長崎MF前田悠佑が現役引退「アマチュア選手からプロサッカー選手になり…」2019.02.08 16:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
V・ファーレン長崎は8日、MF前田悠佑(34)が現役を引退し、2月1日付で同クラブの普及インストラクターに就任したことを発表した。前田は2012年、ホンダロックSCから日本フットボールリーグ(JFL)を戦う長崎に加入。それ以来、長崎一筋を貫き、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ13試合、ルヴァンカップ3試合、天皇杯2試合に出場した。

クラブの最古参でもあった前田は、通算ではJ1リーグ13試合、J2リーグ153試合2ゴール、JFL107試合19ゴール、九州リーグ35試合23ゴール、リーグカップ3試合、天皇杯18試合6ゴールの成績を残した。

新たに前田が就くことになった普及インストラクターとは、ホームタウン活動推進とサッカー・スポーツの普及活動を行う業務だ。小学生へ向けた巡回指導やサッカー教室をはじめ、健康教室、障がい者スポーツ、講演、社会貢献活動への取り組みなど、長崎県全域でのサッカーおよびスポーツの指導や講演活動が予定されている。

前田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆MF前田悠佑
「この度、私事ではございますが2018シーズンをもちまして現役を引退する事を決めました」

「アマチュア、プロサッカー選手として12年間プレーしてきました。アマチュア選手からプロサッカー選手になり、その中で、ホンダロックSCではJFL昇格、V・ファーレン長崎ではクラブ初となるJFL優勝、J2昇格、J1昇格を経験出来た事は本当に幸せでした」

「特にJ1昇格を決めた試合で得点を決めたときのスタジアムの雰囲気と声援は今でも決して忘れることができません。そして、どんな時もクラブと私を支えていただいたファン・サポーター、スポンサー、クラブ関係者の皆さま、チームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」

「そして、幼稚園から大学まで指導して下さった方々にはサッカーだけでなく人間として大きく成長させていただきました。時に厳しく、時に優しく私の事を思い愛情を持って指導していいただき本当にありがとうございました」

「最後になりますが、不自由なくサッカーをやらせてくれ、大きな怪我もしない丈夫な身体に産んで育ててくれた両親、娘がいた中で会社員を辞め、私の夢とわがままに最後まで付き合い支えてくれた妻、どんなときも笑顔で迎えてくれパワーを与えてくれた娘と息子に本当に感謝しています。愛してます! 」

「今後とも人との出会いやご縁を大切にし、第2の夢に向かって進んで行きたいと思います。こんな僕を最後まで応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました」

「また、現役引退と同時にV・ファーレン長崎の普及インストラクターとして活動させていただくことになりました。再びV・ファーレン長崎で仕事をする機会をいただき本当に感謝してます。この2ヶ月間本当に色々悩み考えましたが、自分にとって長崎で第2の人生、第2の夢に向かって進む事が1番だと考えました。これからも現役時代と同様、雑草魂を忘れずに1日1日を全力で取り組み、少しでもV・ファーレン長崎の力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪FW呉屋大翔が長崎に期限付き移籍「クラブに感謝しています」

ガンバ大阪は22日、FW呉屋大翔(25)がV・ファーレン長崎に期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2020年1月31日までとなる。なお、呉屋は契約によりG大阪と対戦する全ての公式戦に出場出来ない。 流通経済大柏高校出身の呉屋は関西学院大学に進学。3年連続の関西学生リーグ得点王の肩書をひっさげて2016年にG大阪入団を果たしたものの、度重なるケガに苦しみ、昨年には徳島ヴォルティスに期限付き移籍。今シーズンからG大阪に復帰することが昨年末に発表されたが、再び武者修行に出ることとなった。 呉屋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW呉屋大翔 「長崎に移籍することになりました。まずこのタイミングでの移籍を許してくださったクラブに感謝しています。そして今年僕のユニフォームを買ってくれたファン、サポーターの方たちには期待に応えることが出来ず本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「しかし僕が1人のサッカー選手として考えたときに移籍することがベストの選択だと思いこの決断をしました。少しでも僕の活躍が皆さんの耳に届くように頑張ってきます! 」 2019.03.22 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎退団のDF福田健介が栃木SCに加入「2年間ありがとうございました」

V・ファーレン長崎は22日、契約が満了していたDF福田健介(34)が栃木SCに完全移籍することを発表した。 神奈川県出身の福田は、2017年にヴァンフォーレ甲府から長崎に完全移籍。昨シーズンはYBCルヴァンカップに1試合の醜状に留まった。通算では、明治安田生命J1リーグ44試合、J2リーグ140試合、リーグカップ17試合、天皇杯10試合の出場を記録している。 福田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF福田健介 「栃木SCに移籍することになりました。トラスタで成長した姿を見せれるように栃木SCで頑張ってきます。2年間ありがとうございました」 2019.02.22 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎、九州総合スポーツカレッジのGK古賀貴大を獲得

V・ファーレン長崎は20日、九州総合スポーツカレッジからGK古賀貴大(19)を獲得したことを発表した。背番号は「31」に決定している。 佐賀県出身の古賀は、鳥栖工業高校から九州総合スポーツカレッジに進学。身長191㎝、体重93㎏のゴールキーパーだ。 長崎への加入が決定した古賀は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、V・ファーレン長崎に加入させていただくことになりました古賀貴大です。プロキャリアの第1歩を長崎の地で踏み出せることを大変嬉しく思います。ここまで育ててくれた両親・祖父母や指導者、関わってくれたチームメイトに心から感謝しています。1日でも早くピッチに立ち、V・ファーレン長崎の力になれるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.02.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎退団のGK奥田達朗、新天地は四国リーグに

V・ファーレン長崎は1日、GK奥田達朗(30)が四国リーグの高知ユナイテッドSCに完全移籍することを発表した。 奥田は2011年にサガン鳥栖でプロデビュー後、2017年にジュビロ磐田から長崎に完全移籍。昨年の公式戦で出場がなく、シーズン終了後に契約満了で退団した。移籍先決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「長崎の皆さん! 2019シーズンから高知ユナイテッドSCでプレーすることになりました! なかなかチームが決まらない中、思い悩む事もたくさんありましたが、まだまだサッカーを続けたいという思いからこの決断に至りました。長崎では試合に出ることができず貢献することができませんでしたが、長崎の一員として色々な経験をすることができ本当に感謝しております。高知から、長崎が1年でJ1昇格できるよう応援しています。2年間ありがとうございました!」 2019.02.01 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎、横浜FM退団のGK鈴木彩貴を獲得「マリノスでの経験を長崎の地で」

V・ファーレン長崎は23日、昨シーズン限りで横浜F・マリノスを退団していたGK鈴木彩貴(31)を獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定している。 鈴木は2010年にブラウブリッツ秋田でプロキャリアをスタート後、ギラヴァンツ北九州を経て、2017年から横浜FMでプレー。だが、今シーズンを含め、在籍2年間で出番がなく、昨年12月に契約が満了していた。 長崎への加入が決定した鈴木は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「チームが始動している中での加入になり、チームの皆さんと1日でも早く馴染んで、ファン・サポーターの皆さんに応援して頂けるように頑張っていきたいと思います。2019シーズンの大きな目標であるJ1昇格に向けて全力を尽くします!よろしくお願いいたします!」 ◆横浜F・マリノス 「この度V・ファーレン長崎に移籍する事になりました。マリノスでの経験を長崎の地で、また今後の人生で存分に発揮したいと思います。皆様今後ともよろしくお願い致します」 2019.01.23 12:20 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース