コロンビア代表、元イラン代表指揮官カルロス・ケイロス氏を招へい! 3月に日本と早くも再戦2019.02.07 15:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コロンビアサッカー協会(FCF)は6日、コロンビア代表監督にポルトガル人のカルロス・ケイロス氏(65)が就任することを発表した。7日に就任記者会見が行われる。

これまでポルトガル、UAE、南アフリカ、イランといった代表チームやスポルティング・リスボン、名古屋グランパス、レアル・マドリーといったクラブチームの指揮官を歴任してきたケイロス氏。2011年からはイラン代表で長期政権を築き、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いてきた。

先日に行われたアジアカップでは、グループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。

一方、コロンビア代表監督は、2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督がロシアW杯終了後の9月に退任して以降、空位に。これまではU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていた。
コロンビア代表は、3月22日(金)に日産スタジアムで日本代表と対戦。早くもケイロス監督と日本代表の再戦が実現する。
コメント
関連ニュース
thumb

コパ・アメリカ2020はアルゼンチンとコロンビアの共催で決定

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は9日、来年行われるコパ・アメリカ2020がアルゼンチンとコロンビアの共催で行うことを発表した。 これまで奇数年で開催され、今年もブラジルで行われるコパ・アメリカだが、ユーロと同年に開催した方が盛り上がるとの見解から、2015、2016年大会に続き、2年連続開催となるコパ・アメリカ。立候補していたアルゼンチンとコロンビアが順当に承認された格好だ。 12カ国が参加するコパ・アメリカ2020ではこれまでの3組によるグループステージから2組となり、上位4チームが決勝トーナメントに進出するレギュレーションになるとのことだ。 なお、組み分けも発表されており、コロンビア側がブラジル、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、招待国、アルゼンチン側がチリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、招待国となっている。 2019.04.10 02:40 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国がコロンビア相手に金星! 後半主力投入のコロンビアはケイロス新体制で初黒星…《国際親善試合》

国際親善試合の韓国代表vsコロンビア代表が26日に行われ、韓国が2-1で勝利した。 22日に行われたボリビア代表戦を1-0で辛勝した韓国は、今回の一戦に向けて先発6人を変更。GKにチョ・ヒョヌ、4バックに右からキム・ムンファン、キム・ミンジェ、キム・ヨングォン、ホン・チョル。中盤はアンカーにチョン・ウヨン、2列目にイ・ジェソン、ファン・インボム、イ・チョンヨン。2トップにソン・フンミンとファン・ウィジョが並んだ。 一方、同じく22日に行われた日本代表戦を1-0で勝利したコロンビアはミナとダビンソン・サンチェス、セバスティアン・ビジャの3選手を除く先発8人を変更。GKにアルボレダ、最終ラインに右からオレフエラ、ミナ、D・サンチェス、ボルハ。中盤は右からビジャ、クエジャール、ウリベ、ディアス。2トップにドゥバン・サパタとモレロスが並んだ。 立ち上がりはホームの韓国が押し気味に試合を進めていく。カウンターからソン・フンミンが個人技で続けてフィニッシュに持ち込むと、早い時間帯背に先制点が生まれる。 16分、相手陣内中央でボールを持ったファン・インボムがペナルティアーク付近のファン・ウィジョの足下にすかさず縦パスを通す。ここで素早くターンしたファン・ウィジョがボックス右に走り込むソン・フンミンに繋ぐと、ソン・フンミンの右足の強烈なシュートがGKの腕を弾いてゴールネットに突き刺さった。 この先制点で勢いづく韓国は直後にも先制点と同じような位置でソン・フンミンがシュートを放つが、これは惜しくも左ポストの内側を叩く。この撥ね返りをホン・チョルがゴールへ蹴り込みにかかるが、大きくふかしてしまう。 一方、韓国の素早い攻守の切り替えに苦戦するコロンビアは2トップになかなかボールが収まらず、攻撃の形を作り出せない。それでも、36分にはボックス手前左でボルハが放ったシュートが相手にディフレクトしてゴール右隅を捉えるが、これはGKチョ・ヒョヌが見事な反応ではじき出す。さらに38分にはビジャの右サイドからのアーリークロスにモレロスが飛び込む決定機もあったが、これを決め切れない。すると、前半終了間際には左ハムストリングを痛めたミナがプレー続行不可能となり、ムリージョが緊急投入された。 1点ビハインドで試合を折り返したコロンビアはモレロスを下げてハーフタイム明けにハメス・ロドリゲスをピッチに投入する。だが、立ち上がりの47分にはスルーパスに抜け出したファン・ウィジョにボックス右でGKがかわされて早々の失点というピンチも、ここはファン・ウィジョのシュートがサイドネットを叩く。 すると、直後の49分には相手ボックス内でDFとの球際を制したディアスがボックス左から巧みな右足のコントロールシュートをファーポストに流し込み、代表出場3戦目で初ゴールを決めてみせた。 この同点ゴールで勢いづくコロンビアはハメス・ロドリゲスを起点に一気呵成の攻めを見せるが、先に2点目を奪ったのはまたしても韓国だった。58分、右サイドからカットインしたイ・ジェソンがボックス手前で左足を振り抜くと、ゴール左を捉えたグラウンダーのシュートがGKの手を弾いてネットに吸い込まれた。 再びビハインドを背負ったコロンビアは失点直後にファルカオ、ムリエル、バリオスと主力を続けてピッチに送り込んで反撃を開始。63分と76分にはいずれも中央を個人技でこじ開けたハメス・ロドリゲスが強烈な左足のミドルシュートでゴールに迫るが、相手GKの好守に阻まれる。 一方、逃げ切りを図る韓国はクォン・チャンフン、ナ・サンホ、クォン・ギョンウォンらを続けて投入。後半は押し込まれる状況が続きながらもファン・ウィジョらがカウンターからチャンスを作り出す。 試合終盤にかけてはコロンビアの決死の猛攻が続く。後半アディショナルタイムにはセットプレーの二次攻撃からゴール前のムリージョが強烈なヘディングシュートを放つが、GKチョ・ヒョヌがビッグセーブ。このこぼれ球をハメス・ロドリゲス、ファルカオが続けてフィニッシュに持ち込んでゴールネットを揺らすが、ハメス・ロドリゲスがオフサイドと判断されて土壇場での同点ゴールは認められず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、韓国が格上コロンビア相手に2-1の勝利を収めた。一方、後半の主力投入も実らず競り負けたコロンビアはケイロス新体制で初黒星となった。 2019.03.26 22:03 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「試合を通してインテンシティを高く保てるように」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。試合後の森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは前半、立ち上がりのところでピンチはありましたが、選手たちがアグレッシブに相手のボールホルダーにプレッシャーをかけながら、粘り強く下がりながらボールを奪ったり、良い守備から攻撃へというところで、チャンスを作れたところで得点できなかった部分は、得点がゼロで終わる試合ではなかったと思う」 「後半は相手がプレッシャーをかけてきて前線に起点ができず、ボールを握られ、失点につながったと思っています。そういう意味では試合を通してインテンシティを高くチームとしてできるようにしていきたいと思います」 「それでも、相手に押し込まれている中で代わった選手達が良い準備をして相手のゴールに迫っていけた部分は、今日の試合で結果を求める、勝利にこだわっていくこととともに、色々な選手を試合の中で起用しながら、結果をモノにしようというところだったので。結果はついてきませんでしたが、相手にもう一度圧力をかけることができたのは、最後まで戦い抜くことを選手達がやってくれたと思います」 ――今後、オプションをもたらしてくれそうな選手はいたか 「交代で入ってくれた選手、今日は残念ながら起用できませんでしたけど、練習の中で良いプレーを見せてくれた選手は、この短い期間の中でのトレーニングでも起用したいなと思える選手はいました。実際今日試合を通して、後半、流れがなかなかつかめない中で、流れを引き戻してくれた選手達はやはり力があるなと思います」 「選手層を厚くする、チームとしてのベースアップを図っていかなければ、ここからのアジア予選、将来の代表の強化になっていかないという部分では、今日出た選手は力を見せてくれたと思うし、代表の力になってくれると思っています」 ――ボックス外からのシュートが多く崩し切れなかったと思うが 「崩してペナルティエリアの中に入れなかったという点は指摘の通りだと思います。そこはレベルアップしていかなければいけない。コロンビアは中央の守備が非常に堅かったので、クロスから得点チャンスにつながるような場面を作っていければ良かったと思います」 ――後半、コロンビアが圧力をかけてきて難しくなったと思うが守備の課題は 「攻守に渡ってインテンシティを保つということを試合を通してやっていければと思います。ボールロストをして守備をしなければならない状況が増えたこともあったので、相手のプレッシャーがある中で前線で起点を作ったりすることで対応できればと思います」 ――試合後、どんな声をかけたか 「勝利にこだわってプレーしようということは伝えました。前半のインテンシティを後半も保ってプレーできるようにということ。プレス回避すること。これらができなかったので難しい対応になったということを伝えました。強豪国相手に無失点で乗り切るのは難しいのでゴールを奪っていけるような攻撃を次は見せていこうということを言いました」 ――鈴木武蔵について 「非常に前半良くチャンスに絡んでくれたと思います。ボールを握れない時間帯でも身体を張ってマイボールにしたり、相手に自由にさせないプレーをしてくれたと思います。後半は前半に飛ばしていた影響もあってクオリティが落ちたことがあると思います。そこは今後の課題だと思いますが、前半に見せたスピードやフィジカルの部分は相手に嫌がられる存在だということを示してくれたと思います」 2019.03.23 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

森保ジャパン、今年ホーム一発目黒星 W杯再戦マッチでティグレPK弾に沈む《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 先のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦したコロンビア代表が今年国内初戦の相手となる森保ジャパン。W杯以来約9カ月ぶりの代表復帰で注目を浴びた香川がベンチスタートとなり、大迫不在の1トップとして代表デビューの鈴木を先発に抜擢した。 過去4度の対戦で1勝1分け2敗の日本代表は[4-2-3-1]の布陣を用い、最後尾に東口、最終ラインに右から室屋、冨安、昌子、佐々木を並べ、2ボランチに柴崎、山口を配置。最前線に入った鈴木の後方に堂安、南野、中島を並べて立ち上がった。 ケイロス新体制初陣の相手にキックオフから果敢なプレッシングと縦に鋭い仕掛けを試みた日本代表。早々の4分に自陣右サイドを崩されてムリエルのクロスからビジャにワンタッチシュートを許すが、シュートはクロスバーを叩き、事なきを得る。 冷や汗をかいた日本代表はハメスやファルカオ、ダビンソン・サンチェスら欧州の第一線で活躍するスター選手を先発に並べる相手に真っ向勝負。堂安や南野、中島が積極果敢にシュートを放っていき、コロンビア代表ゴールマウスに襲いかかる。 引かずの戦いを演じる日本代表はA代表デビューの鈴木に見せ場。28分に左サイドから中に絞った中島の縦パスを南野がスルーした場面に続き、36分に中島のクロスからチャンスが巡ってきたが、ヘディングシュートを枠に飛ばせず、不意にする。 前半と同じく後半早々にもピンチを招いた日本代表は63分、途中出場のサパタが放ったシュートを冨安がブロックするが、ハンドを取られて痛恨のPK献上。これをファルカオにゴール左に決められ、コロンビア代表に先制を許してしまう。 反撃に出たい日本代表は65分、鈴木を下げ、代表復帰の香川を投入すると、続く71分に堂安と山口に代えて、乾と小林、79分に南野に代えて代表デビューの鎌田をピッチへ。森保体制下初の面子を試運転しながら同点ゴールを目指す。 そのなか、83分にバイタルエリア左から中島が果敢にゴールを狙っていくが、個人技から放ったゴール左上角を突いた右足シュートは相手GKが横っ飛びのファインセーブ。攻勢の展開に持ち込むが、ゴールマウスをこじ開けることができない。 その後、A代表デビューの安西をピッチに送り出した日本代表だが、最後までゴールが遠く、ティグレのPK弾に泣く形で今年の初戦は黒星。26日に行われる次戦、ノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と激突する。 2019.03.22 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵がワントップで先発起用! 2列目にはお馴染み三銃士《キリンチャンレンジカップ》

本日22日に日産スタジアムでキックオフ(19時20分)を迎えるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 今年1月から2月にかけて行われたアジアカップでは、決勝でカタール代表に敗れ2大会ぶりのアジア王者奪還とはならなかった森保ジャパン。6月に行われるコパ・アメリカ、ひいては2022年のカタール・ワールドカップのアジア予選に向けて、新戦力の発掘も視野に入れた今回の一戦。だが、スタメンはこれまでの顔ぶれとほとんど変わらず、FW鈴木武蔵がワントップで先発起用された。 ◆vsコロンビア 日本代表スタメン GK 東口順昭 DF 佐々木翔 昌子源 室屋成 冨安健洋 MF 山口蛍 柴崎岳 中島翔哉 南野拓実 堂安律 FW 鈴木武蔵 2019.03.22 18:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース