神戸一筋19年のDF北本久仁衛がタイのシモークFCへ完全移籍「神戸は自分にとって心のクラブ」2019.02.05 16:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は5日、2018シーズン限りで退団したDF北本久仁衛(37)がタイのシモークFCへと完全移籍することを発表した。

北本は、奈良育英高校から2000年に神戸へと入団。ここまで神戸一筋19シーズンの在籍で、J1通算341試合出場11得点、J2通算53試合出場5得点、リーグカップ通算60試合出場、天皇杯通算31試合出場8得点を記録していた。

2018シーズンは、チームが変革期を迎える中リーグ戦1試合の出場に終わっていた。北本はクラブを通じてコメントしている。

「神戸ファンの皆様、長きに渡り応援していただいてありがとうございました。皆様の力強い応援を背中に試合をするのは本当に何ものにも代えられない最大の喜びでした」

「三木谷会長、本社スタッフ、現場スタッフ、メディカルスタッフ、用具スタッフ、ずっと長くクラブハウスを掃除してくれた方達、そしてずっと苦楽を共にした今までのチームメイト、本当にありがとうございました」

「チームからクラブスタッフの役職を誘っていただきましたが、まだ現役にこだわりたい気持ちがあり辞退させてもらいました。そして神戸を離れる事を決めた時、何か今まで経験した事のない未知の体験、経験をしたいと思いました。それが今回のタイ移籍になりました。ティーラトン選手が誘ってくれて、色々サポートしてもらい今回の移籍を決めました」

「急な話でサポーターの方への挨拶ができずにすみません。クラブとも話して、日本に戻ってくるタイミングで何かできないかと考えています。神戸は自分にとって心のクラブです。大好きな神戸が今年、目標であるタイトル、ACL出場権を獲得する事、そして益々発展していく事を心から願っています。19年間ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ化推進の神戸、主将アンドレス・イニエスタの下で再出発!

ヴィッセル神戸は23日、キャプテン人事を発表した。 新キャプテンは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに決定。DF西大伍とMF山口蛍の両日本代表選手が副キャプテンとして、アンドレス・イニエスタをフォローする。 キャプテンの座を巡っては監督交代決定の17日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身のツイッター(@Podolski10)で降板を報告。それ以来、主将不在だった。 3連敗中の神戸は現在、明治安田生命J1リーグ11位。24日に敵地でYBCルヴァンカップのセレッソ大阪戦に臨み、続く28日のJ1リーグ第9節で川崎フロンターレをホームに迎え撃つ。 2019.04.23 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸のDF藤谷壮が左外側ハムストリング肉離れ…全治は最大10週間

ヴィッセル神戸は23日、DF藤谷壮が左外側ハムストリング肉離れと診断されたことを発表した。全治は約8週間から10週間。 藤谷は、10日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ第3節、大分トリニータ戦(0-2で敗戦)に先発出場。しかし、試合終了後、ピッチに横たわり、整列に加わることができず、担架で運ばれていた。 神戸下部組織出身の藤谷は、2016年にトップチーム昇格。今シーズンはYBCルヴァンカップに3試合出場している。 2019.04.23 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和が本拠初白星! 興梠PK弾で激動の神戸破る《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日に埼玉スタジアム2002で行われ、浦和レッズがヴィッセル神戸に1-0で勝利した。 浦和は3試合ぶりの勝利を手にした前節と同じ先発メンバーを継続起用。電撃的な監督交代で衝撃が走った神戸はキム・スンギュが5試合ぶりの先発メンバー入りを果たしたが、アンドレス・イニエスタとダビド・ビジャが欠場した。 試合は8分、バックパスを受けようとした大崎のスリップに乗じてボールをかっさらった興梠がボックス右まで持ち込むと、ダンクレーのファウルを受けてPKのチャンス。これを興梠自らゴール右隅に決め、浦和が先制する。 ミスから早々に失点した神戸はボールの主導権を握る展開に持ち込むが、人数をかけて自陣にブロックを固めて対応してくる浦和の守りに苦戦。幾度かシュートに持ち込むが、決定機らしい決定機を作りだせず、攻めあぐねる。 迎えた後半も神戸がボールを支配する展開で進むが、浦和が前半と同様、タイトな守りからの速攻で応戦。武藤が早々にシュートを放っていくなど、執拗以上に神戸に流れを明け渡すことなく、安定したゲーム運びを続ける。 何とか早い段階で追いつきたい神戸は54分、セットプレーの流れからゴール前に残っていた大崎に決定的な場面。だが、ゴールマウスから近い位置で放ったシュートは大きく枠を外れ、神戸は同点のチャンスを逃してしまう。 その後も神戸がより攻勢を強めていくなか、浦和は57分に負傷の橋岡とエヴェルトンに代えて、宇賀神と長澤を投入。続く71分、最後のカードで柏木を下げてマルティノスをピッチに送り込み、守勢続く展開からの脱却を図る。 攻勢続く神戸はルーカス・ポドルスキや小川、三原を下げ、田中や増山、初瀬を立て続けにピッチに送り込むが、浦和がシーズン2度目の2連勝を飾ると共に4戦目にしてホーム初白星。神戸は監督交代実らず、3連敗となった。 2019.04.20 14:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「Rakuten Cup」の発表会見に登場したアビダル氏、イニエスタら所属の神戸は「我々にとっても意義深い」

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の発表記者会見が行われた。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 記者会見に登壇した元バルセロナの選手で、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が今回の来日についてコメント。Rakuten Cupを楽しみにしていると共に、バルセロナのフィロソフィーを日本に伝えたいと語った。 ◆エリック・アビダル氏(FCバルセロナ) 「こんばんは。我々のパートナーである楽天様とともに、FCバルセロナジャパンツアー2019の発表をできることを大変嬉しく思います」 「楽天とのパートナー関係は2年前にスタートしました。サッカーだけのパートナーではありません。私たちにとっては共通の価値観である、敬意、チームワーク、そして野心を秘めた関係性です」 「今年の夏、チェルシー、そしてヴィッセル神戸と素晴らしい試合をできることを期待しています。プレシーズンにおいて、このような大きなチームとの対戦というのは非常に重要なことです。チャンピオンズリーグで活躍をしていく上でも非常に重要です」 「チェルシーとの試合は、非常に重要でありますし、ヴィッセルとの試合は元FCバルセロナの選手3名が現在ヴィッセルに所属しています。我々のプレーの仕方、哲学をよく理解している選手がヴィッセルに居るということは、我々にとっても意義深いことです」 「おそらく、日本のチームにバルサウェイを伝えて、ユースチームやアカデミーにとっても、バルサのプレーの仕方を伝えていくという一環でしょう。バルセロナは楽天とのパートナーシップを通じて、我々のスタイルを日本に伝えたいと思います」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190418_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div> 「また、日本というのは、我々にとって、すでに家のようなものです。すでに4つのアカデミーを持っているからです。全てのアカデミーでのコーチは、バルセロナで教育を受けています。ローカルコーチ、日本のコーチにバルセロナでの哲学、プレースタイルを伝えることによって、我々にとって日本にいるファンのみなさまと近づき、バルセロナの経験、価値観を体験していただきたいと思います」 「そして、楽天の皆さんには心から感謝したいと思います。我々のこのコラボレーションに大きな貢献をいただき、ここ日本に来日する機会を与えてくださってありがとうございます。2015年以来の来日となります。2019年夏、東京で神戸で皆さんと会えることを楽しみにしています」 2019.04.18 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがチェルシー、ヴィッセル神戸と「Rakuten Cup」で7月に日本で対戦

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の開催概要が発表。バルセロナ、ヴィッセル神戸、チェルシーが参加することを発表した。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4に勝ち上がっているバルセロナと、ヨーロッパリーグでベスト8に勝ち上がっているチェルシーが日本で対戦するのは初めてのこと。また、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは神戸の選手として初めてバルセロナと対戦することとなる。 記者会見には、楽天株式会社の代表取締役兼社長であり、ヴィッセル神戸のオーナーである三木谷浩史氏、また現役時代はバルセロナやフランス代表として活躍し、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が登壇。また、チェルシーのブルース・バック会長はビデオメッセージでコメントした。 2019.04.18 18:05 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース