レバークーゼンに逆転負けのバイエルン、連勝が7でストップ《ブンデスリーガ》2019.02.03 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは2日、ブンデスリーガ第20節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。

前節シュツットガルト戦を終わってみれば4-1と快勝して7連勝とした2位バイエルン(勝ち点42)は、首位ドルトムントとの6ポイント差を維持した中、GKノイアーとチアゴが負傷欠場となり、ケガ明けのハメス・ロドリゲスが先発となった。

前節ヴォルフスブルク戦を3-0と快勝した9位レバークーゼン(勝ち点27)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ハメス・ロドリゲス、コマン、ボランチにゴレツカとキミッヒを並べた。

そのバイエルンは立ち上がり、レバークーゼンの攻勢を受けるも、それを凌いで徐々に一進一退の攻防に持ち込んでいった。そして攻め手となっていたコマンが枠内シュートを浴びせていくと、前半終盤の40分に均衡を破った。

コマンがスピードを生かしてボックス左に侵入しGKを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールを拾った右サイドのミュラーがピンポイントクロスを供給。これをゴール前に飛び込んだゴレツカがヘッドで押し込んだ。

ゴレツカのリーグ戦3試合連続ゴールで先制したバイエルンさらに追加タイム2分、コマンのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキが右足アウトでゴールに流し込むも、これはオフサイドに阻まれ前半を1点のリードで終えた。

迎えた後半開始8分、バイエルンは同点に追い付かれる。ボックス手前右で与えたFKをベイリーに直接ゴール左に決められた。

その後もレバークーゼンに押し込まれるバイエルンは63分に逆転された。ヴァイザーのスルーパスでボックス右のスペースを突いたベララビのクロスを最後はフォラントに流し込まれた。

追う展開となったバイエルンは73分、ハメス・ロドリゲスのゴール至近距離からのヘディングシュートはヴァイザーにブロックされてしまう。その後、ニャブリとアルフォンソ・デイビスの両ウイングを投入したバイエルンだったが、87分に終戦する。

ベララビのスルーパスで右サイドを抜け出したブラントのクロスをアラリオに決められると、直後はオフサイドと判定されるも、VARの末にゴールが認められ、決定的な3点目を失ってしまった。

このまま1-3で敗戦したバイエルンは連勝が7でストップしている。
コメント
関連ニュース
thumb

久保不出場のニュルンベルク、レバークーゼンにシャットアウト負けで降格圏脱せず《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは20日、ブンデスリーガ第30節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場しなかった。 久保に待望のブンデス初ゴールが生まれた前節シャルケ戦を引き分けに持ち込まれた17位ニュルンベルク(勝ち点18)は、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに3ポイント差と迫った中、久保がベンチスタートとなった。 ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまっている8位レバークーゼン(勝ち点45)に対し、立ち上がりから劣勢を強いられたニュルンベルクだったが、水際で何とか凌ぎ耐えていく。 しかし迎えた後半の61分、ついに失点する。左CKからニアサイドのアラリオにヘディングで合わせられたシュートがゴール右を捉え、リーボルドがゴールライン付近でクリアするも、テクノロジーによりゴールラインを割っていたと判定された。 そして終盤の86分、レバークーゼンに勝負を決定付けられる。アラリオのパスを受けたボックス左のフォラントに確実にシュートを決められた。 このまま0-2で敗戦したニュルンベルクは、同日の試合でアウグスブルクに敗れたシュツットガルトとの勝ち点差を詰められずに降格圏を脱せず。対するレバークーゼンは欧州カップ戦出場へ向け、大きな勝ち点3を積み上げている。 2019.04.21 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンSD、バイエルン関心のハフェルツ退団の可能性を否定「来季もいるべき」

レバークーゼンのスポーツディレクターを務めるシモン・ロルフェス氏が、ドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)の退団の可能性を否定している。ドイツ『キッカー』が伝えている。 レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし、“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は今シーズン、ここまで公式戦35試合で13ゴール7アシストと攻撃を牽引している。 そんなハフェルツは現在、欧州複数クラブから注目を集めており、最近ではバイエルンが7500万ユーロ(約93億円)のオファーを準備している事が伝えられていた。一方で、レバークーゼン側は移籍金1億ユーロ(約124億円)を要求しているともされている。 しかし今回、同クラブのスポーツディレクターを務めるロルフェス氏は現在、具体的なオファーが届いていないことを示唆。また、ハフェルツの残留を望んでいることを明かした。 「彼についての議論はメディアで行われていることだ。内部では行われていない」 「我々は今シーズンを良い形で終わり、来シーズンに向けて優秀なチームを作りあげることに注力している」 「来シーズンも良いチームで迎えたい。そこにカイ(・ハフェルツ)もいるべきなんだ」 2019.03.31 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リュカ後釜にレバークーゼンDF関心か

アトレティコ・マドリーが、レバークーゼンに所属するブラジル代表DFヴェンデウ(25)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコでは、左サイドバックを務めるフランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)のバイエルン移籍が決定。さらに、ブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)の契約が今シーズンまでとなっているが、契約延長には至ってはいない。 そして、左サイドバックの補強が急務になっているアトレティコは、ヴェンデウをリストアップしているようだ。クラブは、以前から同選手に関心を寄せていたという。 しかし、ヴェンデウには複数クラブが関心を抱いている模様。昨夏にはパリ・サンジェルマン(PSG)とローマが獲得に動いていたとされるが、レバークーゼンはオファーを拒否していたという。今シーズンも、アトレティコの他にドルトムントとローマが獲得に興味を示しているようだ。 とはいえ、ドイツ『ビルト』によれば、レバークーゼンはヴェンデウの退団に備え、後釜としてハンブルガーSVのブラジル人DFドウグラス・サントス(24)獲得で合意しているとのこと。レバークーゼン側も、以前よりヴェンデウに関する交渉に前向きな姿勢を示しているようだ。 2014年2月にグレミオからレバークーゼンに加入したヴェンデウ。豊富な運動量でボール奪取能力に長けている左サイドバックだ。加入初年度からポジションを奪うと、今シーズンも公式戦32試合で2ゴール1アシストを記録している。 2019.03.30 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

EL出場権を争う両チームの一戦はホームのホッフェンハイムが快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節のホッフェンハイムvsレバークーゼンが29日に行われ、4-1でホッフェンハイムが勝利した。 9位ホッフェンハイム(勝ち点38)のホームに6位レバークーゼン(勝ち点42)が乗り込んだ一戦。試合が動いたのは10分、ホッフェンハイムはヒュブナーのロングスルーパスで左サイドを抜け出したクラマリッチの折り返しをペナルティアーク内で受けたベルフォディルがボックス内まで持ち込み、シュートをゴール左に決めた。 先制を許したレバークーゼンだが、すぐに反撃。すると17分、左クロスのセカンドボールをボックス手前で拾ったブラントの右クロスをゴール左に走り込んだフォラントがヘディングで叩き込んだ。同点に追いついたレバークーゼンだが、24分にアクシデント。右モモ裏を負傷したベララビがそのままピッチを後にし、アランギスが緊急投入された。 追い付かれたホッフェンハイムは29分、デミルバイのパスで左サイドを抜け出したビッテンコートがボックス左から侵入しラストパス。しかし、クラマリッチのシュートはGKフラデツキーがファインセーブ。さらに32分には、左CKからヒュブナーがヘディングシュート。GKフラデツキーの弾いたボールをベルフォディルが押し込んだが、これもオフサイドは判定となった。 ピンチを凌いだレバークーゼンだが、35分に再びアクシデント。浮き球を処理しようとしたラース・ベンダーが着地の際に足を負傷。プレー続行が不可能となり、ヴァイザーとの交代を余儀なくされた。 迎えた後半、ホッフェンハイムは51分に左足を負傷したジョエリントンに代えてアミリを投入。すると直後のプレーでスコアが動く。アミリのパスで右サイドを抜け出したカデラベクの折り返しをボックス内に走り込んだアミリがダイレクトシュート。これがブロックに入ったスベン・ベンダーのオウンゴールを誘い、ゴールネットを揺らした。 勝ち越しに成功したホッフェンハイムは61分、自陣からのロングパスでカウンターを仕掛けるとこれを受けたベルフォディルがボックス左から切り込みシュートをゴール左隅に突き刺した。 さらに79分にも、カウンターから持ち上がったオットのスルーパスに抜け出したベルフォディルがボックス左からシュート。これをゴール右に駆け上がったクラマリッチが押し込み、ホッフェンハイムが4点目を奪った。 結局、試合はそのまま終了。来季のヨーロッパリーグ出場権を争う両チームの一戦は、ホームのホッフェンハイムに軍配が上がった。 2019.03.30 06:27 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ記録更新のバイエルン、ドイツ神童ハフェルツに向けてさらなる高額オファーか

バイエルンが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)に大金を用意しているようだ。ドイツ『Sport Bild』の情報をもとにスペイン『マルカ』が伝えている。 レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし、“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は今シーズンもここまでの公式戦34試合で13ゴール7アシストと攻撃を牽引している。 そのハフェルツにバイエルンが熱視線を送っている模様。バイエルンでは、ウリ・ヘーネス会長が「我々はチームの活性化を目指している。これは、バイエルンにとってかつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と2億ユーロ(約253億円)の資金を準備していることを明言していた。 そして注目が集まる中、バイエルンは27日にクラブ史上最高額の8000万ユーロ(約99億4000万円)でアトレティコ・マドリーからフランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)を獲得。次なるターゲットにハフェルツを照準に定めており、今夏もしくは2020年の獲得に向け、7500万ユーロ(約93億円)のオファーを準備しているという。だが、話し合いによってはハフェルツがさらにクラブ史上最高額を更新するかもしれない。 伝えられるところによると、レバークーゼンは1億ユーロ(約124億円)を求めているようだ。同クラブのスポーツディレクターを務めるルディ・フェラー氏は「2022年までの彼の契約は、我々にとって非常に心強い」と、放出には否定的なコメントをしている。 2019.03.28 15:47 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース