シティ、今季絶望と見られていたブラーボがノックアウトラウンドのメンバーリスト入り!《CL》2019.02.06 02:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは5日、チャンピオンズリーグ(CL)のノックアウトラウンドのメンバーリストを発表した。ノックアウトラウンドから新たにチリ代表GKクラウディオ・ブラーボがメンバーリストに入った。

ブラーボは昨年8月に左足のアキレス腱を断裂。今季絶望と報じられていたが、復帰の目処が立ったようだ。代わって元フランス代表DFエリアキム・マンガラがメンバー漏れとなった。

シティは決勝トーナメント1回戦でシャルケと対戦。1stレグは20日に敵地で開催される。
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ、激化する優勝争いに「落ち着いて過ごすのは困難」

リバプールのユルゲン・クロップが、プレミアリーグの優勝争いについて言及している。イギリス『talkSPORT』が報じた。 リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦。アウェイに乗り込んだ試合は56分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが先制ゴールを奪うと、続く81分にMFジェームズ・ミルナーがPKのチャンスをしっかりと決めて2-0で勝利した。 この結果、勝ち点を「88」に伸ばしたリバプールは1試合消化が多いものの、再びマンチェスター・シティ(勝ち点86)を抜いて暫定首位に浮上。タイトル争いが刻々と佳境に近づくことでよりプレッシャーが強まるなかの一戦だったが、クロップ監督は試合後、安堵の様子を浮かべた。 「これがプレミアリーグだ。イースター(復活祭)なのに、どこにもプレゼントさえない!」 「難しいことは理解していた。前半は決定機がいくつかあったが、ゴールを決めることはできなかった。そして、後半にセットプレーからゴールが奪えたよ」 「これは素晴らしいことだ。選手たちはこのような展開にとても慣れていた。この日のように全てが簡単ではない。対戦相手も守り方、乾いたピッチ、暑い天気などにイライラしてはならないことをね」 「我々は非常に成熟しているように見えた。とても重要なことだ。こんな状況では忍耐強く落ち着いて過ごすのは困難なことなんだ」 2019.04.22 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーのヤヤ・トゥーレ、アジア上陸か 現役続行を表明!

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が現役続行の意思を表明した。 昨年12月にオリンピアコスを退団したヤヤ・トゥーレ。かつてモナコ、バルセロナ、マンチェスター・シティに籍を置き、過去4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇るが、オリンピアコスを退団して以来、新天地は決まっていない。 そうした状況もあり、引退説も取り巻くヤヤ・トゥーレだが、まだ現役を続ける意向だという。イギリス『BBC』で去就について問われると、次のようにコメント。アジア上陸の可能性も示唆した。 「誰も僕をフットボール選手から退かせることはできない」 「今は自分のために重要な休養を取ることを決めただけ。選択肢を慎重に比較、検討することがすごく大切だ。まだ2,3年はやれる。だから、引退はないよ」 「(どこでプレーしたいか?) アメリカや中東、アジアはどうかな? 来シーズンのことを決断するだけの時間はある」 2019.04.22 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、”ロベリ”後釜にザネの獲得を検討か

バイエルンが、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2016年にシャルケからシティに加入したザネ。今シーズンもここまで公式戦43試合で15ゴール18アシストと圧巻の数字を残しており、シティの強力攻撃ユニットの一角を担っている。 だが、2020年までの現行契約に関して延長交渉が難航しているザネに関しては今シーズン限りでのシティ退団の可能性が指摘されている。この状況を注視しているのがドイツ王者のようだ。 バイエルンでは、長年に渡って両翼を担ってきた元フランス代表MFフランク・リベリと、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの今シーズン限りでの退団が有力となっている。そして、その後釜としてザネに関心を寄せているという。 また、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「かつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と、今夏の移籍市場に向けて2億ユーロ(約251億円)の資金を準備していることを明言している。果たして、"ロベリ"の後釜としてザネの獲得に動くのか注目が集まる。 2019.04.21 22:43 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、アルゼンチンの17歳新星FW獲得に関心か

マンチェスター・シティがアルゼンチンの17歳新星の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、現在シティが獲得に関心を示しているのはベレス・サルスフィエルドに所属するU-20アルゼンチン代表FWティアゴ・アルマダ(17)。 今月末に18歳の誕生日を迎えるアルマダは昨年8月にベレスでトップチームデビューを飾った右利きの新進気鋭のアタッカーだ。今季ここまではリーグ戦16試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 170cmと小柄で線の細さも目立つアルマダだが、爆発的な加速力や抜群のテクニックを生かした小回りの利くドリブル、プレースキッカーも務める右足の精度は、アルゼンチン国内で高く評価されており、FWリオネル・メッシやFWセルヒオ・アグエロらの後継を担う大器として大きな期待を背負っている。 『サン』が“ニューメッシ”と評するアルマダの獲得に向けてシティは、2000万ポンド(約29億円)の高額オファーを準備している模様。また、今後国際サッカー連盟(FIFA)からの補強禁止処分の可能性も伝えられているが、その場合は系列クラブのジローナへのレンタル移籍や同クラブを窓口に使うプランを持っているようだ。 2019.04.21 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

フォーデン、チーム救うプレミア初ゴールに「僕の中で永遠に生き続ける」

マンチェスター・シティのU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンがトッテナム戦で決めたプレミアリーグ初ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが18歳の新星のコメントを伝えた。 シティは20日、プレミアリーグ第35節で3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で敗退を喫したトッテナムと中2日で再戦。試合は開始直後の5分にMFベルナルド・シウバの右サイドからの浮き球クロスをファーサイドのFWセルヒオ・アグエロが丁寧に頭で折り返すと、これをフォーデンがダイビングヘッドで流し込み、先制に成功。その後、このリードを最後まで守り切ったホームチームが1-0で勝利。CLでのリベンジを果たすと共にリーグ10連勝を果たしてリバプールを抜き暫定首位に浮上している。 MFダビド・シルバ、MFレロイ・ザネ、MFリヤド・マフレズら実績十分のスタープレーヤーを押しのけて重要なビッグマッチで2度目のリーグ戦スタメンに抜擢された中、チームを救う貴重なゴールを記録した18歳は同試合後のインタビューで喜びを噛み締めた。 「まだ実感は湧いていないんだ」 「ゴールシーンではクン(アグエロ)が素晴らしいお膳立てをしてくれたんだ。僕は幸運なことにゴールライン付近に詰めていた。自分のゴールを通じてチームを助けられたことが何より嬉しいよ」 「僕にとって初めてのプレミアリーグのゴールだ。僕の中で永遠に生き続けるはずさ」 また、連覇に向けて重要な上位との一戦で今季2度目のプレミアリーグ先発となったフォーデンは、「(先発は)少し驚いたけど、準備はできていたよ。僕たちは残りのリーグ戦をすべて勝たなければいかないことを理解している。そして、ひとつずつ勝ちを積み重ねれば、最後に何が起きるかもね」と語っている。 2019.04.21 16:01 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース