ハムシク、盟友にラストユニ贈る…P・カンナバーロは別れのメッセージ2019.02.04 16:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国超級の大連一方への移籍が近づいているナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシクが、サンプドリア戦で着たユニフォームをかつての同僚パオロ・カンナバーロに贈っていたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。大連一方への移籍が時間の問題となっているハムシクは2日に行われたセリエA第22節のサンプドリア戦に先発出場した。3-0で勝利した後、その試合で着用したユニフォームをかつての同僚で、昨年サッスオーロで引退したP・カンナバーロに贈っていたことが分かった。

ナポリの下部組織出身であるP・カンナバーロは1999年に一度ナポリを離れるものの、2006年に復帰。サッスオーロに移籍する2014年までプレーした。その間、2007年に加入してきたハムシクとは7年間ともに過ごし、2011-12シーズンにはコッパ・イタリアを制した。

盟友ハムシクからプレゼントを受け取ったP・カンナバーロは自身のインスタグラムにユニフォーム写真を投稿し、以下のように綴っている。

「残念なことに、ナポリファンが決して望んでいなかった日がやってきてしまった。人生では全てのことに始まりと終わりがある。しかし、誰もがこの間に成し遂げられるものがある」

「最終的に、選手たちが築いた時代は何年もすれば忘れ去られてしまうもの。しかし、一つだけ確かなものがる。“マレク・ハムシク”という名前は、我々の街の小さな路地にいつまでも鳴り響くだろう」

「たくさんの感動と、多くの愛情のこもった最後のユニフォームをありがとう」
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ、インシーニェ獲得報道を完全否定 「交渉を行う可能性さえない」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)獲得報道を完全否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が公式会見での同監督のコメントを伝えている。 今週に入ってナポリ退団の可能性が伝えられているインシーニェに関してはチェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、インテルといった数々のビッグクラブが獲得に関心を示しているといわれる。 その中でイギリス『デイリー・ミラー』など一部国内メディアはリバプールが獲得レースをリードしていると報じていた。 この一件に関する質問を受けたクロップ監督は、クラブがインシーニェの獲得に動く可能性はないと真っ向から否定している。 「我々はロレンツォ・インシーニェとサインしない。彼は非常に良いプレーヤーだが、ナポリと長期契約を結んでいるし、我々は交渉を行う可能性さえない」 また、クロップ監督は今夏の補強プランに関しても言及。今夏クラブが大型補強に打って出る可能性は低いと主張している。 「多くの人たちを興奮させるような移籍の可能性はないと思う。実際、我々の仕事はチームを改善することだ。日々のトレーニングこそが最善の方法だ。もちろん、誰かを獲得する必要があれば、そうするつもりだ」 「現在のチームはかなりバランスが取れている。我々のプランは一般大衆に向けたものではない。リバプールにとって最大規模の移籍市場になるかって? おそらく、そうはならない。逆に、私がそうだと答えれば、それはサプライズに感じるはずだよ」 2019.04.25 23:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ一筋インシーニェ争奪戦はリバプールがリード?

リバプールが、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾って以降、クラブ一筋を貫いてきたインシーニェ。しかし、これまで様々な移籍の噂が取り上げられてきた中で、同選手が昨年にミノ・ライオラ氏に代理人を変更したことや移籍を希望しているという旨の記事も飛び出したことで、退団の可能性が浮上している。 また、インシーニェは先日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアーセナル戦(2戦合計スコア0-3で敗退)で、60分にベンチに下げたカルロ・アンチェロッティ監督の采配に不満を呈した。これが原因で選手と指揮官の関係が壊れつつあるとも伝えられている。 そして今回伝えられるところによると、ナポリは適正価格のオファーが届いた場合、インシーニェの放出も容認する可能性があるという。そんな中、関心を示しているチェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、インテルといった数々のビッグクラブを退き、前線の強化を目指すリバプールが同選手獲得に一歩リードしているようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、インシーニェ獲得には6000万ポンド(約86億円)の移籍金が必要とのこと。2020年まで契約を残すインシーニェは先日、移籍の噂や自身が移籍を希望した発言を全て否定し、ナポリ残留を強調していたが、果たして今夏、2006年から過ごしてきたクラブを離れることになるのだろうか。 2019.04.25 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

イリチッチ投入でナポリに逆転勝利のアタランタが4位ミランに勝ち点で並ぶ!《セリエA》

セリエA第33節、ナポリvsアタランタが22日に行われ、1-2でアタランタが逆転勝利した。 アーセナルに敗れてヨーロッパリーグ敗退となった2位ナポリ(勝ち点67)と、前節エンポリ戦を引き分けた6位アタランタ(勝ち点53)による上位対決。 インシーニェをベンチスタートとしたナポリは2トップにメルテンスとミリクを起用した。一方、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランを暫定3ポイント差で追うアタランタはイリチッチをベンチスタートとし、D・サパタとA・ゴメスの2トップでスタートした。 強い雨が降る中キックオフされた一戦。立ち上がりから押し込む展開としたナポリは4分にカジェホンがミドルシュートでGKを強襲すると、続く11分にはメルテンスがロングボールに抜け出してGKと一対一に。だが、ゴッリーニの飛び出しをかわしきれずシュートを打てなかった。 その後、D・サパタとの接触で左肩を痛めていたキリケシュがプレー続行不可能となって13分にルペルトとの交代を強いられたナポリが引き続き押し込む展開とする中、28分に先制した。カジェホンのスルーパスに抜け出したマルキュイがボックス右からクロスを入れると、メルテンスがヒールで流し込んだ。 先制後、前がかるアタランタに対してナポリがカウンターを狙うと、35分にはジエリンスキがディフェンスライン裏に抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートはゴッリーニに阻まれた。ハーフタイムにかけてもナポリがアタランタに付け入る隙を見せない中、前半終了間際のA・ゴメスの強烈なシュートはGKオスピナがセーブし、1点をリードしたまま後半へ折り返した。 雨が止んで迎えた後半、開始5分にナポリに追加点のチャンス。ミリクがディフェンスライン裏に抜け出して飛び出したGKを外すチップキックシュートを放つ。しかし、ゴールラインぎりぎりでマジエッロにボールを掻き出されてしまった。 劣勢のアタランタは54分に中盤のフロイラーを削ってイリチッチを投入。攻撃に比重を置いた布陣に変更して勝負に出る。そのイリチッチがミドルシュートでナポリゴールに迫ると、69分に同点とした。イリチッチのスルーパスでボックス右深くまでえぐったハテボエルの折り返しをD・サパタが押し込んだ。 勢いに乗るアタランタは76分、イリチッチがGKオスピナを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをデ・ルーンがボレー。だが、わずかに枠を捉えきれなかった。それでも80分、アタランタが逆転に成功する。イリチッチのパスを受けたD・サパタがボックス左でボールをキープして後方へパスを出すと、パシャリッチが蹴り込んだ。 そして、終盤にかけてのナポリの攻勢をしっかりと抑えたアタランタが逆転勝利。4位ミランに勝ち点で並んでいる。 2019.04.23 03:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、SB新戦力としてトリッピアーに関心か ユナイテッドも興味

ナポリが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のトリッピアーは、2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入。加入初年度は控えだったが、正確なキック精度と豊富な運動量で出場機会を増やしていき、今シーズンは主力として公式戦33試合で1ゴール5アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、カルロ・アンチェロッティ監督は、来シーズンに向けてサイドバックの補強を考慮している模様。獲得候補の1人としてトリッピアーに関心を寄せており、既にトッテナム側にコンタクトを取ったという。 だが、スパーズはチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を当てていることから、シーズン終了後に交渉を行いたいと考えているとのことだ。また、マンチェスター・ユナイテッドもトリッピアーに関心を寄せていることから競合する可能性もありそうだ。 2019.04.21 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 0-1(AGG:0-3) アーセナル《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、ナポリvsアーセナルが18日にサン・パオロで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。この結果、2戦合計0-3としたアーセナルの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 メレト 5.0 相手のシュートはもちろん素晴らしかったが、あの距離で壁と逆側に打たれたボールに全く反応できなかったのはミスと言わざるを得ない。それでも、オーバメヤンの決定機阻止で挽回 DF 19 マクシモビッチ 5.5 久々の変則右サイドバック起用も攻守にそつなくこなす (→メルテンス 5.0) なかなかシュートに持ち込めず攻撃を活性化できず 21 キリケシュ 6.0 元スパーズの選手としてかつての宿敵相手に気持ちの入ったソリッドな守備を披露 26 クリバリ 6.0 本職の守備に加えて安定したボール捌き、決定機創出と総合力の高さを見せた 31 グラム 5.5 攻守に最低限の仕事はできていたが、クロス精度などプラスアルファを見せられず (→マリオ・ルイ 6.0) 投入直後に見事な仕掛けからミリクの絶好機を演出するなど攻撃を活性化させた MF 7 カジェホン 4.5 サイドハーフとサイドバックでプレー。シュート、クロス精度が絶望的だった… 5 アラン 5.5 豊富な運動量と球際の強さを武器に奮闘。前回対戦に比べて存在感を示したが及ばず 20 ジエリンスキ 6.0 1stレグからファビアンと役割を入れ替えて好パフォーマンスを披露。とりわけ、攻撃面ではショートパスや細かいドリブルでアクセントを付けた 8 ファビアン・ルイス 5.5 左右のサイドハーフで及第点以上のパフォーマンス。ただ、戦犯の1人となった初戦を払しょくできず FW 99 ミリク 4.5 前線での起点づくりには一定の評価もストライカーとしては再三の決定機を逃す落第の出来 24 インシーニェ 5.0 前線で多くの仕事をこなしたが、微妙な判定にフラストレーションを募らせて自らリズムを崩してしまった (→ユネス 5.0) 仕掛ける姿勢は見せたが局面を打開できず 監督 アンチェロッティ 5.5 採用したゲームプランは機能も決定力など最後のクオリティを欠いた ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 チェフ 6.5 相手最初の決定機となったカジェホンのシュートを見事に阻止。冷静なゴールキーピングでチームに流れを引き寄せた DF 5 パパスタソプーロス 6.5 背後を突かれる場面はあったが、最後の局面での粘りが光った 6 コシエルニー 6.5 初戦同様に抜群のラインコントロールとカバーリングで再三のピンチを防いだ 18 モンレアル 5.5 最終ラインの中では相手に崩される場面が少し多かった MF 15 ナイルズ 6.5 終盤こそマリオ・ルイの対応に手を焼いたが、試合を通して抜群の守備対応で逃げ切りに貢献 11 トレイラ 5.5 初戦ほどの存在感はなかったが、守備の局面で要所を締める仕事ぶり 8 ラムジー 5.5 前線で精力的な動きを見せたが、前半半ばにハムストリングを痛めて負傷交代… (→ムヒタリアン 5.5) オーバメヤンの絶好機を演出。守備も怠らず 34 ジャカ 5.5 シンプルなプレーを心がけつついつも通りの熱いプレーを見せた (→エルネニー 5.5) 堅実なプレーで逃げ切りに貢献 31 コラシナツ 5.5 立ち上がりこそ相手を押し込んだが、徐々に守勢に回る。やや軽い対応もあった FW 9 ラカゼット 6.5 見事な直接FKを決め切って相手の心を折った (→イウォビ 5.5) 守備面の貢献に加えて、虎視眈々とカウンターを狙った 14 オーバメヤン 5.5 守備や相手の背後を突く動きで貢献も後半立ち上がりの決定機逸は頂けない 監督 エメリ 6.5 ラムジーの負傷交代を除きほぼ完ぺきにゲームプランを遂行。EL3連覇の手腕を見事に発揮 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コシエルニー(アーセナル) ナイルズや決勝点のラカゼットも見事だったが、試合を通して守備に安定感をもたらしたキャプテンをMOMに選出。長期離脱を経てようやく本来のパフォーマンスが戻ってきた。 ナポリ 0-1(AGG:0-3) アーセナル 【アーセナル】 ラカゼット(前36) ※2戦合計0-3でアーセナルがベスト4進出! 2019.04.19 06:27 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース