして、その名を轟かせる日はそう遠くないかもしれない。 2019.04.26 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッドの未来を143億円で襲う?

バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に自信を深めているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 昨年末にオーレ・グンナー・スールシャール監督が到着して以来、ストライカーとしての才能に磨きがかかるラッシュフォード。1年の延長オプションを除けば2020年に現行契約が失効する状況だ。 そのラッシュフォードとユナイテッドは現在、延長交渉中。ユナイテッドは週給30万ポンド(約4300万円)+2024年までの新契約で引き留めを狙っているが、チーム状況が良くないこともあり、進展がない。 バルセロナはその状況を有効活用して、ユナイテッドの未来を強襲する計画を企てている模様。今夏の移籍市場で移籍金1億ポンド(約143億8000万円)で引き抜きを試みることを画策しているとのことだ。 2019.04.26 09:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース