【セリエA第23節プレビュー】レジェンド退団濃厚ナポリはフィオレンティーナとのアウェイ戦2019.02.07 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節行われたローマとミランのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うビッグマッチはローマが優勢に試合を進めながらも、ピョンテクのリーグ移籍後初弾の生まれたミランに1-1の引き分けに持ち込まれた。また、守備の要2枚を欠くユベントスはパルマにホームで3-3の引き分けに持ち込まれ、サンプドリアに快勝したナポリとの勝ち点差は9に戻った。そして、不調が続くインテルは、まさかのリーグ戦2連敗となっている。迎える第23節、木曜に来週セビージャとのヨーロッパリーグ(EL)を控えるラツィオが一足早く登場し、ハムシク退団濃厚の2位ナポリはフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨む。セリエAタイ記録の11試合連続ゴールを決めていたクアリアレッラ擁するサンプドリアに3-0とシャットアウト勝利した2位ナポリ(勝ち点51)。この試合で復帰したハムシクがチームに良い流れをもたらしたが、そのハムシクがまさかの中国電撃移籍が報じられた。ナポリは移籍金の支払い方に難色を示し、交渉を一時停止したようだが、11年半を過ごしたレジェンドが旅立つことが濃厚な中、コッパ・イタリアで準決勝に進出するなど勢いのある9位フィオレンティーナ(勝ち点31)に勝利し、ユベントスにプレッシャーをかけられるか。

キエッリーニとボヌッチを欠いた前節パルマ戦を一時はC・ロナウドのドッピエッタで3-1とリードしながらも追加タイム被弾で3-3の引き分けに持ち込まれた首位ユベントス(勝ち点60)は、11位サッスオーロ(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ここ3戦、まずい試合内容が続いているが、1週間の試合間隔が空いた中、気持ちを切り替えてすっきりとした勝利を掴めるか。

ミハイロビッチ監督が就任したボローニャにホームでまさかの黒星を喫し、痛恨の2連敗となった3位インテル(勝ち点40)は、12位パルマ(勝ち点29)とのアウェイ戦に臨む。2試合連続ノーゴールとイカルディを筆頭に攻撃陣が低調な中、ユベントス相手に3-3の引き分けに持ち込んだパルマ相手にリーグ戦における新年初勝利を収められるか。ここで敗れるようだといよいよスパレッティ監督の首が飛びそうだ。

ピョンテクの公式戦2試合連続ゴールでローマに引き分けた4位ミラン(勝ち点36)は、15位カリアリ(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。完全にミラニスタのハートを鷲掴みにした新エースは、チームを勝利に導く公式戦3戦連発弾を叩き込めるか。

一方、ミラン相手に優勢な試合運びを演じた5位ローマ(勝ち点35)は、金曜に最下位キエーボ(勝ち点9)とのアウェイ戦に臨む。火曜にポルトとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦を控える中、ミラン戦では攻守に修正を見せたローマは、最下位チーム相手にすっきりと勝利してポルト戦に臨みたいところだ。

最後にセビージャとのEL決勝トーナメント1回戦を控えるラツィオは、前節フロジノーネ戦をVARにも助けられながら1-0と辛勝し、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。悪い流れを断ち切った中、17位エンポリ(勝ち点18)とのホーム戦で連勝し、セビージャ戦に臨めるか。

◆セリエA第23節
▽2/7(木)
《28:30》
ラツィオ vs エンポリ

▽2/8(金)
《28:30》
キエーボ vs ローマ

▽2/9(土)
《26:00》
フィオレンティーナ vs ナポリ
《28:30》
パルマ vs インテル

▽2/10(日)
《20:30》
ボローニャ vs ジェノア
《23:00》
アタランタ vs SPAL
トリノ vs ウディネーゼ
サンプドリア vs フロジノーネ
《26:00》
サッスオーロ vs ユベントス
《28:30》
ミラン vs カリアリ
コメント
関連ニュース
thumb

【ELプレビュー】崖っぷちナポリ&長谷部フランクの逆転は? 4強懸けた運命の第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグが18日に開催される。優勝候補同士の直接対決となるナポリvsアーセナルを含め白熱の4試合の展望を紹介していく。 ◆準々決勝2ndレグ◆ ▽4/18(木) 《28:00》 ナポリ vs アーセナル フランクフルト vs ベンフィカ チェルシー vs スラビア・プラハ バレンシア vs ビジャレアル ◆準々決勝1stレグ結果◆ ▽4/11(木) アーセナル 2-0 ナポリ ベンフィカ 4-2 フランクフルト スラビア・プラハ 0-1 チェルシー ビジャレアル 1-3 バレンシア ★逃げ切りか逆転か~ナポリvsアーセナル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今ラウンド屈指の好カードとなったアーセナルvsナポリの優勝候補対決初戦は思わぬ一方的な展開となった。 ホームで圧倒的な強さを誇るアーセナルがキックオフ直後から猛烈なプレッシングでナポリのビルドアップをけん制。その流れから2つのカウンターを繰り出してMFラムジー、DFクリバリのオウンゴールによって30分までに2点のリードを奪った。後半はナポリが盛り返したものの幾つかの決定機を逸してアウェイゴールを奪えぬまま、2-0のスコアでホームチームが先勝を飾った。 アンチェロッティ監督が痛烈に非難した前半の不出来が響いて厳しい状態でサン・パオロでのリターンマッチに臨むことになったナポリだが、先週末のリーグ戦では最下位キエーボを相手に幾つかのポジションでターンオーバーを行い、クリバリの2ゴール、FWミリクのゴールによって敵地で3-1の勝利。公式戦4戦ぶりに白星を取り戻し、アーセナル戦に弾みを付けた。3点差以上を付けての完勝が求められる今回の一戦ではビルドアップの改善と共にチグハグだったアタッキングサードの連携を突き詰めたい。また、アウェイゴールを与えると突破が絶望的となるだけに相手の高速カウンターに対してクリバリらを中心にリスク管理を行いたい。 一方、2-0というスコア以上の内容で会心の勝利を手にしたアーセナルは、15日に行われたワトフォード戦でもFWオーバメヤンの相手GKのミスを誘発するゴールと今季リーグ戦で初となるアウェイゲームでのクリーンシート達成で1-0の勝利を飾った。ただ、同試合では開始10分に先制した直後に相手選手が一発退場となり、80分以上を数的優位で戦いながら多くのピンチを招く辛勝と今回のナポリ戦に向けてやや不安を残す内容に。2点のアドバンテージを持って臨む試合だが脆弱なメンタルを考えれば、守備的に戦いカウンターを狙うスタイルは受け身になり過ぎる危険をはらんでおり、前回対戦のようなアグレッシブなスタイルを選んで相手の心を折るアウェイゴールを奪うような戦い方がベターだ。 ★崖っぷちの長谷部が大逆転に挑む~フランクフルトvsベンフィカ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本勢の希望を一手に引き受けるMF長谷部誠を擁するフランクフルトは、敵地で行われたポルトガルの雄との初戦で厳しい敗戦を喫することに。 前半半ばの20分にDFエンディカのPK献上&一発退場でいきなりアクシデントに見舞われると、前半終了間際には数的不利の中でFWヨビッチの恩返しゴールが生まれて一時同点に追いつく。しかし、その直後に勝ち越しゴールを許すと、後半立ち上がりには19歳の新星FWジョアン・フェリックスに大会最年少でのハットトリックを達成されるなど、一気に点差を広げられた。それでも、元ポルトのFWパシエンシアの意地のゴールによって2つ目のアウェイゴールを奪い、2-4の大敗もわずかな希望を残して初戦を終えた。 ただ、熾烈なトップ4争いに身を置く国内リーグでは再び退場者を出した影響もあり格下アウグスブルクに1-3で敗れて公式戦2連敗に。逆転を目指す今回の一戦に弾みを付けることはできなかった。それでも、ヨビッチやFWレビッチい加えて公式戦2連発中のパシエンシアと攻撃陣の破壊力は抜群だけに逆転突破の可能性は十二分にある。その一方、重要となるのが直近のヴィトーリア戦でも4ゴールを挙げている相手攻撃陣をシャットアウトする守備面の仕事だ。この試合、リベロ起用が見込まれる長谷部には新星フェリックスやかつての同僚FWセフェロビッチらを完封するという難しいタスクが科される。 ★リバプール戦完敗を払しょくできるか~チェルシーvsスラビア・プラハ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>優勝候補筆頭のチェルシーと初のベスト8進出となったスラビア・プラハの初戦は、順当な結果に落ち着いた。 アウェイのチェルシーが主導権を握る形が続いたが、FWジルーら攻撃陣が精彩を欠き0-0のスコアで試合は終盤へと推移。その間にエースのMFアザールらをピッチに送り込んだチェルシーは86分にDFマルコス・アロンソがようやくゴールをこじ開けて思わぬ苦戦を強いられながらも敵地で1-0の先勝。 大きなアドバンテージを手にして圧倒的な強さを誇るスタンフォード・ブリッジに戻ることになったチェルシーだが、直近のリーグ戦ではリバプールとのビッグマッチに0-2のスコアで完敗。さらにDFリュディガーが負傷離脱を強いられるなど、心身共に大きな消耗を強いられている。この敗戦によって1試合消化試合が多い中、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落。来季のCL出場に向けてこのELの重みが強まる中、失うものがないスラビア・プラハ相手にきっちり勝ち切れるか。 ★バレンシア絶対優位で臨む自治州ダービー第2戦~バレンシアvsビジャレアル~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190417_39_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今大会初の同国対決にしてバレンシア自治州ダービーとなったバレンシアvsビジャレアルの初戦は、互いに前半にPKのチャンスを得た中で1ゴールずつを奪い合い試合最終盤へ。このまま引き分け濃厚と思われたが、後半アディショナルタイムにMFヴァス、FWゴンサロ・ゲデスに連続ゴールが生まれてアウェイのバレンシアが3-1で先勝した。 アウェイゴール3つを奪って初戦を制したバレンシアは直近のリーグ戦でもレバンテとのバレンシア・ダービーに3-1で快勝。CL出場圏内の4位セビージャと勝ち点3差の6位をキープ。ゲデスが2戦連発中とここに来てトップフォームを取り戻しており、今回のメスタージャでの一戦でも活躍が期待される。 対するビジャレアルは逆転突破に3点差以上の勝利が必要と厳しい立場に立たされているが、直近のジローナ戦ではFWチュクウェゼのゴールを最後まで守り切って公式戦5試合ぶりの白星を手にするとともに、15位に浮上して降格圏を脱出。依然として厳しい残留争いに巻き込まれているが、良い精神状態で今回の第2戦に臨めるはずだ。 2019.04.18 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレス代理人が今夏の去就について言及「何も除外していない」

アーセナルのスペイン人MFデニス・スアレス(24)の代理人が去就についてコメントした。イギリス『ミラー』が伝えている。 デニス・スアレスは2010年にセルタでプロデビュー後、マンチェスター・シティを経て、2013年夏にバルセロナに加入。その後、セビージャやビジャレアルでプレーした後、2016年夏にバルセロナが買い戻しオプションを行使して復帰を果たした。 しかし、出番に恵まれず今冬に買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに活躍の場を移したが、アーセナルでもフィットできておらず、プレミアリーグ4試合で67分しか出場していない。そのため、アーセナルが今夏に完全移籍で獲得する可能性は低いと見られている。 そうした中で同選手代理人であるグエンデ氏が、イタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』で今夏の去就について言及した。 「彼はバルセロナとの契約が2年残っている。イングランドで彼はベストな姿を見せられていない。ほとんどプレーしていないから、リズムを見い出せていないんだ」 一方で、ナポリからの関心については「ナポリ? 移籍市場について話すのはもう少し後だが、、何も除外していない」とコメントを残している。 2019.04.17 18:43 Wed
twitterfacebook
thumb

クリバリ2発のナポリが快勝で今節でのユーベの8連覇を阻止! 敗れたキエーボは12季ぶりセリエB降格《セリエA》

ナポリは14日、セリエA第32節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ジェノア戦を1-1で引き分けた2位ナポリ(勝ち点64)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアーセナル戦を0-2で完敗した。公式戦3試合勝利がないナポリは、この試合で勝利を逃すとユベントスの8連覇が決まる中、アーセナル戦のスタメンから4選手を変更。アラン、GKメレト、ディフェンスラインの2枚を入れ替えてミリクやGKオスピナらをスタメンで起用した。 勝利を逃すと12シーズンぶりのセリエB降格が決まる最下位キエーボ(勝ち点11)がアグレッシブな入りを見せてきたのに対し、受け止めたナポリは15分に先制する。メルテンスの左CKをニアサイドのクリバリが頭で押し込んだ。 失点を受けてさらに前がかるキエーボに対し、ナポリは27分に追加点のチャンス。しかし、ファビアン・ルイスの左クロスに合わせたミリクのヘディングシュートは枠を捉えきれなかった。 その後はナポリが試合をコントロールする中、前半終了間際の45分、ファビアン・ルイスがミドルシュートを狙ったが枠を外れ、1点のリードで後半へ折り返した。 迎えた後半もナポリがボールを保持して試合を支配する中、62分に追加点のチャンス。しかし、インシーニェのパスに合わせたミリクのボレーシュートは枠を捉えきれなかった。 それでも64分、中央でパスを受けたミリクのミドルシュートがゴール左に決まってリードを広げたナポリは、インシーニェをお役御免としアランを投入。 そして81分、右CKの流れからファーサイドのクリバリが左足で蹴り込んで3点目を決めたナポリが快勝。公式戦4試合ぶりの勝利を手にし、ユベントスの今節での8連覇を阻んでいる。一方、敗れたキエーボはセリエBの降格が決まった。 2019.04.15 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

今度はアーセナル…快勝の裏でナポリDFクリバリへの人種差別が発覚しクラブが調査

今度はアーセナルサポーターが問題を起こしたようだ。イギリス『BBC』が人種差別があったと報じた。 事件は11日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのナポリ戦。ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、人種差別的な虐待があったと報じられている。 『BBC』によると、問題はソーシャルメディア上の動画に映っていたとのこと。2-0とナポリを下した後に撮影されたとみられる動画で、クリバリへの人種差別的な発言が見られたようだ。 なお、この件に関しては、アーセナルも調査をスタートさせており、クラブとして人種差別を行う者を許容しないという強い姿勢を示している。 「我々はこの手の人種差別的な言葉の使用を完全に非難する」 「我々は犯人を特定するための調査を開始した。我々はこれらに対しゼロ・トレランス(不寛容)のアプローチをとっており、このような行動をとる人はアーセナルでは歓迎されておらず、試合から締め出されます」 「我々はアーセナルファミリーの一員であるファンの多様なコミュニティがあり、エミレーツ・スタジアムではこのような事件は珍しいです」 「我々はサポーターがそのような事件に対して、スチュワードやアラートサービスを利用して報告することを勧めます」 ここ最近では、チェルシーサポーターがリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーに対して人種差別を行い、特定された3名はスラビア・プラハ戦の観戦を禁じられていた。 また、ここ数カ月の間にイングランドでは人種差別が頻発。昨年12月には、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがバナナを投げつけられる事件もあった。 様々なクラブで発生する人種差別。アフリカ系の選手への人種差別が横行しているが、アーセナルにはオーバメヤンの他にもMFモハメド・エルネニー(エジプト)、FWアレックス・イウォビ(ナイジェリア)とアフリカの選手が在籍しており、過去にも多くのアフリカの選手がプレーしてきた。 人種差別を根絶することは中々難しいことではあるが、クラブが勧めるように同じサポーター仲間が通報するという残念な対応が必要なのかもしれない。 2019.04.12 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ、古巣ナポリへエール! 「逆転できる」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが古巣のナポリにエールを送った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリは、11日にホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでアーセナルと対戦。14分にMFアーロン・ラムジーのゴールで先制を許すと、25分にDFカリドゥ・クリバリのオウンゴールで0-2の敗戦を喫した。 だが、昨シーズンまでナポリでプレーしたジョルジーニョは『スカイ・スポーツ・イタリア』で「彼らなら逆転できる」とエール。決勝戦でナポリvsチェルシーの対戦カードが実現することを望んでいる。 「まだ終わっていないよ。ナポリにはまだチャンスがある。サンパオロでの戦いが残っている。それが重要な役割を果たしてくれるだろうし、彼らなら逆転できる」 「バクー(決勝戦の舞台)で彼らと対峙することは夢だね」 なお、チェルシーは同日にアウェイ行われたEL準々決勝1stレグでスラビア・プラハに1-0で先勝している。 2019.04.12 20:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース