カイセドがPK弾で2戦連発! 格下に2戦連続ウノゼロの辛勝となったラツィオが暫定4位浮上《セリエA》2019.02.08 06:32 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第23節、ラツィオvsエンポリが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが1-0で勝利した。トップ4を争う7位のラツィオ(勝ち点35)が残留を争う17位のエンポリ(勝ち点18)をホームで迎え撃った一戦。

前節、格下フロジノーネ相手の辛勝で連敗をストップしたラツィオは、共にコンディションに不安を抱えるエースのインモービレとルイス・アルベルトがベンチ外となり、コレアとカイセドが縦関係の2トップを組んだ。その一方で、今冬の移籍市場最終日にジェノアから加入したロムロが右ウイングバックの位置でデビューを飾った。

立ち上がりにアチェルビがファーストシュートを放ったラツィオだが、その後はファリアスとカプートの2トップがうまく起点を作るエンポリのカウンターに苦戦。7分にはボックス内に侵入したカプートに決定的なシュートを許すが、ここはGKストラコシャの対応で難を逃れる。

その後はボールを保持しながらも攻め切れないホームチームに対して、守備から攻撃の切り替えで勝るエンポリがやや優勢に試合を運んでいく。しかし、地力で勝るラツィオは最後の局面で仕事をさせない。

すると、前半終了間際の42分には味方からのバックパスの処理にもたついたGKプロベデルに死角からプレッシャーをかけたカイセドが足を蹴られてPKを獲得。これを自ら決めたカイセドが2試合連続ゴールとした。

相手のミスを見逃さない試合巧者の戦いぶりで試合を折り返したラツィオだが、連戦の影響か流れの中ではなかなかピリッとしない。60分には簡単にサイドを崩されてボックス中央のクルティッチに際どいシュートを許すが、これは枠の右に外れた。64分にはロングカウンターに抜け出したコレアに決定機も、ここはシュートを焦った結果、大きく枠外に外してしまう。

時間の経過と共に守勢に回るラツィオはミリンコビッチ=サビッチ、バロン・ベリシャに代えてカタルディ、バデリ、負傷のカイセドに代えてペドロ・ネトと出場機会の少ない選手たちをピッチに送り込み、逃げ切り態勢に入る。そして、試合終盤のエンポリのパワープレーをきっちり凌ぎ切ったラツィオが格下相手の2試合連続ウノゼロの辛勝で暫定ながら4位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

カイセド弾とGKストラコシャのPKストップで快勝のラツィオがCL出場権争い生き残り《セリエA》

ラツィオは17日、セリエA第25節延期分でウディネーゼをホームに迎え、2-0で快勝した。 4日前に行われた前節ミランとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けたシックスポインターを落とした暫定8位のラツィオ(勝ち点49)が、16位ウディネーゼ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 勝利すればCL圏内の4位ミランに3ポイント差に迫れる中、ミラン戦のスタメンから3選手を変更したラツィオは、2トップにインモービレとカイセドを起用した。 そのラツィオが立ち上がりから押し込むと、14分にインモービレのスルーパスでボックス左に侵入したカイセドがGKを強襲するシュートを浴びせた。 その後、20分にCKの流れからバドゥのヘディングシュートがバーを直撃してひやりとしたラツィオだったが、21分に先制した。インモービレのパスを受けたカイセドがボックス左に侵入してGKのニアサイドを破った。 さらに24分、右CKからニアサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせると、ルーズボールがサンドロに当たってゴールに吸い込まれ、ラツィオに追加点が生まれた。 その後もラツィオがボールを握りハーフコートでゲームを進めると、45分にFKの流れからアチェルビがボレーで押し込んだが、VARの末にノーゴールに覆り、2-0で前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ラツィオはルリッチがボックス内でラザーニャを倒してPKを献上する。しかし、キッカーのデ・パウルが枠の右を狙ったシュートをGKストラコシャが止めて、2点のリードを保った。 その後もラツィオがペースを握る中、68分にカイセドに代えてバデリを投入。アタッカーを削って中盤の枚数を増やし、守備の強度を上げにかかった。 78分にはインモービレが決定的なシュートを浴びせて3点目に迫ったラツィオが、終盤にかけてもウディネーゼの反撃を許さずに2-0で快勝。ミランに3ポイント差に迫り、CL出場権争いに生き残っている。 2019.04.18 03:53 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: ミラン 1-0 ラツィオ《セリエA》

セリエA第32節、ミランvsラツィオが13日に行われ、1-0でミランが辛勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190414_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 開始早々のピンチをファインセーブで凌いだ DF 2 カラブリア 5.5 守備面でやられることはなかったが、攻撃面で雑だった (→ラクサール 5.5) 左サイドバックに入って終盤は攻撃面で仕事 22 ムサッキオ 6.5 値千金のPK獲得。守備もそつなし 13 ロマニョーリ 6.0 的確なカバーリングを見せていたが、負傷交代 (→サパタ 6.0) 緊急投入だったが、思いがけぬチャンスメークなど存在感 68 R・ロドリゲス 5.5 守備に重点を置いて破綻を防ぐ。ロマニョーリ負傷後はセンターバックでプレー MF 79 ケシエ 6.0 プレッシャーのかかるPKを決め切って決勝点 14 バカヨコ 6.0 好調を持続。攻守に存在感を示す 10 チャルハノール 5.5 やや軽いプレーも散見されたが、ミドルシュートの意識が高かった FW 8 スソ 5.5 ややボールをこねて攻撃をトーンダウンさせる場面もあったが、ミドルシュートでゴールを狙った 19 ピョンテク 6.0 動きの質は高かった。だが、3戦連続ゴールはならず (→クトローネ -) 11 ボリーニ 5.5 打開するプレーはほぼ見られなかったが、守備はさぼらず 監督 ガットゥーゾ 6.0 押し込み続けて終盤にPKで勝ち切った ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190414_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 スソのミドルシュートを止め、ピョンテクとの一対一も凌いだ DF 3 ルイス・フェリペ 6.0 ボリーニを零封 33 アチェルビ 6.0 守備を統率。安定していた 15 バストス 6.0 対人の強さを見せつけていた (→パローロ -) MF 27 ロムロ 5.5 右サイドで攻守に奮闘 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 ほぼ消えていた 6 ルーカス・レイバ 5.5 中盤のバランスを取った 10 L・アルベルト 5.5 前半はミドルシュートやスルーパスで好機演出 19 ルリッチ 5.5 相変らずの泥臭いプレーでサイドに蓋をした (→ドゥルミジ 4.5) 痛恨のPK献上 FW 17 インモービレ 5.5 入ってもおかしくないシュートを数本打った。後半は消える 11 コレア 5.5 ドリブルでアクセントを付けていたが、後半早々に負傷交代 (→カイセド 5.0) 仕事ができなかった 監督 S・インザーギ 5.5 堅実な守備から一刺しを狙うも、あと一歩及ばず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムサッキオ(ミラン) PK獲得に加え、守備面でもぎりぎりのプレーでピンチを凌いでいた。 ミラン 1-0 ラツィオ 【ミラン】 ケシエ(後34)【PK】 2019.04.14 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

PK弾でラツィオ撃破のミランが5戦ぶり勝利! 4位死守《セリエA》

セリエA第32節、ミランvsラツィオが13日に行われ、1-0でミランが辛勝した。 前節ユベントス戦をピョンテクの2試合連続ゴールで先制したものの、逆転負けして4戦勝利のない4位ミラン(勝ち点52)は、5位アタランタに勝ち点で並ばれ、6位ローマにも1ポイント差に迫られてしまった中、GKドンナルンマとパケタが引き続き欠場となった。 一方、前節サッスオーロ戦をラストプレー弾で何とか引き分け、ここ2試合勝利のない7位ラツィオ(勝ち点49)は、ミランとは消化試合が一つ少ないながら勝利すれば勝ち点で並べる中、ラドゥを除いてベストメンバーで臨んだ。 試合は開始3分、ラツィオに決定機。コレアのドリブルを起点にボックス中央のインモービレがシュート。だが、GKレイナのファインセーブに阻まれた。 早々の失点を免れたミランが押し込む展開で推移していく中、カウンターを狙うラツィオは19分にL・アルベルトがミドルシュートでGKレイナを強襲。続く21分にもコレアのゴール至近距離からのボレーシュートでラツィオがゴールに迫った。 引き続きボールを持つミランは28分、ショートコーナーの流れからケシエがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く31分、ピョンテクの落としをボックス中央で受けたスソが際どいシュートを浴びせた。さらに1分後、カラブリアの右クロスに頭で合わせたピョンテクのシュートはわずかに枠の右に外れる。 ハーフタイムにかけてもミランが押し込む中、42分にチャルハノールがミドルシュートでゴールに迫れば、ラツィオは44分にインモービレがボックス左に侵入して左ポスト直撃のシュートを浴びせるなど、互いにゴールに迫ったものの0-0で前半を終えた。 後半早々、コレアの負傷によりカイセドを投入したラツィオは50分、L・レイバのボレーシュートでゴールに迫るも、前半同様にミランが押し込む展開で推移していく。 しかし、アタッキングサードでの工夫が少なくチャンスを生み出せないミランにアクシデント。ロマニョーリが左足を負傷してプレー続行不可能となり、67分にサパタが投入された。 するとそのサパタが71分にチャンスメーク。中央をドリブルで持ち上がってラストパス。ピョンテクがシュートに持ち込んだが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 76分にはアチェルビの手にクロスボールが当たったとしてミランにPKが与えられるも、身体に手が付いていたとしてVARの末にノーファウルと判定される。しかし78分、ミランに正真正銘のPKが与えられる。ロングボールに反応したムサッキオがボックス内でドゥルミジに倒された。これをケシエが決めてミランが先制に成功した。 終盤はオープンな展開となった中、スソやクトローネが決定的なシュートを放っていったミランだったが、GKストラコシャのセーブもあって追加点は生まれず。それでも1-0で逃げ切り、5試合ぶりの勝利で4位を死守している。 2019.04.14 05:31 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第32節プレビュー】CL出場権を争うミランvsラツィオ開催! ユーベは引き分けで8連覇!

前節はユベントスがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っているミランに競り勝ち、8連覇まであと1ポイントとした。そしてCL出場を争うライバル対決となったインテルとアタランタの上位対決はゴールレスドローに終わり、インテルが3位を堅守している。そして、ローマがサンプドリアに競り勝ち、CL出場権争いに踏みとどまった。迎える第32節、4位ミラン(勝ち点52)と7位ラツィオ(勝ち点49)によるCL出場権を争う上位対決が行われる。 ピョンテクの2試合連続ゴールでユベントスに先制したものの、VARによるPKが取られず痛い敗戦となってしまったミラン。これで4試合勝利のないチームは、5位アタランタに勝ち点で並ばれ、6位ローマにも1ポイント差に迫られてしまった。お尻に火が付いている状況の中、引き続きチームの攻撃を牽引しているピョンテクの活躍に期待が懸かる中、ラツィオとのシックスポインターを制して4位死守となるか。 一方、ルリッチのラストプレー弾でサッスオーロに引き分けるのが精いっぱいだったラツィオは、格下とのここ2戦を1分け1敗で終え躓いてしまった。ラストスパートに向けてもう一度勢いを得たい中、格好の相手となるミランに勝利し、消化試合が一つ少ないアドバンテージを生かしたい。 ケアンのリーグ戦3試合連続ゴールでミランを下した首位ユベントス(勝ち点84)は、16位SPAL(勝ち点32)とのホーム戦で引き分け以上の結果を残せば8連覇決定となる。水曜に行われたアヤックスとのCL準々決勝では猛攻に遭いながらも1-1の引き分けに持ち込んだ中、残留争い真っ只中の相手に勝利し、ホームで8連覇を決められるか。 リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタに0-0で引き分け、3位を堅守したインテル(勝ち点57)は、19位フロジノーネ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦では優勢に試合を進めながらもゴールを奪い切れなかったインテルは、司令塔のブロゾビッチが負傷したのは痛手だが、残留を争う相手を下し、今節も3位堅守へ勝ち点を積み上げられるか。 難所ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦を耐えながらも勝利に持ち込み、連敗を止めた6位ローマ(勝ち点51)は、15位ウディネーゼ(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。ミランの躓きにより1ポイント差にまで迫ったローマは、残留争い中の相手を下して一気に4位浮上を目指したい。 その他、今節はサンプドリアvsジェノアのジェノバ・ダービーが開催される他、17位ボローニャが勝利した時点で最下位キエーボ(勝ち点11)の12シーズンぶりのセリエB降格が決まる。 ◆セリエA第32節 ▽4/13(土) 《22:00》 SPAL vs ユベントス 《25:00》 ローマ vs ウディネーゼ 《27:30》 ミラン vs ラツィオ ▽4/14(日) 《19:30》 トリノ vs カリアリ 《22:00》 フィオレンティーナ vs ボローニャ サッスオーロ vs パルマ サンプドリア vs ジェノア 《25:00》 キエーボ vs ナポリ 《27:30》 フロジノーネ vs インテル ▽4/15(月) 《27:30》 アタランタ vs エンポリ 2019.04.13 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

デカくて上手いミリンコビッチ、目指すは「中盤版のイブラ」?

ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを崇拝した。 ミリンコビッチ=サビッチはデカくて上手い192cmの大型MF。かつてファビオ・カペッロ氏から「中盤版のイブラ」として評されており、ラツィオでの活躍ぶりから近年の移籍市場も賑わせる人気銘柄の1人だ。 そのミリンコビッチ=サビッチは『DAZN』のインタビューで、加熱した昨夏の去就について「ラツィオに残ることはわかっていた」としたなかで、イブラヒモビッチとの比較論についても次のように振り返った。 「選手としても、人としても、イブラヒモビッチが好きだ。そう言われるのは本当に嬉しいよ」 「彼とは体格やテクニック面が似ていて、彼のようにボックス内でヘディングもするからね」 2019.04.13 17:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース